テラ・ルネッサンスからのお知らせ

【お知らせ】

2017年 1月11日(水) 第65回 テラ・カフェ(京都)

< 私がインターンをする理由【報告・交流】>

http://www.terra-r.jp/news/event/event_20161224.html

2017年 1月11日(水) 第45回 テラ・スタイル東京

http://www.terra-r.jp/news/event/trst_tokyo2017.html

▼テラ・ルネッサンス創設者鬼丸昌也新刊

「僕が学んだゼロから始める世界の変え方」好評発売中

▼テラ・ルネッサンス公式物販サイト開設!!

▼テラ・ルネッサンス公式Facebook


▼今日もワンクリック募金で国際協力!

ワンクリック募金はコチラから

▼毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!

応援ボタンクリックはコチラから

▼冬季募金へのご協力、ありがとうございました!

詳しくはコチラの特設ページをご覧ください。

お家に眠る「平和のかけら」


こんにちは!あなたの想いで選べる募金~啓発編~
担当インターンの曽田です(*^^)v
本日は新着情報第9弾として、テラ・ルネッサンスが行っている
めぐるプロジェクト」の紹介をしたいと思います!
以下の記事を啓発チームの担当インターン、岡本さんが執筆してくれました!

******************************



こんにちは、啓発チーム、めぐる担当インターンの岡本です(^^)♪

めぐるプロジェクトって、とても素敵な仕組みだと思うんです。

お家にあるいらなくなった古着や古本。
機種変して使わなくなった携帯電話。
大切な人に出そうとして書き損じたはがき。
ほかにも、古くなったタイヤのアルミホイールや古紙…

これらのモノって、誰の家にもあるのではないでしょうか?

mgr1.jpg
(めぐるプロジェクトを盛り上げてくれるめぐるアニマルたちです:アルミ/ケータインコ/ハガキング/コシツジ/ブックロウ/アライフクマ)

この、「普通の」モノたちを大切な「平和の作り手」にしてくださっているのは
「経営者として自分にできること」の第一歩として行動を起こしてくださった協働事業者の方々や、
そんな「普通の」ものたちにも「世界をよくする力がある」と考える企業様。

不要になったものを集めてテラ・ルネッサンスを支援できる仕組み
「めぐるプロジェクト」
は、
たくさんの人の想いが詰まったプロジェクトです。

このプロジェクトの前身をスタートさせた一人の学生の想い
そこに乗ってきてくださった経営者様、企業様の想い
そして、協力してくださる支援者様の想い
そしてわたしたち、めぐるプロジェクトを担当してきた歴代スタッフの想い(誰にも負けません(笑))。

そんな素敵な仕組みがあるのに、まだまだ知らない人もたくさんいます

家にあるモノで、
そして日々普通にやっていること、たとえば古着を古着やさんに持っていく、ということが、
少しやり方を変えるだけで、世界を変える小さな、でもとても意味のある行動になる。

ほぼすべての人に、家に、平和をつくる「手段」とその「材料」があるのに、
その「手段」がすべての人に届いていないから、せっかくの「平和の作り手たち(モノ)」が
ただの「物」として流れていってしまう。

なんだかそれはもったいない気がします。


わたしがインターンを始めた一年前からずっと担当しているめぐるプロジェクト。
この仕組みはもっと世の中に知られるべきだと思うし、
もっと広げていきたい、たくさんの人を巻き込んでいきたいんです。

その先に、「一つ一つのモノを大切にする社会」があれば。
それに対する気づきがあれば、もっと世界は良くなると思います。

この仕組みが一人でも多くの人に届けばうれしいです。


(おかもと)

******************************

岡本さん、ありがとうございました!
めぐるプロジェクトは、お金でなく、モノで寄付できる素敵な仕組みです。
これからも、大人の方から、中高生まで幅広い層の方にご協力いただくことのできる、
様々な手段で「世界を平和にする一歩」を提供し続けるテラ・ルネッサンスでありたいです。

(そた)

******************************


「あなたの”想い”で選べる募金/啓発」に寄付をする  
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_edification.html


******************************

<たとえば、あなたの支援でこんなことができます>
  
5000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
11ページ分の翻訳作業ができます。
  
10,000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
22ページ分の翻訳作業ができます。(約0.5話分)
  
30,000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
33ページ分の翻訳作業ができます。(約2話分)  

 
*クレジットで寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
*銀行振込で寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 
※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 啓発・政策提言 】で選択のうえ、お申込みください。

※寄付は税控除の対象になります。
----------------------------------------------------------------------
 
< 地域別募金 啓発 進捗状況(※ 2/20 時点)>
- 期間:2月28日(火)までです!-
15周年を機に、海外でも
世界平和を実現するための共感を広めたい
 
・目標金額:1,000,000 円
・寄付総額:200,000 円
・寄付者数:14 名
・達成率 :20 %
・残り日数:3 日

******************************
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


2人の夢~私がつくる、私の未来~

あなたの“想い”で選べる募金。
いつも応援してくださり、ありがとうございます。
アジア地域担当の杉本です。


* アジア 特設ページはこちら *
>> http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html



カンボジア、オウ・チェット・プラム村

かつてこの村は、熱帯雨林でした。内戦の間に、たくさんの地雷が、この地域のいたるところに無秩序に埋められました。そして内戦終結後、この地域に移り住んだ人たち、元兵士だった人たちは、地雷の事故に遭う危険を侵して熱帯雨林を伐採し、土地を獲得し、生活してきたのだといいます。

P1173525.jpg


私はここで、地雷の被害に遭われた、2人の男性に、お話を伺うことができました。

チョーク・チエンさんと、ケン・トゥイさんです。


S_5703317559676.jpg

(チョーク・チエンさんと、カンボジア駐在員の江角)


チョーク・チエンさんは、以前、テラ・ルネッサンスから、牛とコオロギを捕獲するための機材を支援した方です。(実はカンボジアでは、コオロギが食用として売れるんです!)

もともと親戚の家の土地に住んでいたチョーク・チエンさん。家畜を育てたり、コオロギを捕まえたりすることで収入を得られるようになったものの、親戚の土地であるため、ため池をつくって、家庭菜園を始めたいと思っても、なかなか次のステップに進むことが難しいという状況でした。

まずは、自分の土地が必要、ということで、手ごろな土地を探したところ、なんとか見つけることができました。ただ、チョーク・チエンさん一家には、少し土地が大きすぎました。もう一人、土地が必要な人を見つけ、土地を分けることができれば、費用も半分に抑えることができます。もうひと家族、村に地雷の被害に遭われた方で、土地を必要としている家族を、探しました。


それが、ケン・トゥイさん一家。

S_5703337237489.jpg

(ケン・トゥイさん)


自分の土地はなく、子ども夫婦の土地の一部に小さな家を建てて住んでいました。ケン・トゥイさんは61歳。奥さんと4人の子どもがいて、3人はすでに結婚しています。

ケン・トゥイさんは、日雇いの労働者として奥さんと2人で働き、約20000リエル(約5ドル)を1日1人稼でいますが、毎日仕事があるわけではありません。


こうしてテラ・ルネッサンスは、チョーク・チエンさんとケン・トゥイさんの2家族に土地の購入を支援することになりました。

S_5703338811919.jpg


自分の土地を持ったことで、安心して生活を送ることができます。もう、誰にも追い出される心配もありません。ため池を掘ったり、植えたい野菜を栽培したり、家畜を飼育したり、やろうと思えばできる環境ができました。

ケン・トゥイさんは、土地を手に入れた時、
「一生この土地は手放さないし、自分の子どもがここで生活していけるようにする」
と、嬉しそうに話していたそうです。


土地を購入して、まず取りかかったのがため池の掘削。乾季の水不足に備えるため、自分たちの土地に、自分たちの手でため池を掘ります。

そうしてできあがったため池がこちら。

S_5703359345743.jpg


家族みんなで作業をしましたが、もちろん、チョーク・チエンさんとケン・トゥイさん本人も、作業を行っています。

これから雨季になって、水がたまるのが楽しみです。

ようやく、家庭菜園を始めることができます。

乾季の今は、子どもたちのあそび場に!?
見ていてこっちがひやひやするくらい、元気に遊びまわる子どもたち。

P1173516.jpg


チョーク・チエンさんと、ケン・トゥイさんは、これからどのようにため池をつかっていくのか、何を植えようか、話していました。

池のまわりに木を植えて、日陰をつくりたいなぁとか、
ココナッツにしようか、バナナがいいかなぁとか。
夢をふくらませるふたり。

自分の土地がなく、いつ追い出されるか、毎日不安だったころとはちがいます。自分の子どもたちがこの土地で住み続けられるようにと、明日の生活ではなく、自分たちの子どもの世代のことまで、想いをめぐらせることも多くなりました。

地雷の被害に遭った時、その当時は私たちには想像できないような絶望感や悲しみがあったのだろうと思います。それに比べて今では、二人の夢はどんどん膨らんでいます。

P1173536.jpg


元兵士だったケン・トゥイさんは、
「兵士だった頃より今のほうがいい。今のほうが自由がある。」
と言います。

やろうと思えば、できることはたくさんあります。本当に必要な支援を、必要な人に届けることができれば。環境づくりさえお手伝いすることができれば、そこから未来をつくっていくのはその人自身です。

支援といっても、私たちは、彼らの背中をすこし後押しする、そして想いを応援し続けることなのだと思います。


最後に、私の個人的な想いになりますが・・・
支援する・されるという関係だとは思っていません。最初は、誰かの役に立ちたいと思って、インターンを始めました。でも今は違います。困っている人が入れば、声をかける、少しお手伝いをする。ただそれだけです。私はただ、応援しているだけなんです。私は私の人生を、彼らは彼らの人生を、この同じ瞬間に、一緒に、一生懸命に生きていくなかで、支え合っているんだと思っています。

私はインターンとして活動しているだけ、アルバイト代をちょこっと募金箱にいれるだけ。それよりも、一緒にがんばろう!!という気持ちのほうが大きいです。お金とか、ものとかよりも、“想い”なんです。遠く離れていても、悩みがそれぞれ違っても、お互い、励まし合い、支え合い、今を生きている。

未来をつくるのは、彼ら自身。自分自身なんです。

S_5703337759844.jpg


いま、あなたの力を必要としている人がいます。
そのひとが一番困っている、自分の力だけでは乗り越えることが難しい、そうしたことを私たちが少しお手伝いするだけで、その人の夢はどんどんふくらみ、未来が広がっていくかもしれません。

いま、あなたのちからが必要です。
まだまだ、地雷原といわれる地域で、明日への不安を抱きながら生活をしているひとが、世界には存在します。明日ではなく、未来をみつめ、今日という日を安心して生活できるように。

自分にできることで、自分にできる範囲で、彼らの夢を、できるだけ多くの方とともに、応援していきたいと思います。

あなたの“想い”で選べる募金。
あと2日、よろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

すぎもと

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
子どもたちの未来をひらきたい

◆◇ アジア地域に寄付をする!◇◆
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

◇ アジア地域 特設ページはこちらより ◇
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html

※ 申し込みフォーム内にある 寄付指定 の項目を、
 【 アジア 】で選択のうえ、お申し込みください。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


必ず誰かが、きっと見てくれている

あなたの“想い”で選べる募金。
いつも応援してくださり、ありがとうございます。
アジア地域担当の杉本です。


* アジア 特設ページはこちら *
>> http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html

P1153056.jpg

今年1月、3年ぶりにカンボジアを訪問しました。
広くて青い空に、木々の緑が映えるカンボジアの風景。そんな自然がいっぱいで、のどかな風景が、私は大好きです。


しかし、ふと足元を見てみると、道路のわきにはお菓子の袋やペットボトルなどのごみが。家の庭にまであるところも。


小学校を訪問した時にも、この『ごみ』について考えさせられました。

子どもたちは、学校へ行く道中で買ったお菓子の袋を、当たり前のように校庭に捨ててしまいます。そういえば、カンボジアで、
『ごみばこ』を見た覚えがありません。


DSC_0609.jpg

3年前、カンボジアを案内してくださっていた現地NGOのスタッフの方が、カンボジアのごみの問題について、こう話してくださいました。


カンボジアでは、ごみをポイ捨てすることが当たり前。昔からずっとそうだった。でも昔は、自然に戻る材料でできていたから、問題にはならなかった。それが今は、ビニール袋やプラスチックでできているから、ごみとして残ってしまう。


DSC_0191.jpg

私にとっては、どこか気になる問題だった、ごみの問題。
テラ・ルネッサンスでもごみの問題について取組んでいました。


テラ・ルネッサンスのカンボジア事務所。スタッフは出勤してからまず、事務所の掃除を行います。そして、みんなで金ばさみと袋をもって、事務所の周りのゴミ拾いに行くのです。

DSC_0189.jpg



以前ブログでご紹介させていただいたスタッフのイェトは、朝礼で、自分の家の周りを掃除していると話していました。

S_5655948661676(2).jpg


私が家の周りを掃除をしていると、近所の人や子どもたちが、不思議そうに見てくる。「何してるの?」って。だから、「健康にもよくないから。」って話すの。



テラ・ルネッサンスの活動理念の中に、
変革の主体者は私自身である
という部分があります。


テラ・ルネッサンスのスタッフが、ゴミ拾いをしている。イェトが、家の周りを掃除している。自分たちが変われば、それを見ている周りの人も変化する。

そうやって、自らがよいと思うことを実践することで、どんどん広がっていくのだと思います。



また、ロカブッス村を訪れた時のこと。小学校の近くに市場をつくっていて、その市場の様子を見るために、朝からロカブッス村を訪問しました。

P1173318.jpg


小学校の登校してくる子どもたち。まだ販売者が決まっていなかった市場は、屋根があるだけ。子どもたちは市場の屋根の下であつまり、遊んでいました。お菓子を買ってきて、食べている子どもたちも。

P1173303.jpg


市場の周りや、道路にも、やはりごみが落ちていました。テラ・ルネッサンスのスタッフは、袋を取り出し、ごみを拾い始めます。

DSC_0552.jpg


最初はその様子を、遊びながら見ていた子どもたち。ところが、ある男の子がスタッフのところに走っていき、ごみを一緒に拾い始めたのです。

P1173328.jpg


そうすると、他の子どもたちも、
どんどんごみ拾いを始めました。

P1173332.jpg


こどもって、まわりの大人のことよくみているんだな…

P1173317.jpg


変革の主体者は私自身。

自分が変わり、行動を起こせば、
誰かが必ずどこかで見てくれている。


大人たちが、自らの力で貧困から抜け出す。そんな姿を見て育った子どもたちはきっと自分たちの力で工夫して生活できるのだと思います。


地雷原の村で、貧困の悪循環を断ち
子どもたちの未来をひらきたい。



あなたの“想い”で選べる募金
あと5日、
自分にできること、できる範囲での
ご支援を、お願いいたします。

すぎもと

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
子どもたちの未来をひらきたい

◆◇ アジア地域に寄付をする!◇◆
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

◇ アジア地域 特設ページはこちらより ◇
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html

※ 申し込みフォーム内にある 寄付指定 の項目を、
 【 アジア 】で選択のうえ、お申し込みください。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


第66回テラ・カフェが開催されました!!

こんにちは!!

インターン生の小林です。

あなたの想いで選べる募金~啓発編~も残り5日となりました!
本日は新着情報第8弾として、先日開催されました
第66回テラ・カフェについてお話しさせていただきます。




テラ・カフェとは・・・・!?


Terra Cafe 【テラ・カフェ】


Enrich Your Life 〜心を満たす90分〜
を提供するために、
毎月一回(例外アリ)
ウエダ本社北ビルにて(例外アリ)
テラ・ルネッサンスのインターン生が主催しています。


ウガンダの契約農家さんの作った
無農薬のオーガニックフェアトレードコーヒー
(株式会社クリスタルさま)を飲みながら


テラ・ルネッサンスが取り組む問題や活動報告、
普段あまり触れることのない問題について
参加者の方々とワークショップなどを通して
共に考えるというイベントです。


このテラ・カフェ2011年の開催以来、
今回の開催で66回を数え、
これまでに述べ700人もの方々に参加していただきました。


第66回テラ・カフェでは、
当会の元インターン生森口による
現地視察の様子とブルンジの概要
についてお話しいただき・・・

第66回テラ・カフェ5


当会のブルンジ事業に関してインターン生の内藤より報告いたしました。


第66回テラ・カフェ2


インターン依田がことわざワークショップを行いました。


ことわざワークショップとは?



現地(ブルンジ)に伝わることわざの中に
生活の中に息づく紛争予防のための方策
紛争解決のための手段を見いだそうとする
ワークショップで現地の平和教育でも
実践されています。

第66回テラ・カフェ


口から出るどんな言葉も遠くへ行ってしまう

ブルンジ共和国のことわざの一つです。
言葉は時として発した人の意図とは違う意味で伝わることがある。 
だからこそ、その「言葉」だけを聞いて判断するのではなく、
どんな文脈で話したのかを考え、直接確かめることが大切である、
という教えを紹介しました。


物乞いで得た水は喉の渇きを終わらせない


ずっと物乞いをしながら生活していても生活の質は上がらない
自分の力で自立する力、その現状から抜け出すための力
(レジリエンス)が重要であると言う意味なのだそうです。


このことわざについてディスカッションの際には

「仕事や勉強をする時に人から押し付けられた
仕事や課題よりも、自分からやりたいと思った仕事
の方がやりがいがあるし、自分のためになるよ」

「他人任せにしてはいけない」
といった意見等が出ました。
核心に迫るような意見を頂きました。



もう一方のグループでは、

「争いがあった時は黙っているべし」


ということわざに関して
「争いがあった時に誰が黙っているべきなんだろう」
「『沈黙は金』って意味かな」
など様々な視点からディスカッションをしていただきました。

このようにスピーカーと参加者の方々とのふれあいや
ディスカッションもテラ・カフェの魅力の一つ。

参加者の方々のご意見はテラ・カフェのスパイスになります。



今回のことわざワークショップでは、
ブルンジのことわざについて取り上げましたが、
これからのテラ・カフェでも
様々な国の「ことば」や「ことわざ」について
取り上げていきたいです。


******************************


「あなたの”想い”で選べる募金/啓発」に寄付をする  
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_edification.html


******************************

<たとえば、あなたの支援でこんなことができます>
  
5000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
11ページ分の翻訳作業ができます。
  
10,000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
22ページ分の翻訳作業ができます。(約0.5話分)
  
30,000のご寄付で
テラ・ルネッサンスの活動内容がわかるマンガ冊子、
33ページ分の翻訳作業ができます。(約2話分)  

 
*クレジットで寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
*銀行振込で寄付をする
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 
※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 啓発・政策提言 】で選択のうえ、お申込みください。

※寄付は税控除の対象になります。
----------------------------------------------------------------------
 
< 地域別募金 啓発 進捗状況(※ 2/15 時点)>
- 期間:2月28日(火)までです!-
15周年を機に、海外でも
世界平和を実現するための共感を広めたい
 
・目標金額:1,000,000 円
・寄付総額:200,000 円
・寄付者数:14 名
・達成率 :20 %
・残り日数:5 日

******************************

次回テラ・カフェでは
「 Terra Cafe× Death Cafe 」といたしまして、

一念寺@京都市下京区にて
「死」をテーマにして考えていきたいと思います。


↓↓↓第67回テラ・カフェ詳細↓↓↓


現代の日本人は衣食住どれをとっても
不自由なく暮らすことができている人が
ほとんどではないでしょうか。


ただ、日本の自殺率(人口10万人あたりの発生件数)は
20.9人で先進国の中でも最悪の水準にあります。



なぜ日本人は恵まれた生活を手にしながらも
自殺を選んでしまうのかについて

テラ・ルネッサンスの活動地域の人々の死生観を
元にして「死」とは何か「生きる」ことのヒント
について考えてみたいと思います。


普段想いを馳せることの無い「死」について、
テラ・カフェでカジュアルに考えてみませんか!?


日時:2017年3月8日(水)19:00〜21:00

講演者:ワカゾー 長嶋 蓮慧さま
    テラ・ルネッサンス 栗田佳典、インターン生

参加費:1000円

定員:20名

会場:〒600-8344 京都府京都市下京区東中筋通花屋町下る柳町324
[goo.gl/VFSuo4]

お問い合わせ
テラ・ルネッサンス事務局 (担当:栗田、小林)terracafe90@gmail.com

……………………………………………………………
※お手数をおかけしますが、参加お申し込み、
必ず下記URLの登録フォームよりお願い致します。
「goo.gl/e0fDrm」
……………………………………………………………

 
記事投稿/
啓発チーム
インターン 小林

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ラオス第31不発弾撤去チームの成果から伝えたいこと

【 ラオスレポート/2017年1月_Topics.01 】
ー ラオス第31不発弾撤去チームの成果から伝えたいこと ー
 
2016年12月のラオスで提携する不発弾撤去団体MAGの
第31不発弾撤去チームの成果の報告が送られてきました。

ラオスレポ①


ラオスレポ②


 
12月にシエンクアン県パーサイ郡ナーモウン村とシエンディ村で
完了した撤去面積は、12,925㎡、撤去された不発弾数36発。
支援を開始した昨年8月から12月までに撤去できた面積は、
東京ドーム5.3個分の24万8千㎡になります。
 
110発もの不発弾を撤去しています。
これまでの撤去で1,043名に裨益(ひえき)することができました。
今は乾季になり、この前まで稲を栽培していた田んぼの撤去をできる限り進めています。
 
信じられないかもしれませんが、そんな田んぼの地表わずか数センチのところからも、
何発も不発弾が毎日見つかっています。
2017年1月の1ヶ月で MAGが撤去したのは1400発。
ぜひ想像してください。毎日46発ほどの不発弾が爆破処理されたことになります。
実際には他に不発弾撤去団体もあるため、この数倍の不発弾が、毎日爆破処理されています。
 
 
第31不発弾撤去チームは、女性のチーム。
彼女たちは安心して生活できる社会を撤去によって確実に作り出しています。
 
ラオスでのこうした平和をつくる活動を支援するだけでなく、
私たちは同じことを繰り返さないようにしなければなりません。
そのためにもラオスのことをもっと多くの人に知って欲しい、これが私の願いです。
 
 
………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰
 
ーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーー
 
あなたの“想い”で選べる募金 - アジア -
 
『 地雷原の村で貧困の悪循環を断ち、
  子どもたちの未来をひらきたい  』
 
▶ホームページはこちら
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016_ajia.html
 
…………………………………
 
*アジア地域に寄付をする*
 
▶クレジットの方はこちら
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
▶銀行振込の方はこちら
https://www.terra-r.jp/member/ginkou-form.html
 
 
※ 寄付の申込みページ内にある 寄付指定 の項目を、
【 アジア 】で選択のうえ、お申込みください。
 
ーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*ーー

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar