テラ・ルネッサンスからのお知らせ

【お知らせ】

2018年 1月27日(土)

初企画! 世界の現場に行ってt!〜ウガンダから生中継〜

2018年 1月29日(月)

第1回 テラ・ルネッサンス経営者セミナー

▼2017冬季募金「あなたと一緒にひとりの"生きる"を支えたい。」▼

詳しくはコチラの特設ページをご覧ください。


はじめまして!

皆さんはじめまして、こんにちは!
昨日からPRチームのインターンに加わりました、

宮崎あゆみといいます。
バイトを4つ掛け持ちしている、(個数だけ多いですが全然働いていません(笑))
読書と人が好きな普通の大学生です。

そんな私は、物心ついた時からなぜか国際協力に興味を持っていました。
中高生の時はテレビ、本、インターネットで国際協力について調べ、
「大学生になったら国際協力を勉強したい、将来は国際協力を仕事にしたい」
と漠然と考えていました。

大学生になり、ボランティアサークルでカンボジアを訪れた私は初めて現地を知りました。
テレビ、本、インターネットで知っていた通り、
お金がなくて学校に通えない子どもがいたり、
道が舗装されていなかったりといった途上国の現実。

しかし帰国後、改めてカンボジアについて考えたとき
強く私の心に残っていたのはカンボジアの人たちの笑顔でした。

渡航時訪れたテラ・ルネッサンスの支援地であるロカブッス村でもクメール語の会話帳を指さしながら
「元気?」「なんて名前?」「次いつ来るの?」と聞いてくれた村人たち。
笑顔で話しかけてくれ、優しくしてくれたカンボジアの人たち。

しかしその笑顔の裏には地雷被害で苦しんでいたり、金銭面で生活に困っていたりする姿があることを知り、その村を継続支援しているテラ・ルネッサンスに関心を持ったと同時に、尊敬の念を持ちました。
また、村人と同じ目線に立ち、ともに村の未来を創るテラ・ルネッサンスの支援にとてもあたたかいものを感じました。

国際協力を仕事にすることに対して、ずっと漠然としたイメージしかもっていなかった私は「国際協力を仕事にするとはどういうものなのか自分の目で見たい、現場で学びたい」と考えインターンを始めることに決めました。

また、このインターンを通して「国際協力は難しそう、意識が高い人たちがするもの、自分には関係ない話」といった国際協力に対するマイナスイメージを壊していきたいです。

だれでも国際協力はでき、1人1人の力が集まることが大事だということ。1人の力は微力だけど無力じゃない!まずは自分が平和のはじまりになれるよう日々頑張っていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

宮崎

スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


アジア事業のプロジェクトデザイン

【 アジアレポート/ 2018年1月_Topics.02 】
ー アジア事業のプロジェクトデザイン ー

 

現在、設立より掲げてきた長期ビジョン「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」に加え、
 
仮の中期ビジョンを設定し、より戦略的に費用対効果を高める事業展開を検討し、

調査を行なっています。

すべての生命が安心
〔すべての生命が安心〕 


2031年までにアジア事業が到達すべき、中期計画を立てます。

調査項目は、設立から現在まで活動理念に、照らし合わせて見出した

「自立と自治」をキーワードとし、海外事業部でテラ・ルネッサンス独自の指標を確立するべく

構成要素を抽出しています。


調査データからプロジェクトを中立的に評価し、分析結果を共有しました。

分析結果の共有
〔分析結果の共有〕
 

中期ビジョンに向け、スタッフが

「互いの個性を活かし、チームとして最大限の能力を発揮」できるか方向性を提案しました。


伝統工芸の竹細工
〔伝統工芸の竹細工〕

ここから来年度に向けて、カンボジア事務所スタッフ全員が

知恵を絞り、レンガの積みあげ方の設計図を完成させます。

特筆すべき点は、あるものを活かす生計向上支援は、

単に収入を向上させるだけでなく、アジアの人々に備わる生活文化やアイデンティティを保ちます。

生活文化を感じる暮らしの風景
〔生活文化を感じる暮らしの風景〕


さらに、地雷/不発弾との接触を避けるため、森林を切り開かない環境保護が、

循環的で持続性ある伝統的な暮らしの継承にまで、一直線に繋がります。

稀少になった森林
〔稀少になった森林〕


「テラ・ルネッサンス(大地/再生)」という組織名、

「動植物を含む”すべての生命”の安心/持続的な簡素な生活の実践」を提唱するビジョン、ミッション、活動理念を

忠実に具現化しています。


多様性をわかちあい現場・啓発・政策提言の3軸から、

中期ビジョン/長期ビジョンを、同時に目指すプロジェクトへと化けるでしょう。

これまで築いてきたプロジェクトを基礎に、

やらなければならないこと/協働先に託すことを決め、

協力しあったグランドデザインを描いていきます。


・・・・・・・・・・・・・
記事執筆/
アジア事業インターン
佐野 光平
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


大寒波にも負けない刺し子さんです

【 刺し子レポート/2018年1月_Topics.02 】
ー 大寒波にも負けない刺し子さんです ー


皆さんこんにちは

今週、大槌でも久しぶりに大雪になり、刺し子会も前倒しに。


刺し子月次(180217)01

事務所前の坂、トゥルン、トゥルン 怖っ!


新商品「みやびふきん」の完成版の材料や特注の材料を持って行った刺し子さんも、

刺し子の仕方を入念にチェックし合いました。


いつも特注のお願いを快く聞いてくれている刺し子さんの大澤さん

大槌刺し子のTシャツやパーカーにタグ付けをしてくれているミシンが得意の正子さん

まだ道路に雪が残っているのにも関わらず、朝一で元気に足を運んでくれた二人に

コーヒータイム(*^。^*)

刺し子月次(180217)02


刺し子さん話がはずみ、時間を忘れそうになりながら、私達スタッフもコツコツと手だけは動かし・・・(笑)

刺し子さんとの時間、結構楽しいですよ!(^^)!


ありがたいことにたくさんのお仕事があり、来週も刺し子さんで賑わう予定!

楽しみです。


……………………………
記事執筆(2018.01.25)/
大槌刺し子プロジェクト
スタッフ
佐々木 加奈子
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ARチームマネージャー 栗田がカンボジアを訪問  

【 アジアレポート/ 2018年1月_Topics.01 】
ー ARチームマネージャー 栗田がカンボジアを訪問 ー



2018年1月中旬の約1週間、

当会AR(アウェアネス・レイジング)チームマネージャーの栗田がカンボジアに訪れました。

滞在期間も短く、到着した日から移動や打ち合わせ続きという過密日程の中、

現場事業の視察を行いました。

201801-1-2.jpg
〔地雷被害者の家庭訪問を行い、生活状況をインタビューしている様子(延岡撮影)〕


2017年4月から始まった、地雷被害者を含む障がい者家族の生計向上支援プロジェクトでは、

対象世帯の家庭訪問や、自然資源を活かした農業技術訓練の様子を見学しました。


以下、栗田よりコメントです。


・・・・・・・・・・・・・・・・

4年ぶりのカンボジアでした。変わるものと変わらないものがありました。

変わるのは人々の生活や道路など、環境面。

変わらないのはカンボジアの人々の温かさや強さです。

地雷被害者を含む紛争被害者の生計向上支援においては、

今年度始まったばかりで、家畜もこれから育っていくという状態ですが、

現地に昔から伝わる知識や技術を用いて、

効率よく、家畜や家庭菜園をしていけるように、引き続き関わっていきたいと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

本事業の対象はバッタンバン州カムリエン郡に住む100世帯です。

抱えている問題も、内在しているチカラも、100通りあります。

わたし達にできることは、1人ひとりにできる限り寄り添って、

彼ら彼女らの内側にあるチカラが発揮される、環境の整備

201801-1-1.jpg
〔障がい者家族の生計向上支援事業対象者に平和への想いを伝える栗田(延岡撮影)〕


日本で働いている当会スタッフ、そして、

いつも応援してくださる皆さまの想いとともに、

これからも紛争被害を受けた人達の未来を、一緒につくっていきます。


・・・・・・・・・・・・・
記事執筆/
アジア事業サブマネージャー
延岡 由規
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


刺し子さん、自分のための物づくり!

【 刺し子レポート/2018年1月_Topics.01 】
ー 刺し子さん、自分のための物づくり!ー

 
皆さんこんにちは。
 
2018年、新しい年も笑顔でスタートです。


刺し子月次(180216)01

昨年の二ッ谷恵子さんの刺し子講習会で、

恵子さんが提案してくれた自分のための物つくり!

しっかり講習を受けた刺し子さん達もやる気満々で、自分でデザインや色を考えました。

生地は恵子さん自ら染めたもので、もちろん糸は草木染。

刺し子月次(180216)03

刺し子さんが、刺し子のお仕事の合間を見ながら、

好きな柄で刺していたものがストールへと生まれ変わりました。

とても柔らかみのある優しい生地で、

刺し子さん達も出来上がりを楽しみにしていたものです。


縫製してもらい届いたものを早速試着!!

刺し子月次(180216)02

この嬉しそうな笑顔♡

それぞれのデザインでとても素敵なものになりました。


刺し子さん達、今年も元気に頑張りますよ(^O^)/


・・・・・・・・・・・・・・
記事執筆(2017.10.02)/
大槌刺し子プロジェクト
スタッフ
佐々木 加奈子
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク