過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


【 本・映画紹介 from テラルネ!/PRチーム名倉 】

〈 紹介者 〉名倉早都季 (PRチーム テラ・カフェ担当)

〈 タイトル 〉『平和をつくるを仕事にする』

〈 作者 〉鬼丸昌也


S__16924676_201804231536198cb.jpg


鬼丸さんの新著、「平和をつくるを仕事にする」

これは、単なる鬼丸さんの活動履歴ではありません。

問題に対して、わたしたちができることに楽しく取り組みたくなる一冊です。


本書は、大きく3つの部分から構成されています。 まずはじめに、鬼丸さんがテラ・ルネッサンスを設立し、活動を続けてきた軌跡。 次に、現在も続く子ども兵を生み出し続ける紛争が続いてしまう背景。 そして最後に、私達ができること。

鬼丸さんが、カンボジアで、ウガンダで、誰と出会い、何を感じ、なぜお金もビジネスプランもない中で、テラ・ルネッサンスを設立したのか。

なぜ、今もアフリカでは「世界に無視された紛争が続いているのか。

世界平和を目指して、私達ができることは何か。 そのような問に一つひとつ、丁寧に答えてくれる本です。 私が本書を勧めたい一番の理由は私たちにできることが具体的に書かれているから」。 紛争という問題に対して、私達が日常でできることなんて何もない、寄付くらいしかできない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。 私もそうでした。何かを変えるには「大きなことをなさなければ」と思っていました。 国際的な条約の制定など、たくさんの人を動かすための行動は確かに大切です。それは本書の中でも指摘されています。


でも、終わらない紛争の背景にあるのは、生活者・消費者としての私達の行動です。

「平和をつくるためには、まず知ること、そして、寄付、消費、金融、投票、ルールを変えること」

と鬼丸さんは言います。 自分の利用している銀行を見直そう、買い物の前に立ち止まろう、国会議員に働きかけよう。 方法の列挙だけでなく、おすすめの金融機関や企業さんとその理由まで、 私達が仕事としてではなく、生活者・消費者・一市民として、「いまここからできること」を本書は具体的に教えてくれます。 もうひとつのオススメ理由は、自分にもできることを「楽しくやってみようと思えるようになるから」です。 鬼丸さんはこうおっしゃっています。 「どうせやるなら、重苦しく深刻にではなく楽しくやりましょう」。 私は今まで、自分の関心を持った問題を人に説明するとき、どうしても暗くなりがちでした。

どうしようどうしようと暗くなるばかりでした。

でも、それでは誰もついてきてくれません。楽しいから人はついてくる。

何かをしようとしたとき、問題を知ったとき、自分一人で鬱々とするのではなく、

どうやったら楽しく人を巻き込めるだろう?と考えられるようになりました。


「わたしたちは微力だけれど無力ではない」 それは単なるスローガンに過ぎないのではないか? そう思っている方にこそ、手にとってほしい一冊です。


名倉


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【 本・映画紹介 from テラルネ/小田 】

【 本・映画紹介 from テラルネ/小田 】


591bbb4fe1b490beeebd0ab76d07161a-600x400 (1) (1)


〈 紹介者 〉小田起世和/ PRチームマネジャー

〈 タイトル 〉『ロード・オブ・ウォー』

〈 監督名 〉アンドリュー・ニコル


 私たちが取り組む「子ども兵」という社会課題は、彼らが巻き込まれる武力紛争を時として持続させる武器の貿易問題と、密接に関係しています。


 テラ・ルネッサンスは、政策提言活動の一環として「コントロール・アームズ」キャンペーンに加盟(2018年2月末時点)し、武器貿易条約(ATT)の締約国会議プロセスに働きかけています。それは、国家間の武器貿易の規制が、子ども兵問題の根本的な解決のために欠かせないと考えているからです。そして、このような政策提言の取り組みが、より強い効力を発揮するためには、問題に対する一人ひとりの認知を広め、社会の声として世界に訴えていくことが必要です。


 今回ご紹介する『ロード・オブ・ウォー』という映画は、実在する武器商人への取材をもとに制作されました。ニコラス・ケイジ演じる主人公の武器ビジネスの視点から、世界の武力紛争について、その内情を知ることができます。


 とりわけ、主人公ユーリの人間性は、とても印象的です。彼を一言で表すならば、類い稀なる才能の持ち主であるということ。文字どおり、血のにじむような努力で武器ビジネス業界の頂点にのぼりつめ、誰もがうらやむ幸せを掴みとります。ただ、それは「血塗られた幸せ」でもありました。武器が売れるということは、その武器によって誰かが傷つけられるという事実を孕んでいます。なによりユーリ自身、それは誰よりも理解していることでした。心配した家族は、思い直すようにと彼を説得します。そんな家族に対して、「これが私の才能なんだ。」と返すユーリの言葉は、私にとって最も印象的でした。


 もしも、彼の生きてきた環境に溢れるものが、武器ではなく本や芸術だったなら、彼の人生は大きく変わっていたかもしれません。彼が信じている自身の「才能」は、武器ビジネスではなく、もっと他の分野で輝きを放つことだってできたはずです。芸術とは、人生をより豊かにする最も重要な要素です。彼にとって最大の不幸は、その機会に多く恵まれなかったことだと言えるでしょう。ユーリの妻であるエヴァが、女優や画家にチャレンジし続ける姿は、そのことを暗に示しているように感じました。


 先でもふれたように、政策提言を推進するうえにおいて、問題に対する一人ひとりの認知を広めることは重要です。この映画がそれにうってつけである理由は、武器ビジネスという重いテーマ設定にも関わらず、ドラマとしてエンターテイメント性に優れていること。そして、それが押し付けがましくないかたちで作用し、武器ビジネスの事実をしっかりと伝えてくれるためです。


 この機会に、映画という芸術にふれながら、武器ビジネスの社会問題について考える時間を、過ごしてみてはいかがでしょうか。社会の見え方が、すこし変わってくるかもしれません。



▼ 関連ページ:『ロード・オブ・ウォー』予告動画

https://youtu.be/aEWXCMm8ma0


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Amazon Fashion Week TOKYOにて開催されたKUON初となるファッションショー!

【 刺し子レポート:2018年3月_Topics_02 】

- Amazon Fashion Week TOKYOにて開催されたKUON初となるファッションショー!-

IMG-6333-e1522120652990 (1) 


皆さんこんにちは

先週の24日に開催されたKUONさま初となるファッションショー

ブランドコンセプトは『美しいものはいつまでも美しい』

最終日である3月24日は、第4回TOKYO FASHION AWARDを受賞したKUONさまの一大イベント


591bbb4fe1b490beeebd0ab76d07161a-600x400 (1) 

ご招待していただき、大槌刺し子からスタッフ3名、刺し子さん2名行ってきました。


IMG_6407 (1)


私達は刺し子さんを連れての出張で初めてのことばかり、地下鉄での移動もとてもドキドキ!!

IMG-6298-810x1080 (1) 

前乗した日は、移動に大苦戦しながら歩き疲れてその日は刺し子さん爆睡でした。

24日、いよいよショー当日。

楽しみで、楽しみで仕方ありませんでした!


会場の席にスタンバイした私達、KUONさまから帽子を渡され、さあ準備万端!!


IMG_6355-810x609 (1)


真っ暗なホールの中でハンドパンという楽器の演奏と共に、スクリーンには時代の流れを表現した映像に吸い込まれるように

モデルさん達が登場!!


大槌刺し子でボロ生地を補修したり、刺し子でパッチワークしたもの、伝統柄を刺したものや

岩手県盛岡市の幸呼来(さっこら)ジャパンの方々が作る裂き織りの生地

福島県の三和織物の職人さんが作る「刺し子織り」の生地、それぞれ丁寧に仕上げられた生地達が

とても素敵なジャケットに生まれ変わり、それを実際に着こなし歩くモデルさんを見て、感激でいっぱいでした。

IMG_6383-810x608 (1) IMG_6382-810x608 (1) 

古くてもそれをまた美しくよみがえらせるという事が、とても素敵なことだなと感じ、

大槌刺し子でもその一部を刺し子で関わらせて頂いていることを実感してきました。

刺し子さんも自分たちが刺し子した物が世に出ているのを見て、今まで以上に自信がつき、

物つくり、手仕事の価値をもう一度考えさせられたショーだったように思います。

私達、大槌刺し子プロジェクトでも物の大切さを改めて考え、物つくりに励みたいと思いました。

とても貴重な経験をさせていただき、本当にありがとうございました。


スタッフ一同


ーーーーーーーーーーーーーー

記事執筆

大槌事務所 スタッフ

佐々木 加奈子


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


あの日から7年

7年前の今日。2011年3月11日。

当時私は中学2年生でした。

学校で授業を受け、放課後部活をする、いつも通りの日常。

でもその日は私にとって、日本国民にとって、忘れられない日になりました。


15時前ごろ。

突然こわばった表情の顧問がやってきて大声で私たちに呼びかけました。

「おい!みんな大変なことが起こってるぞ!!東北で大地震があったらしい!図書室に集まれ!」


いつもは点いていない図書室のテレビ。

そこに映し出されていたのはにわかには信じがたい映像でした。


東日本大震災 津波火災 に対する画像結果

引用元: www.asahi.com/special/10005/TKY201103110628.html


まさにこの写真。

テレビの向こうから伝わる現場のあわただしさ。アナウンサーの焦った声。家が燃える音。そうこうしている間に火力発電所が爆発したと緊急速報が。


「…え?」

呆然とする私たち。

何この状況。これは現実の映像?

図書室にいた生徒、教師、誰一人として状況を呑み込めていませんでした。


家に帰ってテレビをつけるとさらに凄まじい映像が。

家が、人が、津波に飲み込まれていく…。

テレビに向かってずっと叫んでいました。「逃げて!早く!!」

それ以外の言葉が出てきませんでした。信じられない思いと、これが現実で起こっていることに対する恐怖が頭の中を渦巻いていました。


次の日から学校で募金活動が始まり、支援物資を集め、寄せ書きを書いたりしました。東北を支援するフレーズや絆の文字が日本を駆け巡り、2011年の日本は東北の復興一色でした。


あれから早7年。

テレビで毎日のように流れていた震災関連番組は激減し、震災のことを話すこともほとんどなくなりました。


しかし今でも避難者は7万3千人以上いるとされていて、福島では約3万4千人が県外避難を余儀なくされています。


震災を過去の話にしてはいけません。

今の話なのです。


当会は岩手県大槌町にて〈大槌復興刺し子プロジェクト〉を2011年から継続しています。




大槌町は東日本大震災にて町役場など町の機能の大半を失い、町長を含め、1.280名以上の犠牲者を出しました。避難所で「何かをしたい」という女性たちの想いからスタートしたプロジェクト。震災から7年が経ち、町の状況や生活には変化がありますが今でも多くの刺し子さんたちが元気に活躍されています。詳細はこちらから御覧ください。


https://sashiko.jp/


「もう」7年か、「まだ」7年か。
この7年の歳月をどう捉えるかは人それぞれだと思います。
ただ、まだ終わっていない。まだ震災はつづおていることを今日を機に考え直してみませんか?
今日1日は東北に想いを馳せながら…。

最後に個人的おすすめの本を紹介します。
亡くなった方の最後の姿が見えた、話せた。遺品が数年後急に出てくる。被災地では科学で語れない不思議な現象が数多く起こりました。愛と生の実話がたくさん詰まっています。気になる方はぜひチェックしてみてください。 1_2018031211332118f.jpg

https://goo.gl/wTQe2x

..................................

記事執筆/

京都事務局インターン

宮崎あゆみ


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


インターン合宿を開催しました!  

インターン合宿を開催しました!
 

2/11(日)と12(月)の2日間、京都でインターン合宿をしました!
 
「もっと仲良くなりたい!」「もっとお互いを知りたい!」
 
そんな想いで、インターン自らが企画してくれた合宿。
 
 
どんな風にいつも業務してるの?
 
なんで、テラルネに入ったんだっけ?
 
どうやったら、テラルネもっと良くなるかな?

 
 
そんなことを話して話して、考えて考えて、
 
たまには、美味しいご飯やおやつも食べつつ、
 
いっぱいいっぱい、お互いのことを知ることができた2日間でした。

話し合いの様子

 
こんなことがしたい、あんなことがしたいと話している様子を見てると、
 
これから、もっともっとわくわくするようなインターン生活が送れそうだなと思いました。
 
 
もうすぐ卒業するインターン生もたくさんいますが、
 
どんどん新しいインターン生が入ってきてくれています。
 
このあったかくて優しい輪がどんどん広がっていったら、嬉しいなと思います。
 
お世話になったユースホステルの前で。

 
・・・・・・・・・・・・・
記事執筆/
インターン
小原 美空
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク