過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


特集④刺し子の深み


皆さんこんにちは~
インターンの番野です~♪


3月ももう半ばを過ぎました...はやいですねぇ...
さようなら春休み、こんにちは就職活動...( ^ω^三

まぁ、それはそれとして! 


4回にわたって特集してきました大槌復興刺し子プロジェクトですが!!
今回、最終回です!!!


ということでですね、今回は刺し子の歴史をもっと知りたいと思いませんか...
(......知りたい!!)
知りたいですよね~~


それでは、まずは 刺し子が生まれた経緯
をご紹介したいと思います+.(*'v`*)+


そもそも刺し子とは、
防寒のための布の補強としてなど、民の貧しい暮らしの知恵から生まれたものや、
装束や魔除けとして生まれたものなど、様々な地方で育まれ受け継がれてきた
日本の伝統民芸なのです。
お針子猫 刺し子の歴史http://oharikoneko.web.fc2.com/
html/history/history.html



なので、使われる技法なんかも様々な種類があるわけです。
とくに有名なのが、日本の「三大刺し子」と呼ばれるもの。


1つは、津軽地方の  ”こぎん刺し”

  4c45ca85d1fc3ecd1da878fdd96c9781_20160318175813831.jpg

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/
1143530607577910301/1143537215118681601/



つぎに、南部の ”菱刺し”

  47af3d6615b283f6b64468d85942bc683f279cc7.jpg
http://blogs.yahoo.co.jp/wsqxt234/484111.html


最後に、庄内の ”庄内刺し子”

  img56215222_20160318182935586.jpg

http://item.rakuten.co.jp/oliveavenue/classiky_b118/

どれも、手仕事とは思えないほど綺麗に、
一針、一針丁寧に縫われているのがわかりますね。

本来は商用ではなく、自分の身内や家族のためにつくられていた。
というのも、なんだか温かみが増してよいですよね(*´v`)


その他にも、模様に深い意味合いがあったりと、
知れば知るほど、人の温もりを感じられるのが 刺し子の魅力
ではないでしょうか。。。


大槌復興刺し子をはじめ魅力的な日本の伝統民芸、
これからも人々の想いとともに、受け継がれていってほしいですね!


それでは、このへんで...!
お読みくださり、ありがとうございました♪(/・ω・)/ ♪

(ばんの)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


特集日③大槌復興刺し子プロジェクトって??

こんにちはー!インターンの岡本です

さてさてインターンを始めて早一か月…
毎日吸収することがたくさんあり、充実しています(*^_^*)

と、いうことで!
本日は特集日第三弾です

これまでの二回の大槌復興刺し子プロジェクト特集
大槌町のことに少し詳しくなったのではないでしょうか?

この特集もクライマックスを迎えようとしていますが今日はついに!
私たちテラ・ルネッサンスが行っている
大槌復興刺し子プロジェクトについてご説明したいと思います(^∇^)ノ

このプロジェクトが始まったきっかけは、
大槌町の支援活動を通して出会った人の
「今避難所にある問題の一つは『やるべきことがない』ということ。
元気で動けるおばあちゃんも、やることがないといって一日中横になったりしている。
これじゃ元気な人も元気がなくなってしまう。何とかしたい。」
という言葉でした。
(大槌刺し子復興ブログhttp://ohtsuchisashico.blog.fc2.com/?_ga=1.154419071.613748706.1457797173より)

2011年6月から始まったこの事業。
2015年まで184人の刺し子さんとともに歩んできました。

商品の買取や、材料の配布を行う「刺し子会」
商品制作に必要な技術を学ぶ「技術講習会」
刺し子さん同士や、刺し子さんと現地を訪問された方々の交流の場としての「お茶っこの会」を開催する
など、中高年の女性の方々を中心に意欲的に取り組んでいます。

刺し子さんたちの制作した商品は
名刺入れからマルチクロス、トートバッグまで、
どれも素敵なものばかりです。

http://tomotsuna.jp/大槌刺し子 マルチクロス(四つ葉のクローバー)

http://tomotsuna.jp/スプリング・ギフト:Sorakamo名刺入れ×大槌刺し子 マルチクロス

ほかにも様々な商品があります、ぜひCHECKしてみてくださいね
http://tomotsuna.jp/

ついに次回は大槌復興刺し子プロジェクト特集最終回Σ(´Д`*)

是非、お楽しみに!

(おかもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


特集②大槌にはどんな歴史があるの?

こんにちは、インターンの岡崎ですヾ(o´∀`o)ノ

今日の京都は1日中雨でしたね....
皆さんの地域ではどうでしたか?

さて、そんな天気は置いといて、、、
本日は特集日です!!

今月は大槌復興刺し子プロジェクト
についてお送りしています。

前回の 特集①大槌ってどんなところ?も合わせてご覧ください(^-^)/
⇒ http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2535.html


さて、本日は今月2回目ということで、
特集②大槌にはどんな歴史があるの?
についてお届けします!!


さかのぼること戦国時代。
現在の大槌町は、周辺地域の戦国武将、大槌氏の支配下でした。
彼は、特産の南部鮭の交易で成功して、財を成したんだとか。
現在でも大槌町での有名な魚を代表する鮭ですが、
そんな昔から歴史があったんですね!知らなかった!

その後は、大槌城が築かれ、盛岡藩の管理下となり、
大槌代官所が置かれた後は、現在の地域の行政を管轄するようになったそうです。

そんな歴史をもつ大槌町ですが、
2011年3月11日東日本大震災で、甚大な被害を受けました。


<震災前>
大槌震災前
(出典:市民防災研究所 http://www.sbk.or.jp/blog/?p=837

震災前には、人口1万6000人弱、面積200.59㎢で、
大槌湾の漁業を中心とした港町として知られていた大槌町でしたが、
津波の影響をもろに受け、3092棟もの家屋が一瞬にして全壊しました。


<津波被災3週間後>
大槌震災後
(出典:市民防災研究所 http://www.sbk.or.jp/blog/?p=837

これが津波の被害を受けてから3週間後に同じ場所で撮影された写真です。
いかがですが?
同じ場所とは到底思えないほど、全て津波によって奪われてしまっています。。。
同時に、数知れないほどたくさんの方々が命を失い、行方不明状態となりました。


そんな恐ろしい震災から、早くも5年が経過しようとしています。

他の地域では復興が進んでいるところもありますが、
大槌では被害も大きかったため、5年が経とうとしている今でも、
復興がなかなか進まない現状があります。

たとえ復興したとしても、被災者やその家族の方々の傷は
簡単には癒えず、今後トラウマとなってしまうことも多いでしょう。

そんな大槌の人々の力になりたい!という思いから、
私達テラ・ルネッサンスは大槌復興刺し子プロジェクトを通して、
大槌町の被災者の方々を支援する活動を行っています。

次回の特集日は、当会のこのプロジェクトについて紹介させていただきます!

お楽しみに~\(^o^)/

では、本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

(おかざき)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


3月特集①大槌ってどんなところ?

こんにちは、インターンの川島です。
3月に入り、梅が咲き始め、日差しもあたたかくなってきましたね
桜が咲いたら、お花見するのがたのしみです

さて、今月の特集は、
大槌復興刺し子プロジェクト

本日は、
特集①大槌ってどんなところ?
をお届けします(^○^)


大槌町は、岩手県の沿岸南部に位置する小さな三陸の町。
about_map.jpg
(出典:新おおつち漁業協同組合 http://jfshinootuchi.jp/about


いきなりですが、みなさん、
「ひょっこりひょうたん島」はご存知でしょうか?
日本を代表する作家、井上ひさしさんが原作を手がけた、
1964~1969年までNHKで放送された人形劇です。
41WV0VAWNAL.jpg


実はこの、ひょうっこりひょうたん島のモデルと言われる
「蓬莱島(ほうらいじま)」は、大槌町の大槌湾内にあります。
右端に見える赤い灯台は、漁船の誘導のために設けられたもの。
一時は震災で壊れてしまった灯台ですが、今では復活しています。
img_seeing01_01.jpg
(出典:大槌町観光ポータルサイト http://www.otsuchi-portal.jp/about/


そんな大槌町は、美しい自然にめぐまれており、
海の幸、山の幸、とにかく美味しいものがいっぱい!!!
いくら、ウニ、ホタテ、わかめ、蜂蜜、干ししいたけ、縄文にんにく、松茸、、、、、
書き出すだけでよだれが出てきます


さいごに、大槌町といえばこの方、おおちゃんをご紹介しましょう!
4d66b68e3d67e.jpg
(出典:ご当地キャラカタログ http://localchara.jp/catalog/2031/


おおちゃんは、1994年生まれ、「槌」の形と、町のイニシャルの「O」をかたどった可愛らしい姿が人気です。
震災後はしばらく活動を休止していたそうですが、2013年にはサケが母なる川に戻るかのように復活
町長によると、休んでいた間は、全国をめぐって、支援していただいた方々に感謝の旅を続けていたのではないか、とのこと!

岩手スタッフのブログによると、おおちゃんは
当会が参加する大槌のイベントにも参加してくれるそうです。
大槌町の「おおちゃん」。
皆さん覚えてくださいね


・・・え?
大槌のことがもっと知りたい?
なーんて思ったそこのあなた!!!

実は来週3月9日の水曜の夜、当会が毎月行っているテラカフェにて、
岩手県の大槌復興刺し子プロジェクトについて、詳しくお話します。

震災から、もうすぐ丸5年。
復興が進んだものもあれば、5年経ってもそのままのものもある。
津波で流されてしまったものもあるけど、変わらない人々の想いがある。
そんな岩手県大槌町の現状を、お伝えさせていただきます。

今回はなんと、刺し子の制作体験も行いますのでお楽しみに♪
(テラカフェについて詳しくはこちら→http://www.terra-r.jp/news/event/event_20160116.html

次回の特集もお楽しみに
本日も、ありがとうございました

(かわしま)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コラボ商品、母と子の絆

みなさん、こんにちは
インターンの寺西です

最近、このブログに頻繁に出没しています(笑)
2月からインターンを始めましたが、
そろそろ覚えていただけたのではないでしょうか

さて、本日は特集日!!
大槌刺し子プロジェクトについて、
特集します!!

この度、大槌刺し子は、中川政七商店とコラボをします!
その名も、「obento motta」、です

中川政七商店さんは、1716年創業の「奈良晒」老舗で、
複数のブランドで全国に直営店を展開しています。
詳しくは、こちらです。

今回のコラボは、母と子の絆を表しています。
そもそも「motta」は、中川政七商店さんが展開する、
「肩ひじを張らないハンカチ」がコンセプトの、ハンカチブランドです。

2015030216010956b.jpg


そんな「motta」に、大槌刺し子が、お弁当サイズに合わせて、
親と子の絆を象徴する伝統柄である、「親亀子亀」を施しました。

どんな柄か、気になりますか
気になりますよね
どうぞ、こちらの「コラボ商品販売のおしらせ」をご覧ください!!

この場では、敢えて画像はお見せしません。
サイトをみていただいて、
よりこのプロジェクトについて、見てほしいと思います

私個人としては、お弁当と親子の絆を結び付ける点が、
とても温かみを感じました。
また、刺し子のデザインも可愛らしく、
子どもと親の2種類のデザインがあるのも、
面白いと思います。

サイトの載っているデザインを含め、
全18種類あるそうです。
自分のお弁当箱に合わせて選ぶのも、
楽しそうです。

また、刺し子が見えるようにたたんで、
普段のハンカチ使いにするのも、
オシャレですね

価格3000円で、
販売期間は2015年3月20日(金)~4月30日(木)です。
長期間の販売ではないので、
お気を付け下さい。

販売店舗も東京から福岡まで、網羅しています。
「私の地元も売ってた・・・!!」
というかたもいらっしゃると思います

ぜひ、ご検討ください

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございます

(寺西)


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク