過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


7月ブログ特集『ブルンジ・ウガンダ事業』②

こんにちは
インターンの内藤です!


本日、京都はあいにくの雨。
雨が降るととてもじめじめしますね
早く梅雨があけて、からっとしてほしい!!

さて、本日は前回の続きをいきたいと思います。
前回は、インターンの米田が
『ブルンジ・ウガンダ事業特集』第一弾ということで、
当会がなぜ、ブルンジで事業を始めたのかについて書きました^^
(まだご覧になられていないかたはこちらより→http://goo.gl/hE5s4B

今日は、当会がブルンジでどのような事業を行っているのか
その中で、大切にしていることは何かについてお話ししたいと思います。


******************************
2013年、事前調査を終えた当会は、
『ブルンジにおける元子ども兵及び紛争被害者自立支援センター住民参加型建設プロジェクト』を開始しました。

これから当会がブルンジで元子ども兵紛争により被害を受けた人に対して
自立・社会復帰支援を行っていくための施設を
その地域の住民と協力しながら建設するプロジェクトです。


PA152042.jpg


こちらが完成時の写真です。

IMG_7148 (1)


この施設は
株式会社オンズホールディングスさまの尽力により完成することができました。


そして、この完成した施設において
2015年4月より養蜂技術の訓練を始めております。

ブルンジで養蜂?!と思う方もいるかもしれません。

なぜ、養蜂なのか。
それはブルンジでは、ハチミツは昔から薬として重宝されてきたのです。

『その土地にあるものを活かす』
テラ・ルネッサンスが大切にしている視点です。

途上国で活動する際は、まず現地で
どのようなニーズがあるのかを探すと思います。
例えば、水がない、食料がない、技術がない、など。
そのニーズを満たすことも重要ではありますが、
同時に、対象地域や対象者が持っている
多様なチカラ(リソース)を活かすことを当会は大切にしています。


IMG_0016.jpg


こちらが完成したハチミツ、『アマホロハニ―』です。
当会の広報・ファンドレイジングチームマネージャー兼デザイナーである小田が
ブルンジに訪問し、現地住民とともにワークショップを通して
デザインを作り上げました。

アマホロとは
ブルンジの言葉で『平和』という意味です。

このハチミツには、
平和を願う彼らの想いが込められています。

そして、このハチミツ、
ただのハチミツではありません!
日本のハチミツと比較しても糖度が非常に高く、質の高いものとなっています。
私も試食してみましたが、
濃厚な甘さとフルーティな花の香りがして、とても美味しかったです

昨年、試験的に販売したハチミツはすべて完売!
現地住民からは
「もっと買いたい」
「今年のハチミツはいつ発売するんだ!」
「なんで在庫がないんだ!!」
など、
嬉しいお声を頂いているようです\(^o^)/

先週、今年の初採蜜を終え、
今年度は販売に力をいれていく予定です。

また、養蜂技術訓練の実施と同時に、
窯業技術訓練の開始に向けても準備を進めております。

IMG_4942 のコヒ_ー

(省エネ窯建設中の様子)


養蜂だけでなく、窯業などを通して
コミュニティの収入を多様化し、
さらに、地元の人々が心に誇りを取り戻してほしいと願っています。


長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。
これで、ブルンジ事業の特集は終了です。


次回からは、ウガンダ事業の特集をしていきます!
どうぞ、おたのしみに


(ないとう)


スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【特集日】ひとり一人に未来をつくる力がある

こんにちは
インターンの土井です。

さっそくですが、本日は 「特集日」 ですね!

今月は アフリカ特集 と題して、
ブルンジ地理や歴史、テラルネの活動を紹介してきました。

前回までの特集記事をご覧になりたい方は↓

第1弾:「【特集日】ブルンジはこんなところ」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html

第2弾:「【特集日】注目される国の影で…」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2522.html

第3弾:「【特集日】着実に、変化を起こしたその先に。」

http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2525.html

そして、アフリカ特集 第4弾(最終回)
である今回は、テラルネッサンスの行う未来に向けた活動を紹介します


・・・・・


第3弾で紹介したように、
テラルネッサンスでは2015年4月よりブルンジにおける養蜂事業を展開してきました。

この活動は、ブルンジでの養蜂技術の訓練や、ハチミツの製品化支援に加え、

森を守ることの大切さや
人と自然が共存することの大切さを
学んでもらう機会


を提供しています

というと、環境ワークショップを開催して、森や土壌の役割、ミツバチと植物の関係などを学んでもらい、
希望者は養蜂場を見学したりもしています。

実際のワークショップでは、
ハチがさまざまな花を飛び回ることによって、より効率的な受粉が行われ
自分たちの収入源を確保 できるだけでなく、
養蜂することによって植物をはじめとする生態系、そして
その地域全体の自然環境が保全されることの重要性 について教えます。


第2弾でも取り上げましたが、
ブルンジでは、1990年代の内戦の影響で、当時から約20年の間に、
国の森林面積の 約4割 もが失われました。

加えて、アフリカでは最も人口密度が高い国の一つで、山岳地帯が多く、
洪水などの 自然災害 も多発しています。
電気もガスも水道もない、村の住民にとって森林は貴重な燃料としても利用されています

こうした中、単に「森を守りましょう」と言うだけでは、
なかなか、行動には結びつきにくい現実があり
森とミツバチの関係を教室と現場(養蜂活動)で学んでもらうことで、
持続可能な社会作りに若者が意識を持ってくれることを願っています


IMG_3390_20160223163319a12.jpg

(写真:環境教育などブルンジでの活動に昨年12月に派遣した職員の鈴鹿と現地スタッフ)


・・・・・
テラルネッサンスはこれからもブルンジにおいて
現地の人々が自らの手で収入源を確保し、
紛争や外部の環境の変化に影響を受けにくい
多様なビジネスを生みだし、
外部の手に頼らずに自立した生活を手に入れることができるよう

養蜂事業の支援を中心に、活動し続けていきます




そして、この事業も 紛争予防世界平和の実現 を見据えた
1ステップです

テラルネッサンスはさまざまな国と地域を対象に活動しているので、
このブログやSNSを通じて、現地の様子やテラルネの事業について
できるだけ多くの地域にフォーカスしていくことができればいいなと考えています

最後まで読んでいただき、ありがとうございました



(どい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【特集日】着実に、変化を起こしたその先に。

こんにちは
インターンの辻本です


さっそくですが、
今回は、アフリカ特集 第3弾!!

今月は、ブルンジ共和国と
そこでのテラ・ルネッサンスの活動を紹介しています


第1弾、第2弾の特集では、主に
ブルンジの地理や歴史についてご紹介してきました!

前回までの特集記事は↓コチラ↓

第1弾:「【特集日】ブルンジはこんなところ」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html

第2弾:「【特集日】注目される国の影で…」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2522.html




第3弾の今日は、いよいよ、
ブルンジでの当会の活動に入っていきます


ブルンジと日本を行き来している、当会職員によると
ブルンジ人は非常に真面目で、実直で素直、他者を思いやる心を持っていて、
日本人ともよく似た性格なのだそうです(o・ω・)♪


そんなブルンジで、いま力を入れているのが
養蜂事業(ハチミツの生産)なんです


紛争の影響を最も受けた地域のひとつ、
ムランビヤ県で、地域の人たちが助け合いながら
安定した生活を送る事を目指し、
養蜂技術を教えています

12045523_10207557021872542_2489589695325850708_o2.jpg


なぜハチミツなのか

それは、「無いものを探すのではなく、あるものを活かす」
という当会の理念に基づいたものです。

元々この地域では、伝統的にハチミツを薬としても重宝しており、
栄養失調の多い村の子ども達にとっても、貴重な産品なんです


昨年4月から始まったこのプロジェクトですが、昨年末より
ついに村人たちがハチミツを生産できるようになりました!


出来上がったハチミツの名前は、
『AMAHORO HONEY(アマホロ・ハニー)』

IMG_00172.jpg


アマホロとは、現地の言葉で「平和」という意味です。

この村のハチミツからブルンジの平和をつくる
という願いを込めて、名付けられました


村人たちは、完成したハチミツを持って、
村で採れたハチミツの良さを伝えながら、
試行錯誤して販売しています!


近い将来、ブルンジの特産品として
日本の食卓にも届くことを願って、頑張っています




・・・

ブログ執筆にあたって今までのブログを遡っていると、
私がインターンを始める前の昨年7月のこんなブログを発見しました!

「甘いだけじゃない!今後に期待!ハチミツ!」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2380.html


養蜂事業を始めたばかり頃、未来に向けた期待が、
しっかりと実現されていくのを感じました

・・・


◎次回の特集日(2/23 火)は、
テラルネ事業が、未来を担うブルンジの若者に与え得る影響、
その可能性についてお伝えする予定です♪


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました



(つじもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【特集日】注目される国の影で…


こんにちは!!
インターンの杉本です

最近電車の中で、
制服姿の中学生をよく見かけます。
ちょうど受験シーズンですね!!
もう6年も前のことだと思うと…
時間の流れ、速すぎです


さて今回は、
アフリカ特集 第2弾!!
今月はテラ・ルネッサンスの活動地域、
アフリカの、ブルンジについてお伝えしています

前回の記事はこちら!!
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2517.html


本日は、ブルンジの歴史について
お話しようと思います。
009_8191_2016021316171413b.jpg



「アフリカで起こったジェノサイド(大虐殺)」
と言われると、何を思い出されますか?

1994年(私の誕生日も1994年)、
ルワンダでは、数か月で50万人以上もの死者を出す
ジェノサイド(大虐殺)が起こりました。

2004年のアカデミー賞でノミネートされた作品
「ホテル・ルワンダ」でも、
ルワンダのジェノサイド(大虐殺)が題材にされ、
ルワンダの悲劇は国際社会でも注目を浴びました。


しかし…
そんなルワンダの、小さな隣国、
ブルンジでも、ジェノサイド(大虐殺)が起こっていたのです。

ブルンジでは、「ツチ人」と「フツ人」という、2 つの民族対立があおられ、
ベルギーから独立した後も、長年対立が続いています。

1972 年には、フツ人による反乱に対する報復として、
ツチ政権は、20 万人ものフツ人が数ヶ月間のうちに虐殺しました。
殺害されたのは、民間人でした。

1988 年にも約5 万人の民間人が虐殺され、
多くのフツ難民が隣国の逃れていきました。

1993 年、ようやく民主的な選挙が行われ、
フツ人の大統領が民衆により選出されました。
しかし、大統領就任から4か月後、
軍部のツチ人によって大統領が殺害されたのです。
このことが引き金となり、ブルンジ内戦が始まりました。

1994年、再びフツ人の大統領が
ルワンダの大統領とともに
ミサイル攻撃を受け、殺害されました。
この両国でのフツ系大統領殺害をきっかけに
ルワンダでのジェノサイドが引き起こされ、
ブルンジでも内戦が激化してしまいました。

93年から94年の間に5~10万人の人びとが命を失い、
40万人のフツ人が難民として国外に逃れています。

その後も内戦が続き、結局ブルンジ内戦では
30万人の尊い命が犠牲になりました。

内戦中、
最大1万4000人の子どもたちが戦っており、
その多くがわずか12歳前後だった

とも言われています。

メディアでも報じられ、世界中から注目を浴びる
ルワンダのジェノサイド(大虐殺)ですが、
それ以前から、ブルンジでもジェノサイド(大虐殺)
繰り返し起こっていました。

ルワンダの影で、
メディアではあまり報じられませんが、
こんな悲劇が起こっていたのです。

そんなブルンジで、
ブルンジの人びとの可能性を信じて、
テラ・ルネッサンスは活動しています。
詳しくは、次回以降の特集でお伝えする予定です。

IMG_3958.jpg

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!!
次回もお楽しみに!!

すぎもと

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【特集日】ブルンジはこんなところ

みなさま、こんにちは
インターンの寺西です

ついに立春が過ぎましたね
暦上では、もう春ということになります
しかし、春と言えどまだまだ冬用のコートが手放せません。。(´;ω;`)
インフルエンザも流行りつつあるみたいです(´。・ωq)(pω・。`)
みなさま、体調にはご注意を!!

さて、本日は特集日
今月はアフリカについてお伝えしていくのですが、
なかでも!
ブルンジについてお伝えしていきます~

まず、そもそもブルンジはどこにあってどんな国なの??
なんてことを紹介します。

場所はココ。
map_burundi_20160205113814c98.gif
(出典:http://africa-rikai.net/data/BURUNDI.html
赤いところがブルンジになります(´・Д・)」
思ったよりも小さい!!なんて方もいるのでは??

ちなみに、国土は北海道の3分の1だそうです
北海道はでっかいどー

赤道にも近い場所で、地理的には熱帯気候エリアになります。
だから暑いかと思いきや!
思うよりも涼しいみたいです
乾季9月の最も暑い時でも、
32℃程度まで気温が上がるようですね
すっずすぃ~

これは、国土の多くが2000メートル程度の高原だからです

ちなみにちなみに
2000メートルはどの程度の高さかといいますと、
富士山5合目あたりが2230メートルになります
この高さを体感したい方は、ぜひ富士山へ~ ヾ(o´∀`o)ノ

そして、このブルンジは自然も豊かです
ブジュンブラ市というブルンジの西に位置する市の
北西にある「ルシジ国立公園」という国立公園では、
水鳥も集まり、カバも見ることができます。
pickup01thumb.jpg
(出典:http://www.dososhin.com/know/country/BDI/

少しブルンジについて身近に感じていただけたでしょうか?

こんなブルンジで、当会は活動を現在でも続けています。

では、
ブルンジはどんな歴史をたどったのか?
テラ・ルネはどんな支援をしているのか?

それはまた今月の特集日でご紹介しますので、
お楽しみに~(^-^)/

本日も読んでいただき、
ありがとうございました

てらにし

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar