過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


子どもたちと、未来と世界を想う日に

みなさん
こんばんはm(__)m

テラ・ルネッサンス、フェローシップの辻本です


15周年記念イベントや、新しく始まった 人 とのかかわりの中で
いろいろ振り返ったり、考えたりすることが多くなっている今日この頃

あんまり大きなことは言わず、等身大でいきたいと思います



DSC_1431.jpg

15周年記念イベント(東京)で、アジア事業担当の江角が活動報告をする様子




ところで今日は何の日か、みなさんご存知でしょうか?




国連が子どもたちの相互理解と福祉を増進させることを
目的として制定した記念日・国際デーのひとつ


『世界こどもの日』



なんです。


(なんです。・・・なんて書きながら
私はさっきfaceboookでたまたま知りました・・・・・




国際デーだからというのもヘンな話かもしれませんが
あえてこれをきっかけに「こども」について考えたいと思います。



というのも、15周年イベントに参加してくださった方は
もうすでにご存知だと思うのですが、




テラ・ルネッサンスが中期ビジョンとして新たに打ち出したのが、



「2031年までに、すべての子どもが
 紛争に巻き込まれない社会を実現する」





ということでした。



・・・

これをきいて、みなさんはどう思いましたか?




私は、最初にこれを聞いた時、


「ん?」 っていろんな 「?(ハテナ)」 が


あたまに浮かびました。



「すべての子どもって、、すべて?」

「2031年までにかぁ・・・」




でもこんな、『現実的』なものの考え方をする自分にも小さな「ハテナ」が。






違いは喜びの種

テラ・ルネッサンスの機関誌『結晶母(けっしょうも)』。今年は15周年記念誌として
発行しました。写真はその中の1ページ。







ちょっと脱線しますが、
大学3、4年生くらいまでの私は、あることに対してすごくかたくなでした。


「紛争は必ずなくせる」
「世界平和は無理じゃない」 と。



直接、誰かに「そんなことは無理だ」と言われたわけでもなければ
何か紛争をなくすための活動をしていたわけでもないんですが、

すっごく強くそう思ってたんです^^;



『現実』を見ろ、っていう言葉がきらいで、
むしろ社会で、世界で起きている『現実』に目を向けたら
無理だと言ってしまうわけにはいかないじゃないか・・・





そんなふうに感じていたことを、15周年イベントでの
鬼丸さんのスピーチをききながら思い出していました。


・・・


よりより社会や、世界平和


それぞれが目指すものや持っているイメージは
まったく同じではないのだと思いますが、



でもきっと、その根源には似たような動機があって



たとえば、



紛争をなくしたい


貧困や飢餓をなくしたい



せめて子どもたちが不安に脅かされない社会にしたい



というふうに感じたとしたら、
それは全部、現実を見ているからこそなんだと思います。




現実を見て、その現状に耐えられなくて


だからその現実を変えるために発信したり、寄付をしたりする。


だから自分はいまここにいる。



・・・



もちろん、ただ理想ばかりを並べるだけでは
願う現実にたどり着くことはできないでしょうし、


団体としてなんらかのビジョンを公言したからには、
個人が勝手に言っているというのではない「責任」のようなものが伴うと思います。



けれど、こういったビジョンをすぐに、
「無理」「無謀」「夢想」と考えてしまうのではなく、
わからないけど、大きな理想や夢を描く大胆さをもつことも大事で、




その感覚を、15周年イベントを通して、
子どもたちと、未来と世界を想う日に、すこし取り戻したような気がしました。



(つじもと)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今日は...庭の日!!...??

みなさん、こんにちは

今日は...良い天気でしょうか?

実は今日は4月23日でして(過去にタイムスリップしたとかそういう訳ではありません笑)、


まっ、庭の日のブログ書いちゃいますね~~~!!


と、いうわけで!

本日は!

庭の日!!

...ってなんぞや?

「庭の日」ってどんな日?




暮らしに安らぎとうるおいを与えてくれる庭の素晴らしさを、

より多くの人に見つめなおしてもらいたい。


そのきっかけになればという気持ちを込めて、

造園連では4月28日を「庭の日」と制定しました。




この記念日をきっかけとして、

多くの人がそれぞれの視点で、

身近な庭や環境について考えてもらえることを願っています。



(参考:一般社団法人日本造園組合連合会


と、いうことでした。

わたしも思い出しました、
祖父母の家の庭のこと。


春は色とりどりの花が咲いて、
飼ってるが自由に散歩しています

晴れの日はバーベキューをしたり、

母や叔母とバドミントンをして、


夏は小さい頃はビニールプールで水遊びをしました。

秋は焼き芋をして、

冬の雪が積もった日は家族で雪だるまを作りました。



思い出してみるとたくさんの思い出がありますね(* ´ ▽ ` *)


私にとっての「庭」は、
安らぎを与えてくれる空間でもあり、
楽しみを与えてくれる空間でもありました。


今も、たまに訪れる祖母の家の庭は
私の大好きな場所の一つです。


...こうして改めて考えて文字に起こしてみると、
なんだか感慨深いものがありますね


皆さんもぜひ、この機会に自分の身近な庭、

道端に植えられた草花やベランダのプランターなどについて
思い出してみてはどうでしょうか。


何か大切なことに気付くかもしれないですね




(おかもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今日は何の日?

皆さん!!
こんにちは( ̄^ ̄)ゞ

インターンの小林です。

新年度が始まり、もうすぐひと月。
みなさんはどんなひと月を過ごされましたか?

私は新しい生活について行くだけで精一杯な日常を送っていました




さて、気を取り直して、
皆さん。今日は何の日かご存知ですか?

世界本の日です。

この世界本の日
世界で2番目に発行数が多いとされる「ドン・キホーテ」の作者であるセルバンテスや、
イギリスの劇作家、シェイクスピアなどを含む多くの作家の命日が4月23日であったことから制定されました。

この日には、世界各国で行事が催され、日本でも子どもの活字離れや国語力の低下などが指摘されているなか、
積極的に読書を行う意欲を高めるために、子どもの読書活動の推進に関する法律(2001年公布)により
子ども読書の日が制定されています。

今日から5月12日までは「子ども読書週間」です。
本はたくさんの知識や素養、教養を与えてくれます。
自分に経験したことの無いような世界を見せてくれます。


ただし、本はうまく利用できないと、恐ろしい側面も持っていると思うのです。
本を読んで、その分野や地域のことを全て分かった気になってしまう。
世界では、本当にあらゆることは常に変化していくのだと思います。
本は本当に素晴らしいものですが、あくまでそれに支配されてしまってはいけないと思います。

偉そうに語ってしまいました。。。すみません。

GW、子供読書週間には、溜め続けた本を少しでも消化できればと思っています。
皆さん、気をつけながら、本を読みましょう。ヾ(o´∀`o)ノ


(こばやし)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


4月1日といえば....??


こんにちは~!

インターンの岡崎です(^^)/


ついにやってきましたね!4月が!春が!
昨日道を歩いていて桜の綺麗さにうっとり~
満開が楽しみです◎


今日はあいにくのお天気ですが、
新しい生活が始まりワクワクされている人も多いのでは??

特に新社会人の皆さん!
社会に出る初日となる記念すべき今日が
皆さんにとって良い1日になりますように




さてさて、タイトルにもありましたが、、、
4月1日って何の日か皆さん知ってますよ....ね?


そう!皆さんが大好き(?)な
あのエイプリルフールです!!!


まる分かりの嘘から信じてしまいそうな嘘など
たっくさんの嘘が飛び交う1日ですが、、、

そもそもその 由来、皆さん気になりませんか?

ということで調べてみました!

しかし!
その由来となる説が多すぎる....Σ(゚д゚|||)

なので、私の独断と偏見となりますが、
今回は私がおもしろいと思う説をご紹介します!

---------------------------------------------------------------------------------

フランスのバカな魚説

『Poisson d’Avril(ポワソン・ダブリル)』
これはフランスで4月1日のことを指す言葉で、
「4月の魚」という意味だそう。


なぜか”サバ”がよく釣れる
フランスの4月。


あまりにも簡単に、大量に釣れるため、
フランスでは、サバのことをバカな魚と呼ぶそう。

images_20160401162750cb3.jpg
(画像出典:http://himonoya-yamajin.jp/?pid=27346852


ちなみに、フランスの子供たちは
4月1日になると、友達に気づかれないように
魚の形をした紙を背中に貼り付ける遊びをするんだとか。

4月=サバ=バカ=エイプリルフール
こんな流れですかね~

文化って国や地域それぞれでおもしろいですね~(^ω^ ≡ ^ω^)

-----------------------------------------------------------------------------------

1年に1回、嘘が許される日。
そんなエイプリルフールだからこそ 嘘 つきたくなりますよね??

でもやっぱり嘘は嘘でも
他人の気を悪くしてしまうものも中にはあります。

いくらエイプリルフールでも多少の常識、大事ですよね


他人の気持ちを考えつつも、ユーモアをもって
おもしろいシャレをバンバン言って皆で笑え会える
そんな楽しいエイプリルフールを ぜひお過ごしください\(^o^)/



ではひとまずこんなところで~

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました



(おかざき)

**************************************
【 第57回テラ・カフェ 】
「22歳の決断〜新しい選択肢へのパスポート〜【講演/パネルディスカッション】」
NPO・NGOなどの市民団体で働く方々のリアル、その魅力についてお話しします。
【 時 間 】:4月13日(水)19:00~20:30(開場18:30)
【 参加費 】:500円 【 定 員 】:20名
参加をご希望の方は、お手数ですが、下記URLよりお申し込み下さい。
https://goo.gl/a94Su4
Facebookページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1280313918651634/?active_tab=highlights
**************************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


全ての生命が安心して生活できる社会とは…

皆さん
こんにちは!
声を大にして言いました。
インターン小林です。

春なので浮き足立っております。


京都にも春が来て、先日が開花しました。キタ━(゚∀゚)━!

本日は2つの国際デーなのです。
そもそも国際デーとは???

国際デー:特定の日、または一年間を通じて、
     平和と安全、開発、人権/人道の問題など、ひとつの特定の
     テーマを設定し、国際社会の関心を喚起し、取り組みを促す
     ため制定します。
     国連総会やさまざまな国連専門機関によって、
     宣言されます。(国際連合広報センター)

                               なのだそう。



本日の国際デーは


拘留中または行方不明のスタッフと連帯する国際デー
      1985年の今日、レバノンの首都ベイルートにて国連
      情報センターのスタッフとジャーナリストが誘拐された
      ことに由来し、世界各地で拘留中または行方不明の国連
      職員を讃えると共に、早期の解放を願う日。




奴隷及び大西洋間奴隷貿易犠牲者追悼国際デー
      大西洋間奴隷貿易の犠牲となり、命を失った多くの人々
      を追悼する日。






大航海時代の新大陸発見以降、当時のスペイン、ポルトガル、イギリスなどの
覇権国家は暗黒大陸アフリカから、新大陸に向けて多くの黒人奴隷を新大陸へ
送り込み、司祭や中・上流階級層を派遣し、開拓を行いました。
現在までに、約1,500万人もの人々が強制連行され、
強制労働、性暴力などを受けました。


潘基文国際連合事務総長は昨年の奴隷及び
大西洋間奴隷貿易犠牲者追悼国際デーに際し

大西洋間奴隷貿易を「極悪犯罪であり、人類史上の汚点である。」と非難し、
「奴隷貿易という恐ろしい遺産を痛感させることになるでしょう。また過去を記憶し
犠牲者を悼むことによって、私たちの「癒し」を助けるという意味もあります。」
とのメッセージを送りました。


奴隷貿易では支配層の主観や不寛容、誤った認識が大きな悲劇を引き起こしてしまったのです。

今日は偏見のない世界を願い、全ての生命が安心して生活できる社会を願ってみませんか。



(こばやし)

**************************************
【 第57回テラ・カフェ 】
「22歳の決断〜新しい選択肢へのパスポート〜【講演/パネルディスカッション】」
NPO・NGOなどの市民団体で働く方々のリアル、その魅力についてお話しします。
【 時 間 】:4月13日(水)19:00~20:30(開場18:30)
【 参加費 】:500円 【 定 員 】:20名
参加をご希望の方は、お手数ですが、下記URLよりお申し込み下さい。
https://goo.gl/a94Su4
Facebookページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1280313918651634/?active_tab=highlights
**************************************


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar