過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


現在、感じること


こんにちは!!!
インターン小林です。



私は、高校時代から漠然とアフリカを訪れたいという夢を持っていました。
アフリカに対するイメージは人それぞれ違うものだと思います。


私はアフリカに対して、、貧困紛争人道危機など学校で学んだことで
偏ったイメージを持っていました。
そんなイメージは正しいのか、
自分の足で訪れ、自分の目で見て、自分の耳で聴いて確かめたい
という想いがありました。


今回訪れたウガンダは、1900年にイギリスの保護領として編入され、
1962年の独立以降も現在まで民族的、政治的な大きな争いが7度も
繰り返された場所でもあります。


そんな紛争の中で神の抵抗軍(LRA)という反政府勢力が
活動していた地域でもあります。
LRAの下では多くの子ども兵がうみ出されました。


子ども兵たちは、反政府勢力によって自らの親を傷つけさせられたり、
殺させられたりした上で誘拐され、軍に従軍させられます。
軍に従軍している間は、地雷原を歩かされ地雷撤去装置として使われたり、
戦場では大人兵士の盾として使い捨ての道具のように扱われます。

コンゴ子ども兵



戦場で人を傷つけ、傷つけられることを通して、精神的トラウマや身体的苦痛を
受けることに加え、力で解決するという暴力的な思想を身につけさせられます。
運良く軍から逃れることができても自分の元居たコミュニティでも
「人殺しは出て行け!!」と罵られ、差別を受けることもあります。
そんな中で、希望を捨て、夢をみることを奪われます。

私は今回アテック・リリーさんという元子ども兵の方のに触れる機会がありました。
14141874_502382306624487_1158658335963690386_n.jpg
        (写真:アテック・リリーさん)

リリーさんは、従軍中に子どもを授かったのですが、軍から抜け出した後も、
母親からも連絡を取ることを拒まれてしまいました。
困難に直面し希望を失くしてもなお、自分の足で立ち上がることを諦めることなく
今では、テラ・ルネッサンスで学んだ洋裁の技術を活かして、
親に仕送りをすることができるまでになったといいます。


人は沢山の困難に直面し、立ち上がることができないような状況に
おちいることもあります。
そんな時も希望や夢を持ち、刻々と変化する状況に対しても柔軟に対応し、
葛藤しながらもどんな困難にも打ちひしがれることなく、
あきらめずに生き抜くことを自ら示すリリーさんは、
本当に素晴らしいと感じました。


今回沢山のお話を聞かせてくれた元子ども兵の方々には、自分が元子ども兵の
良いロールモデルとなることで、沢山の困難に負けない姿勢を貫きたいという
お話を聞かせてくれた方がいました。
自分が変わることで、また違う人によい影響を与え、その人の人生を変え、
その人がまた違う人に影響を与えることで、世界は変わる、
世界平和が実現できるともおっしゃっていました。


今回ウガンダを訪れたことで本当に沢山の学びと感動をいただきました。
自分自身。元子ども兵の方々の支えになれるように、距離は遠くとも
手をとって寄り添うように活動を続けていきたい、
そんな気持ちを改めて実感した経験でもありました。


ひとりではどんなに微力でも「ひとり一人に未来をつくる力がある」
この言葉を胸に私も困難に負けることなく。
諦めずに今を精一杯に活きていきたいとおもいます。

(こばやし)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「夢」を身近に。


みなさん、こんにちは~
インターンの岡崎です


せっかくの連休なのに、台風の影響で雨続きですね。。
まあ個人的には、たまには家で雨の音を聞きながら、
寝たり、ゆっくり過ごすことが好きなんですが。笑



さてさて、本題に入ります(*´ω`)

もう1カ月経ったのかと思うと 早っ!!!となりますが
8月19~27日に行ってきました!ウガンダ共和国!!


初めてのアフリカ大陸!5大陸制覇まで残すは1大陸
2~3月の卒業旅行で制覇予定です!
まってろ南米ーーーー(むっちゃ個人的で すみません ~_~ 笑)


、、、話がそれたんで戻します(~_~)


今回のウガンダツアーのメインは、やはりなんといっても、
元子ども兵の夢を聴く
ドリームプランプレゼンテーション 略して ドリプラ

実際に行ってみて、空気を吸ってみて、人々のやさしさに触れて、
紛争の面影をなにひとつ感じさせなかったウガンダ。

P1090713 (800x600) (400x300)


でも、テラ・ルネッサンスの社会復帰センターで、
辛い経験をした元子ども兵から話をきいて、実感しました。
本当にここで紛争があって、たくさんの人が命を落としたんだと。


今回、夢を語ってくれたのは、6人の元子ども兵のみなさん

最初は、「どんな夢描いてるんやろ~??」と身構えている自分がいて。
けれど、耳を傾けてみると、良い意味で期待を裏切られたんです。


私の中の「夢」のイメージは、漠然と遠い未来にある自分のゴール的な何かで、
だからこそ、考えるのも難しいし、人に話すなんて気恥ずかしい
と思っていました。

でも、彼ら彼女たちは、「夢」を遠い未来の1つのことでなく、
自分が実現したいこと
として、たくさん語ってくれたんです。


「洋裁の先生になりたい」
「自分の子どもを学校に通わせたい」
「今持っている資格を活かしたい」
「孤児の子ども達を助けたい」
「ママになりたい」
・・・・


「夢ってたくさんあってもいいんや」
「夢に大きいも小さいもないんや」


彼ら彼女たちの「夢」は、私にそう気付かせてくれました。


同時に教わったのは、「行動なくして夢の実現なし」ということ。

6人のプレゼンター全員に共通していたことは、
ただ夢を語るだけではなく、それを実現するための「行動」も語っていたこと。

例えば、自分の商品を村の中で広めたいと語っていたMonicaさん
洋裁ビジネスの幅を広げるために、刺繍の機械を購入するという「行動」がしっかりと語られていました。

P1090994 (400x300)


辛い過去に背を向け、希望を胸に、前に進もうとする彼ら彼女たち。

その姿は、「夢とか、そんな先のことなんかわからんわ~」なんて
頭のどこかで思っていた私にとって、
自分を見つめ直す機会、そして、刺激となりました。


最終的なゴールは、完璧に描けていなくたっていい。
いろんな出会いと経験が重なり、夢は変わっていくかもしれない。
けれど、その時々でもつ、「夢」やビジョンを大切にし、
その実現のために、行動をおこしていきたい。


そして、社会人になっても、「今、実現したいことは?」と自分に問い続け、
自分の気持ちに正直に生きていきたい


シンプルだけど、彼ら彼女たちの言葉、姿から、そう思えました。


今、ふと思ったこと。
南米行きの航空券、早く買おう!!!笑


本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*^^*)


(おかざき)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今、この瞬間。

こんにちは!!
インターンの杉本です

いきなりですが…

あなたの夢は何ですか? 夢、ありますか?

私には夢があって、ずっと目指していたものがあって。
でも、ちょうど最近就職活動を終え、
結果的に、これまでに思い描いていた通りの道を進むことはできなくなりました。

夢を諦めたくはないから、計画しなおそう。
ここからどうやって、夢を実現しようか。
前向きに考えようとはするものの、
やっぱりどこかで落ち込んでいる自分がいました

今回のツアーを通して私は、
今、この瞬間に、自分にできることを精一杯やろう。
今というこの瞬間を、大切に、感謝して、毎日を過ごしていこう。

そう感じました。

ツアーの中で、
現在、木工大工のお店を営まれている卒業生のところに訪問する機会があり、
夢や目標について聞くことができました。

P1050650 (1)


彼らのなかには、まだ、からだに銃弾が残っていて、
痛むときがある人もいるそうです。
しかし、

つらい過去に目を向けるのではなく、これからの未来を考えて生きている。

と話してくださいました。
そして、しあわせだと感じるときはいつ?という質問に、

こうやって日本から応援してくれている人たちとあって、話せる今がしあわせだ。

とおっしゃっていたのです。


夢に向かって走っていたつもりだったのに、方向転換を余儀なくされて・・・
これからどうしよう、やっぱり無理なのかな・・・でもあきらめたくない。
と、頭の中でぐるぐる悩んでいました。
しかし、悩んで何もしない時間はもったいない!

悩んだ時も、ウガンダに行った時も、いろんな瞬間の積み重ねがあって今がある。
そして、その瞬間が積み重なって、未来につながっていく。

それなら、今できることを本気でやろう。
子ども兵の問題について、平和について、
残りの学生生活、テラ・ルネッサンスのインターンとしてできることを。
社会人になり、環境が変わっても、その中で自分にできる関わり方をし続ける。

きっとその積み重ねが、また夢へと続く道を示してくれる。
新しい道に気づかせてくれる。

そう信じて、今を精一杯生きようと思います。


ウガンダで出会った人たちと一緒に、
今という瞬間を大切に、信じて歩き続けようと思います。
子ども兵の問題、社会の問題について、一生考え続けます。

自分に何ができるか、これという答えはまだまだ見つかりそうにないし、
答えは出ないかもしれません。
それでも私は、
その時その時で、今の自分にできることを、信じ、行動し続ける。
そう決心することのできたウガンダツアーでした。

そして行動し続ける私を支えてくれるのは、ウガンダで出会った彼らの存在です。
あの時の笑顔、言葉、抱き合った時のあたたかさ、すべてが支えになっています。

P8230742.jpg


今、もう一度あなたにまた会えていることが、しあわせです。

もう一度彼らに会って、心から言えるよう、
いつも支えてくれてありがとうと、お互い言い合えるよう、
毎日を生きていこうと思います。


最後まで読んでくださり、ありがとうございました。


すぎもと

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダに行って感じたこと。

みなさまこんにちは、インターンの岡本です。

この間ニューヨークで二十歳を迎えてきました!!!
かっこいい!!!
……自己主張強くてすみません。。(笑)

そしてそして。
8/19-27でウガンダにも行ってきました!!!
テラ・ルネッサンスのスタディツアー、ドリームプランプレゼンテーションinウガンダです。

今日はこの場をお借りして、わたしがウガンダに行って感じたことを言葉にしていきたいと思います。

* * * * * * * * * * * *

初めてのウガンダ、念願のアフリカ。
行く前からすごくワクワクしていました。

でも、「夏ウガンダ行きます!」って周りにいったら、
え、大丈夫なん?危なくない?」ってまず言われました。

「ニューヨーク行きます」って言ったらみんな羨ましがるのに、何かそこが嫌だったりして、
ウガンダばかにすんなよって勝手に思ってました(笑)

で、ウガンダの魅力探してこようって思ったんです。


でも、わたしが抱いたのは「ウガンダも日本も同じ」という印象でした。


IMG_6729.jpg

ウガンダ、本当に素敵な国でした。
綺麗な空と、鮮やかな赤土、たくさんの自然。
太陽からの光にも色が見えそうで、ウガンダの空気おなかいっぱい吸い込みたくなるぐらい。

出会った受益者の方々も、すごくいい顔して笑うんです。
彼ら彼女らの、日本からの支援に対する心からの感謝、子どもへの深い愛、平和な未来を想う気持ち。
そして、夢を語るときに伝わってきた希望、自信、力強さ。

紛争被害にあい、耐え難い経験をしてきた彼ら彼女らだからこそ、
今を大切に生きる想いは人一倍強いのかもしれない。
平和ぼけしているといわれる日本で、「今」を大切に生きられている人はどれくらいいるんだろう。
と、思う反面、心から平和を願い、想い、動いている日本人も私はたくさん知っていて。


結局日本もウガンダも同じなんだって思ったんです。


日本もウガンダも、同じ空の下に同じ「ヒト」が生きていて、同じ時間を過ごしている。
同じ「ヒト」なら、いいことも悪いこともどこにでも起きうる。
日本もウガンダも、そしてアメリカニューヨークにだって、飢えてる人や苦しんでいる人はいる。
それを何とかしたいと思う人もいる。


いろいろ考えて、日本もウガンダも同じなら、支援ってなんで必要なんだろうって、一瞬よぎったけど、
すぐ思い出しました。
だから「ひとり一人に寄り添った支援」が必要になるんです。

わたしが日本で生きている今この瞬間、彼が、彼女が笑顔でいてくれたらいい。
困って、苦しくてどうしようもない時は頼ってほしい、一緒に乗り越えていきたい。

わたしが将来めざすものはそういう支援のありかただと感じました。

IMG_7420_20160909165613d9b.jpg

ウガドリツアー振り返り特集1回目、
結構漠然としたわたしの思いをありのままに書かせてもらいました!
ウガンダで起こったすべてのことから学ぶことがあり、感じることがありました。
出会ったすべての人に感謝するとともに、この素晴らしい機会に巡り合えたことをとても幸せに思いました。


次回は9月14日水曜日、同行したインターン杉本の熱い想いが溢れますよっ

乞うご期待(´ω`人)


(おかもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar