過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


冗談をいったり、笑いあったりする仲のいい不発弾撤去チーム

【 アジアレポート/2017年4月_Topics.02 】
ー 冗談をいったり、笑いあったりする仲のいい不発弾撤去チーム ー


ラオスでサポートする不発弾撤去団体MAGの第31不発弾撤去チームのポアポーンさんをご紹介します。撤去作業員として働くポサポーンさんは、23歳と若いですが、このチームの仲の良さを次のように話してくれています。

“私は、MAGの第31不発弾撤去チームで働くことを、とても楽しんでいます。このチームには、大きな連帯があります。私たちは、いつも冗談を言い合ったり、笑いあっています。”

MAG第31不発弾撤去チーム:ポアポーンさん

もちろん不発弾撤去は、危険な不発弾を見つけて、取り除いていく危険な作業で、緊張して作業をしなければいけませんが、このチームのメンバーが活動する上で、とても仲良く活動しているのが伝わってきます。ラオスのシエンクアン県では、私たちと同じように冗談を言ったり、笑ったりする素朴な人々の日常があります。その人々の平和な生活を、一瞬で悲しみに変えてしまう危険な不発弾が、残されています。


ポアポーンさんたちが3月にシエンクアン県パーサイ郡ファイヴァット村とポーシィ村で撤去できた面積は、41,875㎡、29発の不発弾を撤去しました。これで2016年8月から今年3月までに累計327,911㎡、208発の不発弾を撤去し、2,103名が直接的に受益しています。

MAG第31不発弾撤去チーム 月次成果2017/03

シエンクアンでは、不発弾で汚染された土地のまだ1%も撤去できていないなかで、気の遠くなる作業を続けていますが、微力は決して無力ではありません。少しずつ、確実に安全な大地が増えています。


その他のメッセージ

カンボジアは、4月にお正月を迎えます。カンボジアでは1年の中でも最も暑い時期でもこの時期ですが、美味しいマンゴーが熟す時期でもあります。新しい事業がスタートしたこともあり、また新しい年がスタートしたという新鮮な気持ちが特に強く感じられた月になりました。また、新たなアジア事業の展開をカンボジアやラオス、タイなどの国境を跨ぎなら、ダイナミックにしていきたいと思います。

………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰
 
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


地雷被害者100家族を支援する草の根パートナー事業開始

【 アジアレポート/2017年4月_Topics.01 】
ー 地雷被害者100家族を支援する草の根パートナー事業開始 ー



カンボジアでは、JICA草の根パートナー事業として、バッタンバン州カムリエン郡の地雷被害者を含む障害者100家族の生計向上支援を始めました。現地のカウンターパートとしてバッタンバン州農林局、環境を守る農業を主とした活動をする現地NGO: CRDNASEとの協働事業で、4月4日に最初の打ち合わせを実施しました。

アジア月次レポート 2017/05 Topics.1-1

カムリエン郡は、内戦中におびただしい数の地雷が埋められた地域で、撤去が進んできていますが、まだ地雷が残っている場所もあります。地雷撤去後の土地ではキャッサバやとうもろこしなどの換金作物が大規模に栽培されてきましたが、キャッサバはここ数年買取価格の下落により、多くの農民が借金地獄に陥り、担保として土地を取られてしまった人たちも少なくありません。


こうした状況のなか、特に脆弱な地雷被害者などの障害者家族に家庭菜園での野菜栽培や鶏、牛、やぎなどの家畜飼育、ハリナシミツバチの養蜂などの複合的な農業技術を提供することで換金作物に依存した生活から脱却し、グローバル経済の荒波にも柔軟に対応しながら、持続的な生活ができるようにサポートをします。


最初の打ち合わせでは、現地政府の農林局のスタッフも、現地NGOの農業の専門家も、そしてテラ・ルネッサンスも、この脆弱な障害を持つ世帯へ一致団結して活動していくことが確認できたことが、すごく嬉しいことでした。

アジア月次レポート 2017/05 Topics.1-2

そして、4月中旬のクメール正月を挟んで、新しい現地スタッフも雇用し、カムリエン郡にフィールド事務所を準備しながら、農業の技術訓練やワークショップの準備、各障害者の家庭の訪問など、かなり慌しい1ヶ月となりました。日本からも新スタッフの延岡くん、インターンの川島さんがカンボジアに到着し、確実に事業を実施する体制が整い、この新事業を実施していくことができるのをとても嬉しく思います。

………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク