過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


地雷撤去を専門とする当会のパートナー団体MAG-カンボジアより、今年度半年間の成果報告書が届きました。

【 アジアレポート/ 2017年10月_Topics.02 】
ー地雷撤去を専門とする当会のパートナー団体MAG-カンボジアより、今年度半年間の成果報告書が届きました。ー

カンボジア事業では、地雷の影響により苦しい生活を
余儀なくされている村落の人々を対象に、村落開発支援事業を展開しています。
その活動を行うためにまず必要な地雷撤去活動についてご報告します。

====================================

「地雷撤去」という言葉に、撤去作業員の姿を想像される方は多いのではないでしょうか。

今回は、それだけではない撤去活動のうら側についてカンボジアよりお伝えします。


MAG報告書によれば、「地雷撤去活動をより効果に行うために、事前に灌木の除去や土地整備が不可欠だ」と記載されています。

これらの下準備を経て、地雷や不発弾除去を迅速かつ確実に実施しています。


現在、今年度目標面積330,000m²に対して、225,138m(達成度:68%)を遂行し、

20個の危険物を安全に破壊し、地雷の脅威に晒されていた26世帯127名(達成度:79%)の方々に
安全な土地を提供することができました。

半年間の成果は目標値を順調に上回る数値を示しています。
テラ・ルネッサンスの地雷撤去支援により設置された機械支援部隊「ボブキャット」の貢献がこれを可能にします。


紛争時に地雷を設置するのは簡単でしたが、

撤去には途方も無い時間と労力がかかることを現場でひしひしと感じます。

効果的な撤去の手法が日々進歩していくことを素直に嬉しく思いつつ、

暑いカンボジアの地で日々、人々が安心して生活できるよう地道にコツコツと活動を続ける

MAG-カンボジアスタッフの皆さんを心から尊敬します。

====================================

当会が継続的な支援活動を実施できるのも、みなさまのご協力のおかげです。
いつもあたたかいご支援をいただきありがとうございます。


記事執筆:インターン 佐野光平

人道的地雷撤去支援報告書

▼ MAG-カンボジアレポートはこちら!
http://terra-r.113110.red/user/media/pdf/activity/MAGBobcat2017Q1ReportJapanese.pdf

http://terra-r.113110.red/user/media/pdf/activity/MAGBobcat2017Q2ReportJapanese.pdf



スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


家庭菜園、推進中!

【 アジアレポート / 2017年10月_Topics 01 】

ー家庭菜園、推進中!ー


地雷被害者を含む障害者家族の生計向上支援事業では、

カンボジア西部のバッタンバン州カムリエン郡に住む100家族を対象にしています。


農村地域に住む対象世帯の家計は、支出の大部分を食費が占めている状況です。

そこで「支出を減らす」ことを目標の1つに、本事業では家庭菜園を推進しています。



具体的には、毎月2種類の野菜について、その栽培方法の技術訓練を行ないます。


「空気を入れるために土をすきで耕してから、〇日間は土を置いて乾かしましょう」

「種を植える穴の深さは△cmで、穴と穴との間は□cmあけましょう」


訓練では、種を植える前段階である土壌の準備から、収穫、自家採種の方法など

かなり実践的な内容を伝えます。

野菜栽培技術訓練の様子


訓練終了時に、その2種類の野菜の種を配布するのですが、そこで終わりではなく、

月に1回のペースで対象100家族の各家庭を訪問しています。


家庭菜園の状況を確認し、問題を抱えていたらアドバイスをして回ります。

すべての家族を訪問するのは時間はかかりますが、とても大事な活動の1つです。



ただ、技術を伝えるだけ。

ただ、野菜の種を配るだけ。




それで終わるのではなく、対象家族の生活が

少しでも良い方向に進むようにきちんと見届けるところまでが私たちのサポートです。



10月は雨もよく降り、家庭菜園を実施している家族が増えてきています。

あまりにもたくさんできるので、私たちに自慢の野菜をくれる人もいました。


一般的に、カンボジアの雨季は10月下旬までです。

11月から5月頃までの乾季には、雨が少なくなります。

そのため、野菜栽培に必要となる水の確保は難しくなりますが、

引き続き、1人ひとりの状況に合わせてできるだけ柔軟なサポートをしていきます。


執筆/アジア事業サブマネージャー 延岡由規

家庭菜園でできた野菜を収穫している様子

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


インターン生が事務所を訪問しました!

【 アジアレポート/2017年9月_Topics.02 】
ー インターン生が事務所を訪問しました!ー



9月25日から3日間、念願かなって

初めて、テラ・ルネッサンスのカンボジア事務所を訪れました。


現地駐在員に案内してもらい、活動地の村を回り、

たくさんの笑顔と今までの成果に出会いましたが、

そんな中でも最も強く感じたのは、現地スタッフの頼もしさでした。

アジア月次(171015)01
〔モニタリング調査の様子〕


今年4月から、JICAとの協働事業開始に伴い、

カウンターパートとして一緒に働いている

現地NGO:CRDNASEの農業専門家 スンサリー、そして女性スタッフのソクンティー


わたしが訪問した際も、

支援している家庭を回って、モニタリング調査をしていたのですが、

対象者との会話から、「自立」と「自治」を大切にする

テラ・ルネッサンスと同じ考えを持ち、

支えるところ、関わるべきでないところを瞬時に判断し、

的確なアドバイスをしているように感じました。

アジア月次(171015)02
〔カンボジア人スタッフらと現地駐在員の延岡〕


現地駐在員の延岡も「モニタリング調査は、もう自分がいなくても大丈夫」というほどで、

スタッフ間、そして受益者の方々との間の信頼関係も

築かれている
ことを感じました。


帰り際、「わたしたちは一つのファミリーだよ」といってくれたスタッフ。

言葉は通じないけれど、場を和ませるのが上手なおちゃめなスタッフ。

正しいことを知ってほしい、とポルポト時代の自分の過去を話してくれたスタッフ。

初めて訪れたカンボジア事務所は、

人の温かさと優しさに包まれた、素敵な空間が広がっていました。


・・・・・・・・・・・・・
記事執筆/
京都事務局 インターン
岡本 美穂
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


養鶏技術のトレーニングを実施しました

【 アジアレポート/2017年9月_Topics.01 】
ー 養鶏技術のトレーニングを実施しました ー



JICA草の根技術協力事業(パートナー型)として、今年の4月から開始した、

地雷被害者を含む障害者家族100世帯を対象にした、生計向上支援プロジェクト

これまでに養牛、ヤギ飼育、野菜栽培の技術訓練を、

各対象世帯に提供してきました。


今月は、45世帯を対象に、養鶏の技術訓練を実施しました。

対象者の住んでいる村によって2グループに分かれて、

それぞれ2日間のトレーニングです。

こういったトレーニングの場でも、

こちら側から一方的に技術を伝えるだけではないのが、

私たちとカウンターパートの現地NGO:CRDNASEのやり方です。


「まずは、自分たちで考えてもらうことが大事」とCRDNASEのサリーは話します。

その言葉通り、トレーニングは「鶏を飼うためには何が必要か」を

参加者同士で話し合うことから始まりました。

その上で、知識を伝えていくのですが、

参加者の様子は真剣そのものです。

アジア月次(171014)01
〔養鶏技術訓練の座学の様子〕


カンボジアの農村地域では、養鶏は一般的に行われています。

しかし、鶏は、牛やヤギに比べて、病気にかかるリスクが高いのです。

実際に、鶏を飼っていた村人の中には、

そろそろ売ろうかというぐらいに、大きくなっていたにもかかわらず、

一夜にして、病気で全滅してしまった、と話してくれた人もいます。

アジア月次(171014)02
〔EM発酵飼料をつくるために薬草を刻む参加者ら〕


2日目に実践形式で学んだ、EM発酵飼料もうまく活用して、

村人たちが養鶏を収入源のひとつとして確立できるよう、

これからもフォローアップを行なっていきます。


・・・・・・・・・・・・・
記事執筆/
アジア事業サブマネージャー
延岡 由規
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ヤギの飼育訓練とフォローアップ

【 アジアレポート/2017年8月_Topics.02 】
ー ヤギの飼育訓練とフォローアップ ー



現地カウンターパートCRDANCEのスタッフと一緒に、ヤギの飼育訓練を実施しました!ヤギ飼育に必要なもの、食べ物、病気の治療法、予防法などを一つ一つ丁寧に伝えました。

今年の4月から始まったプロジェクトでは、地雷被害者を含む障害者家族の生計向上のため、家畜飼育を推進しています。

アジア月次(170909)02
〔村人にヤギの治療法を伝えている様子〕


訓練では、合間に必ず村人に質問し、考えてもらう時間をとります。

「訓練に期待することは何か?」
「ヤギを飼うために必要なものは何か?」


これは国際協力で使われるPRAという手法の一つで、一方的に教えるのではなく、村人自身に考えてもらうことが重要です。


2日間にわたる訓練のあとヤギを飼い始めた村人たち。

実際に飼っていると、病気などいろいろなトラブルがあります。

訓練を実施したCRDANCEのスタッフは

「村人から夜中に電話がかかってくることもある。勤務時間ではないけどプロジェクトを成功させるためにも柔軟に動かないとね」

と頼もしい一言。

アジア月次(170910)02
〔村人に渡したヤギの様子〕


このプロジェクトは約100家族を対象としているため、ある程度決まった支援の仕方があります。

けれどもそこには一人ひとり異なる状況があり、できる限り一人ひとりに寄り添う“オーダーメイド型支援”がテラ・ルネッサンス流。

引き続き、きめ細やかなサポートをしていきたいと思います。
 
 
・・・・・・・・・・・・・
記事執筆/
アジア事業インターン
川島 綾香
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク