過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


村人2名を対象に鶏・アヒルの飼育トレーニング実施

【 アジアレポート/2017年6月_Topics.02 】
ー 村人2名を対象に鶏・アヒルの飼育トレーニング実施 ー

 
 
6/6~6/9の4日間、座学・視察旅行・最終日のまとめで構成される鶏・アヒルの飼育トレーニングを実施しました。

アジア月次(170709)02
〔トレーニング4日目のまとめを終えて集合写真〕
 
鶏やアヒルといった家畜飼育を推奨しているのは、複数の収入源を持つことでどんな困難をも乗り越える力を村人に持ってもらうためです。そしてこのトレーニングの目的は、ロカブッス村の中に2名の家畜飼育の専門家を養成することで、テラ・ルネッサンスがいなくなった後も技術を活かして家畜飼育を続けられるようにすることです。
 

家畜飼育に成功している他の村の村人を訪問した視察旅行では、10年以上も家畜専門の医者をしており、自身も鶏・アヒル・牛を飼育している大ベテランから話を聞くことができ、とてもいい刺激になったようでした。ロカブッス村の村人には治療方法が分からなかった病気の治療法も知っており、お互いの携帯電話の番号を交換したり、とてもいい関係を築くことができていました。
 
アジア月次(170709)01
〔家畜飼育の大ベテランである他の村の村人から話を聞いている様子〕
 

今回の研修では、村人に技術を伝えられただけでなく、村人が彼ら自身のお手本となる人に出逢えたこと、これからはテラ・ルネッサンスに頼らなくとも村人同士で家畜飼育の技術を共有することができるネットワークができたことが大きな収穫です。
 
これから始まる彼らの挑戦を、テラ・ルネッサンスが完全に必要なくなるその日まで、支え続けたいと思います。
 
 
………………………
記事執筆/
アジア事業インターン
川島 綾香
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 
 
▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください
 
「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。
 
http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。
 
30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
※寄付は税控除の対象になります。
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/5時点)>
 
・目標人数:400 人
・寄付者数: 10
・達成率 : 2.5
・残り日数: 55 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


問題の根本的な解決に向けて

【 アジアレポート/2017年6月_Topics.01 】
ー 問題の根本的な解決に向けて ー


 
カンボジアでは、カムリエン郡に住む地雷被害者を含む障害者家族への生計向上支援を行なっています。

対象100世帯を4グループに分けて、グローバル経済のリスク、お金の収支バランスに関するワークショップを開き、6月21日に全グループへの実施が完了しました。
 
アジア月次(170708)01
〔ワークショップの様子〕


私たちは、「生計を整える=収入と支出のバランスを整える」ことだと考えています。収入が増えたとしても、それ以上のお金が出続ければ、いつまでたっても状況は変わらず、単に収入のみを上げればよいということではありません。しかしながら、対象者の中には借金を返すために、さらに借金を重ねる人もいます。
 
その原因のひとつに、単一作物栽培への収入源の依存が挙げられます。広大な土地を使って、キャッサバやトウモロコシなどの換金作物のみを栽培する農家が大半を占めます。

アジア月次(1707008)02
〔広大なキャッサバ畑〕


しかし、2年ほど前からその買取価格がおよそ半減し、農家の方達は大きな経済的打撃を受けています。収入源をひとつだけに頼ってしまっている人達は、他に収入を得る手段を思いつくことができず、結局、翌年の換金作物栽培のために更に借金をしてしまうのです。


今回のワークショップでは、「支出を減らす」という考え方や、多様な収入源を確保する重要性などを説明し、対象者らも理解を示してくれました。これから本格的に始動する本事業の中で、村人達と共に理想を現実化していきたいと、強く願います。


………………………
記事執筆/
アジア事業サブマネージャー
延岡 由規
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


カンボジアの3村で自治会を開催

【 アジアレポート/2017年5月_Topics.02 】
ー カンボジアの3村で自治会を開催 ー

 
 
現在村落開発支援プロジェクトを実施しているプレア・プット村、ロカブッス村、サムロンチェイ村の3村、合計5つのコミュニティで、5月の自治会を開催しました。自治会は2014~2015年から基本的に月1度開催しており、野菜の栽培方法や種の配布、掃除の重要性、その他村人が話したいことを話し合っています。
 
自治会をはじめたのが一番早かったロカブッス村は、客観的に見て一番自立と自治が進んでいます。彼らは今後、彼らのマーケットに設置する看板を作り、野菜を販売することで新たな収入源を手に入れていく予定です。

アジア月次(170611)01
野菜の種を手に集合写真/ロカブッス村幹線道路沿いのコミュニティ
 
 
3村それぞれの雰囲気ややり方があり、私たちが必要以上に口出しをする必要はありませんが、3村それぞれのいいところや他の村人の成功例を共有することで、お互い刺激になり、より自立と自治が促進されるのではと思います。
 
それは第三者であるテラ・ルネッサンスだからこそできることであり、今後もそういった地道な活動を続けることで、カンボジアの自立と自治の発展に貢献していきたいと思います。そしてそれが、まわりまわって日本の自立と自治につながると、ここカンボジアでそう感じています。

アジア月次(170611)02
野菜の栽培方法を説明している様子/ロカブッス村教会裏のコミュニティ
 
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

ー 現在テラ・ルネッサンスでは南スーダン緊急難民支援を実施しています ー

▼緊急支援にご協力ください!
http://www.terra-r.jp/south_sudan.html
 
< 南スーダン緊急難民支援 進捗状況(※ 6/8時点)>
・目標金額:2,000,000 円
・寄付総額:680,068 円
・達成率 : 35%
・残り日数: 9日
・達成まであと1,319,932円
- 期間:6月17日(土)まで-
 
▼ 寄付をして、緊急支援に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
………………………
記事執筆/
アジア事業インターン
川島 綾香
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


隣国タイにて、養蜂技術の研修

【 アジアレポート/2017年5月_Topics.01 】
ー 隣国タイにて、養蜂技術の研修 ー

 
先月より、カンボジア王国バッタンバン州カムリエン郡に住む、地雷被害者を含む障害者家族への生計向上支援が始まりました。本事業の重要なポイントのひとつ「複合的な農業」の実現に向けて、対象者にハリナシミツバチの養蜂技術訓練を行う予定です。
 
 
5月5日からの3日間、まずはプロジェクトメンバー計10名で、お隣の国 タイに研修を受けに行きました。チャンタブリ県にある農業職業促進開発センターの方々にお世話になり、主にハリナシミツバチに関する生態や養蜂技術、ハチミツを使った石鹸等の製品化研修を実施しました。
 
アジア月次(170610)01
(ハチミツを使用した石鹸の製品化研修)
 
 
2日目には、実際にハリナシミツバチの養蜂を行なっている農家さんを訪問し、巣箱の保管や採蜜の方法など実物を手に取りながら、実践的に学ぶことができました。今回の研修での学びを、しっかりと活動に活かしていきたいと思います。
 
アジア月次(170610)02
(養蜂農家(右)の視察)
 
 
世界的に減少していると言われているミツバチ。解明までは至っていませんが、その主な原因として挙げられているのは、人間が使用するネオニコチノイド系の農薬や殺虫剤です。
 
本事業によるハリナシミツバチの養蜂を通して、対象者が「自然との共生」という意識を思い出し、行動を選択していってほしいと思います。なぜなら、私たちが目指すのは「すべての生命」が安心して生活できる社会なのですから。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

ー 現在テラ・ルネッサンスでは南スーダン緊急難民支援を実施しています ー

▼緊急支援にご協力ください!
http://www.terra-r.jp/south_sudan.html
 
< 南スーダン緊急難民支援 進捗状況(※ 6/8時点)>
・目標金額:2,000,000 円
・寄付総額:680,068 円
・達成率 : 35%
・残り日数: 9日
・達成まであと1,319,932円
- 期間:6月17日(土)まで-
 
▼ 寄付をして、緊急支援に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
 
………………………
記事執筆/
アジア事業サブマネージャー
延岡 由規
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


冗談をいったり、笑いあったりする仲のいい不発弾撤去チーム

【 アジアレポート/2017年4月_Topics.02 】
ー 冗談をいったり、笑いあったりする仲のいい不発弾撤去チーム ー


ラオスでサポートする不発弾撤去団体MAGの第31不発弾撤去チームのポアポーンさんをご紹介します。撤去作業員として働くポサポーンさんは、23歳と若いですが、このチームの仲の良さを次のように話してくれています。

“私は、MAGの第31不発弾撤去チームで働くことを、とても楽しんでいます。このチームには、大きな連帯があります。私たちは、いつも冗談を言い合ったり、笑いあっています。”

MAG第31不発弾撤去チーム:ポアポーンさん

もちろん不発弾撤去は、危険な不発弾を見つけて、取り除いていく危険な作業で、緊張して作業をしなければいけませんが、このチームのメンバーが活動する上で、とても仲良く活動しているのが伝わってきます。ラオスのシエンクアン県では、私たちと同じように冗談を言ったり、笑ったりする素朴な人々の日常があります。その人々の平和な生活を、一瞬で悲しみに変えてしまう危険な不発弾が、残されています。


ポアポーンさんたちが3月にシエンクアン県パーサイ郡ファイヴァット村とポーシィ村で撤去できた面積は、41,875㎡、29発の不発弾を撤去しました。これで2016年8月から今年3月までに累計327,911㎡、208発の不発弾を撤去し、2,103名が直接的に受益しています。

MAG第31不発弾撤去チーム 月次成果2017/03

シエンクアンでは、不発弾で汚染された土地のまだ1%も撤去できていないなかで、気の遠くなる作業を続けていますが、微力は決して無力ではありません。少しずつ、確実に安全な大地が増えています。


その他のメッセージ

カンボジアは、4月にお正月を迎えます。カンボジアでは1年の中でも最も暑い時期でもこの時期ですが、美味しいマンゴーが熟す時期でもあります。新しい事業がスタートしたこともあり、また新しい年がスタートしたという新鮮な気持ちが特に強く感じられた月になりました。また、新たなアジア事業の展開をカンボジアやラオス、タイなどの国境を跨ぎなら、ダイナミックにしていきたいと思います。

………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク