過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


ブルンジのコミュニティビジネスが独立化に向けて動き出しました!! 〜 2000万円に相当する収入を確保?! 〜

【 アフリカレポート/2017年6月_Topics.02 】
ーブルンジのコミュニティビジネスが独立化に向けて動き出しました!! 〜 2000万円に相当する収入を確保!? ー


昨年、ブルンジに省エネ窯を建設して、紛争の影響で毎月の収入が3000円にも満たない最貧困層を対象に、窯業の技術訓練を行ってきました。しかし、技術を身につけて商品を生産できるようになっても、それらが販売できなければ意味がありません。

しばしば、途上国で貧困削減を目的に、職業訓練や技術研修を行う支援が行われていますが、実際には、「技術の習得=収入向上(または就業)」という図式(ロジック)は成立せず、失敗するケースが多くあります。

(日本でも同じだと思いますが)技術や知識を持っていても、実際にそれが収入に繋がるまでには様々な変数が影響しています。特に複雑な要因が絡み合う紛争後のアフリカでは、習得した技術を活かして、実際の生計向上につなげるためにきめ細かく支援していくことが大切なのです。


ですので、今年度からは、生産した商品を販売するための研修やアドバイス、販促、市場開拓、そして、対象者たちが協力してコミュニティでビジネスを継続するための組織化を支援しています。

現時点で、この4月から約3万個の瓦や、レンガ、タイルを生産し、それらを販売することができました。その収入額は、約20万円に上ります。所得が日本の100分の1以下の対象者の人たちにとっては、2000万円以上の価値を生み出したようなものです。

アフリカ月次(170724)01
〔窯業グループのメンバーが生産した瓦、タイル、レンガ〕


現在、9名のコアメンバーを中心に40名がこの活動に従事していますが、彼ら彼女らの主な仕事は農民で、この窯業による収入は農閑期の収入源になります。収入源を多様化し、様々なリスクに適応できる状況を作ること(レジリエンスの向上)がプロジェクトの目的です。

ですので、今回の収入額の半分は、来年度から自立的に運営していくための資金として銀行にグループで貯蓄しています。


ブルンジの人たちは、日本人に似ているところがあり、共同で活動することにとても理解があり、相互扶助、結束を大事にする人たちです。(他のアフリカの国ではそうならないことも、実は多いのです。)

とは言っても、まだまだ、様々なリスクや課題も抱えているので、一歩一歩、コミュニティの人々の夢が実現するように、私たちもサポートを続けていきたいと思っています。

アフリカ月次(170724)02
〔窯業グループのメンバーと小川〕


…………………………
記事執筆/
ブルンジ事務所
小川 真吾
 
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダで、元子ども兵の職業訓練2か月目に入りました!

【 ウガンダレポート/2017年6月_Topics.01 】
ー ウガンダで、元子ども兵の職業訓練2か月目に入りました!ー



20年以上紛争が続いたウガンダ北部グルでは、子ども時代に武装グループに誘拐された、元子ども兵の方たちの社会復帰をサポートしています。

テラ・ルネッサンスの自立支援センターでは、9期生となる元子ども兵を受け入れ、5月から社会復帰に向けて1年半の職業訓練が始まりました。



〔服飾デザインでミシンの使い方を練習する訓練生〕


訓練では、教室での「理論」の授業も大切ですが、何より手に職をつけることが重要なので、7割以上の時間を「実技訓練」に充てています。今回は、主に女性が参加している、次の3つのクラスの様子をお伝えします!


・・・・・


<洋裁クラス>
洋服の授業では、生地を裁断し、それを縫製して洋服を仕上げまで、練習用の紙を使って学んでいます。


1-1 IMG_8503@
〔洋裁のクラスで、練習用の紙を使い、生地を裁断している訓練生〕




<服飾デザインのクラス>
洋服に刺繍を施すミシンを使う練習です。動画は、真っ直ぐに刺繍をする練習をしているところで、実際小さな子どもたちもお母さんの訓練についてきています。


1-3 IMG_8190@補整
〔服飾デザインのミシンを使い、刺繍の練習をしています〕




<手工芸のクラス>
紙を原料にして、ペーパービーズの作り方を学んでいます。ビーズを作って色をつけたり、光沢を出すためのニスを塗る練習をしています。


1-4 IMG_8401@
〔ペーパービーズを作る訓練生。ニスを塗って乾かしています。〕



男性が参加する木工大工も、元子ども兵と地域住民の人たちが一緒に、椅子や机などの家具を製作しながら訓練に励んでいます。

ビジネス実地訓練が始まるまで、これから1年以上かけて、このセンターで自立するために必要な技術や知識をしっかり身につけていきます。


1-5 IMG_8380@
〔手工芸クラスで作っている、紙を原料にしたペーパービーズ〕



引き続き、スタッフ全員で、彼ら彼女たちが本来持っているチカラを発揮できるように環境を整え、サポートを行なっていきます。


…………………………………………
記事執筆/
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダで、元子ども兵9期生の技術訓練が始まりました!

【 アフリカレポート/2017年5月_Topics.02 】
ー ウガンダで、元子ども兵9期生の技術訓練が始まりました!ー



20年以上紛争が続いたウガンダ北部グルでは、子ども時代に武装グループに誘拐された、元子ども兵の社会復帰をサポートしています。

テラ・ルネッサンスの自立支援センターでは、9期生となる元子ども兵を受け入れ、5月から社会復帰に向けて1年半の職業訓練が始まりました。


アフリカ月次(170625)01
〔木工大工の授業を受ける9期生〕


木工大工の訓練では、どのような大工道具があるかや、その使い方などを学んでいます。テラ・ルネッサンスでは、確実に手に職をつけるため、「実技」を重視しているので、早速、実技の授業も始まりました。




動画は、木工大工の先生が、糸ノコギリの使い方を教えているところです。何種類かの糸ノコギリがある中、どう使い分けるのかを、興味津々に話を聞いていました。


また洋裁のクラスでは、足踏みミシンを始め、刺繍をする電動ミシンを実際に使って訓練が始まりました。こちらも、先生の話を一生懸命に聞いて、ノートを取っていました。

アフリカ月次(170625)02
〔服飾デザインの電動ミシンの使い方を勉強する9期生〕


子ども時代に誘拐されたため、文字がうまく書けなかったり、算数もまだ難しい訓練生もいます。そのためセンターでは、現地語(アチョリ語)や英語の識字訓練、算数の訓練なども合わせて、彼・彼女たちの自立をサポートしていきます。


訓練が始まって、訓練生は期待もあり不安もあると思いますが、今回の訓練が始まって、改めて感じていることがあります。それは、「彼・彼女たち自身に、元々、自分の未来を切り開く力があり、彼ら自身がその力を発揮していく環境をつくること」が、私たちスタッフの役割だということです。

これまでの訓練生と同じく、スタッフ全員で『ひとり一人に未来をつくる力がある』ことを信じ、自立のサポートを行っていきます。


…………………………………………
記事執筆/
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿達二郎
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


陶器の制作技術の訓練も順調に進んでいます

【 アフリカレポート/2017年5月_Topics.01 】
ー 陶器の制作技術の訓練も順調に進んでいます ー

 
ブルンジの最貧困層の人々がコーヒーなどの換金作物だけに収入を依存せず、多様な収入源を確保するために、窯業の支援を行なっています。
 

マーケットが大きいのは瓦、レンガ、タイルなどですが、お皿やコップなどの陶器類を制作するための技術訓練も行なっています。

ローテクですが、地元の職人さんに作ってもらった足踏みろくろの使い方を学び、今まではろくろが何かさえも知らなかった人たちが、製品を作ることができました!!

アフリカ月次(170624)01

 
実際の制作物を見ると、ローカルレベルでは販売可能なくらいの質のものが、この一年で作れるようになっています。
 
民芸品として販売するには、まだまだ技術が必要ですが、今は釉を塗り、それを窯で焼くために試行錯誤しています。いつか、日本の陶芸品なども現地の人たちに見せてあげたいですね。
 
 
アフリカ月次(170624)02
【出来上がった陶器類に釉を塗る準備をしているブルンジの対象者たち】
 
…………………………
記事執筆/
ブルンジ事務所
小川真吾
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


省エネ窯での生産が始まりました!!

【 アフリカレポート/2017年4月_Topics.02 】
ー 省エネ窯での生産が始まりました!!ー


ブルンジの主要な産業はコーヒーと紅茶で、多くの国民はこうした換金作物を栽培して生計を立てていますが、一人当たりのGDPは世界最下位。加えて、人口密度がアフリカで最も高く、農民たちが利用できる土地は限られており、自給用の食料は十分に確保できず、不安定な収入源に依存して最低限の暮らしを強いられています。

特に、私たちが活動している村々は、粘土質の土地が多く、耕作面積もさらに限られているため、いくら換金作物を栽培しても、一年の間で必ず現金が不足する時期があり、そうなると子どもの学費どころか、必要最低限の食料や医療品さえも手に入れられない状況にありました。

しかし、この地域にある粘土は、窯業用の粘土として非常に質にいいものであることがわかりました。そこで、省エネ窯を作り、一見、役に立たないと思われがちな土地の粘土を活用して、レンガや瓦、陶器類を生産・販売するための支援を昨年から行なっています。

そして、ついに、ここの粘土を使って、省エネ窯で焼いた製品が生産されるようになりました!!

アフリカ月次(170528)02

写真に写っているのが、省エネレンガと瓦です。窯の温度調整もうまくいき、硬くて立派な瓦とレンガが出来上がっています!!

アフリカ月次(170528)01


…………………………
記事執筆/
ブルンジ事務所
小川真吾
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク