過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


1年目の受益者の選定完了

【アフリカレポート/2018年5月_Topic02】
  
先月お伝えした通り、2018年4月より、これまでの事業からより事業地と対象者を拡大してコミュニティレジリエンスの向上を目指す、「ブルンジ農村部コミュニティにおける社会的弱者(EVIs)世帯の自立と自治支援プロジェクト)」を開始しました!
 
 
4月に開始してから、パートナーとなるコミューン(地元の自治体)との調整、施設建設のための準備、エンジニアとの調整を行ってきました。
 
そして、同時に支援対象者となる受益者の選定も実施しました!今年度は、キガンダ郡の中でも、5つの村を対象に、各村の村長にも協力してもらいながら、受益者の候補者を選定してもらい、その方達にプロフィール調査を実施しました。
 
【写真:プロフィール調査の様子1】 【写真:プロフィール調査の様子2】 
【写真:プロフィール調査の様子】
 
あるストリートチルドレンは、父親が亡くなった後、生活が苦しくなり、家にいるより路上に出たほうが良いと思い、路上に出て、水汲みをしたり、洗濯をしたりして、生活費を稼いでいます。たまに得られたものを持って家に帰ることもあるそうですが、隣人たちは、隣人が作った農作物を盗むと思い、彼を避けていることもあるそうです。
 
また、あるシングルマザーは、2歳の子どもと母親と兄弟と暮らしていますが、父親は子どもが生まれたことすら知らず、母親には拒絶され、料理を作っても食べてくれないそうで、彼女を一人で子どもの面倒を見ながら、日雇い労働をしており、厳しい生活を強いられていました。
 
全員のことを細かくご紹介は出来ませんが、同じ『ストリートチルドレン』『シングルマザー』と言えど、それぞれ違った問題を抱えており、訓練を通した全体へのアプローチと、家庭訪問など、個別のアプローチを取る必要性を感じました。
 
61名の人々にプロフィール調査を行い、最終的に、まずは45名を選定し、様子を見ようと思います。
 
【写真:プロフィール調査の様子3】 
【写真:プロフィール調査の様子】
 
また、今回プロフィール調査をした方達の中にも、実際に訓練を受ける直接的な受益者として選ばれなかったものの支援を必要とする方もいるので、間接的な受益者として、支援を行いたいと思います。
 
6月からはいよいよ養蜂・洋裁・ヘアドレッシングの訓練開始!
次回からは訓練の様子もお伝えして行きます〜!
 

...................................

記事執筆/

アフリカ事業 サブマネージャー

古岡 繭



スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


訓練やダンスで社会復帰の道を歩む元子ども兵の方たち

【アフリカレポート/2018年5月_Topic01】   ウガンダ北部では20年にわたる紛争で3万人もの子どもが武装勢力に誘拐され、戦闘で戦わされて来ました。テラ・ルネッサンスは帰還した「元子ども兵」の社会復帰をサポートし、元子ども兵の方たちは、洋裁や木工大工の職業訓練によって自立に向けて歩んでいます。センターでの1年半の訓練の内1年が経ち、技術も上達して、訓練生の絆も深まっています。今回、写真をまじえながら訓練の様子をご紹介します!   (洋裁の実技訓練。足踏みミシンを使って洋服を制作中) (洋裁の実技訓練。足踏みミシンを使って洋服を制作中)   (先生からオーバーオールの作り方を学んでいます) (先生からオーバーオールの作り方を学んでいます)   (木工大工で木材をつなぐ方法を教わっています) (木工大工で木材をつなぐ方法を教わっています)   (実技がメインですが、木工大工で必要な計算なども学びます) (実技がメインですが、木工大工で必要な計算なども学びます)     また週に1回、歌やダンスも訓練の活動に取り入れています。午前中、音楽に合わせて踊っていた訓練生。ダンスの授業が終わって昼休みに入っても、まだまだ踊っていました!     (昼休みのダンス) (昼休みのダンス)   (昼休みのダンス。自由に楽しんでいました) (昼休みのダンス。自由に楽しんでいました)   先生には少し申し訳ない(?)のですが、実は、午前中のダンスのクラスよりも、その後の昼休みにダンスを心から楽しんでいる様子。見ていてとても嬉しかったですし、「安心して自由に楽しめるインフォーマルな場」があることも大切なのかなと感じました。     (給食の時間。ちなみに電話しているのは写真用のポーズ) (給食の時間。ちなみに電話しているのは写真用のポーズ)     (センターで訓練生のお母さんについて来ている男の子。花をプレゼントしてくれました (センターで訓練生のお母さんについて来ている男の子。花をプレゼントしてくれました。)     壮絶な過去がありながら、一日一日、少しずつ変化している元子ども兵の方たち。また引き続き、現場から様子をお伝えします!

===================================

記事執筆

アフリカ事業部 マネージャー

鈴鹿 達二郎

 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


南スーダン難民の自立支援を始めました!

【アフリカレポート/2018年4月_Topic02】

 
南スーダン難民の自立支援を始めました!
 
南スーダンの紛争激化により、100万人以上の難民を受け入れている隣国ウガンダ。
テラ・ルネッサンスでは、ウガンダ北部の難民居住区で行っている物資支援とあわせて、居住区の長期間の生活を想定して(*:この記事の最後部参照)、自立支援を開始しました。
 
(職業訓練施設でオープニングセレモニー)
(職業訓練施設でオープニングセレモニー)
 
今回、自立に向けて歩みだしたのは、南スーダンからの難民と、難民受け入れ地域の最貧困層の方たち計42名。難民居住区で約8ヶ月間、洋裁や木工大工の職業訓練を行い、その後、自立までのビジネス開業・収入創出をサポートしていきます。
 
(訓練中のサポートや施設のルールなど、説明を受ける訓練生)
(訓練中のサポートや施設のルールなど、説明を受ける訓練生)
 
オープニングセレモニーでは訓練生が次のように話してくれました。
 
「南スーダンから避難してきて、仕事がなく洋裁を始めたいと思っていました。でも勉強するためのお金が出せなくて、生活が苦しいままでした。私は、勉強についていけずに小学校を卒業できなかったけど、この訓練に挑戦して、自立の道を歩みたい。」
 
「訓練中は、クーポンで生活用品が買えたり、施設で毎日給食が出るので、訓練を受ける環境ができて嬉しい。」
 
(洋裁クラスで使う足踏みミシン)
(洋裁クラスで使う足踏みミシン)
 
また来賓のウガンダ政府職員、地元のローカルリーダーの方たちから、予想以上でびっくりしましたが、温かい激励の言葉をいただきました。
 
 
「自立に向けてこの訓練は大事だから、集中すること。」
 
「ここにいる皆は同じ”訓練生”だから、”難民”と”ホストコミュニティ”の区別なんかしなくて良い!」
 
「(難民の人たちは)手に職をつけても南スーダンに帰らずに、この場所にずっといたらいい。」
 
 
難民とホストコミュニティの方たちの「一人ひとりの未来をつくる力」を信じて、同じ地域で共存しながら自立できるよう、スタッフとともに、サポートをしていきます!
 
(オープニングセレモニーでの食事)
(オープニングセレモニーでの食事)
 
(セレモニー用に借りて来たイスを訓練生が運んでくれました!)
(セレモニー用に借りて来たイスを訓練生が運んでくれました!)
 
(*)テラ・ルネッサンスが活動を続ける難民居住区では、主に援助機関からの食糧配布に頼る生活が続いていますが、この援助は後1年ほどで半減することが予定されています(各居住区の設立時期により終了時期は変わります)。また南スーダンで今も続く紛争や疲弊した経済などの情勢不安により、難民の方々の早期帰還は非常に難しい状況にあり、多くの、特に社会経済的に脆弱な立場にある難民の方々にとって、居住区で5年〜10年単位での長期生活が必要とされると想定しています。
 
===================================

記事執筆

アフリカ事業部 マネージャー

鈴鹿 達二郎

 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ブルンジにて、新プロジェクト開始!

【アフリカレポート/2018年4月_Topic01】 
 
ブルンジにて、新プロジェクト開始!
 
2015年4月から2018年3月まで、ブルンジのムランビヤ県キガンダ郡カネグワ村で、
紛争被害者及び貧困層住民の能力開発を通したレジリエンス向上プロジェクト
を実施してきました。
 
 
しかし、対象地域のキガンダ郡には、これまで支援をしてきた方々以外にも、
最貧困層や紛争などの影響を受けている方がまだ多くいます。
 
 
新規プロジェクトのための事前調査を行なっている際、
キガンダ郡では、ストリートチルドレンへの対応が必要とされていることが分かりました。
 
最近一段と首都に流入するストリートチルドレンが増えている中、
全国にいるストリートチルドレンを、 出身地や家族のところに戻すことを要求する
政府の方針も出されたものの、実際担当する地方自治体は、予算不足で彼らを家族の元に返すまで保護する手段がなく、結局路上生活に戻っているそうです…。
 
【写真:ヒアリングの様子】
【写真:ヒアリングの様子】
 
キガンダ郡にも、状況はそれぞれ違うものの、
50名以上のストリートチルドレン(半路上生活者含む)がおり、
なんとか日雇い労働をしながら、路上で生活をしています。
首都に流入し、子ども兵の徴兵や犯罪グループへの勧誘を防ぐためにも、
農村部で未然に防ぐことは、とても大切だと感じています。
 
【写真:中には、このようにして首都に行くストリートチルドレンもいます…!】
【写真:中には、このようにして首都に行くストリートチルドレンもいます…!】
 
また、加えて、キガンダ郡には、若くして子どもを出産した、
シングルマザーが多く存在することが分かりました。
シングルマザーとなる理由は様々ですが、大半は貧困で、
お金を持った男性がきた場合、お金欲しさに男性の要求に答え、
妊娠してしまうケースが多いようです。
 
 
【写真:ヒアリングの様子2】 【写真:ヒアリングの様子3】
【写真:ヒアリングの様子】
 
 
大半が父親に子どもを認知してもらえず、養育費も受け取れず、
また家族からは「家族の恥」とみなされて冷たい目で見られる方もおり、
日雇い労働などにより自分自身で現金収入を得ることに加え、
子どもや高齢の両親の世話や家事をしながら生活しなければならず、
特に厳しい状況を強いられています。
 
自治体職員も彼女らが脆弱な状態にあることは認識しているものの、
政府からは特に施策は打ち出されていません。
 
様々な方にヒアリングを行った結果、
 
大半の方が収入を得られるためのスキル訓練に関心があるものの、
農業をするための十分な土地がなく、不定期に日雇い労働などで収入を得ているため、
農業に代わる、すぐ現金収入が得られる定期的な仕事が必要である
ことが分かりました。
 
また、周囲の人々も貧困状態にあるため、
より対象者と周囲の人々との関係を強化していくためにも、
周囲の人々へも支援が裨益する必要性が感じられました。
 
このような背景から、主に国際協力財団様に助成をいただいて、
以前のプロジェクトから少し範囲を広げてムランビヤ県キガンダ郡にて、
ブルンジ農村部コミュニティにおける社会的弱者(EVIs世帯の自立と自治支援プロジェクト

を開始しました!
 
プロジェクト期間は2018年4月〜2021年3月の3年間。
受益者に養蜂・洋裁・ヘアドレッシング・養豚の技術訓練・収入向上支援をすると共に、
周囲のコミュニティの住民にも裨益するよう、
コミュニティワークなどを促進して、受益者との関係の強化にも取り組みます。
当会がいなくなった後も、自治体が社会保障サービスを実施し続けることを期待して、
地元の自治体(コミューン)をパートナーとして、進めて行きます。
 
【写真:パートナーのコミューンオフィス】
【写真:パートナーのコミューンオフィス】
 
【写真:マーケット調査の様子】
【写真:マーケット調査の様子】
 
これから、このプロジェクトの状況もお伝えして行きます!
私自身も初めてのプロジェクトマネージャーなので、
手探り状態ではありますが、一歩一歩進めて行きたいと思います。
 
 

...................................

記事執筆/

アフリカ事業 サブマネージャー

古岡 繭

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コンゴ東部での国連との協働事業が完了

【アフリカレポート/2018年3月_Topic03】    昨年8月より、国連開発計画(UNDP)のパートナーとして、コンゴ東部で紛争の被害を受けた女性たち250名を対象に支援活動を行ってきました。

この地域では植民地期から続く暴力と搾取の連鎖で、多くの子どもや女性たちが最低限の生活すらできない状況が続いています。中でも性的暴力を受けた女性や紛争下で生きる最貧困層の自立は急務であり、今回のプロジェクトでは、彼女たちへチーズ製造の技術訓練や、乳製品のブランディング、生産・販売拠点の整備を行ってきました。

そして、先月末、最終的に対象者たちが協同組合を組織化し、付加価値を付けた乳製品を製造、販売し、収入を向上することができるようになりました。

また、女性たちがグループで貯蓄をする活動も機能し始めました。

あるシングルマザーの女性は、子どもが病気になると、(仕事に行けなくて)その日の収入が無くなり、さらに子どもたちの生活状況が悪化するという悪循環にありました。しかし、このプロジェクトにより、乳製品をグループで協力して販売することで、その不安は大きく低減しています。

今後も、フォローアップをしながら、彼女たちの生活再建を見守って行きたいと思っています。


【完成した協同組合の施設。4月から紛争被害を受けた女性たちが運営を開始している。】


【協同組合組織化のためのワークショップに参加した女性たちと当会スタッフ】


【今回のプロジェクトを推進してきた現地スタッフたち】


………………………

記事執筆/

コンゴ事務所

小川真吾


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク