過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


政策提言における現場の役割


◇◆ アドボカシー全6回企画:第5弾 ◆◇
 
テラ・ルネッサンスの活動の3本柱。それは海外現場での国際協力、日本などでの啓発活動、そして政策提言です。
 
6月から全6回にわたって、その「政策提言」における当会の職員の考えを掲載しています。
 
第5回目は、ウガンダとブルンジで活動を行う古岡 繭が「現場の声の重要性」について、お話しします。
 
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━


こんにちは!海外事業部の古岡です。

今年4月に職員になり、8月からはテラ・ルネッサンスの海外事業部の職員として、

ウガンダ・ブルンジの現場で活動しています。

まだまだ現場での経験は浅いですが、それでも感じるのは、現場の声の重要性です。


テラ・ルネッサンスが活動しているウガンダでは、

紛争時に多くの子どもたちが他国から流れてきた小型武器を持たされ、

殺害に加担させられました。

私たちがこれまで行ってきた元子ども兵へのインタビューでも、

いかに辛い経験をしたかが伺えます。

(参照:テラ・ルネッサンス公式ホームページ 
http://www.terra-r.jp/activity_smallarms.html


また、当会の公式Facebook上でも報告があったように、

先日行われた第3回武器貿易条約(ATT)締約国会議では、

イエメンのNGOのラディア・アルムタワケル(Radhya AL-MUTAWAKEL)さんが、

サウジアラビアの攻撃による自国の惨状を訴え、

サウジアラビアなど紛争当事者に、武器を移転し続けるのはATT締約国や署名国であると非難し、

武器の移転を止めてくださいと求めました。

(参照:UN Web TV
http://webtv.un.org/watch/the-arms-trade-treaty-third-conference-of-states-parties-press-conference-geneva-11-september-2017-/5571405764001/?term=&lan=french&page=1?term


その場に私はいなかったので、映像から想像することしか出来ませんが、

現場にいる人が発する声には、重みがあります。


政策提言は、会議室ではなく現場で生まれるものだと思います。

だからこそ、まずは現場で活動している私たちが声を上げることが大切なのです。

そしてその声に共感していただいた方たちの力が集まって、

社会を少しずつ動かすことが出来ると信じています。


そのため、テラ・ルネッサンスでは、現場での支援活動に加え、

問題に関心を持つ人を増やす「啓発」や、

問題を起こす社会構造に変化を与える「政策提言」を通して、

多くの人々と紛争を生みみ出す社会構造そのものを変えて、課題解決を図ろうとしています。


この重要性をしっかりと理解した上で、

引き続き、現場からの情報発信に力を入れて参りたいと思います。

政策提言記事用写真(10月、古岡)
〔写真:ウガンダで集められた小型武器。独立後、クーデターで政権が変わるたびに旧政権の武器は拡散し保持されていた©テラ・ルネッサンス〕


…………………………………………
記事執筆/
海外事業部アフリカ事業
サブマネージャー
古岡 繭
 
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


カンボジア”内戦”から見る、武器貿易の『実効的な規制』による紛争予防

◇◆ アドボカシー全6回企画:第4弾 ◆◇
 
テラ・ルネッサンスの活動の3本柱。それは海外現場での国際協力、日本などでの啓発活動、そして政策提言です。
 
6月から全6回にわたって、その「政策提言」における当会の職員の考えを掲載しています。
 
第4回目は、カンボジアとラオスで活動を行う江角 泰 (Tai Ezumi)がカンボジアで見た「武器貿易の『実効的な規制』による紛争予防」について、お話しします。
 
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━


カンボジアといえば、地雷問題が有名ですが、

1960年代から隣国ベトナムで起きた、ベトナム戦争に巻き込まれて以来、

様々な武器が国内に流入しました。

泰さん:カンボジア内戦で使用された大量の自動小銃が保管される倉庫
〔カンボジア内戦で使用された大量の自動小銃が保管される倉庫©︎テラ・ルネッサンス江角泰2012年3月撮影〕


ポル・ポト時代には、1975年から1979年まで、

3年8ヶ月20日間に少なくとも数百万人が、虐殺や飢え、強制労働などで亡くなりました。

その後も1990年代まで、”内戦”と呼ばれながら

諸外国から支援を受けた4派による紛争が続きました。


ポル・ポト政権崩壊後、ポル・ポト派は、

テラ・ルネッサンスが現在活動している、タイ国境近くのジャングルに逃げ込んで、

勢力を立て直し、中国、アメリカ、タイなどから武器の供給を受けました。


一方、ポル・ポト政権を倒したヘン・サムリン政権とベトナム軍は、

ベトナム、旧ソ連など旧共産圏諸国から支援を受け、

長く悲惨な紛争が続きました。


長く紛争が続くためには、それぞれの派の勢力に、

均衡が保たれるだけの、武器が供給され続ける必要があります。

そうでなければ、勢力のバランスが崩れた時に、

武力による紛争の決着がついてしまいます。

泰さん:カンボジアの内戦で使用されずに残った倉庫に保管されている弾薬
〔カンボジアの内戦で使用されずに残った倉庫に保管されている弾薬©︎テラ・ルネッサンス江角泰2012年3月撮影〕


そして、実際の平和を実現するためには、

紛争の後始末をするだけでなく、 紛争を予防していく必要があります。

その紛争の予防をするために重要なことの1つは、武器の貿易を管理し、監視し、

違法な取引を規制
していくことです。


これからもテラ・ルネッサンスでは、

国内での報告会やfacebookなどで2013年に採択され

翌14年に発効した、武器貿易条約の締約国会議での議論を、

報告していきますので、ぜひ注目してご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・
記事執筆/
海外事業部 アジア事業担当
江角 泰
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


この夏、武器貿易について学ぶ 映画『ロード・オブ・ウォー』

◆◆ アドボカシー全6回企画:第3弾 ◆◆
テラ・ルネッサンスの活動の3本柱。それは海外現場での国際協力、日本などでの啓発活動、そして政策提言です。全6回にわたって、その「政策提言」における当会の職員の考えを掲載。
 
 

第3回は、国内で広報・ファンドレイジング活動を行うPRチームマネージャー 小田 起世和の記事をお届けします。
 
 

━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
 

 
この夏、武器貿易について観て学ぶ
映画『ロード・オブ・ウォー』
 



 


PRチームマネジャーの小田です。連続企画でお届けしているアドボカシー記事。今回は、私自身の専門であるデザインやアート、表現の領域から小型武器・政策提言についてご紹介します。
 

 
アフリカなどで起きている紛争における子ども兵と小型武器との関係については、前回までの記事でもご紹介してきました。
 

 
▼ これまでの記事 — テラ・ルネッサンス公式ブログ『政策提言』http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-category-35.html
 
 

テラ・ルネッサンスは、「コントロール・アームズ」キャンペーンに加盟して、武器貿易条約(ATT)の締約国会議プロセスに働きかけています。それは、国家間の武器貿易の規制が、子ども兵問題の根本的な解決のために欠かせないと考えているからです。
 
 

そして、このような政策提言の取り組みが、より強い効力を発揮するためには、問題に対する一人ひとりの認知を広め、社会の声として世界に訴えていくことが必要です。
 

 
今回ご紹介する『ロード・オブ・ウォー』という映画は、その意味でうってつけの作品だと言えるでしょう。実在する武器商人への取材をもとに制作された本作は、ニコラス・ケイジ演じる主人公の武器ビジネスの視点から、世界の武力紛争について、その内情を知ることができます。
 
 

とりわけ、主人公ユーリの人間性はとても印象的でした。彼を一言で表すならば、類い稀なる才能の持ち主であるということ。文字どおり、血のにじむような努力で武器ビジネス業界の頂点にのぼりつめ、誰もがうらやむ幸せを掴みとります。ただそれは、「血塗られた幸せ」でもありました。
 
 

武器が売れるということは、その武器によって誰かが傷つけられるという事実を孕んでいます。なによりユーリ自身、それは誰よりも理解していることでした。武器ビジネスから足を洗うよう、彼の家族はユーリに働きかけますが、結果として良い方向に進むことはありません。
 
 

「これが私の才能なんだ。」これは、そんな家族の訴えに対してユーリが返した言葉で、私にとって最も印象深い言葉でした。
 
 

もしも、彼の生きてきた環境に溢れるものが、武器ではなく本や芸術だったなら、彼の人生は大きく変わっていたかもしれません。彼が信じている自身の「才能」は武器ビジネスではなく、もっと他の分野で輝きを放つことだってできたはずです。
 

 
芸術とは、人生をより豊かにする最も重要な要素です。彼にとって最大の不幸は、その機会にあまり恵まれなかったことだと言えるでしょう。ユーリの妻であるエヴァが、女優や画家にチャレンジし続ける姿は、そのことを暗に示しているように感じました。
 
 

先でもふれたように、政策提言を推進するうえにおいて、問題に対する一人ひとりの認知を広めることは重要です。この映画がそれにうってつけである理由は、武器ビジネスという重いテーマ設定にも関わらず、ドラマとしてエンターテイメント性に優れていること。そして、それが押し付けがましくないかたちで作用し、武器ビジネスの事実をしっかりと伝えてくれるためです。
 
 

「コントロール・アームズ」日本キャンペーン・ウェブサイトの特設ページ( http://controlarms.jp/campaign/low.php )では、ニコラス・ケイジからのメッセージもご覧いただけます。※ページ内の映画オフィシャルサイトURLは、現在リンク切れの状態です。
 
 

この夏、映画という芸術にふれながら、武器ビジネスの社会問題について考えてみる時間を過ごしてみてはいかがですか?次回の記事もお楽しみに。
 

 
▼ 関連ページ:『ロード・オブ・ウォー』予告動画


 

 
………………………
記事執筆/
PRチーム マネジャー
小田 起世和

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


活動地ブルンジから見えてくる、国際的な紛争予防の必要性

 
テラ・ルネッサンスは、 長年紛争の被害を受けたアフリカのブルンジで、自立支援を行っています。

キャプション「ブルンジの首都ブジュンブラの街中(撮影者:テラ・ルネッサンス 鈴鹿達二郎)」
〔ブルンジの首都ブジュンブラの街中(撮影者:テラ・ルネッサンス 鈴鹿達二郎)〕


このブルンジでは、2015年の大統領選以降、政治的な混乱が続きました。現在情勢は落ち着きつつありますが、これまでに市民や政府関係者などが命を落とし犠牲になっています。この混乱の要因の一つとして、銃や手榴弾など、簡単に扱える武器が同国内に流入し、それが使用されていることが挙げられます。

近年、小型武器を使った暴力により命を落とす人は、毎年50万人にのぼり、1分に1名が命を落としていると言われます。そして、世界の武器輸出額の73%を占めるのは、国連の常任理事国5か国から輸出される武器なのです。


テラ・ルネッサンスでは、海外で紛争被害者の自立支援を行っていますが、それと同時に、紛争が起こらないよう根本的な問題解決が必要です。例えば、武器による犠牲を減らし、紛争を予防する手段の一つとして、国際レベルでは、国家間の武器貿易の実効的な規制が必要です。

現在、武器貿易条約(ATT)の締約国会議プロセスにおいては、条約をいかに実効的に実施するかが課題になっています。

テラ・ルネッサンスは、ATTの締約国に対して、自国の武器輸出入に関する年次輸出入報告書の提出義務を守ることや、一部の輸出入情報を秘密にせず公開すること、ATT違反の可能性がある輸出を締約国会議で取り上げて議論することなどを求めています。


今後も、国内での報告会のほか、Facebookで情報発信を行っていきますので、ぜひ動向をご覧ください!

…………………………………………
テラ・ルネッサンス
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿達二郎
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


中学生でもできる政策提言~ストップ!児童労働キャンペーンとは~

中学生でもできる政策提言~ストップ!児童労働キャンペーンとは~


テラ・ルネッサンスの活動には3本の柱があります。海外現場での国際協力、日本などでの啓発活動、そして政策提言です。今日はその政策提言の事例も交えながら、誰でもできる参画方法についてお伝えします。


テラ・ルネッサンスが取り組む「子ども兵」の課題。その存在は、「最悪の形態の児童労働」とも呼ばれています。世界に少なくとも25万人の子ども兵がいる背景には、子どもでも使える小型武器の拡散や、子どもが徴兵されたり、無理やり兵士にさせられたりしている現実があります。

テラ・ルネッサンスは、この解決に向けて、武器の取引を規制する武器貿易条約(ATT)や、児童労働を規制する条約を推進する活動も行っています。今日は、後者の児童労働の規制について、テラ・ルネッサンスが加盟している「児童労働ネットワーク」の活動を紹介します。


レッドカードアクション


現在、同ネットワークは7月まで、「ストップ!児童労働キャンペーン2017」を実施しています。「児童労働反対」の意思表示として、レッドカードアクションの参加を促し、加盟団体それぞれが関連イベントを実施しています。2016年には、キャンペーンとして厚生労働省に「ストップ!児童労働 50万人署名」を提出し、企業がサプライチェーンの児童労働にも関心を払うよう、政府として国際スタンダードの周知や啓発を行うことなどの要請を行いました。

政策提言は、賛同する人がいて、行動する人がいて、一人ひとりの声が束となり、仕組みを変えていくものだと私は思います。中学生でもできる政策提言活動。それは自ら調べ、状況を知り、署名などを通して自らの意思を表明するということです。ぜひ、「ストップ!児童労働キャンペーン2017」のサイトを覗いてみてください。一緒にアクションを起こしていきましょう。

関連ホームページ
http://stopchildlabour.jp/2017/

…………………………………………
記事執筆/
ARチームマネージャー
栗田佳典

※ARとはアウェアネス・レイジング(awareness raising)の略。これまでの啓発事業の呼び名を、「当会との出逢いを通して、気づきや変化のきっかけを作り、育んでいく取り組み」と捉え、2017年度より名称を変更しました。

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク