FC2ブログ

過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


鬼丸昌也のメッセージ「世界平和のための輪を世界にも広げたい」

「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」

テラ・ルネッサンスは、この設立目的を
追求するために、さまざまな取り組みを
積み重ねてきました。

紛争によって傷つけられた元子ども兵や
地雷被害者などへの支援だけではなく、
そのような悲しみを生み出す紛争そのものを、
世界から無くすための取り組みとして、
武器貿易条約の制定を目指しての政策提言活動、
そして、人々の心の中にある「平和を願う気持ち」
に気づいてもらうための講演・ワークショップ
という啓発活動にも、力を注いできました。

小川 講演1

特に、啓発活動は、設立当初に、
地雷原で「地雷問題解決のために、
何ができる」と問いかけて、始めたのが
講演活動だったこともあり、これまで
15年間でのべ15万人近い方々に、
地雷や子ども兵、小型武器など、
紛争に関するテーマで、さまざまな地域、
職種の方々に講演を聞いていただきました。

けれども、それらの取り組みは、
日本国内だけでの展開でした。

本当に、私たちの目的である
世界平和を実現するためには、
「平和を願う気持ち」を持った、
世界中の心ある人との連帯が
必要となります。


そこで、テラ・ルネッサンスは、
日本国外での啓発活動に、
2014年から取り組んできました。
(詳しくは、ホームページをご覧ください。)

鬼丸講演1

さらに、日本国外での啓発活動を盛んにするために、
パンフレットなどの広報素材の多言語化、そして、
ウェブやSNSで多言語による活動報告を発信する
体制をつくるといった、新たなチャレンジをしたいのです。


平和を願う気持ちを持った人々に、
共に平和のために活動しよう、
連帯しようと、呼び掛けるための
チャレンジに、ぜひご協力ください。


【募金はこちらから】
http://goo.gl/gNvNtG

※ 申し込みフォーム内にある 寄付指定 の項目を、
【 啓発・政策提言】で選択のうえ、ご寄付をお申し込みください。


スポンサーサイト



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


鬼丸からのメッセージ『自立へのきっかけをもっとたくさんの人々に提供したい。』

未だに、心に強烈に残っています。

「僕は、お母さんの腕を切り落とさなければいけなかった・・・。」

子ども兵の実態調査のために
訪れた初めてのウガンダ。2004年のことです。

ウガンダの反政府勢力・神の抵抗軍に誘拐され、
訓練を受けた少年は、脱走を防ぐために、
近親者を傷つけるという、とても残虐な
行為をさせられたのです。

その体験を、まるで蝋人形のように、無表情で
語ってくれました。少年が語ってくれた、
私たちの想像を超える体験。

それは、ウガンダ、そして、その後、
コンゴ、ブルンジと、アフリカ3カ国で、
元子ども兵や紛争で傷ついた人々を
支援するきっかけとなりました。

元子ども兵や紛争被害者の自立を目指して、
職業訓練や識字教育、心のケアなど、
多様な支援を、テラ・ルネッサンスは
丁寧に積み重ねてきました。

二枚目

ウガンダで支援した元子ども兵の
グレイスさんの言葉が、私たちの取り組みの
必要性を証明してくれています。

『自分には夢を叶える力なんてない』
という元子ども兵たちの
思い込みを、私が壊していきたい。


そして、辛い時を共に過ごした仲間や、
日本から支援してくださる人々の存在が
私の人生を変えてくれたように、
私もまた別のだれかの人生を変えていきたい。


ウガンダ、コンゴ、そしてブルンジで、
私たちの支援をきっかけに、
「自分の中にある可能性(能力)」に気づき、
よりよい生活を目指して
立ち上がる人々が増えています。
グレイスさんのように・・・。
(詳細はホームページにございます。)


私たちは、そのような自立へのきっかけを、
もっとたくさんの子ども兵や紛争被害者の 人々に提供したい。
心から願っています。


【募金はこちらから】
http://goo.gl/31E1Me

※ 申し込みフォーム内にある 寄付指定 の項目を、
【 アフリカ 】で選択のうえ、ご寄付をお申し込みください。

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


鬼丸昌也のメッセージ「よりよい生活を築くチャンスを、 あなたのご支援で」


カンボジアは、テラ・ルネッサンスを設立するきっかけとなった国。

大学4年生の時に、初めて訪れた カンボジアで、
地雷被害の悲惨さや、 地雷除去の重要性に気づき、
「自分にできることは何だろう」と 問いかけたことから、地雷に関する
講演を日本国内で始め、支援を 呼びかけることになりました。


プンさん
(今年の1月、カンボジアバッタンバン州にて撮影。)

私にとって、とても思い出深い国。 それがカンボジアなのです。

設立以来、カンボジアでは、 地雷除去支援を行うと同時に、
地雷被害者や地雷埋設地域の 貧しい人々の生活を立て直すことも
支援してきました。

貧しさのために地雷原で農作業をする といった地雷事故の危険性を減らし、
地雷被害者をゼロに近づけたいと 考えたからです。

今回の募金では地雷被害者や 地雷埋設地域の人々へ、家庭菜園の
開設方法、牛の飼育方法などを教え、 多様な収入源を得られるように、
活用いたします。
(詳しくはホームページをご覧ください)


安定的な収入源を確保することで、 地雷被害の危険性を減らすことが
できます。
尚且つ子どもたちを労働力 としてあてにすることなく、教育を
受けさせるために学校へ通わせることも 可能になるのです。

カンボジア2

ぜひ子どもたちに、 学びの環境を。
大人たちに、 よりよい生活を築くチャンスを、
あなたのご支援で実現させてください。


【募金はこちらから】
http://goo.gl/C23JbY

※ 申し込みフォーム内にある 寄付指定 の項目を、
【 アジア 】で選択のうえ、ご寄付をお申し込みください。


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク