FC2ブログ

過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


シリーズ現場最前線*04/アフリカ事業コーディネーター:トシャ

ブルンジ事務所のパシフィック、
ウガンダ事務所のジミー
コンゴ事務所のテオフィーに続いて、
アフリカ事業地3カ国を駆け回る、トシャを紹介します!
 
トシャさん 
 
彼女は現地スタッフの中では最も長く、
2005年からテラ・ルネッサンスに関わってくれています。
 
初めはウガンダ事務所で、その後ブルンジ、コンゴと
現在はアフリカ事業地の各プロジェクトが上手く行くよう、
コーディネーターとして、3カ国を駆け回っています。
 
年に1度ほどは来日もしているため、
一番多くの方に知っていただいている現地スタッフなのではないでしょうか(^^)
 
そんな彼女に、色々質問をしてみました!
 
テラ・ルネッサンスとの出会い
 
トシャは、ブルンジで紛争が始まってから、難民として、
コンゴ、タンザニア、ケニアと渡り歩き、13歳のときにウガンダに来ました。
 
独学で英語を身につけてから、首都カンパラのインド系企業で
資産管理担当の職員として、働いていました。
 
そんな中、ウガンダで事業を始めたばかりでオフィス兼宿舎を探していた当会理事長の小川が、トシャの働く企業が運営するホテルを訪問することから、初めてテラ・ルネッサンスと接点を持つようになりました。
 
仕事を依頼したりして、何度か会話するうちに、「私たちのポリシーは、諦めないことと、一人ひとりが世界に対して何かする力があると信じていることなんだ」と小川が話しているのを聞いて、トシャ自身の信念と共通する部分があり、より会話をするようになりました。
 
そんな中、小川が事業地のグルで受益者選定をするボランティアをしないかと声をかけ、初めて一緒に仕事をしました。その際、訪問した元少女兵は、生活が厳しいだろうに、「訪問してくれて嬉しいから」と、小川とトシャにソーダをご馳走してくれ、どのように笑うエネルギーを得られるのかと聞くと、「問題も人生の一部よ。生きていさえすれば、何でもできる」と答えるのを聞いて、その人自身の問題だけではなく、その人が内に持っているものを見るようになり、人を支援することに対して、たくさんのモチベーションが得られるようになりました。
 
その後、正式にスタッフとして一緒に働かないかと小川から誘われ、
2006年にウガンダ事務所初のスタッフとして、働き始めることとなりました。
 
(ウガンダの受益者と©テラ・ルネッサンス) 
(ウガンダの受益者と©テラ・ルネッサンス)
 
テラルネで働いて10年以上になるが、何が活動のモチベーションとなっているのか?
 
「3つあります。
まず一つ目に、働く環境が自分にとって心地よいことです。グルで働いていたとき、私の人生は変わりました。毎日施設に行くと、受益者やその子どもたちが自分の名前を呼びながら寄って来てくれ、みんなお金のためだけに生きておらず、心の底から笑っていて、これが本当のコミュニティなんだと感じ、とても心地よくて楽しく、働くモチベーションとなりました。
 
二つ目に、テラ・ルネッサンスを誠実な組織だと思っていることです。
私はテラ・ルネッサンスのウガンダ事務所の初めてのスタッフで、どのように支援を始めたのか、いくらのお金でやっているのか、日本人スタッフのライフスタイルのことも知っていました。日本に行って、実際にオフィスを見たり、生活を一緒にする中で、報告のために活動をするのではなく、実際現場で人の声を聞き、常に現場の課題に立ち向かい、人々の生活を考えている組織だと思いました。常に全部が成功しているわけではないですが、諦めることなく活動を続け、テラルネがいかにアフリカの人々の生活を良くしているか、知っています。
 
三つ目に、支援者の方々の存在です。
日本の支援者の皆さんは、会ったこともない人々を支援してくださっています。日本に行って、短い時間でも、一緒に食事したりするのは、とても嬉しい時間で、日本に行って会う度に、よりモチベーションをもらいます。たくさん貢献してくれ、心からサポートしてくれ、私たちのことを信頼してくれるので、もし支援者の方々が疲れずにサポートしてくれるなら、私たちも疲れることなく支援を続ける必要があると思います。」
 
(コンゴの受益者を訪問するトシャ©テラ・ルッサンス) 
(コンゴの受益者を訪問するトシャ©テラ・ルッサンス)
 
 
—あなたにとって平和とは?
 
「平和とは、暮らしているコミュニティです。大きいことかもしれないけど、小さいことでもある。私たちがどう見るか次第なのです。もし些細なことにでも満足することが出来ると、自分の中に平和を見つけることが出来ます。何もないアフリカで生活していても、平和はありますし、自分自身や、会った人からいつでも平和を作っていけるので、周りの人と互いを尊重することが大切だと思っています。
自分自身から平和が始まり、それが家庭やコミュニティへと繋がって行くのです。」
 
(ブルンジで平和教育のワークショップをするトシャ©テラ・ルネッサンス) 
(ブルンジで平和教育のワークショップをするトシャ©テラ・ルネッサンス)
 
最後に、トシャから日本の支援者へのメッセージを紹介させていただきます。

「支援者の皆さんだけでなく、日本の若い人々に伝えたいことがあります。
 
日本の皆さんは、本当に一生懸命働いていますよね。
ですが、一生懸命働くのも大事だけど、生活することの大切さについて子ども達に話す時間を作って欲しいです。大学に送ってそこでもたくさんのことを教えてもらうけど、あなたも教えることが出来る。家族や友達との時間を作って、愛していると伝えてほしいです。
 
また、常に持っているものに対して感謝するよう考えて欲しいです。もし些細なことに感謝していたら、人生も良くなると信じています。人生は失敗ではなく、できることもあればできないこともあります。自分は勉強できない、愚かだなどと考えるのではなく、大学に行けなくてもたくさんできることがあるし、たくさんの他の手段があると知ってほしい。
 
それが人生なんだから。
 
みんな医者になれないし、みんな先生にもなれない。
でもそれぞれができることを掛け合わせて、他者ができることを尊重して、つながることが大切なのです。
 
そして、人生に感謝してほしい。
 
Life is beautifulなんだから。」
 
(2012年に開催した世界会議でのスタッフ懇親会©テラ・ルネッサンス) 
(2012年に開催した世界会議でのスタッフ懇親会©テラ・ルネッサンス)
 
彼女は、本当に真っ直ぐで、いつも力強いメッセージを発信してくれます。
 
また、日本の支援者の方々、各国の受益者、スタッフと冗談を言いながら打ち解けられる明るい性格も、彼女の大きな魅力の一つだと感じています。
 
テラ・ルネッサンスには、世界中で頑張っている素敵な仲間がたくさんいます。平和へ思いを行動に移し、日々活動し続けている彼を始めとするテラ・ルネッサンスの活動を是非皆さんで応援してください!
 
そして、6月にはトシャも来日し、各地のイベントに参加するので、
是非彼女に会いに、来てください♪
 
.................................
記事執筆/
アフリカ事業地サブマネージャー
古岡繭
スポンサーサイト



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


シリーズ現場最前線*/コンゴ事務所所長:テオフィー

テラ・ルネッサンスには、世界中で頑張っている素敵な仲間がたくさんいます。
ブルンジ事務所のパシフィック、
ウガンダ事務所のジミーに続いて、
『コンゴ民主共和国ブカブ事務所所長のテオフィー』をご紹介します!
 
テオさん 
 
2009年から当会コンゴ事務所での職員として、紛争被害を受けた女性や元子ども兵の支援事業を担当している、テオフィー。現在7児(!)の父親で、素敵な笑顔と大きなお腹(笑)でとっても包容力がある彼。中には、とても熱い思いを秘めていました。
 
これまでの経験、テラルネとの出会い
 
1996年、コンゴ東部のブカブで紛争真っ只中のとき、彼はまだ学生でした。第一次コンゴ内戦が落ち着いてから、地方でドイツ技術協力公社(GTZ)の研究者としてインターンシップをしていた際、栄養失調の子どもや、食事が取れず亡くなる子どもたち、医療費が払えず亡くなる人々、学費が払えず中退する子どもたち、武装勢力に徴兵される子どもたちなど、紛争直後で厳しい状況を目の当たりにしました。
 
そのような状況に衝撃を受け、その経験が、彼が子どもの保護をする団体を設立したいという想いを後押しすることとなりました。GTZでのインターンシップで少額のお金を得られたので、それで種を購入し、特に避難から戻って来た帰還民に配布するようになりました。その後、別のNGOで働いている友人とも連絡を取り、GRAM Kivu(Research and Action Group against Marginalization in Kivu)を設立しました。
 
※Kivuはザイール(現コンゴ民主共和国)時代の一つのプロビンス名。当時、コンゴ東部では武装勢力が子どもを徴兵するのが顕著となっており、彼自身も実際に武装勢力の元に行って、子どもを解放するように働きかけました。そのとき、森に連れて行かれ、箱に入れられて輸送され、カラシニコフ銃を耳に突きつけられ、トリガーを引かれそうになったという、忘れられない経験をしたそうです。これで人生は終わりだと思いましたが、幸い、夜の間に逃げることが出来たそうです。
 
(コンゴの受益者と当会理事長の小川と©テラ・ルネッサンス) 
(コンゴの受益者と当会理事長の小川と©テラ・ルネッサンス)
 
そんな中、GRAM Kivuの共同設立者が、2005年にテラ・ルネッサンスが活動しているウガンダの小型武器関係のイベントに参加したことから、当会と接点を持つようになりました。2006年からはGRAM Kivuと連携して小型武器啓発ポスターを作るなど初めはGRAM Kivuをパートナーとして、資金提供をすることから活動していきました。
 
当会理事長の小川がコンゴに出張に行った際に初めてテオフィーと出会い、一緒にブカブで子ども兵の社会復帰、女性被害者への支援のパイロットプロジェクトを行ってきました。
 
そんな中、GRAM Kivu は実質活動ゼロ状態となり、テオフィーは紛争の影響を受けた人々の内発的な力を信じ、自立を支えるというテラ・ルネッサンスの方針に共感してくれたことから、2009年より当会コンゴ事務所の所長として、コンゴでの事業を担当してもらうこととなりました。
 
—あなたにとってテラ・ルネッサンスとは?
 
「テラ・ルネッサンスは、私にとって救世主で力強く、言葉で表せないほどの支えです。テラ・ルネッサンスのビジョンと私のビジョンは、GRAM Kivuや私のビジョンと重なるものがあります。テラ・ルネッサンスは責任感のある親、そして私はその子どもだと思っています」
 
(受益者を訪問するテオフィー©テラ・ルネッサンス) 
(受益者を訪問するテオフィー©テラ・ルネッサンス)
 
—あなたにとって平和とは?
 
「平和とは、食べたり学校に行ったり自由に動いたりと、自身の自由と基本的な権利を楽しむことだと思います。 」
 
(受益者とのミーティングの様子©テラ・ルネッサンス) 
(受益者とのミーティングの様子©テラ・ルネッサンス)
 
最後に、テオフィーから日本の支援者へのメッセージを紹介させていただきます。
 
「まず第一に、日本の皆さんは平和に暮らしている中で、厳しい環境の中で平和を求めている人々のことを忘れずに、コンゴの紛争の影響を受けている脆弱な人々のために自身を捧げてくれていることに感謝します。」
 
「皆さんは、孤児や子ども兵など、脆弱な人々の責任のある親として、ご自身を捧げてくださっています。皆さんのホスピタリティのおかげで、テラ・ルネッサンスは、平和を再構築するNGOのモデルとなりました。」
 
「ですが、人々の精神を変えるという、長い間かかるけれどもやるべきことがだあるので、まだ諦めて欲しくはありません。私たちは、ネガティブな状況に巻き込まれた人々の精神をポジティブなものに変えて、彼らの行動を前向きなものにすることができなければなりません。昨日は破壊者だった人を、構築者とするよう、変化していかないといけません。最後に改めて、コンゴの受益者、スタッフ、私の名前に置いて、心から感謝申し上げます。」
 
(コンゴの受益者と共に(写真右下)©テラ・ルネッサンス) 
(コンゴの受益者と共に(写真右下)©テラ・ルネッサンス)
 
テオフィーと一緒に長年活動している小川によると、彼はコンゴ人では珍しく、は弱い立場の人たちの気持ちに立て、実際本人も紛争を経験しているため、子どもに対して思いが強く、地元の人に対してやっていきたいという思いやり、優しさを持っている人だそうです。
 
コンゴでプロジェクトを進めるのは、かなり難しい部分があるのですが、彼が忍耐力や優しさを持ち合わせているからこそ、これまで当会も今後で活動を進めることが出来ました。
 
テラ・ルネッサンスには、世界中で頑張っている素敵な仲間がたくさんいます。
 
平和へ思いを行動に移し、日々活動し続けている彼を始めとするテラ・ルネッサンスの活動を是非皆さんで応援してください!
 
そして、6月にはテオフィーが6年ぶりに来日するので、
是非彼に会いに、来てください♪
 
 
.................................
記事執筆/
アフリカ事業地サブマネージャー
古岡繭

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


シリーズ現場最前線*02/ウガンダ事務所事務所長ジミー

元子ども兵の自立を支える事務所長ジミー

 

ウガンダの事務所長、ジミーにお話しを聞きました!

 


ウガンダの元子ども兵社会復帰センターの所長として、現場での事業運営を行っているオテマ・ジミー

ウガンダでは日本と違って、ゆっくりと、大まかに仕事が進むことが多いのですが、10年以上テラ・ルネッサンスで働いてきた彼の仕事への責任感、真面目さは日本人と引けを取らず、その熱意とともに現場の事業に欠かせないスタッフです。

 


 

IMG_1018@.jpg 


 IMG_1119@.jpg


*ジミーがこれまでのことを話してくれました。


現在35歳のジミーは、ウガンダに生まれ、激しい紛争の時代を生き抜いてきました。

出身地の小学校は、武装勢力の襲撃を受けて閉鎖。教育を受けるため北部のグル市内へ移動しました。弟や妹の面倒を見ながら平日は市内で教育を受け、週末は、片道18km離れた村に歩いて帰り、帰りは自炊するための炭を担いで帰るという生活を続け約10年。市内で高校を卒業して、服飾デザインの技術を身につけ、洋裁店で働きはじめ、食費や教育など、家族を支えるようになりました。

 

その後、2006年からテラ・ルネッサンスで元子ども兵に服飾デザインを教え始め、その真面目で向上心のある性格から、現場の運営を徐々に任され、2011年から現地代表として日々スタッフを取りまとめ、現場事業の運営・管理を行っています。



この10年で感じてきたことは?


「元子ども兵のことを、初めは『暴力的な人たち』だと思っている部分がありました。

でも彼らは、他の(元子ども兵でない)人よりもずっと、規律を守り、人を尊敬できます。精神的・身体的に傷を負っていたり困難があったとしても、それに適応して、自分の人生を変化させていきました。少年兵・少女兵だった訓練生を見て、『どんな人でも、自分の人生を変えて、未来を切り開くことができる』と思うようになりました。」

 

IMG_1029@.jpg 

 

「子ども時代に誘拐され、小学校を卒業できなかった彼ら彼女たちは、最初は読み書き・算数、木工大工や洋裁のスキルや知識が全くない状態から、それを身につけ、ビジネスを始め、収入を得て自立できるようになっています。本当に驚くべき変化です。


 

IMG_1057@.jpg 

 

「人とのコミュニケーションや問題を解決する力を身につけていく様子も実際に見てきました。私たちは平和教育を行っているのですが、そこでは彼らは、『村で問題があったけど、ここで学んだように、暴力を使わない、対話での問題解決を試み、問題を解決できました』ということを語ってくれるのです。」

 

IMG_1095@.jpg


IMG_1119@_20180129090432398.jpg


ジミーにとって平和とは?


平和とは、どんな人でも、全ての人が平等に享受できるべきものだと思います。どんな人でも、人として生きていくための食べ物があり、衣服・家、水があり、教育や医療を受けられる社会をつくっていきたいです。」

 

私(鈴鹿)と歳が一緒のジミー。私自身、日本で育ってきて、自分の家が燃やされる、襲撃される、子どもだと誘拐され兵士として戦わされるなど想像もせず生きてきました。今日、明日生きられるか分からない状態で、それでもジミー自身が未来を切り開いて、今は元子ども兵を日々支えている様子を見て、頼もしく、心から尊敬するスタッフです。

 

…………………………………………………………………………………………

記事執筆/

アフリカ事業マネージャー

鈴鹿達二郎


テラ・ルネッサンスでは、冬季募金キャンペーン2017を行っています。

1/31までに、あと260円】必要です。(12/27時点

 

是非、現地スタッフの活動をあなたのご支援で応援してください!

 ▼冬季募金キャンペーンはこちら▼

http://www.terra-r.jp/tokibokin2017.html

 

 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、

ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。

5,000円の寄付で、

ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます

10,000円の寄付で、

カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

□ 30,000円の寄付で、

今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

  寄付は税控除の対象になります。

 …………………………………………………………………………………………

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


シリーズ現場最前線*01/ブルンジ事務所/プロジェクトコーディネーター:パシフィック

ブルンジ事務所/プロジェクトコーディネーター:パシフィック

テラ・ルネッサンスには、世界中で頑張っている素敵な仲間がいます。
これまで、アフリカ事業地側からはあまり紹介できていなかったので
まずはブルンジ事業のプロジェクトコーディネーター、パシフィックに話を聞きました!

1_20180120062722aaf.jpg
© Yasuki Shimomura


当会のブルンジ事業に欠かせない存在、パシフィック・エジマナ(37歳)。
プロジェクト・コーディネーターとして、事業が円滑に進むよう、事業の現場での進行・調達・様々な関係者との調整など、多岐にわたる仕事を行っています。

現地語のキルンディ、英語、フランス語、スワヒリ語、アラビア語と語学が堪能な彼。
しかし、これまでの人生は、決して楽なことばかりではありませんでした。

内戦で父親を亡くし、終始習得後も無職の日々
パシフィックは、1980年7人兄弟の長男として、ブルンジで生まれました。

1993年、彼が仇13歳だった時にブルンジ内戦は勃発し、彼は父親を失いました。

悲しみに暮れながらも、畑で作物を作り、長男として6人の兄弟姉妹の面倒を見ながら、なんとか毎日を生き延びました。

内戦中は、武装グループの襲撃の際に家族まとまって別の場所へ避難したり、お金も育てた作物も奪われたり、苦しい毎日が続いたそうです。
そんな中で、彼は公立のセカンダリースクールへと入学し、毎日必死に勉学に励みました。

そして2004年、ようやく内戦が落ち着いた頃、国の大学入試に合格してブルンジ大学に入学。
ようやく勉強に集中出来る日々が訪れたかと思われましたが、大学のある首都での生活を続ける経済的な余裕がなく、一年間で退学せざるをえなくなりました。

しかし、十分な生活費のサポートがあるスーダンでの留学制度があることを偶然ラジオで知り、試験を受けて合格した彼は、2004年、スーダンの大学へと入学。

2年間アラビア語を学んだあと、5年間教養学部で学び、さらに行政学の修士号を取得しました。
8年間のスーダンでの滞在中、一度しかブルンジに戻ることが出来ず、暑い気候で生活の厳しいスーダンにいるよりも、ブルンジで家族と一緒に暮らしたいとの思いから、母国であるブルンジに帰国しました。

しかし、ここまで学業を収めた彼ですら、ブルンジで職を見つけることは容易ではありませんでした。実家で農業をしながら、セカンダリースクールで英語をボランティアで教え、わずかな収入で生活を送っていました。

そんな中、知人を介してテラ・ルネッサンスのスタッフと出会い、2015年4月から、テラ・ルネッサンスで働き始めました。
初めての仕事で不安を抱えるというよりも。ようやく仕事を得られた喜びが大きかったと、彼は言います。
また、テラ・ルネッサンスで働き始める前から養蜂も自身でやっており、テラ・ルネッサンスの事業で養蜂を行うと知った時、偶然で驚いたそうです。

2_20180120062842c1e.jpg
(養蜂の受益者たちと©テラ・ルネッサンス)

ーーテラ・ルネッサンスで働いていてやりがいを感じる時はどんな時?

「いつもテラ・ルネッサンスで働いているのは喜ばしく感じますが、特に受益者が活動を頑張っているのを見ると、もっと頑張ろうとモチベーションが上がります。」

ーーパシフィックにとって平和とは?
「平和とは、衝突がなく、人々が調和し協力しあうことだと思います。
平和は、個人でも、団体の活動を通しても作ることができます。
平和を作るのに大切なことは、他者と協力して、お互いのニーズを満たすことだと思います。

例えば、養蜂事業を進める中で他者から巣箱を買ったりすることで、その人も自分がやっていることから利益が得られ、こちらもニーズを満たすことが出来、お互いにとってよう結果をもたらします。
他者と協力することで、親交を深められ、新しいアイディアが得られ、それによって良い結果をもたらすのです。」

ーーテラルネでの仕事を通して何を実現したいですか?
「まず、テラ・ルネッサンスのゴールを達成したいです。加えて、能力を高めつつ、自分の家族の生活を良くしていくという、自身のゴールも達成したいです。」



ミーティング中もこまめにメモを取り。約束も破らず、本当に真面目で人当たりが良く、温厚なパシフィック。

問題に直面した際は、その原因についてまず知り、じっくりと解決策について考え、
そして自分だけど完結ができない時は周りの人と協力するそう。
ちょっとした問題があった時、関係者を集めてじっくりと目を見て丁寧に話している姿が印象的でした。

怒ったところを見たことがないので、不思議に思って尋ねてみると、

「怒るのは、とても危険だよ。もし怒って気持ちが高ぶっていると、間違った考えをしてしまい、たくさんの人を傷つけ、自身も傷ついてしまう可能性がある。だから、落ち着いて考えることが出来るよう、心がけているんだ。」と教えてくれました。



最後に、パシフィックから日本の支援者へのメッセージを紹介いたします。

「日本の皆様からのご支援にとても感謝しています。
なぜなら、ブルンジの際貧困層の人々をこの事業を通して支援してくださっているからです。
ブルンジにはまだまだ貧困の人がいます。
願わくば、ブルンジの別の地域でも支援を広げられ、彼らの生活が良くなるよう、引き続きご支援いただけると嬉しいです。」


テラ・ルネッサンスには、世界中で頑張っている素敵な仲間がたくさんいます。
平和への思いを行動に移し、日々活動し続けている、彼を始めとするテラ・ルネッサンスの活動をぜひみなさんで応援してください!

3_20180120063253601.jpg

(窯業の受益者たちと©テラ・ルネッサンス)
.................................
記事執筆/
アフリカ事業地サブマネージャー
古岡繭


…………………………………………………………………………………………
テラ・ルネッサンスでは、冬季募金キャンペーン2017を行っています。

1/31までに、あと2,980,000円必要です。(12/20時点)

是非、現地スタッフの活動をあなたのご支援で応援してください!

▼冬季募金キャンペーンはこちら▼
https://goo.gl/ZdazvD


< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。

□ 5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます

10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

※ 寄付は税控除の対象になります。
…………………………………………………………………………………………

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク