FC2ブログ

過去のブログの記事

こちらは旧ブログ(2012年7月末日まで)の記事になります。

事務局からのお知らせ

こちらのカテゴリーでは事務局からのお知らせを掲載しています。

スタッフの日常

スタッフの日常を掲載したページです。

今日の事務局

今日の事務局の様子を掲載したページです。事務局の普段の様子をご覧ください。

イベント情報

イベント情報を掲載したページです。ぜひご参加ください。

活動報告

イベントなどの報告を掲載しているページです。

【特集】カンボジア便り

カンボジアから届く現地の情報やカンボジアのことを掲載したページです。

今週のウガンダ便り

ウガンダから届く現地の情報やウガンダのことを掲載したページです。

【特集】ラオス便り

ラオスから届く現地の情報やラオスのことを掲載したページです。

【特集】コンゴ便り

コンゴから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

ともつな基金

ともつな基金の活動の様子を掲載しています。

テラ・カフェ

毎月第二水曜日の19時よりテラ・カフェを開催しています。こちらではそのテラ・カフェの開催内容などを掲載しています。

ご支援報告

日頃届くインクや書き損じハガキなどの協力に対するお礼報告をしています。

インターンの仕事紹介

インターンの日頃の活動について紹介しています。

【特集】ブルンジ便り

ブルンジから届く現地の情報やコンゴのことを掲載したページです。

今日は○○デー

世界の記念日のご紹介です

わたしにできること

わたしにできることを紹介します


ウガンダでの自立支援は、今の日本人にも必要なものかもしれない

こんにちは!
インターンの植松です(^^)

今日は、ウガンダ事業で行っている、
元子ども兵が社会復帰をするための支援について
ちょっと違った視点からお話ししていこうと思います。

私はテラ・ルネッサンスでインターンを始める前に、
理事長の小川に、ウガンダでの支援についてインタビューをする機会がありました

そこで学んだことが1つ
紛争で経験したトラウマを抱え、今後生きて行く自信を持てないでいる
元子ども兵に、

“自己の可能性を伸ばしていくこと”
“困難に負けない力を養うこと”


に重点をおいたレジリエンスアプローチ
が、彼らの自立のためにとても効果的だということです。

親を殺さざるを得なかった、自分の村を襲撃することを命じられた。。。
悔いても悔いきれない過去、そして心の傷は
容易に取り除くことはできません。

そうではなく、その心の傷とうまく付き合っていくような環境をつくり、
「自分にはこんな可能性があるんだ」
「自分には存在意義があるんだ」

というように、自尊心を向上させることが、
前向きに自分の人生を創りあげていくことにつながっていくのです。

このレジリエンスアプローチは、
現在の多くの日本人にも必要ではないでしょうか。

自分の能力に自信がなかったり、
何のために生きるのか思い悩んだり、
失敗、プレッシャー、そしてストレスに苛まれ、自分を追い込んでしまう。

私も例外ではありません

そういった方々に、もっと自尊心をもって生きていけるよう
大人にも子どもにも心理的な支援が必要だと考えます。

インターンを卒業したあとは教師として生きていくので、
このテラ・ルネッサンスで学んだ自立支援のアプローチを
日本の教育でも実践していきたいです。

多くの人がもっと前向きに、のびのびと生きていける未来のために!


(うえまつ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


世界平和に向けて~International day of Peace in Uganda~

皆さん、こんにちは。
国連平和の日の活動報告が、現地より届きましたので紹介します。

国連平和の日2014
「すべての人々には、安心して生活できる権利がある」

Peace 14



2014年9月21日(日)、私たちは、全ての国家や人々が力を合わせて
理想的な平和を追求し、強化しようという世界中の国々の活動に賛同しました。
国連平和の日は、毎年9月21日に世界の平和を願う日です。

国連総会は、この日を全世界の国々も人々も
理想的な平和を確固たるものにするために尽力する日であると宣言しています。
人々が安心して暮らせる権利は、国連総会で宣言されてから30周年です。
それを記念して、今年の国際平和記念日のテーマは
「人々が平和に暮らす権利」です。

Peace.jpg


この日の活動として、アチョリ族による「平和」にちなんだ踊りの披露から始まり、
続いてサックレース、綱引き、椅子取りゲーム、モックファッションショー、
ピースダンス大会 、平和についてのクイズ大会が行われました。
注目すべきは、「平和は贅沢なものではなく、なくてはならないものだ」
ということをどの活動でも示していました。
科学技術が進歩し、携帯電話やインターネットが普及し、
月を歩くことさえできるようになりましたが、
人類がまさに達成すべきものは平和であると言えます。

平和だと心から感じられることは、人間にとって必要不可欠です。
平和とは、私たちの心の中から創られるものです。
私たちは見た目や話す言葉が違うけれど、
根本的には同じものを必要としているのです。

Peace 1
「サックレースの参加者の様子」


この素晴らしい日に、私たち1人ひとりが自分なりに、
一見ささいなことでも行動すべきであり、
それが世界平和への大きな貢献につながります。

ご存知の通り、世界情勢は明らかに平和とは言いがたい状況にあります。
南スーダン、スーダン、コンゴ民主共和国、中央アフリカ、イラク、シリア、
イエメン、リビア、ソマリア、エジプトでは紛争が今もなお続いており、
西アフリカではエボラ出血熱が流行しています。
そこで、世界の他の国々は争いや暴力が起きないよう
24時間体制で監視しようということなり、私たちもそれに賛同しました。

テラ・ルネッサンスは、国連平和の日とそしてこれから先も、
全ての国と人々が争いのない状態を守るように呼びかけています。
さらに私たちは、平和問題に関する教育や市民の意識を高める活動を通して
平和の大切さに気付いてもらうようにしています。

Peace 13
「Smile House with the Peace Doveの前でポーズを取っている子どもたち」




原文:オテマ・ジミー(ウガンダ事務所所長)
翻訳:インターン辻井、植松
掲載:インターン延岡

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コンクリートの地面を突き抜けて成長する新芽のように

皆さんこんにちは。
今日は8月最後のウガンダ特集です。
暑さもだんだんと和らいできましたね。
季節の移り変わりが、年をとる毎に速さを増してきている気がします。
一日一日大切に送りたいものですね。


それでは!
ウガンダの紹介をさせて頂きます。
face bookの活動紹介第3弾をお読みになった方は、もうご存知かと思いますが、
テラ・ルネッサンスではウガンダの支援活動で、
「レジリエンス」を大切にし活動をしています。

レジリエンスとは、たとえ困難な状況に直面しても自分自身に内在する多様なチカラ
そして周囲との関係性の中でそれを乗り越えていく適応能力の事です。

実は、この「レジリエンス」の考えは、ウガンダに限らず
テラ・ルネッサンスの活動全てに共通しており、
ひとり一人が大切に考えて行動しています。


子ども兵として紛争に巻き込まれて、あるいはその影響で村や家を失い、
大きな傷を抱えたとしても、それぞれ(個人・コミュニティ)には、
コンクリートの地面を突き抜けて成長する新芽のように
しなやかで力強い力が内在していると考えます。
ひとり一人そして地域それぞれに、多様な発展の道筋があるということです。

10610701_891558674205983_6355132664861940817_n.jpg


植物を育てる水と太陽のような存在が、
周囲にあれば誰でもそのチカラを発揮することができると考えます。

この考えに大切なことは、
一人ひとり、そして地域それぞれに多様な発展の道筋がある
という事です。

だからこそ、私たち外から援助する側の役割は、
多様な発展プロセスを自ら阻害していないかを常に自問しながら、
人々に内在する多様なチカラが発揮できるような、
土地環境を整えていくことだと考え活動しています。

私はテラ・ルネッサンスへインターンをして初めて、この言葉に出会いました。
今では、私の中で一番好きなそして一番大切な言葉です。
私も、コンクリートから生える新芽のように力を発揮したいです!!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
(よだ)
--------------------------------------------------------------------------------


クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 8時間 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。

みなさまの温かなご支援により、目標金額を達成しました!
ありがとうございます。

より多くの絵本を発行するためにプロジェクトは続きます。

目標は達成しましたが、まだまだご協力をお願い致します!
https://readyfor.jp/projects/bombies

--------------------------------------------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダ・コンゴの伝統料理!?

こんにちは(^○^)
雨の日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
温度差により体調を崩さないようにお気を付けください

本日は、ウガンダ・コンゴの料理についてお伝えしたいと思います

ポショ(ウガリ)
 ウガンダでは主食に食べられているポショをご紹介します。(ウガンダだけでなく、アフリカの多くの地域で食べられています)とうもろこしやキャッサバの粉を湯で練って作ります。水分を含ませる度合いによって団子状から粥状のものまでさまざまなバリエーションがあります。ポショ(ウガリ)の食べ方には地域ごとに違いがあり、一般的には小さくボール状にまとめて肉や野菜のスープにつけて食べたり、硬く作ったポショにスープをかけてスプーンやナイフとフォークで食べることもあります。

《材料》
   トウモロコシの粉

《作り方》
①お湯を沸かし、そこにトウモロコシの粉を入れます。
②かき混ぜて弾力をだします(かなりの力仕事です)。
③6分ほどで完成します。
070226_ugari.jpg
(出典:kコぺルニク

リボケ
 コンゴでは、リボケという魚を野菜と蒸した御馳走料理をご紹介します。リボケは、バナナの葉で魚、えび、豚肉などを蒸し焼きにした料理です。専門店があるほど種類や味付けが豊富なコンゴ民のもてなし料理の代表格となっています。


《材料(6~8人分)》      
   魚 大1尾
   エビ 500g
   玉ねぎ 大1個
   リーク 2本
   にんにく
   チキンブイヨン
   塩 適量

《作り方》
①.魚を洗い、好みに切ります。エビを洗 い 魚と一緒に容器に入れます。
②.塩、にんにく、ブイヨン、水をスプーンで2-3杯入れ、少なくとも1時間ぐらいおいておきます。
③.玉葱、リークを切り、魚と混ぜ、バナナの葉で包みます(アルミ箔でも大丈夫です)。
④.蒸し器に並べふたをし、25-30分蒸します。
⑤.プランテンバナナを煮て餅のように搗いたもの、シクアング、あるいはフーフーと一緒に食べます。
img02.jpg
(出典:日本中近東アフリカ婦人会

ウガンダ・コンゴの料理はいかがでしたか?
日本にはないですが、とてもおいしそうな料理ですねヽ(^o^)丿
作り方も簡単なのでぜひ作ってみてください
私は、来月ウガンダに行きますので、伝統料理であるポショを食べてきたいと思います


(きた)



--------------------------------------------------------------------------------


クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 1日 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。

みなさまの温かなご支援により、目標金額を達成しました!
ありがとうございます。

より多くの絵本を発行するためにプロジェクトは続きます。

【目標は達成しましたが、まだまだご協力をお願い致します!】
https://readyfor.jp/projects/bombies

--------------------------------------------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダ・コンゴの国旗に込められた想いとは…?

みなさんこんにちは
インターンの徳永です

今日はお盆休み明けで
久々の出勤日です。
気を引き締め集中して業務を行っていきます




今月はウガンダコンゴの特集月ということで、
本日は両国の国旗をご紹介します。


まずはウガンダ共和国の国旗から

う


この国旗は1962年の独立の年に制定されました。

赤・黒・黄の三色の横じまは
赤は同胞愛、黒は国民、黄色は太陽を意味しています。

中央には国鳥であるカンムリヅルが描かれています。
このカンムリヅルは古くからこの地域に住む人々に愛された鳥で、
なおかつ、ウガンダの歴代諸王朝がこの鳥を一度もシンボルとしたことがないことから、
その中立性が尊重され、新しいシンボルに選ばれました。

red.gif 同胞愛

ug02.gif 太陽

bk.gif 黒人

ug01.gif 国鳥のカンムリヅル




続いてはコンゴ民主共和国の国旗です

ko.png

以前のブログでも紹介がありましたが、
コンゴという名前が付く国が二つあることを
皆さんはご存知でしたか?

私たちが一般的にコンゴと呼ぶのはコンゴ民主共和国
そしてもう一つはそのお隣にあるコンゴ共和国です。

植民地時代に、
ベルギー領である現在のコンゴ民主共和国と
フランス領のコンゴ共和国に分けられました。

その結果、現在もコンゴという名前が付く国が
二つ存在しています。

今回みなさんにご紹介するのは
コンゴ民主共和国の国旗です。





旧ザイールとも呼ばれるコンゴ民主共和国は、
これまでの歴史の中で、国旗が何度も変更されています。

現在の国旗は、2006年の大統領選挙の年に制定されたもので、
以前の国旗デザインをモデルに、地色が青から明るい水色に変更されました。
水色は平和、赤は国家に殉じた犠牲者の血、
黄は国の富、星は国の輝かしい未来を表しているといわれています。

cd02.gif 平和

red_20140822131344bc9.gif 独立闘争の為に流された血

cd03.gif 国の富

cd01.gif 国の輝かしい未来




国旗一つとっても
いろいろな意味合いがあり、
その国のことを知ることができる
一つのツールになると思います。

現在のウガンダとコンゴの国旗の意味を
少しでも理解していただければ幸いです。

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました

(とくなが)



クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【  残り 5日  】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと45,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies




1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク