支援者さんのご紹介~ファーストステップ・ジョブグループ~

こんにちは!
暑い日と雨の日が混じり過ごしにくい日々が続いているので、
体調には十分お気をつけください


さて、本日は、ファーストステップ・ジョブグループ の皆さんが来て下さいました!
そこで、ファーストステップさんのご紹介をしたいと思います。


ファーストステップ・ジョブグループ(以下FSJG)さんには、毎月1回4時間程度
テラ・ルネッサンスに集まったインクカートリッジの仕分け作業を中心に
発送作業、書き損じはがきの仕分けなどを手伝っていただいております!


《ファーストステップさんの概要》
FSJGさんは、脱ひきこもり支援を行っている団体です。
2002年に設立し、当事者本人と親とで構成されています。
「今ひきこもりのままでできる仕事」を創出し、「仕事」通して社会参加への第一歩(ファーストステップ)を
促していくことを目的として支援活動を行っています。
当事者本人の意思に基づき仕事の提供を行い、当事者が社会との相互関係を積極的に行えるような支援を行っています。
仕事内容は、他家の家事手伝い、内職などのグループ内仕事を始めNPOセンターやユースサポートネットと連携し
外部から提供された仕事にも取り組んでいます。


FSJGさんには、当会のインクカートリッジの仕分け作業を
2009年からご協力頂いております。
FSJGさんは上記で書いたように「仕事」という
行動を通じて社会との関係を築くことを目的としています。
グループ内の家事手伝いや内職だけでなく、外部から発注された仕事や外部資源を利用しての仕事など、
様々な形で当事者本人への仕事の提供を行っています。
当会での仕事を経て、これまでに2名の方がFSJGさんから卒業されました。
ちなみに、FSJGさんでは、FSJGの仕事以外の「仕事」、もしくは「就学」に
自発的に参加するようになった時点で「卒業」と呼んでおられます。

IMG_300_201408301223537d3.jpg
(FSJGさんのインク仕分け作業の様子)

一人ひとりに寄り添う支援、自発・自立に重きを置いた支援方法に対する考え方は、
FSJGさんと当会で似ている部分がたくさんあるなと感じました。


支援者さんの形にも様々あります。
金銭的支援をしてくださる寄付者さんやファンクラブ会員さん、活動のお手伝いをしてくださるボランティアさん、
インクカートリッジや本などを集めてくださっている皆さま、グッズを購入いただいている皆さま、
テラ・ルネッサンスの活動に関心を抱いてくださる皆さま、場所の提供をしてくださる皆さま、など
当会は、たくさんの支援者さんのご支援の元、多くの活動ができています。
本当にありがとうございます
今後とも、支援者の皆さまのご期待に添えるように
さらなる努力をしていく所存です!


本日も読んでいただきありがとうございました


最後に、FSJGさんのHPを貼らせていただきます。
ご関心のある方は是非チェックしてみてください
ファーストステップ・ジョブグループさんHP
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://npo-net.or.jp/fsjg/


(きた)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ready forプロジェクト成立の報告

皆さんこんにちは。

今日は皆さんにご報告があります!!
今年7月から開始したready forでのプロジェクトですが、先日8月27に終了いたしました!!

このプロジェクトでは、ラオスの不発弾問題がテーマとなっている、
当会職員の江角が手掛けた「ラオスからのメッセージ」という絵本を
もっと多くの方に、そして世界の多くの皆さんに見て、読んで、知ってもらうために

英着版の絵本を作りたいというもので、

その英語版を作るにあたってかかる費用のご支援をしていただくために
60日間という期限の中で、目標金額を35万円として行いました。

20140314-Banner Title Final Small


広報などできる限りいろんな場所でしました。
しかし期間の中盤は支援してくださる方の人数が滞ってしまい、
日にちだけがどんどん過ぎていきました。
担当者であった江角も、
後半に差し掛かると気持ちがいっぱいいっぱいになってしまった
と、話していました。

しかし終了時には、60名の方がご支援してくださり
合計40万千円のご支援をいただくことができました。

今回のクラウドファンディングでは、お金だけででなく、
多くの方と繋がる機会ラオスの現状を知る機会
そして当会を知っていただくとてもよい機会になったなと、
私は感じています。

またこのクラウドファンディング成功により、
ラオス事業のとても大切なそして大きな一歩になったと
インターン生の私ではありますが、感じています。

20140311-ラオス本改訂版表紙


期間中は、多くの方から暖かいメッセージ・勇気をもらえるメッセージと沢山いただきました。
60名の皆様、そしてこのプロジェクトを周りの方に広める支援をしてくださった皆様、
メッセージ・エールをくださった皆様、

最後まで温かいご支援をいただき本当にありがとうございました。

(よだ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


音楽の都、コンゴ民主共和国!

こんにちは、インターンの神本です

今日の京都は朝から雨で少し肌寒いです。
少しずつ秋が近づいていますね

体調を崩しやすい時期ですのでお気をつけ下さい。




さてさて、タイトルからもお分かり頂けるように
今日はアフリカ音楽のお話です。

実は音楽が大好きな私。

アフリカの音楽ってどんな感じなんだろう?
とふと思ったわけです。

そこで、少し調べてみました


すると驚くことに、、、

テラ・ルネッサンスの支援先であるコンゴ民主共和国
アフリカの中で「音楽の都」と言われているようです!!

知らなかったです



そして、そんなコンゴ民主共和国出身のアーティストたちが集まって
2012年に結成し、日本を拠点に活動しているグループがあるそうです。

それは、Li-NgomA(リ・ンゴマ)です。

img_1161.jpg
(出典:株式会社東京建設コンサルタント レポート


コンガの原型である’ンゴマ’やカウベルの原型である’ンゴンギ’という楽器を始め
ギターやサックスなども取り入れた音楽を奏でています。
ンゴマ
 ンゴマ (出典:民族楽器コイズミ


音楽祭やアフリカンフェスティバル、学校芸術鑑賞会、
国際イベント、大使館のパーティ・セレモニーなどで活躍されているので
もしかしたら見たことのある方もおられるのではないでしょうか


日本ではあまりないリズムで馴染みのない楽器の音がしますが
思わず踊りだしたくなるような音楽だなと思いました!
そしてできることなら私も演奏してみたいです
とても楽しそうです!!


こちらからその演奏を聞くことができるので、ぜひ聞いてみてください!
リンゴマ オフィシャルホームページ

私は2013年TICAD Vイベントの演奏が特に好きです



言葉が通じなくても、一緒に楽器を演奏したり、歌ったりするだけでも
通じ合えたり、仲良くなれたりということもあるので、
音楽は立派なコミュニケーションではないかなと私は思っています。

テラ・ルネッサンスも、
カンボジアで伝統音楽復興&継承プロジェクトを行っていたり、
ウガンダの元子ども兵の社会復帰支援の心理社会支援活動で
音楽や伝統ダンスを行ったりしています。

衣食住の最低限の生活には必要ないかもしれませんが、
心を元気にできたり、人々の誇りになったりと
音楽があればもっといきいきと生活できるので必要なものだと私は思います!


他にも、コンゴやウガンダの音楽、
またラオスやカンボジアの音楽でオススメがあればぜひ教えてください


本日もブログを読んでいただきありがとうございました!


(かみもと)




1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コンクリートの地面を突き抜けて成長する新芽のように

皆さんこんにちは。
今日は8月最後のウガンダ特集です。
暑さもだんだんと和らいできましたね。
季節の移り変わりが、年をとる毎に速さを増してきている気がします。
一日一日大切に送りたいものですね。


それでは!
ウガンダの紹介をさせて頂きます。
face bookの活動紹介第3弾をお読みになった方は、もうご存知かと思いますが、
テラ・ルネッサンスではウガンダの支援活動で、
「レジリエンス」を大切にし活動をしています。

レジリエンスとは、たとえ困難な状況に直面しても自分自身に内在する多様なチカラ
そして周囲との関係性の中でそれを乗り越えていく適応能力の事です。

実は、この「レジリエンス」の考えは、ウガンダに限らず
テラ・ルネッサンスの活動全てに共通しており、
ひとり一人が大切に考えて行動しています。


子ども兵として紛争に巻き込まれて、あるいはその影響で村や家を失い、
大きな傷を抱えたとしても、それぞれ(個人・コミュニティ)には、
コンクリートの地面を突き抜けて成長する新芽のように
しなやかで力強い力が内在していると考えます。
ひとり一人そして地域それぞれに、多様な発展の道筋があるということです。

10610701_891558674205983_6355132664861940817_n.jpg


植物を育てる水と太陽のような存在が、
周囲にあれば誰でもそのチカラを発揮することができると考えます。

この考えに大切なことは、
一人ひとり、そして地域それぞれに多様な発展の道筋がある
という事です。

だからこそ、私たち外から援助する側の役割は、
多様な発展プロセスを自ら阻害していないかを常に自問しながら、
人々に内在する多様なチカラが発揮できるような、
土地環境を整えていくことだと考え活動しています。

私はテラ・ルネッサンスへインターンをして初めて、この言葉に出会いました。
今では、私の中で一番好きなそして一番大切な言葉です。
私も、コンクリートから生える新芽のように力を発揮したいです!!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
(よだ)
--------------------------------------------------------------------------------


クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 8時間 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。

みなさまの温かなご支援により、目標金額を達成しました!
ありがとうございます。

より多くの絵本を発行するためにプロジェクトは続きます。

目標は達成しましたが、まだまだご協力をお願い致します!
https://readyfor.jp/projects/bombies

--------------------------------------------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダ・コンゴの伝統料理!?

こんにちは(^○^)
雨の日が続いていますが、いかがお過ごしですか?
温度差により体調を崩さないようにお気を付けください

本日は、ウガンダ・コンゴの料理についてお伝えしたいと思います

ポショ(ウガリ)
 ウガンダでは主食に食べられているポショをご紹介します。(ウガンダだけでなく、アフリカの多くの地域で食べられています)とうもろこしやキャッサバの粉を湯で練って作ります。水分を含ませる度合いによって団子状から粥状のものまでさまざまなバリエーションがあります。ポショ(ウガリ)の食べ方には地域ごとに違いがあり、一般的には小さくボール状にまとめて肉や野菜のスープにつけて食べたり、硬く作ったポショにスープをかけてスプーンやナイフとフォークで食べることもあります。

《材料》
   トウモロコシの粉

《作り方》
①お湯を沸かし、そこにトウモロコシの粉を入れます。
②かき混ぜて弾力をだします(かなりの力仕事です)。
③6分ほどで完成します。
070226_ugari.jpg
(出典:kコぺルニク

リボケ
 コンゴでは、リボケという魚を野菜と蒸した御馳走料理をご紹介します。リボケは、バナナの葉で魚、えび、豚肉などを蒸し焼きにした料理です。専門店があるほど種類や味付けが豊富なコンゴ民のもてなし料理の代表格となっています。


《材料(6~8人分)》      
   魚 大1尾
   エビ 500g
   玉ねぎ 大1個
   リーク 2本
   にんにく
   チキンブイヨン
   塩 適量

《作り方》
①.魚を洗い、好みに切ります。エビを洗 い 魚と一緒に容器に入れます。
②.塩、にんにく、ブイヨン、水をスプーンで2-3杯入れ、少なくとも1時間ぐらいおいておきます。
③.玉葱、リークを切り、魚と混ぜ、バナナの葉で包みます(アルミ箔でも大丈夫です)。
④.蒸し器に並べふたをし、25-30分蒸します。
⑤.プランテンバナナを煮て餅のように搗いたもの、シクアング、あるいはフーフーと一緒に食べます。
img02.jpg
(出典:日本中近東アフリカ婦人会

ウガンダ・コンゴの料理はいかがでしたか?
日本にはないですが、とてもおいしそうな料理ですねヽ(^o^)丿
作り方も簡単なのでぜひ作ってみてください
私は、来月ウガンダに行きますので、伝統料理であるポショを食べてきたいと思います


(きた)



--------------------------------------------------------------------------------


クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 1日 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。

みなさまの温かなご支援により、目標金額を達成しました!
ありがとうございます。

より多くの絵本を発行するためにプロジェクトは続きます。

【目標は達成しましたが、まだまだご協力をお願い致します!】
https://readyfor.jp/projects/bombies

--------------------------------------------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


’サマ―クリスマス’から学ぶ「未来をつくる力」とは!?



こんにちは!
インターンの神本です。


このところ豪雨が続いていますね

私の出身地である広島の様子も
毎日のようにニュースで報道されています。
家族や友人が暮らしている土地だということもあり、
毎日ニュースをチェックしては、そこへ行けないことをもどかしく感じます。

各地で被害が大きくなっているようなので、皆さまもお気をつけ下さい!



さて、そんな今日8月25日は何の日かご存知ですか?


今日はサマ―クリスマスです!!

santa_claus_050.jpg
(出典:hispic cafe 「7月のサンタクロース@バッケン」



サマ―クリスマスとは?

TBSの林美雄アナウンサーがパーソナリティーをしていた
ラジオ番組「パックインミュージック金曜2部」の中で、
「夏にもクリスマスのようなイベントを作ろう!」と言ったことがきっかけで
林アナウンサーの誕生日である8月25日が’夏のクリスマス’となりました。


サマ―クリスマスが始まったのは1974年ですが、
今もお店で’サマ―クリスマスフェア’が行われていたり、
’サマ―クリスマスイベント’が開催されていたり、
’サマ―クリスマス’はずいぶん広まっているようです!

林美雄アナウンサーの一言から始まったこの日が、
40年経った今もなお続いているというのは驚きでした




そして、林美雄アナウンサーについてもう一つエピソードをご紹介します。


  のちのスーパースター松任谷由実は、驚くべきことに、デビューから
  およそ一年半もの長きにわたって、林パック以外のメディアで
  取り上げられることはほとんどなかったのだ。

  ただひとり林美雄だけが、
  荒井由実のデビューアルバム『ひこうき雲』を一聴して
  「この人は天才です!」と絶賛。
  ”八王子の歌姫”と命名し、他の番組が無視する中、
  先週は3曲、今週は4曲、来週は録音したての新曲、
  と執拗に紹介し続けた。

(『1974年のサマークリスマス』柳澤健・小説すばる8月号 p261〜p265 より抜粋)





これを知って、林美雄さんはとてもかっこいいと私は思いました。

たとえ周りに認められなくても、前例がないようなことでも
自分の信じたことを、主張し続けることができる!

わたしがまだ持っていなくて、一番欲しいものを、
林さんは持っていると思いました



テラ・ルネッサンスの理念に
「ひとり一人に未来をつくる力がある」
という言葉があります。

私が好きな言葉の一つです。

林さんのように’信じ続けること’が、
「未来をつくる力」になるのではと私は思いました。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました



(かみもと)






クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 2日 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。

みなさまの温かなご支援により、目標金額を達成しました!
ありがとうございます。

より多くの絵本を発行するためにプロジェクトは続きます。

【目標は達成しましたが、まだまだご協力をお願い致します!】
https://readyfor.jp/projects/bombies



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コンゴのおしゃれさん

こんにちは。インターンの池堂です。
夏休みの間のブログ担当は変則的なので、
今週二回目の投稿です。


今日は、コンゴ民主共和国の
とあるファッションについてお届け致します。

それがこちら
サプール1
(出典:greenblog)

とっても派手なスーツに身を包んだ集団。
彼らは
サップ(SAPE:Société des ambianceurs et des personnes élégantes
:エレガントで愉快な仲間達)
と呼ばれるファッションを実践しているサプール達。
カラフルで高価な衣装を身にまとい、
古き良きフランスのエレガンスさを再現する事を目指しています。

サプール3
(出典:roomie)


中には数ヵ月分の給料に値するスーツを着ている人も。
かつては有名ブランドを着こなすことが主流でしたが
今や手作りする者や、
中には布ではなく“紙”で作ってしまう強者も。
サプール2
右の男性が着ているのが紙で出来た服
(出典:Facebook:Cedrick Mbengi※閲覧するには、facebookのアカウントが必要です。)

この文化は、1920年代フランス領コンゴの社会運動家アンドレ・マツワが起源とされています。
彼は1922年パリ紳士の正装でコンゴに帰国し、
人々のどぎもを抜いたと言われています。
しかし一部の人たちにはうけ、
“サプールの父”と崇められるようになりました。
独立後の混乱で一時はこの流れが途絶えるものの、
パパ・ウェンバというコンゴ人歌手の登場により、サップが復活しました。

サプールには2つの掟があると言われています。
1つ目は、取り入れる色を3色までに抑えること。
2つ目は、モラルを重んじること。
貧しい生活の中一張羅を着て生活をする。相反するようですが、
威厳を持ち、自分たちのスタンスを貫いて生きていることは、誇らしく見え、
個人的には、とても素敵だと思います。

(いけどう)

**-------------------------------------------------**
クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 4日 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと19,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies
**-------------------------------------------------**


続きを読む

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダ・コンゴの国旗に込められた想いとは…?

みなさんこんにちは
インターンの徳永です

今日はお盆休み明けで
久々の出勤日です。
気を引き締め集中して業務を行っていきます




今月はウガンダコンゴの特集月ということで、
本日は両国の国旗をご紹介します。


まずはウガンダ共和国の国旗から

う


この国旗は1962年の独立の年に制定されました。

赤・黒・黄の三色の横じまは
赤は同胞愛、黒は国民、黄色は太陽を意味しています。

中央には国鳥であるカンムリヅルが描かれています。
このカンムリヅルは古くからこの地域に住む人々に愛された鳥で、
なおかつ、ウガンダの歴代諸王朝がこの鳥を一度もシンボルとしたことがないことから、
その中立性が尊重され、新しいシンボルに選ばれました。

red.gif 同胞愛

ug02.gif 太陽

bk.gif 黒人

ug01.gif 国鳥のカンムリヅル




続いてはコンゴ民主共和国の国旗です

ko.png

以前のブログでも紹介がありましたが、
コンゴという名前が付く国が二つあることを
皆さんはご存知でしたか?

私たちが一般的にコンゴと呼ぶのはコンゴ民主共和国
そしてもう一つはそのお隣にあるコンゴ共和国です。

植民地時代に、
ベルギー領である現在のコンゴ民主共和国と
フランス領のコンゴ共和国に分けられました。

その結果、現在もコンゴという名前が付く国が
二つ存在しています。

今回みなさんにご紹介するのは
コンゴ民主共和国の国旗です。





旧ザイールとも呼ばれるコンゴ民主共和国は、
これまでの歴史の中で、国旗が何度も変更されています。

現在の国旗は、2006年の大統領選挙の年に制定されたもので、
以前の国旗デザインをモデルに、地色が青から明るい水色に変更されました。
水色は平和、赤は国家に殉じた犠牲者の血、
黄は国の富、星は国の輝かしい未来を表しているといわれています。

cd02.gif 平和

red_20140822131344bc9.gif 独立闘争の為に流された血

cd03.gif 国の富

cd01.gif 国の輝かしい未来




国旗一つとっても
いろいろな意味合いがあり、
その国のことを知ることができる
一つのツールになると思います。

現在のウガンダとコンゴの国旗の意味を
少しでも理解していただければ幸いです。

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました

(とくなが)



クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【  残り 5日  】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと45,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies




1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【ウガンダコーヒーをつかったスイーツ♡】第2弾!

みなさん、こんにちは!
インターンの内藤です

8月もあと残るは10日ほど、
私の夏休みもあと半分ほどになってきました。
時間がすぎるのが早いなあ、と感じるこの頃です。

さて、本日は
【ウガンダコーヒーをつかったスイーツ♡】の企画
第2弾を行いたいと思います!

今回は誰でも簡単にできる
「コーヒーかき氷」のご紹介をします!

まだまだ暑い日々に
かき氷はいかがですか?

では、早速
作り方を紹介していきます!

まず用意するものはこちら↓
【1人分】
・ウガンダコーヒー(豆の場合)12g、(粉の場合)大さじ1強
・お水 200cc 
・コンデンスミルク(大さじ2ほど)
・アイスクリーム(お好みで)
・製氷皿
・かき氷機

【作り方】
1. 200cc分のコーヒーを作る。
2. あら熱をとり、製氷皿にいれて冷凍庫で固める。
  (事務所の冷凍庫では丸1日かかってしまいました。。)

  DSC_0303.jpg

3. 氷をかき氷機でがりがりと削る。

  DSC_0304.jpg

 *ここでポイント
  器にかき氷を盛るとき、半分くらいの量で一度コンデンスミルクをかけます!
  こうすることで、下までしっかりとミルクがかかります^^

  そして、最後に上からコンデンスミルクをたっぷりとかけ、
  お好みでアイスクリームなどを添えれば完成です!

  IMG_20140820_165448.jpg

  事務所ではカステラものせてみました!
  他に白玉などをのせてみてもよさそうです^^

  DSC_0307.jpg



コーヒーを冷やして固めるだけ!
誰でも簡単に作れちゃいます

皆さんも、ぜひ「コーヒーかき氷」作ってみてください


ウガンダコーヒーの購入はこちらより

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございます

(ないとう)

…………………

クラスター爆弾ではなく愛を世界中にばらまくために【残り 6 日!!】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと75,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


あの日から二年

こんにちは。
本日も京都はうだるような暑さです。
水分補給とこまめな休憩をとってお身体に気をつけてお過ごしください。

本日8/20は何があった日か知ってますか
2年前、フリージャーナリスト山本美香さんが息をひきとった日です。
彼女は戦場ジャーナリストとして
イラク戦争や世界の様々な紛争地を取材してきたジャーナリストです。
そしてシリア紛争を取材中に政府軍の銃撃を受け亡くなりました。
亡くなる直前までカメラをまわし続けた彼女は、
「誰かが記録していく必要があると常に思っていて、
伝えることで戦争は早く終わるかもしれないし
拡大を防げるかもしれないので、
時に過酷な状況はあるが伝え続けていきたい」
と心に決めて活動を続けてこられた方です。

紛争の現状を伝えるために奔走していた山本さん。
私たちが行けない所の現状を、身体をはって伝えてくれていました。

私が思うに、
山本さんの主な活動は、現状を伝えること。
このブログも大きなくくりとしては同じ役割を果たしています。
まずは世界で何が起きているかに気付いてもらう事を
目的としているのだと思います。

そしてテラ・ルネッサンスの現地事務局の主な活動は
現地の人に支援活動を行う事。
例えばウガンダやコンゴでは元子ども兵の社会復帰支援活動を行っています。

そしてこのブログを読んでくださっているほとんどの方は
物品購入や会費、インクや書き損じハガキを送ってくださるなど
何かしらの形で当団体を支えてくださっている方だと思います。

山本さんもしかり、テラ・ルネッサンスもしかり、このブログの読者もしかり
やり方や活動地域はそれぞれ違っても
世界が平和になる事を願って活動している人がたくさんいます。
今一度、自分の役割を再認識し、これからも活動を続けていくとともに
大切な仲間の尊い犠牲に今一度、哀悼の意を捧げましょう。

参考:山本美香記念財団

(いけどう)


………………

クラスター爆弾ではなく愛を世界中にばらまくために【残り7 日!!】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと85,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【特集日】ウガンダの歴史【ウガンダ】

みなさんこんにちは!
インターンの北です


お盆休みは皆さんどのように
過ごされたのでしょうか?
実家で過ごした人も海外で過ごした人もいることでしょう(*^_^*)
わたしは実家でまったり過ごしました

本日は、ウガンダの特集記事です
テラ・ルネッサンスといえば元子ども兵の支援団体として思い浮かぶ方も
多いと思いますが、元子ども兵が誕生せざるを得なかった
ウガンダの歴史的背景についてみなさんに知って頂きたいと思います


17世紀頃~18世紀頃
 
ウガンダは、農耕を営むバンツー系の民族が部族国家を形成していました。
それから数世紀後、ナイル系民族(ルオ族、アテケル)がウガンダの北東部に移り住んで来ます。
この2つの民族と、Bachweziと呼ばれる人たち(由来については諸説あります)が同化し、
12世紀から16世紀初頭に大湖地方に成立する、
ブガンダ、ブニョロ・キタラ、アンコーレ、ルワンダ、ブルンディなどの諸王国の元
となった人たちを形成したと言われています。

19世紀後半
 
アラブ商人とスワヒリ商人がウガンダでイスラム教を広め、
またカトリック・プロテスタント双方の教団がキリスト教布教を開始し、
急激に外国の影響が及ぶようになります。
さらに、植民地獲得に乗り出したヨーロッパ列強が影響力を持つようになり、
結果的にイギリスの支援を受けたブガンダ王国が、エジプトと組んだブニョロ王国を破り、
ウガンダのバントゥー系の宗主的立場となって、広く領土を得ます。

1864年 南北の分断統治
 
イギリスの「保護領」となり、イギリスによりウガンダは南北へ分断統治されることになりました。
そこでイギリスは、ウガンダ住民の反乱を防ぐためウガンダ南部の人に特権を与え、
北部の人(アチョリ人)の迫害を行いました。
この分断統治により、ウガンダ北部の人の不満はイギリス人のみならず、
南部の人にまで向けられ、今現在に至る紛争の一原因となっています。

1962年 独立
 
国の細分化を防ぐため、地方部族や王国に大幅な自治権を与え、
連邦制の形をとりました。
しかし、元々宗教・文化が違う多民族国家であるため、国の求心力が弱く、
独立後30年間にわたり、7回の政変が起こりました。

1987年 神の抵抗軍結成

軍事クーデターにより大統領に就任したムセヴェニ以降、政権は安定し、
親米路線で国内を立て直しつつあります。
しかし、ムセヴェニ大統領就任前後で、
政府軍(ウガンダ南部)反政府軍(ウガンダ北部)に分かれ紛争が起こりました。
その際、LRA(神の抵抗軍)が結成され、20年以上に及ぶ内戦となりました。
LRAとは、ジョセフ・コニ―を指導者とし、スーダン政府から資金・武器援助をもらい
ウガンダ北部で政府に対してゲリラ戦を展開している武装集団です。
北部の村を襲撃し、一般市民に対しての略奪・暴行・虐殺を繰り返しています。
また、村から子どもを誘拐し兵士、性的奴隷として戦闘に従事させられています。
10歳にも満たない子どもが次々に誘拐され、少なくとも今までに6万6千人とも言われています。
このようなことから、国連から「アフリカ最悪の紛争」と言われています。
2012_2largeimg220_Feb_2012_094052477-thumb-540x414-13085.jpg
【ジェセフ・コニ―】(出典:ペンと絵筆inアフリカ

2006年8月26日

一時休戦協定を結ぶかに展開したと思われた情勢は、紆余曲線を経た現在、
未だ政府とLRAとの最終的な和平合意には至らず、
隣国のコンゴ民主共和国北東部などで活動を続けています。
Uganda_night_commuters_-_full_room.jpg
【LRAの拉致から逃れるため集会所に集う子ども達】(出典:wikipedia「神の抵抗軍」


こうした背景で兵士にならざるを得なかった元もども兵に笑顔が戻り、
社会復帰ができるように心から願っています。
和平合意が一日でも早く締結され、人類共通の理想である『世界平和』が
実現されるように活動を続けていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました


(きた)


…………………

クラスター爆弾ではなく愛を世界中にばらまくために【残り8 日!!】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと85,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


安全でおいしい!ウガンダコーヒー

みなさん、こんにちは!
インターンの内藤です

事務所では昨日まで、夏期休業を頂いておりました。
本日より業務を再開いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、本日は
当会が販売しています
「Café de Terra Renaissance ウガンダ産自然栽培コーヒー」
についてご紹介させていただきます!

caferesaized.jpg


このウガンダコーヒーは
株式会社クリスタルさまと提携しているものです。


Café de Terra Renaissanceの特徴は、

無農薬・無化学肥料で栽培された自然栽培コーヒー
②環境にも優しい純天然栽培
③生産者の生活・健康も保障するフェアトレード

であることです!

また、このコーヒーを飲むことで、
ウガンダの元・子ども兵の社会復帰をサポートできます。
たとえば、コーヒー2袋で、
1人の子ども兵の基礎教育、職業訓練の費用1日分を賄うことができるのです。

当会は、
このウガンダコーヒーをフェアトレードで販売するほかに、
毎月行っているテラ・カフェでも提供しております。
テラ・カフェについてはこちらより


では少し、Café de Terra Renaissanceの歴史をご紹介します。

Café de Terra Renaissanceのコーヒーを焙煎してくださっているのは勝原正さん
勝原さんは、18歳の時から、焙煎士一筋で、おいしいコーヒーのことをいつも考えていらっしゃいました。
そして、究極のコーヒー豆を探すため、世界中を駆け巡り、
1999年に納得できる本物のコーヒー豆をウガンダの地で見つけました。

ここには、化学肥料・農薬を使用せず、自然の恵みだけで栽培された、
本当の意味の「自然栽培」のコーヒーがあったのです。

それから2年余り、このコーヒーに合った焙煎を研究して、
自然環境や人に優しいコーヒー「Café de Terra Renaissance」が誕生しました。

cafete_1.jpg


ウガンダは、
世界のコーヒー大国のひとつ。
アフリカではエチオピアに次ぐ第2位の生産国となっています。

しかしながら、コーヒー生産者は
欧州の不公正な貿易に苦しめられてるという現状です。

ウガンダの生産者・輸出業者の利益の取り分は
最終製品のわずか6%と不公正なものとなっているとも言われています。

(参考:JANJANNEWS ウガンダ/貿易:コーヒー生産者が最大の敗者


このウガンダコーヒーをより多くの人に知ってもらい、
ウガンダに笑顔を届けることができたらと思います。


ウガンダコーヒーをつかったレシピもご紹介しております。
宜しければご覧ください!
【ウガンダコーヒーをつかったスイーツ♡】第1弾!


ウガンダコーヒーの購入はこちらより

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました

(ないとう)

…………………

クラスター爆弾ではなく愛を世界中にばらまくために【残り9 日!!】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと135,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


クラスター爆弾ではなく愛を世界中にばらまきたい 【残り12日!!】

クラスター爆弾ではなく愛を世界中にばらまきたい 【残り12日!!】

テラ・ルネッサンス カンボジア駐在代表 江角泰

【応援よろしくお願いいたします!】
現在私が挑戦中のクラウドファンディングですが、残り12日間で、
達成率54%というところまで やってきました!!

eda48e16af885421193b10af0709230b5449c23c.jpg



▼挑戦中のクラウドファンドのページ
https://readyfor.jp/projects/bombies

なんとこれまでに、33人もの方が応援してくださっています。
このページを見てくださって、
世界を変えようとアクションを起こしてくださったことが、とても嬉しいです!!

このクラウドファンディングで資金を集め、英語版の本を製作し、
世界中の人にラオスのこと、クラスター爆弾のことを知ってもらいたいと思った理由は、
一人ひとりが関わり、アクションを起こし、
未来を変えて行けるんだということを皆さんにも体験してほしかったからです。
私たち一人ひとりの力は、小さなものかもしれません。
でも、多くの人が関心を寄せて、どんな未来をつくるのか?
真剣に考え、アクションを起こせば、世界は変えることができると信じています。


そして、そのことは実はものすごく重要で、
素晴らしいことなんだと皆さんからの応援で実感しています。
国をつくるのも、世界を造っていくのも、一部の政治家だけではありません。


これからの主体はあくまでも私たち一人ひとりの一般市民です。


そして、33名の方が実際にこうして応援してくださった事実が、
私の大きな励みになっています。

でも、このReadyForの仕組みは、目標金額を達成しないと、金額は0になってしまいます。
せっかくこれまで応援してくださった皆様の行動と想いを無駄にしたくはありません。
まだ達成できるのか毎日朝起きるたびにドキドキですが、
私にはラオスの人たちの想いを届けるという約束があるので、
必ず応援してくれる方がいると信じています!

content_286d83aae5918b003c51934e498df30d45c19b99_20140815140226724.jpg



▼挑戦中のクラウドファンドのページ
https://readyfor.jp/projects/bombies

自分の泊まっているシエンクアンのゲストハウスで、
目の前に不発弾が飾られているのを目にしたとき。

普通に爆弾が街のあちこちに飾られているシエンクアン。
お世話になっているおじさんにも、
"ボンビー(不発弾)は、どこにでも転がっている。"
という言葉に、ショックを受けました。
そして、被害に遭った人たちの本当に悲惨な状況でも、前向きに生きて行こうとする姿に、
ラオスの状況をもっと作り出してしまってはいけないと思い、このプロジェクトを始めました。

ラオスのシエンクアンの状況を知ってもらったら、
絶対にクラスター爆弾を使いたいとは思わないはずです。
戦後40年が経とうとするラオス。

信じられますか?
未だに撤去できた面積は、1%にも届きません。

クラスター爆弾は、大きな爆弾から小さな子弾を何百個と地上へ無差別にばらまく兵器ですが、
ラオスで爆弾ではなく、かわりに愛を世界中にばらまきまけたらどんなに素敵だろうと強く思いました。

愛をばらまくために、漫画でラオスの人たちを想いを伝えた英語の本を作りたいのです。

こうして皆様からのメッセージも、国境を越えてラオスから世界中の人たちにも寄り添うことが、
どれだけ現地の人たちを励ますことになるか・・・

現場にいて、そのことをいつも感じます。





こうして、支えてくださる沢山の方々の想いを背負って活動できることを本当に誇りに思います。
それは、ご寄付以上の大きな私の支えになっています。

クラスター爆弾の被害の98%は、普通の一般市民だとある報告書では報告があります。

その被害に遭っている、被害に遭う可能性のある一般市民の私たちが、
未来の世界を自分たちで選択する権利を、今行きている私たちだけが持っているのです。



だからこそ、最後は応援してくださる人にきちんとプロジェクト
達成という形でお返ししたい!!
そして、これから生まれてくる子ども達に平和な世界を残したい!!

そんな風に心から思っています。

あと12日間。もし、少しでも何かを感じることがあったなら、
背中を押して、勇気を分けていただけたら嬉しいです。


▼ゆっくりお時間の取れるという方はぜひ、下記記事を読んでいただけたら嬉しいです。
このプロジェクトに対する私の気持ち、魂込めて書いてます。
「今のあなたが未来をつくる。」https://readyfor.jp/projects/bombies/announcements/12402
「悲しむのは一人じゃない。」https://readyfor.jp/projects/bombies/announcements/12218
「漫画製作秘話@ラオス」https://readyfor.jp/projects/bombies/announcements/11864

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


あの日を忘れない...

皆さんこんにちは!
インターンの森口です

もうすぐお盆休みですね!
国内外に旅行される方が多い時期です。
子どもたちは夏休みの宿題を意識し始める頃でしょうか。

さて、今日8月9日は皆さんご存知の通り、長崎市に原爆が投下された日です。
69年前の午前11時2分に、ファットマンと名付けられた原子爆弾が長崎市中心部から3km離れたところに投下されました。

この原子爆弾は広島に投下されたリトルボーイの1.5倍の威力でした。
地形の影響で広島よりも被害が小さかったものの、甚大な被害が出ました。
当時の長崎市の人口約24万人のうち、約3分の1の方が亡くなったそうです。
さらに負傷者もほぼ同数で、後遺症に苦しむ人も多いことから、原爆の恐ろしさが伺えます。

さて、日本は世界で唯一の被爆国として、原子爆弾や核兵器の恐ろしさを世に伝えてきました。
国内でも語り部さんによる被爆体験を聞くことができたり、
平和記念館を訪れて当時の被害状況や平和について学べたりする機会が多くあります。

しかし時が進むにつれて被爆体験者の数は少なくなり、
被爆国としてのアイデンティティは薄れ、
この悲劇も風化しつつあると思います
事実、語り部さんの数は年々少なくなっていると聞きます。

戦争を体験した方もだんだん減ってきており、
日本の未来は戦争を体験したことの無い世代が担っていくと言っても過言ではないと思います。
それは同時に、戦争の恐ろしさを、身を持って知る人が少なくなることでもあると思います。

しかし戦争の恐ろしさを知らないからと言って、戦争をして良いわけがありません。
私たちは原爆投下という悲劇があったということを忘れず
学び、次の世代に伝承していくことによって、
戦争の恐ろしさを伝えていかなければならないと思います。

そして現在世界中ではたくさんの紛争や戦争が起こっています。
憎しみは憎しみを生み、憎悪の連鎖は絶えることがありません。
大国の利害が絡み合い、既にたくさんの国や地域の紛争が泥沼化し、疲弊しています。
世界中で毎日、たくさんの方が亡くなっています。

我々はこれらの問題に対し、無関心であってはいけません。無感心でもいけません。
まずは世界の現状を知り、小さなアクションに結び付けていく必要があると思います。
当会の活動がその小さな、勇気あるアクションに結びつくように、
私も当会の一員として頑張って活動していきます。

-----------------------------------------------------
【8月の事務局業務休業日のお知らせ】
テラ・ルネッサンスでは、下記の通り夏季休業とさせていただきますので
何卒宜しくお願い申し上げます。

-京都事務局-
8月10日(日)から8月17日(日)まで
8月18日(月)10:00から営業を再開いたします。

-大槌復興刺し子プロジェクト事務所-
8月13日(水)から8月17日(日)まで
8月18日(月)9:00から営業を再開いたします。

今後ともテラ・ルネッサンスを宜しくお願いします。
-----------------------------------------------------

いつも拙い文章を読んでいただきありがとうございます。

私ごとではありますが、これから約1カ月間アフリカに行きます。
ルワンダブルンジウガンダの3カ国を訪問する予定です。

もちろん当会の支援先であるウガンダ北部のグル県も訪問し、視察やフィールド調査を行う予定です。
これが今回の訪問の主目的であることは間違いありません。
しっかりと自分の五感を使って知識を吸収し、帰国後に活かしていきたいと思います。
それでは、行ってきます!


(もりぐち)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


本で「想い」を届けたい -read forあと19日!-

皆さんこんにちは!!
インターンの依田です。

今日は涼しいなと思い空を見たら、厚い雲で覆われています。
台風が近くまで来ているせいでしょうか>_<
今回の台風は風邪も強い様なので皆さんも外出の際は、気を付けて下さいね。


今日は現在テラ・ルネッサンスでもプロジェクトを開始している、ready for
の現在の進行状況などを紹介・報告させていただきます。

ready forとは?
…READYFOR は日本で最初のそして最大のクラウドファンディングサービスです。
クラウドファンディングとは、インターネットを介して不特定多数の個人から資金(支援金)を集めるサービスです。新しい資金調達の手段として注目されており、世界中で500以上のクラウドファンディングサービスが存在します。

eda48e16af885421193b10af0709230b5449c23c.jpg


プロジェクト終了まであと19日となり現在33人もの温かい皆さまのご支援の御蔭で、
189,000円の支援金が集まっており、
目標金額の50%を達成することができました。
温かいメッセージも一緒にありがとうございます。


今回のプロジェクトは、
ラオス事業を担当している職員 江角泰が作成した漫画
『クラスター爆弾 ラオスからのメッセージ』
の英語版を1000冊作成し
ラオスを訪れている観光客約400万人を対象に、
ラオスの観光地のホテル(584軒)等へ配布しするというものです。

content_286d83aae5918b003c51934e498df30d45c19b99_201408081614427a1.jpg

残り19
あと、16,1000円です!!

ラオス人々から命を奪い、傷付けている不発弾・クラスター爆弾の問題を
世界の人々に知ってもらえる機会となるようにしたいと思っています。

あと16,1000円のご支援をいただけますように、広報活動も頑張っていきたいと思います。

↓ready for 詳しくはこちらから↓
https://readyfor.jp/projects/bombies

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
(ヨダ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


世界中から忘れられた紛争…


みなさん、こんにちは!
インターンの神本です。

先日大学の試験が終わり、私にも夏休みがやってきました
たくさん時間があるので、いろんなことに挑戦したいと思います!!


さて、本日はコンゴ特集の日!


忘れられた紛争についてお話したいと思います。





当会が支援を行っているコンゴ民主共和国。

アフリカ大陸のほぼ中央に位置し、その面積は日本の約6倍!
なんと、アフリカで3番目に大きい国です。
20140807_11371963179 (1)

公用語はフランス語ですが、スワヒリ語、キコンゴ語等
様々な言語が話されています。

宗教はキリスト教徒が85%と大半を占めており、
次いでイスラム教徒10%、他にも伝統宗教が存在しています。


また、コンゴ東部には今も手付かずの広大な熱帯雨林が広がっていて、
金や銅、木材、スズ、コバルト、ダイヤモンド、タンタルなど
豊富な天然資源に恵まれた国でもあります。


そのため主要産業は銅,コバルト,工業用ダイヤモンド,石油など鉱工業であり、
その多くを中国、ザンビア、アメリカ、ベルギー、韓国などに輸出しています。


しかし、このような天然資源が豊富であるがゆえに、
欧米諸国がそれを奪い取ろうとし、たくさんの現地の人々が犠牲になりました。



さらに、国内でもこの資源の利権を巡った対立が起こり、紛争に発展していきます。
それが1998年に勃発したコンゴ紛争です。


この紛争は国際社会からあまり注目されていませんが、540万人もの死者を出し、
第二次世界大戦後以降、世界最大の紛争と言われています。


この死者の約9割以上は、戦闘によって直接命を落としたのではなく、
食料や医療などの十分な支援を受けることができなかったことが原因です。

これは先程も述べたように、
国際社会から注目されず、十分な支援が集まらなかったからです。

そのため、この紛争は「忘れられた紛争」とも言われています。


この紛争によって、少なくとも3万人の子どもたちが兵士として戦わされ
多くの女性や少女が性的暴力を受けるという被害にあっています。

マイマイの子ども兵士2003年 コンゴ民主共和国 カロンゲ地区


このような、世界からその大きな被害を忘れられ
十分な支援が行われていなかったコンゴで
当会は2006年から支援活動を行っています。


「世界に伝えること」「私たちが知ろうとすること」
がいかに大切か、このことから改めて強く感じました。

世界からの関心が低い地域であるからこそ、
当会の行う活動や、コンゴという国がどのような国なのか
もっと伝えていきたいと私は思いました!

また、コンゴについてこのブログを通して
皆様にお伝えしていけたらと思います!


本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました。


参考:外務省HP(コンゴ民主共和国基礎データ)

また、コンゴ事業について詳しくはこちらをご覧ください。



(かみもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


広島原爆とコンゴのつながりとは??

皆さんこんにちは。インターンの池堂です。
相も変わらず暑いですね。
私はようやくテストも課題も終わり気分爽快です。

さて今日は何の日か知ってますか
タイトル見たら丸分かりなのですが...
今日は69年前に広島に原爆が投下された日です。

皆さんは8:15に黙祷しましたでしょうか?
原爆についてあるいは戦争について1分でも考えられたでしょうか?
今日は国全体が原爆・戦争について考えるムードが漂ういい機会です。
是非逃さないように

広島に落とされた原爆・リトルボーイと
わたしたちの活動国にはじつは深いかかわりがあるのです。
リトルボーイの主原料のウラニウムは
コンゴから輸入されたものなのです

時はさかのぼり19世紀。
コンゴはベルギーによって支配されていました。
当時品薄だったゴムの価格が高騰。
それに目をつけ、コンゴではゴムの生産を始められました。
しかしその有様は悲惨そのものでした。
毎日ノルマを課されて、こなさなければ
斧で手首を切断されました。
逃げ出すものや、病気や怪我で働けなくなった者達は
殺されていったのです。
この虐殺で多くの命が失われました。
こうして得られた金を使って、今度は
鉱山が開拓されていきました。
そこで掘り出されたウラニウムがアメリカに渡り、
リトルボーイという兵器に形を変えて日本へ。
どの過程にも多くの人が犠牲になったことが見てとれるのです。

そしてコンゴでは今なお、鉱物資源をめぐって争いが絶えません。

私たち多くの日本人にとって、戦争は過去の出来事なのかもしれません。
しかし、世界に目を向けてみれば、今の出来事である人たちがいます。

黙祷をして、故人に祈りをささげて、
そしてそこからもう一歩踏み出して、
いまなお争いに傷ついている人たちのことも考えてみてはいかがでしょうか?

(いけどう)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダ事業の成果は!?

こんにちは
インターンの北です。昨日大学のテストが終わり、久々のインターンです。

毎日蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか(*^_^*)?
外と家の中の温度差で体調を崩さないようにお気をつけください


今月は、ウガンダ・コンゴ特集ですね(^O^)/
実は、9月にウガンダへ事業視察に10日間程行かせて頂きます
そこで、本日はウガンダ事業の成果について、お伝えしていきます!


調査対象

ウガンダ北部で1986 年から 2013 年の調査期間中に
18 才未満で徴兵された経験のある元子ども兵100 名(男性 21 名:女性 79 名)を調査対象とします。
社会復帰支援開始時の平均年齢が 23.2 歳
徴兵された時の平均年齢は 11.6 歳で、帰還時の平均年齢は 19.7 歳(平均拘束期間は8.1 年間)です。


テラ・ルネッサンスの社会復帰支援

(1)フルタイムでの職業訓練基礎教育平和教育などを提供
(2)その間の本人と受け入れ家族の食費や医療費などの生活費を補填
(3)収入向上活動を行うために必要な資機材小規模融資を提供
(4)収入向上の計画策定やビジネスの運用方法などについての実地訓練
(5)個別カウンセリング(ビア・カウンセリング)や心理社会的な支援

               

これらの支援により、社会復帰完了後の平均月収UGX158,222【ウガンダシリング】(日本円に換算すると、約6200円)
国全体の平均月収は UGX 170,800です。

この結果から、国全体の平均値付近まで上がったことが見てとれます(^-^)
これも元子ども兵の能力による結果です。基礎能力と職業技術の修得により、
自分の力で生活できるようになるまでの社会復帰を達成しています。

これからもテラ・ルネッサンスは、「人々の内在する多様なチカラ」(=レジリエンス)を延ばし、
自立した生活を送ることのできる人々を増やす活動を行っていきます。


(きた)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「一人ひとりに寄り添った支援を心がける」

皆さん、こんにちは!
インターンの内藤です

いよいよ8月も始まりましたね
今月はウガンダコンゴの特集月となっています!
ウガンダとコンゴについてさまざま情報を皆さんにお伝えできればと思います。
今月もどうぞ宜しくお願いいたします。

では、早速本日は
ウガンダについてお話しします!


まず、ウガンダはアフリカ東部に位置しています。

000008185.gif

西にテラ・ルネッサンスが支援しているコンゴ民主共和国
南にルワンダ
そして、2013年に新規に事業を開始したブルンジがあります。


ではここで皆さんに質問です

皆さんは「ウガンダ」と聞いて、どんな国をイメージしますか?

私は、気候が暑く
砂漠など乾燥している地域を想像していました。

しかし、実際は
ウガンダには美しい森がたくさんあります。
その自然の豊かさより、ウガンダは「アフリカの真珠」と呼ばれています。

20140404_01_01.jpg
(JICAより)

そして、赤道直下に位置しているにもかかわらず
気候は平均21~25度という温暖な気温になっています。

ウガンダの森林には絶滅危惧種であるマウンテンゴリラやチンパンジーなどの霊長類、
1,000種を超える鳥類が生息しています。

しかしながら近年、人口増加によって、
燃料・木材、農地の需要が急増し、森林伐採が急速に進んでいます。

このまま森林伐採が進めば、
生態系へ影響がでてくると予想されている現状です。

この美しい森林を守るために
さまざまな活動もなされています。



さて、テラ・ルネッサンスは
ウガンダ北部においてこれまでに、168名の子ども兵、
及びその家族を含む紛争被害者、計1078名の支援を行ってきました。

DSC00829.jpg


一口にウガンダ北部の元子ども兵といっても、
それぞれの抱える問題や状況はさまざまです。

10人いれば10通りの社会復帰の支援が必要であると考え、
テラ・ルネッサンスは
可能な限り「ひとり一人に寄り添った支援」を心がけています。

昨年、訓練を終えた元子ども兵20名(第6期生)の中には、
個人で洋裁店を開くことを希望する元少女兵もいれば、
グループで木工所を運営することを希望する元少年兵たちもいました。

それぞれにあった支援をきめ細かく行った結果、
現在、全員が自らの力で収入を持て、
衣食住を満たすことができるようになっています。

「ひとり一人に未来をつくる力」があり、
その彼らの強みや可能性を最大限に活かすため、
「ひとり一人に寄り添った支援を心がける」

私は、この「ひとり一人に未来をつくる力がある」ということを
これからも大切にしていこうとより強く思いました。


本日も最後までお読みただき
ありがとうございました

参考:JICA


(ないとう)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コンゴの今後

皆さんこんにちは!
インターンの森口です

夏の思い出作りもそろそろクライマックスでしょうか
8月もあっと言う間に終わるのでしょうね。

さて今月はウガンダ・コンゴ特集!!
ということで、今日は意外と知られていないコンゴという国についてお話したいと思います。

コンゴはアフリカの中央に位置しています。
正式な国名は「コンゴ民主共和国」です。

000008405.gif


実は西に隣接している国も「コンゴ共和国」で、コンゴは二つあるんですね
しかし我々が一般に言う「コンゴ」は、前者を指します。

皆さんのコンゴに対するイメージはどんなものでしょうか。
資源の搾取、紛争、性的暴力、、、
ネガティブなものが多いと思います。

確かにコンゴは鉱物資源に恵まれており、それが原因で紛争が長続きしていると言われています。
紛争の原因になったり、紛争を助長する鉱物資源は「紛争鉱物」と呼ばれ、
金、スズ、タングステン、タンタルが紛争鉱物として指定されています。

我々はその紛争鉱物が使われている商品を日常生活の中で使っています。
さてそれは何でしょうか?

正解は…

スマホです。

スマホにはレアメタルである紛争鉱物が使われ、
我々はその利益の一部がコンゴの武装勢力の資金源になっているとは知らずに、
スマホを使い続けています。

スマホの需要が高まれば高まるほど、紛争鉱物が使用され、
結果的にコンゴの紛争を長引かせているのです。
その意味では我々も加害者であり、無関心ではいられないでしょう。

また、特にコンゴ東部における性的暴力は深刻を極め、
毎日平均36人の女性がレイプ被害に遭っていると言います。

妊婦も、病人も、大人も子供も関係ありません。

4歳の少女がレイプされたという報道を新聞で読んだ時は、
驚きと憤りで胸が苦しくなりました。

しかしその反面、コンゴには隠れた観光スポットがあります。
それはルワンダとの国境付近に位置するゴマ市にある、ニーラゴンゴ山という活火山です。

nyiragongo_07.jpg
(出典:
http://tech.big5.enorth.com.cn/system/2011/03/31/006285336.shtml

美しい

地球が生きていることがわかる一枚だと思います。
かなり間近で見られるそうです。

そしてもう一枚。
nyiragongo-volcano-congo.jpg
(出典:
http://tech.big5.enorth.com.cn/system/2011/03/31/006285336.shtml

これは冷えた溶岩の上を歩いているので、大丈夫だそうです。
しかしこのvivid color
一度はこんな写真を撮ってみたいものです。

また、コンゴはマウンテンゴリラの生息地としても有名です。
しかし近年の紛争の影響で、ゴリラが銃殺されたり、住む場所を追われるなど、
長引く紛争は観光業にまで影響を及ぼしています。

さて、テラ・ルネッサンスはコンゴの南キブ州、ゴマ市で現地のNGOと連携し、事業を展開しています。
それは元子ども兵の社会復帰支援や、小型武器問題の啓発プロジェクト等です。

このキブ州も治安は良くなく、様々な問題が存在する地域ですが、
当会の活動が少しずつ平和へのステップになっていると信じています。

コンゴに住む人たちが安心して生活できる社会を実現できるように、
私も出来ることをやっていきたいです。
皆さんも、今日知ったことを、周りの方に発信して下さい。

いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。
(もりぐち)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


250,000~チャイルドソルジャーが見た夢~

みなさんこんにちは
インターンの徳永です

テスト期間中はお休みをいただいていたので
今日は久しぶりの出勤、そしてブログ更新です。
外に出ると暑さでぐったりしてしまいますが、
暑さに負けず、夏休み中もインターン業務を
頑張っていきたいと思います


さて、本日はウガンダの特集日です

当会が、動画共有サービス「YouTube」にアップしている
ウガンダ関連の動画を紹介していきたいと思います。

みなさまは、当会にも
YouTubeアカウントがあることをご存知でしたでしょうか?
ウガンダやカンボジア事務所のスタッフからのメッセージや、
当会の活動紹介動画など、様々な動画をアップしています

本日はその中から、
250,000~チャイルドソルジャーが見た夢~
という動画を紹介したいと思います。

これは当会が「2012年 Panasonic NPO サポートファンド for アフリカ」
の助成を受け、制作した動画をYouTube上で公開しているものです。

テラ・ルネッサンスでは2005年からウガンダ北部のグル県で
元子ども兵の社会復帰支援を行っており、
現在も元子ども兵たちが自立に向けて頑張っています。

しかし、世界中に存在している子ども兵の数は
約25万人
といわれています。
帰還したとしても、自力で社会に戻ることはなかなか難しい状況です。

このような、子ども兵の現状や彼らへの社会復帰支援について
より多くの方々に知っていただくために、
当会は、この映像を制作いたしました。

第1章から第5章までの5つの動画を通して、
子ども兵のことを深く学べるものとなっています。

この動画は無料で公開していますので、
お時間のあるときに、是非ご覧になってみてください


第1章"見えない"兵士 / 250,000~チャイルドソルジャーが見た夢~




続きはこちらから
第2章神の抵抗軍 / 250,000~チャイルドソルジャーが見た夢~
第3章選択肢は、なかった / 250,000~チャイルドソルジャーが見た夢~
第4章"元"子ども兵の「今」 / 250,000~チャイルドソルジャーが見た夢~
第5章私たちの生活のなかで / 250,000~チャイルドソルジャーが見た夢~

テラルネッサンスのチャンネルへはこちらから
YouTube テラルネッサンス

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました

(とくなが)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク