協同シンポジウムinきょうと(12/13)開催のお知らせ

みなさん、こんにちは!
インターンの李です。

11月も終わりにさしかかり、寒くなってきました。
お体に気をつけてください


さてさて、本日はみなさんにお知らせがあります~
12月13日(土) ラボール京都 大ホールで行われる
強くて、あったかくて、優しい社会について考えてみる
"協同シンポジウム in きょうと" に 
当会理事長の小川 真吾が登壇します。 


本プログラムの詳しい内容は??!

第1部 ー> 基調講演(13:30~14:45)
 「1%は誰かのために生きる ~命・健康・絆・支援を考える~」
  鎌田 實さん 
  諏訪中央病院名誉院長、
 (特活)日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)代表 他

第2部 -> パネルトーク(15:00~16:30)
  近畿ろうきん×京都生協×国際協力NGO×鎌田 實さん
  コーディネーター関西NGO協議会 榛木 恵子さん

  パネリスト
•福永 晋介さん 京都生活協同組合 地産地消推進担当
•野田 沙良さん (特活)アクセス-共生社会をめざす地球市民の会 理事・事務局長
•浦田 和久 近畿労働金庫 地域共生推進部部長
•小川 真吾 (特活)テラ・ルネッサンス 理事長

参加費は無料ですが、申し込みが必要です。(定員350人)
申し込みは、
Fax(075-841-5433)または eメール(kyoutofuhonbu@rokin.or.jp)にて
「お名前、ご所属、ご連絡先」を近畿労働金庫 京都地区統括本部(担当:生駒)までお知らせください。
(9:00~17:00 土・日・祝を除く)

もし興味のある方は、ぜひ参加してみてください~


*詳細場所
京都労働者総合会館 ラボール京都 大ホール
京都市中京区壬生仙念町30-2
阪急京都線「西院」東へ徒歩5分、京福電鉄「西院」東へ徒歩3分

* 共催
近畿労働金庫 京都地区統括本部、京都生活協同組合

*企画運営
(特活)関西NGO協議会

*協力
京都労働者福祉協議会
全労済京都府本部
京都府生活協同組合連合会
近畿勤労者互助会
(特活)きょうとNPOセンター
(特活)テラ・ルネッサンス
(特活)アクセス-共生社会をめざす地球市民の会
(特活)フェア・プラス

(ダレ)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


大学にてインターン生による講演を行いました!

こんにちは(^_^)
インターンの北です

本日は、インターンの植松と
常盤会学園大学で国際理解教育のワークショップを行ってきました

当会と以前よりご縁をいただいていた常盤会学園大学の新堀先生から依頼いただき、
今週と来週の2週に分け、実施します。

本日の講演内容は「地雷」についてです。

地雷の特徴をレクチャーした後、クイズ、イス取りゲームや防護服の試着
といったアクティビティーを交えながら楽しくワークショップを行いました

   IMG_0262.jpg
   (画像1:イス取りゲームの様子)

みなさん真剣に話を聞いてくださり、地雷問題の現状に衝撃を受け、
地雷問題を解決したいという強い思いを感じました。

   IMG_0261.jpg
   (画像2:授業に取り組む様子)

常盤会学園大学は、教師や保育士を目指す人材を育てる大学です。
授業に参加した学生の大半が教師や保育士のような指導者を志望しています。
そこで、自分が教える立場になったとき、「今日聞いた問題を生徒に伝えたい」
と自発的に思いを語ってくれました。

最後にワークシートを配り、グループであなたにできることを考えてもらいました。
最初に最終目標を決め、それを実現するため1カ月後から1年後の計画をたてました。

   IMG_0269.jpg
   (画像3:グループワーク)

「自分なりに学ぶ」「NPOと連携する」「次の世代に伝える」などみなさん具体的な目標を考え
「必ず実現させる」と言ってくれる学生さんもいました

私たちのワークショップにより、講義を聞いたひとり一人が問題を意識して、
将来指導者になり次世代に伝えていくという循環が
問題を解決する上で重要なものとなるのではないでしょうか。

気づくことから始め、周りを巻き込み、次に繋げていくことで
現状からの打開に向け近づいていくような気がします。


今回貴重な機会を与えてくれた新堀先生、ありがとうございました。

本日も読んでいただきありがとうございます

(きた)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


アフリカの2014年

皆さん、こんにちは
インターンの辻井です

11月も終わりに差し掛かり、
2014年も終わりに差し掛かってきました。
ということで、本日は
2014年にあったアフリカに関するニュース
について、お話ししたいと思います

1月
1月14日、当時内戦の危機に瀕していた
南スーダンでは避難民を乗せたフェリーが沈没しました。
南スーダン政府によると、この沈没によって
200人もの人が死亡したそうです。
沈没の原因は定員オーバーで、
犠牲者の多くは子どもだったと言われています。
参照:ヤフーニュース

3月
ギニアエボラ出血熱が発生しました。
当初はギニアで29人の死亡者が出ていたエボラ出血熱ですが、
現在では世界中で感染者がみられ、恐れられています。
その一方で、ウガンダとコンゴ民主共和国との国境にある
アルバート湖では船が転覆し、
100人以上もの人が死亡しました。
船に乗っていた人の大半はコンゴ民主共和国の難民であり、
船は定員超過で転覆したと言われています。
参照:FORTH朝日新聞

4月
4月14日、イスラム過激派「ボコ・ハラム」は、
ナイジェリアの女子中等教育学校
(日本の女子中学校・女子高等学校に相当する学校)
を襲撃し、女子生徒100人以上を拉致しました。
「ボコ・ハラム」による襲撃事件や女子の拉致などは
この1件だけに留まらず、特にナイジェリアでは
「ボコ・ハラム」による犯行だと言われている事件
多数発生しています。
また、4月30日、北アフリカのサハラ砂漠では、
不法移民の輸送請負業者に
移民300人が置き去りにされるということが
発生していました。
移民300人はスーダンとリビアの
国境付近に広がっている砂漠に放置されていて、
スーダンに保護されましたが、
9~10人が死亡し、生き残った人々も衰弱していたそうです。
参照:AFP…「ボコ・ハラム」による襲撃事件についてのニュースはこちら
サハラ砂漠の置き去り事件についてのニュースはこちら

8月
8月16日、リベリアではエボラ出血熱患者の隔離施設から
エボラ出血熱の患者17人が脱走しました。
目撃者によると、隔離施設に襲撃したのは
こん棒で武装した若者の集団だったそうです。
なお、脱走したエボラ出血熱患者は19日に見つけ出され、
収容されたそうです。
8月30日、レソトでは軍によるクーデターが発生しました。
レソトのタバネ首相は行方を追われているとして、
非難に踏み切りましたが、9月3日にはレソトに帰国したそうです。
参照:ライブドアニュース朝日新聞デジタルCNN

10月

10月13日、リベリアではエボラ出血熱の患者の
治療にあたっている医療スタッフが、同日から
危険手当を求めるストライキに入ると発表しました。
首都モンロビアでは、10日から既に
「サボタージュ」に入っていたそうです。
また、タンザニアでは「魔女」に呪いをかけられた
と信じ込んだ男性数人により女性2人が惨殺されました。
所謂「魔女狩り」です。タンザニアでは未だに
「魔女狩り」という女性殺しが
横行していると言われています。
参照:AFPmsnニュース

11月
11月2日、シエラレオネでは、
一部地方でエボラ出血熱の感染速度が
2カ月前と比べ、最大9倍に増加している
という報告書が提出されました。
また、11月20日、ナイジェリアでは、
「ボコ・ハラム」による襲撃により、村民45人が殺害。
さらに、11月25日には同国で2度の爆発があり、
45人以上の人が死亡しました。
地元警察当局によると、女性2人による連続自爆テロで、
「ボコ・ハラム」の関与が疑われているそうです。
参照:AFP読売オンライン

以上が2014年にあったアフリカに関するニュースです。
私個人としては、アフリカの2014年を一言で表すと
「闘争の1年」だったのではないかと思います。
エボラ出血熱だったり、「ボコ・ハラム」だったり、
アフリカは、その国その国で何かと闘っている。
そんな印象を私は受けました。

ルワンダは今年で、
「ルワンダ大虐殺」から20年
という節目を迎えました。
あの惨劇から20年、ルワンダは
「アフリカの奇跡」と評されるほどの成長をしています。
ルワンダの成長をさらに超えるような国が現れるように、
私もテラ・ルネッサンスのインターンの1人として、
「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」
へ向けて、1歩でも先に進めたらと思います

本日も長文にお付き合いくださり、
ありがとうございました

(つじい)続きを読む

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今日はカンボジア特集日です!!

皆さん、こんにちは。
インターンの木上です。

京都は先日までの行楽ラッシュでかなり混雑しておりました。
この3連休を有意義に過ごされた方が多く、お疲れかと思いますが、
今日からの一週間頑張りましょう!!

さて、本日はカンボジア特集日です。
ですので、当会のカンボジアでの活動について紹介したいと思います。

NPO法人テラ・ルネッサンスでは、推定600万~800万の地雷が埋められているカンボジアで
地雷除去&不発弾撤去支援プロジェクト
小学校修理支援プロジェクト
地雷回避教育プロジェクト
地雷埋設地域村落開発支援プロジェクト
地雷埋設地域伝統音楽復興&継承プロジェクトなどを行っています。

①地雷除去&不発弾撤去支援プロジェクト
→このプロジェクトではカンボジアで地雷&不発弾撤去に携わる団体に資金や器具の提供、地雷原の情報の共有を行っています。また、現地人の職員を採用することで、雇用も生みだしています。

②小学校修理支援プロジェクト
→就学適齢児童が十分な初等教育を受けられる環境の整備する為に小学校の修復、机・椅子の提供を行っています。

③地雷回避教育プロジェクト
→地雷埋設地域の住民に地雷の危険性を知らせ、地雷・不発弾事故を減らすために住民に、地雷回避グッズを住民に配布しています。

④地雷埋設地域村落開発支援プロジェクト
→地雷埋設地域の貧困削減し、地雷被害者や戦争被害者が自立できるようにサポートする為に、収入向上支援活動(職業訓練、農業技術訓練など)、社会保障支援活動(健康保険制度の設立)、教育支援活動(初等教育の機会の提供)を行っています。

⑤地雷埋設地域伝統音楽復興&継承プロジェクト
→現地の伝統音楽の復興と伝統音楽活動を通じた収入向上を目的として、演奏技術を持つ貧困層による楽団を結成しています。

活動の詳細はテラ・ルネッサンスHPまで。


そんなテラ・ルネッサンスの活動や現地を支援している団体の活動が知り、「平和」を
考える機会を提供するスタディーツアー2015はこちらまで

募集予定人数14名程度!!
予定人数になり次第〆切ますので、お早めにお申込みを!!

ぜひ、現場に行って国際協力の“生”を感じてください。

*入国ビザの取得、AIU保険(海外旅行保)、現地空港迄の往復交通費なども必要
 ですので、お早めにご検討下さいね。


(キガミ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


無印良品と大槌刺し子の共同制作商品「大槌刺し子ストラップ」の販売開始!!

皆さん!
こんにちは!
本日は、皆さまにお知らせがあります。

ついに、12月5日(金)より
新商品「大槌刺し子ストラップ」発売となります!!

「大槌刺し子ストラップ」とは??
―>岩手県の大槌町で行っている「刺し子プロジェクト」
の一環として無印良品と大槌刺し子が共同で制作した新商品です。

では、刺し子プロジェクトとは??
―>東日本大震災で被災された、岩手県上閉伊郡大槌町に住んでいる方々を対象に
長年伝わる伝統技法「刺し子」を活用した商品の企画・制作・販売を行うプロジェクトです。

   01.jpg


「大槌刺し子ストラップ」は、
テキスタイルデザイナーの須藤玲子さんがデザインを監修したそうです。
かもめ、鮭、けやき、新山つつじといった大槌町の豊かな自然をモチーフにした
布のストラップには大槌町の女性たちが一針一針大切に刺し子を施しました。

 04.jpg  03.jpg   02.jpg


販売期間は、12月5日(金)から12月26日(木)まで! 
期間限定
です!!

開催店舗 は、
Found MUJI 青山 / 有楽町 / 池袋西武 /
 自由が丘 / グランフロント大阪 /
MUJI キャナルシティ博多 / 
テラスモール湘南 /丸井吉祥寺 /コレド室町
 です!


大槌刺し子ストラップは 全10種類 税込800円になっており、

Found MUJI青山では全10種類
それ以外のFound MUJIを取り扱う9店舗では3種類の発売となります!

種類の詳細は、以下のようになります。

【Found MUJI 青山限定】
7 種類: かもめ・あお/かもめ・みどり/けやき・あか/けやきの葉っぱ/ 新山つつじ・つぼみ/
新山つつじ・あか/新山つつじ・あお

【Found MUJI 青山を含む Found MUJI を取り扱う 9 店舗】
3 種類: かもめ・あか/さけ/けやき・みどり


大槌刺し子マニアのみなさんは、お気に入りのひとつを見つけてください!


(ダレ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


テラ・ルネッサンス設立のきっかけ

こんにちは!!

私は研修の一環で
本日行われた、アリヤラトネ博士の講演会に参加してきました


当会創設者の鬼丸が、スリランカでサルボダヤ運動を行っていた
アリヤラトネ博士の「すべての人に未来をつくりだす能力がある」
と言葉を聞いたのが高校生の時代。
その後、2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、
「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始めました。
同年10月に「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」
を目指し当会が設立されました。

つまり、アリヤラトネ博士は、当会設立の原点でもあります


本日の講演内容は「世界平和を実現する文明の展望」というテーマでお話いただきました。
概要としては、文明が創り出されるにつれ「欲」が生み出されます。
その欲をコントロールし慈愛を持つことが世界平和を実現する上で重要というものでした。


お話の中で、一番印象に残っていることは、
「人類は優秀だが、見えてないものがある」ということです。
日本に住む私たちは安定した生活を供給できています。
一方で、世界には10億人以上の人が飢餓に苦しみ殺戮を繰り返しています。

また私たちは、母なる大地を自ら傷つけ、
コントロールできないものを使用することの知恵を学んでいません。
私たちは、見ているようで見ていないものが多くあり、
欲、無知、憎しみによって争いの絶えない社会が続いています。

この見えていないものに視点を傾け、欲、無知、憎しみを絶つことが
平和に近づく第一歩に感じます。当会の活動をとってみても、現場のニーズに合った支援や
他者を巻き込むような啓発活動が、見えにくい課題へのアプローチになっていると思います。


最後にお話されていた
「すべての人が無知を克服して、世界をよくしていくことができる」
という言葉を通して、私たちには理解できないことや解決できないことがたくさんあるけど
無知であることに気づき知恵を積んでいくことが、未来をつくる力の基礎になるのだと学ぶこともできました。

テラ・ルネッサンスの原点に触れ
インターンとして、そして、これからの社会の担い手の一人として
さらに一歩踏み出していきたいと感じた研修でした。

(キタ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


カンボジアの歴史

皆さん、こんにちは
インターンの辻井です

さて、本日はカンボジア特集日です
現在、テラ・ルネッサンスでは
カンボジアスタディーツアーが企画されていますが、
そのカンボジアの歴史についてお話ししたいと思います

13世紀まで
カンボジアでは真臘の流れを受け継いだ
アンコール朝による支配の時代が続いていました。
真臘はカンボジア国家の起源とされていて、
6世紀に成立したといわれています。

14世紀~19世紀
14世紀以降、カンボジアは
タイやベトナムの攻撃によりその国力が衰退。
1884年にはフランスに占領され、
フランス領インドシナの一部として支配されます。

20世紀前半
カンボジアを支配していたフランスはドイツに敗れ、
ドイツの同盟国であった日本は、
フランス領インドシナ全域を占領します。
しかし、その日本も1945年には降伏。

独立
カンボジアは再びフランスによる支配の時代に戻りますが、
間もなくノロドク・シハヌーク王による独立運動が始まります。
その後、様々な権利が回復し、
1953年、カンボジアはカンボジア王国として
フランスからの独立を果たしました。


内戦の時代へ
カンボジアはベトナム戦争の影響を受け、
長い内戦状態に入ります。
このころからカンボジアに地雷が設置され始めた
と言われています。
1970年にはロン・ノルをはじめとする親米派のクーデターにより、
カンボジア王国はクメール共和国となります。

ポル・ポトの独裁
樹立後間もなく、クメール共和国は
共産主義派のポル・ポト派との内戦に突入。
1975年、ポル・ポト派は内戦に勝ち、ポル・ポト政権が成立し、
ポル・ポトによる独裁政治が始まります。

ポル・ポト政権は大規模な改革を行う一方で、
知識人の処刑など自国民の大量虐殺も行ったといわれています。

ポル・ポト政権崩壊
ポル・ポト政権は3年8カ月の独裁の後、ベトナム軍の進行により崩壊。
ベトナムの支援を受けたプノンペン政権が成立しますが、
今度はプノンペン政権、ポル・ポト派、
シハヌーク派、ソン・サン派の4派による内戦状態に入ります。

この内戦でもカンボジアでは大量の地雷が
使用されたと言われています。

再びカンボジア王国へ
1990年、東京では「カンボジアに関する東京会議」が開催されました。
さらに、翌年の1991年には、パリの和平会議において、
カンボジア和平協定が調印。
そして1993年には新憲法が発布され、
統一政権として再びカンボジア王国が樹立されました。

このような経緯を経て、カンボジアは現在の姿に至ります。
しかし、内戦によって設置された地雷の数は
推定400万-600万個とも言われています。

カンボジアスタディーツアーでは
この大量の地雷を抱えたカンボジアに実際に行き、
地雷から平和について考えて行くというプログラムです
この記事を読んでカンボジアについて興味を持った方は
是非スタディーツアーにご参加して、
直接行かなければ分からないものを感じてみてください
カンボジアスタディーツアーについてはこちら

参照:テラ・ルネッサンスシャンティ国際ボランティア会
NPO法人21世紀のカンボジアを支援する会CIESFATIカンボジア

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

(つじい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


清水寺から世界へ-思いやりの心と平和の輪-



こんにちはー!
ここのところ急に寒くなってきたので、ついに冬用のコートを出しました

それでも京都では、美しい紅葉を求めてやってくる
たくさんの人々の姿が見られます

さてさて、そんな観光シーズン真っただ中の昨日、
清水寺から世界へ―思いやりの心と平和の輪―
が開催され、私もスタッフとして参加してきました!

タイトル通り場所は清水寺!

京都を拠点に活動するNPOや中等高等学校、バレエ団などが集まり、
それぞれが活動の紹介をしたり、思いを伝えたりする催しです


このようなたくさんの方々とともに、このイベントは開催されました!

音羽山 清水寺/ 一般社団法人 桧垣バレエ団/ 動く→ 動かす/
公益社団法人 日本国際民間協力会 (NICCO)/ 京都学園中学高等学校/
京都府立東稜高等学校/ 京都舞台株式会社 /株式会社リユウ/
有限会社ロズウェル/ ワトナス
(敬称は省略させていただきます)


当会は、「フォトランゲージ」というワークショップを行いました。

フォトランゲージとは、
写真を見てそれぞれが感じたこと・想像したことを
みんなで共有しようというものです。

そうすることで、自分が無意識に持っている固定観念に気づくことができます。

清水寺2

短い時間ではありますが一緒に考え、お話することができました。
たくさんの方が私たちの話に耳を傾けてくださいました。

他にも、JAMMINさんと協働で作られたラオスチャリティアイテムの販売
ウガンダコーヒーとウガンダゴマクッキーの販売をしていました。

私はずっと物販を担当していたのですが、
国籍問わずたくさんの方が興味を持って足を止めてくださり嬉しかったです。

また、物販の横に置いていた募金箱には、
たくさんの方が募金をしてくださいました。
ありがとうございます


清水寺という場所もあり、国際協力に関心のある方ばかりではなく
観光客の方がたくさんおられました。

そのような中で活動の紹介をし、
全く知らない方にもお伝えできる良い機会となったのではと思っています。

同時に、そのような方々に興味をもっていただけるように
わたしももっと頑張らなくては!と思いました。

今回感じたことを忘れず、日々の活動に活かしていきたいと思います!!

これからも、このようなイベントを企画していきますので、
ぜひお越しいただければと思います。

みなさまのご参加 お待ちしております


本日もブログを読んでいただきありがとうございました

(かみもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


テラカフェ振り返り(^-^)


こんにちは(*^_^*)
インターンの北です。

11月も中盤に差し掛かり今年も残すところ
あとわずかになってきました
やり残したことがないようにしたいですね


それでは昨日行った、
第41回テラ・カフェ
『社会をちょっと良くするアイテム。その可能性を一緒に考えてみませんか?』

の報告を行います。

今回のテラ・カフェではJAMMINさんをお招きして、
チャリティとラオスのクラスター爆弾についてお話させていただきました。


クラスター爆弾は、空中から投下された子爆弾の中に
火薬と数百の鉄片が入っており、それが空中で爆発します
中には、回転数が足りず爆発しないまま不発弾として地上に残ります。
現在約30%が不発弾として残っており、被害者の過半数が子どもとなっています。
そこで当会は、不発弾撤去を目指しMAGUXO-laoと協働して活動を行っています。



JAMMINさんからは、JAMMIN設立の経緯、チャリティへの関連性などをお話いただきました。
服を通してチャリティを行うことでNPOやチャリティに関心のある方だけでなく
アパレルに関心のある方を気付かない内に
チャリティに巻き込みたいというコンセプトで事業を行っておられます。
JAMMINさんで購入された商品の内の700円がチャリティに回されます。


ワークショップでは、
「クラスター爆弾の課題についてたくさんの方に関心をもってもらうために」
「社会に起きている課題についてたくさんの方に関心をもってもらうために」

というお題でテラルネグループ、JAMMINグループに分かれて議論を行いました。
商品化するアイテムを考えたり、JAMMINさんにコラボの提案をしたりと
いつもと違う内容のワークショップで、
意見がスムーズに出ており、皆さん楽しそうな雰囲気でした
unnamed.jpg


NPO業界にはイノベーションが足りないと言われており、
新しい組み合わせの変革を行うことが求められています。
その中でインターン含め参加者さんと考えることで、
イノベーションのきっかけに繋がったのではないかなと思います。
unnamed (1)



【お知らせ】
11月15日に龍谷大学梅田キャンパスで開催される
スタディーツアー合同説明会の告知です。
当会も3月に行うカンボジアスタディーツアーの募集を行います。
毎年、学生だけでなく、社会人の方にもご参加いただいております。
当会だけでなく15団体のNGOが参加するので
いろんな団体のお話が聞ける場になると思います。
興味のある方は是非お越しください。

詳細はこちら

(きた)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


現地に行くから感じること

みなさんこんにちは!
この頃の京都は、隣に誰かいるだけで温かく感じる季節になってきました。
ただ、朝と夕方はコートとマフラーがないと、
もう風邪を引きそうになってしまいます。
みなさんも、体調には十分に気をつけてお過ごしください!!


さて!今日はカンボジア特集日!!
ということで、テラ・ルネッサンスで企画している、
カンボジアスタディツアーについて、
お話したいと思います。

まず、カンボジアスタディーツアーとは?
…テラ・ルネッサンスで行っているスタディツアーでは、
私たちテラ・ルネッサンスの原点である地雷問題を、
実際に現地へ行き、現地の生活や環境、そして地雷原に訪れて、
自分の体をフルに使って平和を考えて行くというプログラムです。

今回のツアー内容は、
プノンペン・バッタンバン・シェムリアップの三都市を訪れます。

プノンペンでは、
ポルポト政権時に行われた大量虐殺のあった、
キリングフィールドやトゥルースレンを訪問します。
IMG_3536.jpg

バッタンバンでは、
実際に地雷原へ行き、地雷撤去の実態を見学します!!
このツアー最大の魅力です!!普段の旅行では絶対に行くことのできません!!
IMG_3796.jpg

最後シェムリアップでは、
アンコールワットを観光したり、カンボジアの伝統舞踊「アプサラダンス」を観賞したりします。
IMG_5694.jpg


参加者の人たちは、皆初対面ですが旅の途中のバスの中や
夜寝る前に行うミーティングなどで、
自分の感じたことや見たことを話し合い語り合い、
いつの間にかかけがえのない仲間となっていきます。

このツアーでは、たった7日間で本当にいろんな体験や想いをします。
苦しみや悲しみ幸せや希望
このツアーでは本当に、本当に!!たくさんの感情を肌で感じることが出来ます。

テレビでは、本では、人の話では、絶対に感じることのできないことがあります。
だから是非!カンボジアスタディーツアーへご参加ください!!

皆さんのご参加を楽しみにお待ちしています!!

(ヨダ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


テラ・ルネッサンスの国内事業とは?

皆さん、こんにちは!!
インターンの木上です。

我が家も冬支度を始めて、ストーブやコートを出したりし、
朝夕は冬の陽気ですか、日中はまだまだ暑いですね。

さて、本日は第一次世界大戦の終戦を記念して欧州各国で祝日に
なっている世界平和記念日であります。

そこで、本日は当会が日本国内で行っている平和教育事業について
お話出来ればと思います。

皆さんの中にご存知の方もおられると思いますが、当会は
ラオス・カンボジアでは地雷や不発弾の除去支援、地雷埋設地域村落開発プロジェクトを、
ウガンダ、コンゴ民主共和国では元子ども兵の社会復帰支援プロジェクト
行っています。

では肝心の日本ではどうでしょうか。
当会は日本では創設者鬼丸、理事長の小川、職員の栗田らを講師として
学校の総合学習、行政の国際理解研修、人権研修、企業の社員研修などの機会に
紛争に関する事実を伝える平和講演を年120回ほど行っています。
私たちひとり一人が平和な社会を作り上げるために何ができるかを考える“場”
を提供する活動
です。

20100606-onimaru.jpg
(講演を行う鬼丸)

ここには、世界の人々が平和を願う気持ちがおのずと世界平和につながっていくという
おもいがあります。また、当会の活動理念に
「他人も変革の主体者であることを理解し、相手を尊敬しています。」という内容もあり、
平和教育を受けた人が自分達にもできることがあることを知り、
何かに踏み出す機会を与える
ものだと私は理解しています。

皆さんも当会の講演だけでなく、色々な講演に参加して自分の可能性を発見する機会に
してみてはいかがでしょうか。

テラ・ルネッサンスの国内活動について
http://www.terra-r.jp/contents/index.php?itemid=24&catid=19

本日も長文お付き合いいただきありがとうございました。

(きがみ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ラオス・チャリティアイテム販売開始!



みなさん、こんにちは!

すっかり寒くなりましたね。。
我が家では、こたつを出しました~


さてさて、本日はみなさまにお知らせがあります

それは・・・

SOCIAL WEAR BRAND JAMMIN さまと再びタッグを組み、
ラオスをテーマにした新しいチャリティアイテムの販売がはじまりました

チャリティTシャツ チャリティ Tシャツ黒 チャリティ トート


JAMMINさまは、様々なNGO/NPOと協働し、
チャリティアイテムを販売しています。
1アイテムご購入につき700円(販売価格の約20%)がNGO/NPOに届けられます。


今回のテーマ、ラオスでは、1964年から1973年の9年間で
アメリカ軍によって200万トンを超える爆弾が落とされました。

そこから爆発せずに残った不発弾数は推定7800万個と言われています。

現在も撤去活動は続けられていますが、撤去できたのはわずか0.47%です。

通学路や家の裏山、歩いているその足元に不発弾が埋まっているかもしれない。

日本で暮らしている私達では想像もつかないかもしれませんが、
ラオスには今も、不発弾におびえながら暮らしている人が数多くいるのです。


このチャリティアイテムは
そんなラオスと日本をつなぐ役割を持っていると思います!

まず、このチャリティアイテムをひとつ買うごとに
4畳分の不発弾を撤去することができます。

そしてこのアイテムを身につけることで
周りの人にラオスのことを知ってもらうきっかけになります。

おしゃれなチャリティアイテムを買うことで
ラオスの人々が安心して生活できる社会に一歩近づく。

自分もラオスの人々もハッピーになれるしくみだと思います

P1240071.jpg



そして今回は、Tシャツだけではなくトートバッグも販売しています!

トートバッグは大きめで持ちやすいです!!
荷物が多い私としては、普段使いにぴったりだと思いました


販売は本日から1週間限定となっています!
ぜひ一度ご覧になって、そしてよければ手にとってみてください

▼購入はこちらから
http://jammin.co.jp/


(かみもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


戦争や紛争の爪痕を考える!


みなさんこんにちは
インターンの北です!
私の大学では、学園祭も終わり残り少ない大学生活を謳歌しています(^u^)


さて、本日は何の日かご存知ですか?



正解は、戦争と武力紛争による環境搾取防止のための国際デー
(International Day for Preventingthe Exploitation of the Environment in War and Armed Conflict)です。


2001年11月5日に国連総会で採択され、戦争や武力紛争による環境被害が
終結後も国境や世代を超えて長年にわたって生態系と天然資源に
悪影響を及ぼすためにその防止を目的
としたものです。


戦争の爪痕により、地雷など未だ見えない恐怖と闘っている地域の方もおられます。
当会が支援を行っているカンボジアもそのひとつです。


世界には6000万個ともいわれる地雷が埋設され、
カンボジアだけでも年間100人近くの被害者が出ており、
たくさんの方の手足や命を奪っています。


地雷被害者1地雷被害者2(父親)
(写真左:地雷被害にあった子ども 写真右:地雷被害にあった男性)


地雷撤去作業は、容易なものではなく時間のかかる困難な作業です。
地雷がどこに埋設されているか分かる人は1人もおらず、
隅から隅まで金属探知機、地雷探知犬、重機によって地雷探しを行う必要があります。


当会と協働して地雷撤去を行っているMAGでは
29,340,594平方メートル の土地面積に撤去作業を実施し、55,117個の対人地雷を撤去しました。


すべての生命が安心して生活できる社会の実現のため
生物だけでなく環境も安心できる平和な社会をつくりあげていきたいです。


この戦争と武力紛争による環境搾取防止のための国際デーをきっかけに
争うことの愚かさをひとりひとりが受け止めるべき1日になったらと思います。


カンボジア支援の詳細についてはこちらをご覧ください。
http://www.terra-r.jp/contents/index.php?itemid=181&catid=15


本日もお付き合いいただきありがとうございました

(きた)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今日は津波防災の日?

こんにちは、インターンの辻井です
連休が終わり、寒い日が続いていますが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか

さて、昨日に引き続き、本日もなのですが、
皆さん、今日は何の日か知っていますか
本日は『津波防災の日』です。
「津波防災の日?聞いたことがない。」
と思っている方もいるかと思いますが、それもそのはず。
『津波防災の日』は約3年前に
東日本大震災を受けて制定されたばかりの日なんです。

2011年3月、宮城県沖で発生した東日本大震災は
宮城県を中心に甚大な津波被害を受けました。
津波に巻き込まれ死亡した人は
東日本大震災によって亡くなった人の
90%を超えていると言われています。


内閣はこの惨劇を踏まえ、国民の生命、身体、財産を
津波被害から守るために、
「津波対策の推進に関する法律」
を制定しました。
『津波防災の日』はこの法律の制定に伴い、
毎年11月5日には津波防災の意識を高めよう
という理由からつくられました。

ところで何故、11月5日なのでしょうか?
これは江戸時代に濱口梧陵というとある庄屋が、
安政南海地震という地震が発生した際に、
収穫したばかりの稲わらに火をつけて、
村人を避難させ、大津波から救ったのが
旧暦の1854年11月5日と言われているからだそうです。
この実話は後に『稲むらの火』という物語にされているので、
知っている方もいるかもしれません。

「我々は微力だけど、決して無力じゃない」
これは当会創設者の鬼丸がよく言っている言葉ですが、
私は『稲むらの火』について知った時、
まさにこの言葉通りだと思い、
「微力だからこそできること」について考えさせられました。
微力な私たちだからこそできることがある。
皆さんも、ちょっと立ち止まって、「微力だからこそできること」について
考えてみませんか

テラ・ルネッサンスでは東日本大震災を受けて、岩手にも活動を展開しています。
詳しくはこちら

参照:警視庁,ハザードラボ

本日も長文にお付き合いいただき、ありがとうございました

(つじい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今日はユネスコ憲章記念日です。

皆さん、こんにちは!!
インターンの木上です

気温がすっかり下がり、コートが必要な
季節になってきました。
年の瀬が近づいてきていますね。
寒さに負けずに頑張りましょう。

さて、先週もお知らせしましたが、
昨日、当会テラ・ルネッサンスは
京都ヒューマンフェスタ2014に出展しました。

当日は、犯罪被害者支援や子どもを支える団体など日本国内の団体が
中心で、国際的なNPOは私たちだけでした。

そのため、私にとって日頃馴染みの少ない団体が多く、興味を引く団体が多かった
様に感じています。訪れてくださる方もテラ・ルネッサンスの名前や国際協力
の分野に触れるのは初めてという方が多く、スタッフ一同の説明の工夫挑戦
しがいがありました。
IMG_8287.jpg

IMG_8295.jpg
(昨日の様子)

続きまして、今日は何の日かご存知でしょうか。
本日はユネスコ憲章記念日です。
これは1946年にユネスコ憲章が発行し、創設された日を記念したものです。
ご存知の方も居られるように、ユネスコは正式名を国際連合教育科学文化機関といい、
教育、科学、文化の協力と交流を通じて、国際平和と人類の福祉の促進を目的とした
国際連合の専門機関
です。

先日も富士山世界遺産登録で日本人には再びなじみ深くなりましたが、2009年まで
日本人が事務局長を勤めていたという接点もあります。

このユネスコの憲章には下のような内容が記されています。
「この機関の目的は、…教育、科学及び文化を通じて諸国民の間の協力を促進することによつて、
平和及び安全に貢献することである。」
1946年当時から人々がいかに平和・安全を希望していたかを示していると思います。

当会の名前である『テラ・ルネッサンス』もラテン語の地球を意味する『テラ』と
英語で再生、復興を意味する『ルネッサンス』を組み合わせたもので、
「よみがえる・蘇生する」という意味が込められています。

本来、人が持っているはずの平和を願う気持ちを当会の地雷子ども兵等の問題への
活動を通じて、喚起し、掘り起こすことで「きっかけ」を作り、世界平和に繋げていく。

そんな当会の考えを意識して私も一人のインターンとして活動をサポートしていきたいと
思います。

参照:日本ユネスコ国内委員会

本日も長文お付き合い頂き、ありがとうございました。
(きがみ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク