第42回テラ・カフェ 振り返り


こんにちは。
インターンの延岡です。

今日はクリスマスですね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は第42回テラ・カフェ
「ウガンダの今とこれから」
のご報告です。

今回は、今年の夏にウガンダでの調査に参加したインターンの森口、北に加えて、
同行した東京在住の吉岡さんも駆けつけてくださいました。

IMG_20141211_164010.jpg


実際の現地での体験をもとに、写真や映像を数多く交えながら、
それぞれの思いをお話いたしました。

3人の共通の感想として挙げられたのが、
「本当の‘自立’ってなんだろう?」
というものでした。

そこで、参加者の皆さんとともに
自立に必要なものとは何かについて
ワークショップを通して考えました。

IMG_20141211_163128.jpg


あるグループでは一番重要だとするものが、
別のグループでは軽視されるなど、
結果はグループごとで様々でした。

同じ場で、同じ体験談を聴いたにもかかわらず、
これほどまでに多様なアプローチの方法があるのか、
と非常に興味深かったです。


そもそも「自立」とは何を指すのでしょうか。

当会では自立を以下のように捉えています。

「一人ひとりが自らの力で
生存と生活を脅かす様々なリスクに適応して、
人間らしい暮らしを営めるようになること」

経済的に安定した収入を得られるようになることはもちろん重要です。
しかしそれだけでは十分ではないのです。
周囲との関係性を意識し、
一人ひとりが様々な困難を
自分の力で乗り越えていく手段を持つこと
が不可欠な要素なのです。

今回のテラ・カフェは、
言葉の意味を改めて考えることで、私たちにできることが新たに見えてきた、
とても有意義な90分間でした。

次回のテラ・カフェは2015年1月14日(水)19:00から行います。
テラ・ルネッサンスが行う、
「モノを集めて支援すること。」
についてお話いたします。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。



(のぶおか)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


イブより給食

皆さん、こんにちは
インターンの辻井です

さて、突然ですが、クイズです
本日は何の記念日でしょうか
「え?クリスマスイブなんじゃないの
と思った方、残念、はずれです
確かに本日はクリスマスイブですが、もう1つ、記念日があります
実は、本日は「学校給食記念日」です

1946年12月24日、東京・神奈川・千葉の学校で
試験給食が実施されました。
それにちなんで、文部省、現在の文部科学省が、
1950年に毎年12月24日を学校給食記念日と制定しました。
当時は戦後間もなかったため、
アメリカの宗教団体や労働団体で構成された
アジア救済公認団体LARAからの援助物資による
給食だったそうです。

これをきっかけに翌年の1月20日から
全国約300万人の児童に対する学校給食が開始されました。
しかし、「学校給食記念日」にあたる
12月24日はほとんどの学校が冬休みに入ってしまいます。
そこで、文部科学省は
12月24日の「学校給食記念日」をそのままに、
1ヶ月遅らせた1月24日から1月30日までの1週間を
「学校給食週間」としました。

そのため、学校では「給食記念日」は
1月24日となっているそうです。
「私の学校はお弁当じゃなくて給食だよ
という方、是非冬休み明けの学校でチェックしてみて下さい

ところで、学校給食が開始された日の学校給食のメニューは
こんなメニューだったそうです。
ph_lunch_04s.jpg
左がトマトシチュー、右が脱脂粉乳です。
(出典:全国学校給食会連合会

そして、こちらが現在の京都府にあるとある小学校の、
とある1日の学校給食です。
1314376 (2)
左上が牛乳、左下が味付けコッペパン、
右上が小松菜のソテー、右下がボルシチだそうです。
(出典:京都市立養正小学校

「私の頃の学校給食と全然違う
と衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか
かくいう私も「牛乳が瓶じゃない
とジェネレーションギャップを感じています

ちなみに同日、大阪府ではこんなメニューがでていたそうです。
7d6fdad2ebf5a46a82dcc3ef45956ea3.jpg
左上が牛乳、左下がご飯としば漬、
右上がホイコーロ、右下がエビ団子のスープです。
(出典:http://blog.goo.ne.jp/minohpakupaku

隣同士の大阪と京都ですが、同じ曜日でも
こんなに違ってくるんだと、画像を検索しては驚いていました
他にも、国ごとにもやはり学校給食に違いがあるようです。
皆さんも是非調べてみて下さい。
ただし、おなかが空いているときは注意してくださいね
(昼食の前にこの記事を書いていた私は、
いつもより早い時間からおなかを鳴らしていました
(参照:文部科学省http://www.nnh.to/

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました
2014年の水曜日のブログは今日で最後です。
皆さん、良い年末をお過ごしください

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


いらなくなった本で社会貢献!



こんにちは!
インターンの神本です

気づけば今年もあと一週間と少しですね
大掃除で断捨離して、すっきりした気分で新年を迎えたいものです!



さて、今日は特集日。
今月はmeguruプロジェクトについてです。


このプロジェクトは、

古本
古着
古紙
使用済インクカートリッジ
書き損じハガキ

を当会に送って支援する!というものです。


この中から今日は、いらない古本で社会貢献ができる
キフ★ブックをご紹介します!

これはバリューブックスさんと取り組んでいるプロジェクトです。

いらなくなった古本をバリューブックスさんに送り、
その買取金額が当会に寄付されるというしくみです。


買取金額 1冊50円の場合、具体的にはこんなことができます

単行本1冊
   photo_image1.jpg

  元子ども兵社会復帰支援センターでの給食、1食分(ウガンダ共和国)


単行本2冊
   photo_image2.jpg

  1平方メートルの地雷原の地雷撤去(カンボジア王国)


単行本10冊
   photo_image3.jpg

  マラリア予防のための蚊帳、1張(コンゴ民主共和国)


そしてなんと、2014年12月15日から2015年1月31日までの1か月間
「買取金額20%UPキャンペーン」が実施されています。

気軽に社会貢献してみたい方
大掃除で断捨離したい方にぴったりです。

また5冊以上で送料が無料になります。

身も心もすっきりしたいこの季節、
ご家族やお友達を誘って、ぜひご参加いただければと思います

詳細・お申込みは、こちら(キフ★ブック)をご覧ください!


本日もブログを読んでいただきありがとうございました!!

(かみもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


想いが「meguru」プロジェクト

皆さんこんにちは!
インターンの森口です

ブログを投稿するのは、とても久しぶりです
かなり長い時間が経ったような気がします
しかし一年はのように過ぎ去り、
気が付けば今年もあと10日ほどになりました。
時が過ぎるのは速いものですね…

さて、今日は特集日
ということで、当会が行っている、「meguru project」に関してお話します。

このプロジェクトは、皆さんの想いがめぐって、
当会の受益者に届くというものです。

想いがめぐると言うのは、どういうことでしょうか。

meguru projectでは、日本で使われなくなった物を集め、換金し、
当会の支援プロジェクトに役立てます。

使われなくなった物というのは、
書き損じハガキや、携帯電話使用済みインクカートリッジです。

一旦は役目を果たした、もしくは果たせずに終わった物が、
世界平和という使命を果たすために結集します。

以前は日本の人の役に立っていたものが、
姿を変えてアフリカやカンボジアの人の役に立つということです。

このプロジェクトの利点は、
支援者様の負担はなく、
そして誰でも支援ができるということだと思っています。

身近にできる国際協力
それがmeguru projectです。

更に、当会は「なないろキャンペーン」として、
書き損じハガキを7716枚集め、
当会が支援している、カンボジアの地雷被害者の方が自立するサポートを行おうとしています。

ハガキを集めるだけで、一人の人間の人生を変えることができるということです。

そして、当会が大事にしている、
変革の主体者は私自身であり、他者も変革の主体者である
という言葉通り、
私は、一人の人間が変わることで、その周りの人間も変わると信じています。

ハガキというものは、人の想いを届けるものです。
しかし、書き損じてしまうと、その想いが届かずに終わってしまいます。
ならば、その行き場の無い想いを、
アフリカやカンボジアで自立しようとしている人達に届けてみませんか。

宛先はこちら
〒600-8191
京都府京都市下京区五条高倉角堺町21-403
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
なないろキャンペーン係 宛

詳しい内容については、インターンの辻井が同ブログにて紹介しています。
詳しくはコチラ

ご協力よろしくお願いします。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

(もりぐち)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


インターンシップ生募集のお知らせ

こんにちは。
インターンの李です

今日は、インターンシップ生募集をお知らせしたいと思います!!
現在、テラ・ルネッサンスでは、
関西圏の大学・大学院に通う学生、
社会人の方など、多様なバックグラウンドの方が活躍しています。
今の時点では、新しいインターン生、5名を募集しています。
定員に達し次第、募集を終了しますので、
関心のある方は、ぜひこの機会に、応募してください~!

では、テラ・ルネッサンスのインターン生になるとどんな仕事をするのか?
今から説明したいと思います。

普通に事務所に出勤してもらった場合には、
・会員対応補助
・商品管理/販促
・ファンドレイジング
・広報
・WEB管理
・イベント企画/運営
etc…
などの仕事をしてもらうことになります。
今日はインターンの森口が出勤して仕事をしています。

       IMG_1890 (1)

テラ・カフェなど当会主催や外部主催のイベントがある時には、
インターン生が参加してもらい、当会の事業について説明を行うこともあります。
   
        IMG_6680.jpg     
        IMG_8286.jpg

では、どんな人がインターン生になれるでしょうか~!(応募条件)
まず、「当会の理念に賛同される方」です。
当会では、
世界平和の実現を目指して活動しています。
活動をしていくうえでは、
当会のミッション(使命)と活動理念を大切にしています。
インターンシップを希望する方であれば、
当会の設立目的・使命・活動理念について
一度読んでい見てください。詳細こちらです!

そして「原則週2回10:00~18:00で半年間出勤できる方」であれば、
当会のインターンシップに応募できます
もし、どうしても週2回、その時間には出勤できない方であっても
出勤日時・日数は相談できますので、ご心配なくお問い合わせください。
(例:週4回10:00~15:00など)

今まで卒業したインターン生は50人ほどで、
今年もインターン生の卒業式が行われました
    
     IMG_8079.jpg

関心のある方は、
件名に【インターン希望】といれたメールをcontact@terra-r.jpまで
お送りいただくか
(件名がない場合は、スパムメールと判断され受信できない場合がございますのでご注意ください)、
事務所(075-741-8786)までお電話下さい。

「世界の平和を実現する」のは、皆さまの力です。
当会と一緒に、活動し続けて行く新しいインターン生を楽しく待っております。
ぜひ応募してください

(ダレ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


いらないハガキで国際協力?

皆さん、こんにちは
インターンの辻井です

低気圧の急速な発達で、各地で雪が降ったりと、
ここ最近かなり荒れた天気になっています
皆さん、くれぐれも外出時はお気を付け下さい

さぁ、本日は特集日です。
今月の特集は「書き損じハガキの寄付」
先週の記事でもちらっとお伝えしていましたが、
当会では書き損じハガキ、未使用のハガキで
カンボジア・ウガンダの人々への支援を行っています。

とは言ったものの、
「そんなことを言われても具体的にどんな支援ができるの
「個人情報は大丈夫なの

と、なにかと疑問に思われている方も多いと思います。
そこで、本日は当会での「書き損じハガキの寄付」
について、お話ししていきたいと思います。
いつもながら長文になりますが、お付き合いください。

当会では文章や宛名を失敗して出せなくなった、いわゆる書き損じハガキや、
宛名は書いたけど出しそびれたハガキ、
買ったけれど使用しなかった未使用のハガキ
を対象にしています。

皆さまのご協力で集まったたハガキは、
ボランティアの方々の協力のもと、郵便局で切手シートに交換し、
そこからさらにその切手シートを金券ショップにて、現金に交換されます

郵便局に渡った皆さまのハガキは、
郵便局でシュレッダーにかけられて古紙にリサイクルされるので、
プライバシーや個人情報に対する心配もありません。

「じゃあ、そのハガキでどんな支援ができるの
当会では、以下のような支援を行っています。

ハガキ3枚(約100円)
カンボジアの地雷原1㎡の安全が確保され、
子ども達が安心して遊べるようになります。

ハガキ25枚(約1,000円)
カンボジアで貧しくて学校に通うことができない子ども1人が、
学校に通うことが出来るようになります。

ハガキ70枚(約3,000円)
貧困で苦しんでいる家族へ、
1ヶ月分の支援金を提供することができます。

ハガキ230枚(約10,000円)
地雷撤去をする作業員へ、
1ヶ月分の給与を支給することができます。

「じゃあ1枚でもいいの
1枚でもいいんです
当会では1枚のハガキだけでも大きな支援につながります

さて、当会では現在、
その書き損じハガキ・未使用ハガキを7716枚集めて、
さらに大きな支援を行おうとしています。
その名も「なないろキャンペーン」
この「なないろキャンペーン」では7716枚のハガキで、
カンボジアのチエンさん一家が自分たちで
生計を立てれるようサポートをすることができるようにする
というキャンペーンです。

チエンさんは奥さんと6人の子どもを持つ8人家族ですが、
チエンさんにはカンボジアの地雷により、左足がありません。
チエンさんは農作業でその日の一家の食べ物を得ることで精一杯で、
壁のないままの家で生活をしています。

そこで、当会では7716枚のハガキで、
以下の4つのプランに必要な機材などの購入
をまかなうことにしました。
それが「なないろキャンペーン」です。

野菜の栽培と販売
水を確保して、野菜の栽培をしやすくし、
栽培した野菜の販売へつなげます。

家畜の飼育
雌子牛1頭の飼育から、養牛の拡大へつなげます。

食用昆虫の捕獲と販売
(※カンボジアでは虫を食べることは一般的です)
食用昆虫を捕獲、調理し、販売へつなげます。

サトウキビジュースの販売
野菜の栽培と一緒に、サトウキビも栽培し、
ジュースにして、販売へつなげます。

「ハガキでこんなことができるの
「いらないハガキがこんな支援につながるの

こんなことができるんです
こんな支援に繋がるんです

この記事を読んで、書き損じハガキ、未使用ハガキを送りたくなった方、
是非是非そのハガキを当会までお送りください

送付方法はいたって簡単。
個人情報がばれないように、
書き損じハガキ、未使用ハガキを中身の見えない封筒
段ボール箱などに入れ、当会事務局まで
宛先はこちら

〒600-8191
京都府京都市下京区五条高倉角堺町21-403
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
なないろキャンペーン係 宛

詳細チラシはこちらをクリックしてください。

皆さん、そのいらないハガキで、当会と共に、
カンボジアと日本に「7716(なないろ)の虹」をかけませんか

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました

(つじい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


海外渡航に必須!? ビザの話

皆さん、こんにちは
久しぶりの登場になります、インターンの木上です。

先々週あたりから急に寒くなって、朝起きることが非常に辛く
なってきてますね。年末までもう少しです、頑張りましょう。

さて、年末に向けて海外で過ごす方も多いと思います。そこで今回は
海外渡航に必要なビザ、当会の活動地域について話をさせて頂こうかなと思います。

皆さんは海外渡航に必要なビザってご存知ですか?
ビザ(査証)は、渡航先の入国許可証で、パスポートを持っている旅行者がその国に入国する資格が
あることを裏付ける書類のことです。

ビザ 画像
(http://www.asialand.jp/visa/cm/cmdonwload.htm)


本人が海外へ渡航する際のビザは、渡航先国、渡航目的、滞在期間等によって要否・種類が異なります。
現在日本では66カ国の国や地域に対して免除措置を行っており、商用,会議,観光,親族・知人訪問等を
目的とする場合には,入国に際してビザを取得する必要はありません。

しかし、国毎に決められた短期滞在の期間を超えて滞在する場合にはビザを取得する必要となりますよ。
【ビザ免除国・地域(短期滞在)】

皆さんもご旅行の際にはビザの情報などを気を付けてください。
ちなみに、テラ・ルネッサンスの活動している地域、カンボジア・ラオス・ウガンダ・ブルンジ・コンゴ民主共和国
はどうでしょうか?

【ラオス】15日以内の滞在であればビザは要りません。
【カンボジア】ビザが必要です。ご旅行の際は余裕をもって申し込みましょう。
【ウガンダ・ブルンジ・コンゴ民主共和国】ビザが必要です。
さらに、ブルンジは日本に大使館がありませんので、他国での申請が必要です。
面倒くさいですね。
また、アフリカの3つの国では、黄熱病などの予防接種をしたかどうかの
証明書(イエローカード)が必要になります。
病気にならない対策も必要なんですよね。
イエローカード
(http://www.tour.ne.jp/prepar/yellow/)


その他にも、外務省が発表している海外安全ホームページを見ながらご旅行を検討してください。

当会理事長の小川はこれらを気を付けているにも関わらず、4度もマラリアにかかっています。皆さんもご旅行の
十分気を付けましょうね。小川は今年の末にもまた、ウガンダを訪れる予定で、当会の活動に対する熱意の大きさ
を感じますね。
そんな小川や創設者鬼丸の熱意の詰まった本もありますので、当会をもっと知っていただくため、
また皆様の活動への熱意を更に大きくするためにもこれらの本を是非とも読んでみてください。
(グッズを買って支援する)

参照:http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/index.html

最後までお読み頂きありがとうございました。

(きがみ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


カンボジアのお正月!



こんにちは~
すでに寒さに負けそうなインターン神本です
急に寒くなったので、みなさまも体調にはお気をつけ下さい

さて現在、書き損じハガキや不要になった未投函のハガキを回収する
なないろプロジェクトを行っています

集められたハガキは、
カンボジアの地雷被害者ー家族の生活支援に使われます。



ハガキと言えば年賀状・・・お正月!ということで今日は、
カンボジアのお正月をご紹介したいと思います!


カンボジアにはお正月が3回あると言われています。

1月に、インターナショナルニューイヤー
2月に、中国暦の旧正月
そして最も盛り上がるのが、4月クメール正月です。

このクメール正月は毎年日時が変わり、
2015年は4月14日~16日と発表されました!

地方出身の人は故郷へ帰り、家族と過ごすことが多いようです。
これは日本と似ていますね

しかし日本のように家でのんびり過ごすのではなく
夜になると人が寺や学校に集まって、飲んで踊って楽しむそうです!!

この時期だけは、お寺がダンスクラブのようになる姿を見ることができるとか・・?

favo_1958.jpg
(出典:カンボジアナビ


また、カンボジアで最も有名な世界遺産アンコールワットでも、
全国からたくさんの人が集まって楽しむそうです。

この日のために用意された伝統舞踊のパフォーマンス
khm_2288.jpg

屋台のご飯を食べたりお酒を飲んだり
khm_2376.jpg
(出典:カンボジアナビ

賑やかで、とても楽しそうです

こんな一面もあるのですね!!

おもしろそう!と思った方も
これってほんと?と思った方も
一度カンボジアを訪れてみてはいかがでしょう!

私もますますカンボジアに行ってみたくなりました


そして、こんな楽しそうなカンボジアの人々のために
年賀状をたくさん書く中で書き損じたハガキを
お届けいただけると幸いです。

詳しくはこちらのチラシをご覧ください!

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました!

(かみもと)


----------------------------------------------
あなたの一枚で世界を変えてみませんか?【残り47日

7716枚の書き損じはがきを集めることで
カンボジアの地雷被害者家族の
生活再建のサポートを行うことができます。

今日までの回収枚数:425

書き損じはがきの回収にご協力お願いいたします。
http://www.terra-r.jp/contents/?itemid=532
---------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


チャリティパーティーの振り返り

こんにちは!
インターンの渡邉です!
最近は、山の木々の葉も散り始め、いよいよ冬を感じるようになりました

さて、今日は、
日曜日に開催した「チャリティパーティー」の報告をしたいと思います。
当会の創設以来で初となる「チャリティパーティー」
少しでも多くの寄付を募り、そして国際協力に参加する機会を広げていくことを目的に開催したのがこの企画です。            
 
 9999.jpg

創設者鬼丸による基調講演は、テラ・ルネッサンスが出来るきっかけの話からアジア・アフリカ事業にいたる経緯まで笑いあり、涙ありのお話。
「自分には何ができるのか」と私自身、再度考えるきっかけとなりました!。
その他にもインターンによる対談や物販紹介、テラ・ルネッサンスに関するクイズ大会など、企画が盛りだくさん。
「鬼丸の顔の長さは何センチでしょう?」というクイズには、会場が笑いに包まれ、大盛り上がりでした。
みなさんは何センチだと思いますか?ぜひ予想してみて下さいね(答えはブログの最後で!)
                      
  7777.jpg

参加者からは「来て良かった」「また開催して欲しい」と好評でした!
その中でも心に残ったのが「鬼丸や小川だけでなく、インターン生の熱さを感じた」というあたたかいコメントです。
と、いうことで今回のブログでは、
企画に携わったインターン生2人に突撃取材をしてみました。


まずは、企画から当日の司会までパーティーの運営に中心となった植松に話を聞きました。


 インターン生から「ねえさん」と親しまれる植松は、面倒見がよく、いつも場の盛り上げ役だ。

 「職員・インターン全員が私にすべて任せてくれた信頼があった」とパーティーを振り返る。
 当初、右も左もわからないまま始まった企画に四苦八苦したという。個性が強いメンバーに、前例のないイベント・・・相次ぐトラブル。その中でも「何としても成功させる」という思いはぶれなかった。「私、負けず嫌いなんです」と笑う。
 以前、教師をしていた植松。自ら積極的にメンバーに話しかけ、良いところはほめる。決して否定語は使わない。そんな植松の姿勢を見て、受け身だったメンバーもいつしか「植松さん、できることありませんか」と進んで企画に関わるようになっていた。活動の成果報告をまとめた動画や飾り付けの小物まで、インターン生がゼロから企画しすべて手作りだ。それぞれにメンバーの個性が光る。細部にまでこだわり、妥協はない。そんな姿に「インターン生の動きが未来につながる気がした」と参加者の女性はコメントした。
 お楽しみ企画のクイズ大会で会場のボルテージは最高潮に。サンタ帽姿の植松が「テラ・ルネッサーンス!」の掛け声で盛り上げる。その瞬間、「ルネッサーンス!!」と全員がこぶしを上げ、会場がひとつになった。イベントの成功を確信したという。参加者をどうすれば楽しませられるか、何度も悩んだ。手品やスピーチ…とにかく案を出せるだけ出した。「よし、クイズにしよう」。鬼丸が背中を押し、問題はインターン生みんなで考えた。「まさかあんなに盛り上がるとは・・・」とインターン生全員が口を揃える。
 イベントが終わった時、言葉ならない思いがあふれ、涙がこぼれた。喜びか嬉しさか、それとも悔しさかはわからない。それでも、全力でイベントを作った植松の姿勢に多く人が心を動かし、一歩踏み出せたのは事実だ。テラ・ルネッサンスの活動理念に「ひとり一人に未来つくる力がある」というものがある。イベントを通して、植松は一人ひとりの力を信じ、会場にいた全員が植松の熱い思いを受け止め、それに応えた。会場は終始、参加者、スタッフの笑顔で包まれていた。その空気は会場のホテルのスタッフも巻き込んでいた。一人ひとりの力を合わせ、協力することで大きなうねりを生み出すことができる、そんな可能性を感じるイベントだった。「チャリティーパーティーの第2弾があれば、またやりたい」と最後に植松は頬をゆるめた。
 今後はインターンとして、訪問授業などの「教育」に関わりたいと語る。


 次に紹介するのは、物販紹介のプレゼンをした木上です。

33.jpg

 少しお茶目な、いじられキャラで親しまれる木上。だが、仕事は緻密で正確だ。

 「人生で3番目くらい緊張した。自己採点は厳しめで30点。だが無事やり遂げた」。
 ウガンダコーヒーや大槌刺し子の商品からその他の回収事業について思いを交えて紹介した。会場にはそれぞれの商品企画の責任者もいる。意識したのは商品を「どう見せるか」という視点。「最初の印象で支援したいかどうかが決まる」と木上は語った。
 プレゼンでは写真を多く使い、視覚に訴えるだけでなく、ユーモアあふれるトークで会場の空気を明るくする。商品や企画の魅力はたくさんある。だが、そのすべて伝えきることはできない。商品の魅力か社会貢献性かなど、どの部分にアクセントを置くか工夫したという。「こんなにもテラ・ルネッサンスが多くの人達に支えられていたんだと知った」と話す木上のプレゼンには熱が帯びる。
 だが「緊張で真っ白になっていた」と木上。途中、プログラム上では、職員 栗田の登壇となるはずの部分を飛ばし、トークを続ける場面があった。すかさず「登壇のタイミング見失いました!」と栗田がマイクを握ると会場は爆笑に。そんな小さなミスも演出に思わせるくらい会場は木上節に乗せられていた。
 「笑いから真面目な話まで幅のあるトークをしたい。目指せ鬼丸!」と意気込んだ。次にも期待だ。
 週が明け、今後の物販イベントに向けて、看板や資料作りに励む木上の姿があった。「テラ・ルネッサンスのファンを500人増やします」と笑みを浮かべた。


植松、木上の2名を紹介しましたが、
職員、インターン生の一人ひとりが個性を生かし、誰一人欠けても成せなかったイベントでした
何より、支援者の方々と直接お話しすることができて、支えてくださる人達の存在をより身近に感じると同時に感謝の気持ちでいっぱいになりました
これからも皆さんとともに歩んでいけるテラ・ルネッサンスでありたいと思います

99.jpg



さて、クイズの答えは考えましたか
答えは「27センチ」でした!
会場の予想では「49センチ」というものも。
意外と小さいのですね!

長文お読みいただきありがとうございました。
(わたなべ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


子どもの人権?

皆さん、こんにちは
インターンの辻井です

今年も残り1ヶ月を切りました。
私は年賀状にレポートにと、今年の年末はバタバタしそうです

さて、本日は世界人権デーです
66年前の1948年12月10日に第三回国連総会において、
世界人権宣言が採択されたそうです。
世界人権宣言では
「すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の基準」
について宣言しているそうです。

本日はこの宣言について、
「子ども」という視点から考えて行こうと思います。

皆さん、「子どもの権利条約」はご存知でしょうか
「児童の権利に関する条約」、通称「子どもの権利条約」は、
18歳未満を「子ども」と定義したうえで、
その子どもたちの基本的人権
国際的に保障するために定められた条約です。
日本でもこの条約は1994年に批准をしているそうです。

ところで、「子どもの権利条約」には4つの柱があります。
1つ目が「生きる権利」
子どもたちは健康に生まれて、
安全な水や十分な栄養を得て、
健康に成長するべきであるという権利です。

2つ目が「守られる権利」
子どもたちはあらゆる差別や虐待、
搾取から守らなければならないとする権利です。
この権利では紛争下の子どもや少数民族の子どもに対しては、
特別に守らなければならないとされています。

3つ目が、子ども達自身が関係している事柄について、
自由に意見をし、グループを作り、活動することができるという、
「参加する権利」です。
このとき、子ども達には、家族や地域社会の一員として、
規則を守って行動するという義務が課せられるそうです。

そして4つ目が「育つ権利」です。
一見「生きる権利」と似たような印象を
受ける方もいると思いますが、
「育つ権利」は教育に重きを置いている権利です。
「子どもの権利条約」の条文第6条には以下のように書かれています。

1.締約国は、すべての児童が生命に対する固有の権利を有することを認める。
2.締約国は、児童の生存及び発達を可能な最大限の範囲において確保する。

(出所:ユニセフ)

国連ではこの第6条をはじめとするいくつかの条文から、
子どもたちは教育を受ける権利を持つべきである
と解釈したそうです。
また、この権利には休んだり、遊んだり、多種多様な情報から、
自分の考えや信じていることが守られることも含まれています。



12月9日、今年のノーベル平和賞受賞者である
パキスタンのマララ・ユスフザイさんと
インドのカイラシュ・サティアルさんが、
授賞式を前に、ノルウェーで記者会見をしました。
2人は今後も教育の重要性を訴える活動を続けるとしていて、
特にマララ・ユスフザイさんは、会見で、
「子ども達全員が学校へ行って、
質の高い教育を受けられるような世界にしたい」

と述べていたそうです。

まさに、先程お話しした「育てる権利」ですね。
ほとんどの国では、「子どもの権利条約」が締約されてこそいますが、
署名こそしているものの、批准はしていない国もありますし、
批准はしているけれども、未だに「子どもの権利条約」の4つの柱が
脅かされている国も少なくありません。

当会では書き損じハガキ古本を集めて、
このような国にいる子ども達が
安心して教育を受け、遊び、成長するように、支援をしています。
「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」
この目的の達成のために。

今年もあと1ヶ月をきり、大掃除や年賀状について話題に上がる時期になりました。
皆さん、大掃除をしていて、
「古本が見つかった」「この古着もういらないな
ということがありませんでしょうか
年賀状を書いていて、
「あ間違えた
ということがありませんでしょうか
その古本・古着・書き損じハガキで、
充分に生活を送ることができない
子どもたちの支援ができます

ゴミ箱に入れてしまう前に、リサイクルショップで売ってしまう前に、
子どもたちのために、できること
探してみませんか

参照:外務省ユニセフヤフーニュース

本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました

(つじい)

----------------------------------------------
あなたの一枚で世界を変えてみませんか?【残り52日

7716枚の書き損じはがきを集めることで
カンボジアの地雷被害者家族の
生活再建のサポートを行うことができます。

今日までの回収枚数318枚

書き損じはがきの回収にご協力お願いいたします。
http://www.terra-r.jp/contents/?itemid=532
---------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


73年前の今日は何の日?


みなさん、こんにちは

急に寒くなりましたが、体調を崩されていませんか?

これからまだまだ寒くなると思うと
耐えられるのかとても不安です


さて、73年前の今日は「太平洋戦争開戦日」です。

日本軍がハワイ・オアフ島・真珠湾のアメリカ軍基地を奇襲攻撃し、
この戦争が始まりました。


この時代、日本の軍人・軍属の死者は230万人
うち6割が餓死したという学説もあります。

開戦から73年。
戦争を経験した方から直接話を聞く機会も
どんどん減ってきているかと思います。

わたしは広島で生まれ育ったこともあり、
幼いころから、いわゆる”平和教育”を受け
自分の祖父母をはじめ、たくさんの戦争経験者の方のお話を聞きました。

当時はそれが当たり前だと思っていましたが
今、なんとなく生活している中で
戦争についてゆっくり話を聞いて考える機会はほとんどありません。


集団的自衛権など、国内での動きもみられるなか、
今必要なのは、
わたしたちひとり一人が関心をもつことではないか
と個人的に思っています。

そして今度はわたしたちが伝えていくことが大切です。

過去にどのようなことがあったのかを知ることは
今起こっている問題の原因を知ることにも繋がると思います。

また、たくさんの人が関心をもつことから
何かが変わるような気が私はしています。

なんとなく過ぎてしまわないようにアンテナを広く張って
たくさんの情報をキャッチできるようにしていたいです


本日もブログを読んでいただきありがとうございました!

参考:中日新聞/毎日新聞

(かみもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ワンズワードさまイベント紹介(英会話スクール受講料の一部を支援へ)

オンライン英会話スクールを経営する株式会社ワンズワード様に
「オンライン英会話スクール入会者(※)の受講料
6,800円から毎月その10%である680円の支援」という形で協力をいただいています。
※テラ・ルネッサンスを通しての入会者に限ります。

英語を学びながら社会貢献もできる仕組みです。

具体的な支援までの流れは以下の通りです。

1.トライアル申込
まずはトライアルからお試しください。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://jp.oneswordonline.com/introduction/first
 
2.登録希望の方は下記アドレスへ連絡をお願いします。
無料体験レッスン後、登録を希望される場合、
「support@oneswordonline.com」まで連絡してください。
(迷惑メール防止のため、@が全角になっています。
半角の@に変えて、送信をお願いします。)

その後、受講料の10%がワンズワードさまより当会に寄付されます。



今回はそんなワンズワードさまから
イベントのお知らせが届きましたのでご紹介します。


※ワンズワードさまに登録いただいている会員の方のイベントです。
このたび、当イベントにテラ・ルネッサンスを通して入会された場合
無料で10名様まで招待いただけることになりました。

この機会にぜひ、英会話を学びながら支援につながるこの取り組みに
参加いただけましたら幸いです。


………ここから………
来る1月11日に皆様と一緒に新年およびサイトのリニューアルを
お祝いしたいと思っております。
 
今回はフィリピンからの先生の招待はありませんが、
以前までワンズワードに所属していたあの姉妹を招待します。
(あくまで本人たちの予定が優先されますので、
当日キャンセルということもあり得ますので予めご了承ください)

また同行者1名様まで同料金となりますので、ぜひご家族、
あるいはご友人で英語学習に興味のある方をお誘いください。
ご同行者を同伴予定の方は必ずコメント欄にその旨お書きください。

日時:2015年1月11日 日曜日 夜6時から9時まで
場所:都内
会費:4000円
(同伴者1名様まで無料、またお一人様のみで参加でも同料金です)
※当日は飲み放題、食べ放題となります

募集期限:2014年12月15日まで
募集人数:30名様
(同伴者の人数は含めません。あくまで会員様30名様の募集です)

参加方法:
1.会員ログインをしてください。
2.会員メニューのワンズワード・フォーラムをクリックしてください。
3.メインフォーラム→オフ会の順にクリックしてください。
4.「2015年1月11日夜6時から(都内)」というトピックをクリックし、
「イベントに参加する」をクリックしてください。
5.同行者をお連れの場合は、同行者ありと必ずお書きください。
………ここまで………

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


なないろキャンペーンのお知らせ

皆さん、こんにちは。
インターンの李です

もうすぐ年の瀬ですが、
年賀状の準備は始めていらっしゃいますか?

この度テラ・ルネッサンスは、
書き損じたハガキや不要になった未投函のハガキを回収する、
なないろキャンペーンを行います。
集められたハガキは、カンボジアの地雷被害者ー家族の生活支援に使われます。

      20141129-10346643_841734772521707_89295865699048475_n.jpg

なないろキャンペーンという名前にしたのは、実は以下の理由があります。
目標数値の7716枚の語呂合わせで、なないろ→七色→虹。
希望と平和、そして架け橋の象徴です。
「希望と平和をカンボジアに届けたい」
「このキャンペーンを日本とカンボジアの架け橋としたい」
そんな想いを表すために、7716枚のハガキを集めることにしたのです


集められたハガキはカンボジアの地雷被害者の生活向上の一歩を後押しするため、
(1)野菜の栽培と販売
(2)家畜の飼育
(3)昆虫の捕獲と販売
(4)サトウキビジュースの販売
という4つのプランを立てて必要なものを購入します


では!どんなものが回収できるかというと、
(例)
宛名間違いや印刷ミスなどの書き損じハガキ
過去の年賀ハガキや暑中見舞いハガキ
41円や50円などの古いハガキ
往復ハガキの返信未使用
などの未投函のハガキすべてが回収対象となります。

興味のある方は、
書き損じたハガキや、もう使わない古いハガキ(未投函のハガキに限ります)を下記住所までお送りください。

〒600-8191
京都府京都市下京区五条高倉角堺町21番地Jimukinoueda bldg.403号室
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
なないろキャンペーン係

詳細チラシはこちらです。
ご協力お願い申し上げます


(ダレ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「ノートテイク」って何?

皆さん、今週から冷え込みがひどくなりましたが、
おかげんはいかがでしょうか
インターンの辻井です
あまりの寒さに冬眠しちゃいそうですが
寒さにまけず、本日もブログを書いていきます

本日は「国際障害デー」です
国際障害者デーは、1982年に、
「障害者に関する世界行動計画」という計画が、
国連総会で採択された日で、
約10年後の1992年に行われた国連総会で、
「国際障害者デーとする」としたそうです。

ということで、今回は障害について、と思ったのですが、
さすがに障害となると色々あるので、
今回は、現在私が大学で関わっている障害者支援
そして、多くの大学で行われている障害者支援について
お話したいと思います

皆さん、「ノートテイク」という支援をご存知でしょうか?
「ノートテイク」は、聴覚障害等の障害のある学生のために
考えられた支援方法の1つです。

障害のある学生は、授業を受ける際、様々な問題に直面します。

例えば聴覚障害
聴覚障害の学生は授業を受ける際、
先生の声が聞き取りづらかったり、
全く聞こえなかったりします

あるいは視覚障害
視覚障害の学生は授業を受けようと思っても、
板書やスライドの内容が分かりません

他にも肢体が不自由な学生や、発達障害など、
様々な障害が存在しています。

「ノートテイク」は、そんな学生達が
快適に授業を受けることが出来るように、
それぞれが抱えている障害に合わせたサポートをしています。
具体的な支援方法は大学によって、
そして支援を必要としている学生が抱えている障害によって、
大きく異なっています

私が関わっている「ノートテイク」自体は、
授業の内容を手書きやパソコンで文字化して
聴覚障害の学生に伝えるというものですが、
私はパソコンで音声情報を出来る限り文字化して、
聴覚障害の学生に伝えています

さて、この「ノートテイク」ですが、
私個人としては、この支援方法は
障害のある学生の為だけではなく、
自分たちの成長のためにもなっていると思っています。

例えばパソコンで音声情報を文字化するという支援。
これによって私は「文字おこし」というスキルを
身につけることができました。

他にも得たものは色々ありますが、
何より、「ノートテイク」に関わっていて、
「もっと多くの人と関わりたい!」
「もっと自分にできることをさがしたい!」

そう思えるようになりました。

「人と関わるのは苦手…」
「自分にできることがわからない…」

「ノートテイク」に関わる前はそう思っていた私にとって、
これはとても大きな成長につながっています。

日本では、「国際障害デー」が定められるまでは、
その日に国連総会で「障害者の権利宣言」
採択された日ということもあり、
12月9日を「障害者の日」と定めていました。
しかし、現在では「国際障害デー」が定められたこともあり、
12月3日から12月9日までの1週間を
障害者週間としているそうです。
皆さんも、この障害週間を通して、
自分にできることについて考え、
自分の成長に繋げてみませんか

参照:内閣府

本日も長文にお付き合いくださり、
ありがとうございました

(つじい)

----------------------------------------------
あなたの一枚で世界を変えてみませんか?【残り59日

7716枚の書き損じはがきを集めることで
カンボジアの地雷被害者家族の
生活再建のサポートを行うことができます。

今日までの回収枚数:45枚

書き損じはがきの回収にご協力お願いいたします。
http://www.terra-r.jp/contents/?itemid=532
----------------------------------------------

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


世界エイズデー


みなさん、こんにちは

今日から12月ですね~!
2014年がもう終わってしまいます...
やり残したことがないように、残り1カ月も楽しみたいと思います!


さてそんな今日、12月1日は世界エイズデーです。


これは、世界規模でのエイズ蔓延の防止、
エイズ患者やHIV感染者に対する差別・偏見の解消を目的とし、
1988年に世界保健機関(WHO)により定められた国際記念日(国際デー)です。


そもそもエイズとは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)と呼ばれる
免疫力を下げるウイルスに感染することによって起こる病気です。

しかし、HIV感染=エイズではありません。

HIVに感染するとだんだんと免疫力が弱くなり、
感染から数年~10年で、健康な人であればなんともない菌やウイルスで
様々な病気を引き起こすようになります。

その病気が、エイズ発症の目安となる病気(23種)にあてはまると
エイズ発症と診断されます。


その感染経路は主に次の3つです。

①性行為による感染
②血液による感染(輸血、依存性薬物の回し打ちなど)
③母子感染



現在はさまざまな治療薬が出ており、
きちんと服薬することでエイズ発症を予防することが可能になっています。



2013年末 現在のデータでは
世界のHIV陽性者数3500万人
新規HIV感染者数年間210万人(2001年より38%減)、
エイズによる死亡者数年間150万人(2005年より35%減)
となっています。

減ってきているとはいえ、まだたくさんの人がHIVに感染し、
エイズによって亡くなっています。


その原因のひとつとして、
エイズがどのような病気なのか知らないことがあると思います。


どのように感染するのかを知っていれば、予防することが出来るし、

もしHIVウイルスに感染していたとしても、
早めにきちんと治療をすれば、エイズの発症を防ぐことができます。

そしてエイズ患者に対する差別もなくなるのではないでしょうか。

このように国際デーとして定めることは、
世界中に啓発することにつながるため、非常に重要なことだと思います。


どこかで「自分は大丈夫、関係ない」と思ってしまいがちですが、
いつ感染するかも分かりません。

「ひとり一人が関心を持つことが
課題の解決に向かう第一歩」なのだな
と改めて思いました。


私も、もっと世界の課題を”自分ごと”にして
考えていけるようになりたいと思います!

みなさんも今日をきっかけに、エイズについて少し考えてみてはいかがでしょうか?


本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました

参考:STD研究所 / API-NET

(かみもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar