手軽な国際協力?

こんにちは、インターンの辻井です
2月も今日で最後ですが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか
私は来たる花粉との闘いに備えて、
目薬やマスクを準備しています
(実は私、この時期になると
目がパンダみたいになるくらいの
重度の花粉症もちなのです…)

さて、本日は記念日について。
本日はビスケットの日です
1855(安政2)年2月28日、
パンの製法を学ぶ為に長崎に留学していた
水戸藩の柴田方庵という日本人が、
同じ水戸藩の萩信之助に、
パン・ビスケットの作り方について書かれた文書、
『パン・ビスコイト製法書』を送りました。
この「パン・ビスコイト製法書」、現段階では
ビスケットの製法について書かれた文書では
最古のもの
とされているそうです。

さてさて皆さんビスケットに合うものといえば
「コーヒー」ですね
(紅茶なんて言葉、聞こえません(`・ω・´)笑)

当会のコーヒーは無農薬のフェアトレード商品で、
一袋につき300円の寄付付き商品でもあります。
詳しくはこちらをご覧ください

また、当会では新たにドリップコーヒーの販売も始めました
こちらのドリップコーヒーの収益は、
必要経費を除いて、当会の活動資金として使用されます。

皆さん、たまには
ビスケットを片手にお手軽な国際協力
というのをしてみませんか

コーヒーの購入についてはこちらをご覧ください

本日も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました

(つじい)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


エコロジーでインターナショナル!!

皆さん、
こんにちは
インターンの寺西です

2月も残り2日
本当に時が経つのは早いですね

さて、本日はとあるイベントの紹介です。
京エコロジーセンターさんが主催の、
「Ecology×International~エコイン話~vol.5」です!

このイベントは、世界の様々な国の「ふつうのくらし」と、
そこから見える「エコロジー」についての事例紹介をします。
また、事例紹介を聞いたうえで、
参加者同士の意見交換や交流を行います。

vol.5ということで、今回が5回目で、
内容は、「レアメタル」についてです。
最近よく聞く言葉ですが、
なーんとなく聞いたことがある、
いまいち分からない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか

実は、このレアメタル、
私たちの生活になくてはならない、
必需品になっているのです!


また、テラ・ルネッサンスとこのイベント、
どのような関係が??
と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか

実は、レアメタルと子ども兵、
大きく関係しているのです!!!!


プログラムは、
パート①「私たちのくらしとレアメタル」
パート②「レアメタルと子ども兵の意外なつながり」
パート③「私たちにできることは?」
となっており、
パート②では、当会職員、栗田が話しをいします。

イベント終了後、希望者は
アフリカの布を使ったしおりや、
ペーパービーズづくりの体験が出来ます。

ご自宅に眠っている、使用しなくなった「携帯電話」も、
ご持参いただくと、回収し、内部の金属をリサイクルします。

2015年3月8日(日)、13:30~16:00開催で、
対象は高校生以上になります。
会場、問合せ、申込は、京エコロジーセンターまでです。

レアメタルとは?
レアメタルと子ども兵との関係は?
ペーパービーズとは?
壊れた携帯の処理が分からない!


など、何か興味がもたれたら、
ぜひ足を運んでみてください

(寺西)


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「Dignity」

みなさんこんにちは!
インターンの内藤です

私は先日、IDPCという学生団体の
国際開発プランニングコンテストに参加しててきました。

このコンテストは、
『途上国を対象とした開発プロジェクトをチームで立案し、
国際開発の第一人者と交流する2泊3日の合宿イベント』です。

今回のコンテストのテーマは「Dignity」
本日はそのDignityについてお話したいと思います。

皆さんはDignityという言葉をご存知ですか?

私は、このコンテストに参加して初めて
Dignityという言葉を知りました。

Dignityとは日本語では
威厳、尊厳、品位などと訳されますが、ここでは「尊厳」と訳したいと思います。

2015年が達成期限とされているミレニアム開発目標(MDGs)。
今、MDGsが終了した後の開発目標「ポスト2015開発アジェンダ」が議論されています。

その「ポスト2015開発アジェンダ」の中にでてくる言葉が「Dignity」です。


「Dignity」が守られていない状況はどんな状況でしょうか?
例えば、お金がない、学校に行けない、
劣悪な労働環境のもとで働いている
・・・など
さまざまな状況を思い浮かべることができると思います。

「Dignity」が守られていない状況はすぐに思いつくかと思います。

では、「Dignity」とは
いったい何なのでしょうか。

お金があること
学校に行けること
労働環境が整っていること


これらが本当にDignityと言えるのでしょうか。
私はそうではないと考えます。
なぜなら、学校に行けても、お金があっても、労働環境が整っていても
笑顔であるかと言えばそうではないからです。


現在、「Dignity」には、
はっきりとした定義はありません。

私はこのコンテストの3日間、
国際開発の最前線で活動されているさまざまな方からのお話を聞き、
「Dignity」とは何かを考えました。

そこで、私が考えた「Dignity」とは

生きるっていいなあと感じられること

だと考えました。

ただ物質的側面が満たされているだけではなく、
精神的な面でも満たされている状況
それがDignityなのではないでしょうか。


また、このdignityとは何かを考えていると、
当会が大切にしている
「ひとり一人に未来をつくる力がある」
「人々が安心して生活できる社会の実現」
「レジリエンス」
どの言葉にもDignityが関係しているのではないかと感じました。


このコンテストでも
参加者が考えたDignityはさまざまで、
それぞれが考えるDignityをもってました。


皆さんが考えるDignityとは何ですか?


本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます


(ないとう)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【特集】ウガンダコーヒーで元子ども兵を支援!



こんにちは!
インターンの神本です。

寒い寒いと言っていましたが、
だんだんとあたたかくなってきましたね

春が待ち遠しいです ^ ^ 
 

さてさて、本日は特集日~!
改めてウガンダコーヒーをご紹介いたします!
79120a583867ab25303e_460x460.jpeg


当会で販売をしているこのコーヒーは
農薬や化学肥料を使わず、ウガンダで栽培されたものです。
さらには、生産者の生活や健康も考えたフェアトレード商品でもあります。


株式会社クリスタル様のご協力をいただき
プロの焙煎士さんによって焙煎されたこだわりの一品です。

株式会社クリスタル様は、ウガンダのコーヒーを産業化し、
貧困改善や経済発展に貢献しようと同国大使館と通じて適正価格で豆を仕入れ、
焙煎から販売までを自社で行う会社です。
(詳しくはこちらのホームページをご覧ください♪)


あまり酸味は強くなく、ほどよい苦みで飲みやすいコーヒーです


今までの豆と粉もパッケージをリニューアルし
アフリカっぽくかわいいデザインとなりました
coffee.jpg

これは一袋につき300円の寄付付き商品です。
300円は元子ども兵が職業訓練に参加する学費1日分にあたります!



そしてそして、ドリップコーヒーも新たに販売をはじめました!
2b24b0533774c8d3e6a1_460x460.jpeg

手軽においしいコーヒーを飲みたい!
なんてときにドリップパックは重宝しますよね♪

この商品の収益は必要経費を除いて、
当会の活動資金として使用されます。



毎日の暮らしの中で、自分もコーヒーを楽しみながら
ウガンダの人々の力になれるような
そんな輪がどんどん広がっていったらいいなぁと思います


コーヒーが好きな方は一度ご覧になっていただければ嬉しいです♪
コーヒーについて詳しくはこちら



本日もブログを読んでいただきありがとうございました

(かみもと)


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


邦楽演奏会「糸愉」様への感謝状

こんにちは。
インターンの寺西です。

今日はポカポカした天気で、
私は恥ずかしながら、少し寝坊をしてしまいました
このまま春が来ると嬉しいですね

さて、本日は、
寄付者様への感謝状贈呈について
紹介いたします。

IMG_8194.jpg

「糸愉」と書いて、「いとたのし」と読みます。
日本の伝統楽器である、箏、三味線、尺八の邦楽演奏会です。

糸愉様とテラ・ルネッサンスの出会いは、
糸愉の代表者である西田壬山様から始まりました。

西田様は、虚無僧スタイルで募金活動を行ってくださっています。
虚無僧スタイルとは、こんな姿です。
IMG_0220.jpg
※この写真は、以前、西田様が事務所にお越しくださったときのものです。

まるで時代劇みたいで、かっこいいですね
みなさん、一度は見た事があるのではないでしょうか。

西田様からは、虚無僧姿での募金やCDの販売代金、
演奏会での余剰金をテラ・ルネッサンスにご寄付いただいており、
この度開催された演奏会に職員の牧野が行って、感謝状をお渡ししてきたのです。

ちなみに、大学のとき邦楽部に所属していた牧野は、
演奏を聴いて、自分もまた箏を弾いてみたくなったと申しておりました。

当日は、受付にも、当会の募金箱とパンフレットも、
置かせていただきました。

IMG_8201.jpg


受付を担当されていたお二人。
IMG_8198.jpg


本当にありがとうございます

これからも、
テラ・ルネッサンスは皆さまの応援、ご支援を糧に、
頑張っていきます

本日も、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました

(寺西)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


第44回テラ・カフェ 振り返り

こんにちは。
インターンの寺西です。

まだまだ寒い日が続きますが、
みなさん、風邪など体調はいかがでしょうか。

さて本日は、
第44回テラ・カフェ
「カンボジアの今とこれから~彼らが今必要としているものは~」

の報告です。

今月にカンボジアから帰国しました、カンボジア・ラオス駐在員の
江角泰の、カンボジアについての話でした。

IMG_400lh.jpgIMG_8643jkg.jpg


テラ・ルネッサンスでカンボジアと聞くと、
そう、地雷問題です。

IMG_8645.jpg


今回のテラ・カフェでは、
地雷問題の現状について、
そして、テラ・ルネッサンスの地雷問題に対する支援について話し、
カンボジアへの支援のあり方について考えさせられました

現在テラ・ルネッサンスはカンボジアでは、
地雷撤去作業の支援と、地雷埋蔵地、村の開発支援をしています。

開発では、教育の支援等を行なっていますが、
江角は、「変わるのは自分」と話しました。
学校の環境整備の際、自分が周りのごみを拾うように変わっていくことによって、
学校の先生、子どもも、ごみを拾うように変わり、環境を整備していったそうです

ただ、一方的に支援するのではなく、
ともに変わっていくことに、
「変革の主体者は私自身であり、他人も変革の主体者」
を実感しました

テーマの「今彼らが必要にしているものとは」という問いかけですが、
もちろん一つに地雷撤去が挙げられます。

また、江角はサムリット・ラウさんという女性の事例を挙げ、
周りの環境を、少しでも変えることによって、
想像以上の成果が挙げられることがあると話しました。

このことから、必要としていることの一つに、
環境の整備があると思いました。

最後にみなさんから多くの質問をいただき、
私自身、とても考えが深められました

みなさん、お越しいただき、
本当にありがとうございました

次回のテラ・カフェは、3月11日(水)19:00から行います。
テーマは「大槌復興刺し子プロジェクト」についてで、
大槌町にいる現地スタッフとテレビ中継をして、
大槌の今をお伝えします。

皆様のご参加を、心からお待ちしております

(寺西)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「映画と小説の力」 / テラ・スタイル京都開催報告

こんにちは。
2、3月、短期インターンシップとして活動を始めた平松です。

私はレオナルド・ディカプリオ主演のダイヤモンドの採掘に絡み、
戦った双方で少年兵が使われたアフリカのシエラレオナ内戦を描いた映画
ブラッドダイヤモンド」 や、
宝島社の「このミステリーがすごい!」で一位になった
少年兵についての凄まじい阿鼻叫喚の描写があり、
コンゴ民主共和国の紛争が舞台の一つである、
小説「ジェノサイド」を読んだことがあります。

ダイヤモンドやレアメタル等地下資源を狙った先進国や
周辺国、多国籍企業の思惑で紛争が発生・延長・終結し、
大勢の一般市民が振り回される現状や、
年端もいかない少年・少女が銃を持たされて戦っているということを
知識として知っていましたが、どこか現実として感じられていませんでした。
しかし物語として語られると非常にリアリティを感じました。

テラ・ルネッサンスではこうした紛争の後遺症である子ども兵の社会復帰や
小型武器の回収等に取り組んでいると聞き、
そこで働いている人やNPO NGO の実態を知りたいと思い
インターンとして参加しました。


そして、インターン2日目となる2月17日(火)、
京都初開催のテラ・スタイル京都がありました! 
私は事前の準備や物品販売の担当として携わりました。

若い社会人の方や、高校生の方もいて自分とそう年の変わらない人が
お金を払ってこうしたイベントに参加しているという事は新鮮な驚きでした。

14名の方に参加いただき、講師との距離も近い会場だったからこそ
一体感を感じた講演会でもありました。
IMG_8624.jpg


初めて創設者・理事である鬼丸と会い、ユーモラスで非常に熱い思いが伝わってきました。
当初、海外に絞って支援活動をする組織の創設者として
東日本大震災の被災者支援をするかどうかという葛藤や、
どう支援すれば、現地の人のためになるかという思考プロセス、
営利企業の筆頭である銀行でも投資先、融資先を選ぶことによって
世界平和に少しでも貢献出来るという話が印象的でした。


私は、スティーブ・ジョブズを尊敬しているのですが、
ジョブスさながらの話で、60分の講演があっという間に感じました。
いかに小さな子どもが兵士として戦わされていたかというエピソード。
学生、社会人、夫といった立場に置き換えた例え話。
鬼丸の思い、そして参加してくださった方々の思いが重なって、
今のテラ・ルネッサンスがあるのだと思いました。


このテラ・ルネッサンスの活動を通して、人間の安全保障に少しでも貢献できるよう、
尽力するとともに自分が今後の人生でやることのヒントを探したいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。


(ひらまつ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コンゴ民主共和国の歴史

皆さん、こんにちは!インターンの辻井です。

本日は特集日。
今月の特集はアフリカ特集ということで、
テラ・ルネッサンスが支援を行っている国の1つ、
コンゴ民主共和国の歴史についてまとめたいと思います。

16世紀まで
現在のコンゴ民主共和国からアンゴラ北部にかけて、
コンゴ族の王国、「コンゴ王国」が栄えていましたが、
16世紀に入ると、コンゴ王国はポルトガルによる征服の時代に入ります。

19世紀
1885年、ベルギー会議により、
コンゴ王国は現在のコンゴ民主共和国と、現在のコンゴ共和国、
そしてポルトガル領に分けられ、消滅します。
コンゴ民主共和国はこれより80年もの間、ベルギーに占領されます。

1960年
コンゴ民主共和国は、ベルギーから独立。
コンゴ共和国として名乗りを挙げます。

しかし、独立後間もなく、コンゴ国内で暴動が発生します。
この暴動は今日では「コンゴ動乱」として知られています。

モブツ政権発足
1965年、ジョセフ・デジレ・モブツ(モブツ・セセ・セコ)
によるクーデターにより、コンゴ動乱は終結。
モブツは大統領に就任し、
30年以上に渡る独裁政治を行います。
国名も、「コンゴ共和国」から
「ザイール共和国」という名前に改名されます。

シャバ紛争
1977年~1978年、ザイール共和国では
反政府組織コンゴ解放民族戦線(FNLC)
による2度の侵攻を受けます。
これにより、それまで勢いのあったモブツ政権は、
徐々にその勢いをなくしていったと言われています。

ザイールからコンゴ民主共和国へ
1997年、反政府勢力である
コンゴ・ザイール解放民主勢力同盟(ADFL)の議長、
ローラン・デジレ・カビラが首都キンシャサを制圧。
モブツは国外逃亡し、ローラン・デジレ・カビラは大統領に就任。
政権はローラン・デジレ・カビラの手に渡ります。
国名も「ザイール共和国」から
「コンゴ民主共和国」に改名されます。

コンゴ紛争勃発
1998年、コンゴ民主共和国東部地域で反政府勢力が武装集結。
これに対し、ウガンダやルワンダをはじめとした近隣諸国は
この反政府勢力を支援し、兵を派遣します。
一方、カビラ政権に対しては、ジンバブエ、アンゴラなどが支援をし、
コンゴ民主共和国へ兵を派遣。
次第に国際紛争へと発展していきます。

1999年、一度は停戦合意が結ばれますが、その後再び戦闘が発生。
数年間に渡り、安定しない状態が続きます。
この紛争は、「コンゴ紛争」と呼ばれ、540万人にも上る死者数
から「世界最大の紛争」と言われています。

しかし、その9割以上は食料や医療品などへのアクセスの制限が
原因となっていて、「忘れられた紛争」などとも呼ばれています。

和平合意から暫定政権成立へ
2001年、ローラン・デジレ・カビラが暗殺され、
彼の息子のジョゼフ・カビラが大統領に就任します。
ジョゼフ・カビラは近隣諸国や欧米諸国との関係の回復に奔走。
2002年には、ジョゼフ・カビラの下で和平プロセスが進展し、
和平合意が結ばれました。

その後、コンゴ民主共和国国内の全勢力が参加する
「プレトリア包括和平合意」が成立し、
2003年に2年間の起源を条件とした暫定政権が成立しました。
現在は、2006年に選挙によって再選され、
2011年にまたまた再選された
ジョゼフ・カビラによる政権が続いています。

コンゴ民主共和国の歴史については以上です。
コンゴ紛争は2002年に和平合意が結ばれましたが、この紛争で、
兵士として戦いに駆り出された子供は3万人以上に上ると言われています。
少女兵の大半は子ども兵として数えられないため、
彼女たちを入れると、その数は3万人どころではなく、
少なくともその数倍には上るだろう
とも言われているそうです。

無理矢理戦いに参加させられたり、性的暴力を受けたりと、
大人兵士たちから理不尽な暴力を受けた
元子ども兵たちの傷の深さは計り知れません。

テラ・ルネッサンスでは、この元子ども兵たちが、
無事に社会復帰をすることができるように、
現地NGO「GRAM(グラム)」と連携し、活動を始めました。
そして現在は、テラ・ルネッサンスコンゴ事務所が開設され
現地のスタッフと共に活動を行っています。

皆さんも、元子ども兵たちの未来への一歩のために、
当団体が行っている支援に関わってみませんか?

詳しくはこちらをご覧ください。

参照:外務省
   コンゴの政治について考える―congotribune
   コトバンク
   テラ・ルネッサンス

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

(つじい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


はじめまして!

皆さんはじめまして!
2月からインターン生として活動させていただいております、
同志社大学経済学部4回生の豊島 稚羽矢(とよしま ちはや)と申します。
以前インターンの寺西が人生初のブログを掲載させていただいたと思いますが
実は私もこれが人生初のブログとなります
初めての投稿ですので自己紹介をしたいと思います


私は長崎県の時津町という長崎南部の港町の出身です。
ものすごく穏やかな環境と人がとても温かい、真の意味で本当に豊かな町です
テラ・ルネッサンスには長崎や広島の出身が多いとのことで
いろんな意味でご縁を感じております



現在は同志社大学に在籍しておりますが
最初の2年間は京都経済短期大学という小さな短大におりました
小さなところではありましたがここでも人の優しさや温もりに支えられ
いつか自分も人に喜んでもらえる、笑顔を届ける仕事がしたいなと思いました



同志社大学に編入後は、編入試験で経済学を勉強した影響で
開発経済学という途上国の経済成長について主に学んできました
いかに途上国が貧困の罠から抜け出し経済成長をするかということを中心に考える学問なのですが
私が特に重要だなと感じたのが政府開発援助(ODA)ならびに
テラ・ルネッサンスのようなNPO、NGOの存在でした。
しかし経済学の中では私の思っているような解答はなく、私は別の想いを抱くようになりました。



皆さんはNPO,NGOにどのようなイメージをお持ちでしょうか?



経済学の中では政府のできない小さなことを補う役割しかないとされています
そのような文章を見る度に私は「そんなことないのになぁ」と思うのです。と言うのも
経済成長に必要な現地の人々の生活や生きる目的が
NPO,NGOによって支えられている
のも事実だからです


確かに経済全体として見た時に長期的な目線で
都市部の交通インフラなどを整えるのは有効かもしれません。
しかし、何をどう捉えるかは人によってことなりますが
経済成長は人があってこそのものです


政府の提供する経済成長の恩恵にあやかれず
生きるのに必死もしくは生きれない人がいる中で
それを支えているのは紛れもなくNPO,NGO
だと思うのです。


それを考えるとやはり経済学の想定するNPO,NGOの役割を
私はすんなり受け入れることはできませんでした。
そういった想いもあり、インターンとしてテラ・ルネッサンスの参加しました。



自分が変革の主体者である」ことを自覚すると同時に
学ぶことを惜しまずに精一杯頑張っていこうと思っています。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします

(とよしま)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダでの自立支援は、今の日本人にも必要なものかもしれない

こんにちは!
インターンの植松です(^^)

今日は、ウガンダ事業で行っている、
元子ども兵が社会復帰をするための支援について
ちょっと違った視点からお話ししていこうと思います。

私はテラ・ルネッサンスでインターンを始める前に、
理事長の小川に、ウガンダでの支援についてインタビューをする機会がありました

そこで学んだことが1つ
紛争で経験したトラウマを抱え、今後生きて行く自信を持てないでいる
元子ども兵に、

“自己の可能性を伸ばしていくこと”
“困難に負けない力を養うこと”


に重点をおいたレジリエンスアプローチ
が、彼らの自立のためにとても効果的だということです。

親を殺さざるを得なかった、自分の村を襲撃することを命じられた。。。
悔いても悔いきれない過去、そして心の傷は
容易に取り除くことはできません。

そうではなく、その心の傷とうまく付き合っていくような環境をつくり、
「自分にはこんな可能性があるんだ」
「自分には存在意義があるんだ」

というように、自尊心を向上させることが、
前向きに自分の人生を創りあげていくことにつながっていくのです。

このレジリエンスアプローチは、
現在の多くの日本人にも必要ではないでしょうか。

自分の能力に自信がなかったり、
何のために生きるのか思い悩んだり、
失敗、プレッシャー、そしてストレスに苛まれ、自分を追い込んでしまう。

私も例外ではありません

そういった方々に、もっと自尊心をもって生きていけるよう
大人にも子どもにも心理的な支援が必要だと考えます。

インターンを卒業したあとは教師として生きていくので、
このテラ・ルネッサンスで学んだ自立支援のアプローチを
日本の教育でも実践していきたいです。

多くの人がもっと前向きに、のびのびと生きていける未来のために!


(うえまつ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


H2Oサンタ NPOフェスティバル出展のお知らせ

こんにちはインターンの辻井です
バレンタインデーが近づいていますが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか

さて、本日はイベントの告知です
2月15日(日)~19日(木)、テラ・ルネッサンスは
H2Oリテイリンググループ主催のイベント、
「H2Oサンタ NPOフェスティバル」に出展します

ブースでは活動紹介のほかに、
岩手県大槌町で行う、大槌復興刺し子プロジェクトの商品や
アフリカで制作されたアクセサリーの販売をします。

*******************************************
H2Oサンタ NPOフェスティバル
日時 : 2月15日(日)~19日(木)
場所 : 阪急うめだ本店 9階 祝祭広場
詳細はこちら

ページ中央付近に記載があります。
*******************************************


大阪・梅田エリアの地域社会の発展に貢献している
H2Oリテイリンググループでは、
チャリティーネットワークH2Oサンタという
社会貢献活動を行っています。
(H2Oリテイリンググループについてはこちらをご覧ください)

この社会貢献活動の一環として、
H2Oリテイリンググループの企業の1つである阪急うめだ本店では、
9階・12階を利用してチャリティーイベントを実施しています。
テラ・ルネッサンスが出展する
「H2Oサンタ NPOフェスティバル」
では、
テラ・ルネッサンスのような団体だけではなく、
動物の保護活動を主な活動としている団体や、
長期入院生活を送るこども達を対象とした団体など、
約20の社会貢献団体の活動内容が紹介されます

「NPOについて関心があるけれど、
どんなNPOがあるのか分からない…

「そもそもNPOについて、
実はあんまり知らないんだよね…


という方がいましたら、
是非会場まで足をお運びいただければと思います

阪急うめだ本店への行き方はこちらをご参照ください。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

(つじい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「ワン・ワールド・フェスティバル」にて、ワークショップ&出展してきました!

みなさん、こんにちは
インターンの吉井です(^u^)

2月7日と8日関西テレビさんで行われた
 ワン・ワールド・フェスティバル 
に、テラ・ルネッサンスも参加してきました

主に、ワークショップと、ブース出展を行いました

ワークショップの前半では、「アフリカでの第一歩~私たちの出会い・ふれあい・学びあい~」というタイトルで、
実際にウガンダへ行き、元子ども兵たちとの交流を持ったインターン生たちがスピーカーをつとめ、
現地で感じたことや学んだことをお話ししました

_MG_0447.jpg

たくさんの方にご参加いただき、みなさん真剣にお話を聞いてくださいました

IMG_0424.jpg

わたしも、元子ども兵が作成した服を着て、彼らの成果を紹介しました^^

_MG_0498.jpg

お話の後は、グループワークを行いました
そこでは、実際にあった2つの支援事例をもとに、

①自分だったらどういった支援をするか
②NGOはどういう支援をするべきか


という二つの問いについて、グループで考えていただきました

グループワークの後、それぞれの発表を聞いていると、
ただ、課題を抱えた国の人々にお金を渡して終わるだけの支援ではなく、
継続的で、本当に現地の方のためになるような支援とはなんだろう?
という視点で考えて下さる方が多かったように感じました。
とても大切なことだと思います(*^_^*


一方、ブース出展会場では、
テラ・ルネッサンスのブースにたくさんの方がいらしてくださいました

_MG_0392.jpg

新しく入ったインターン生やボランティアスタッフが、来て下さった方々に、
テラ・ルネッサンスの活動内容を紹介したり、イベントのお知らせをさせていただいたりしました

_MG_0407.jpg

少しでも多くの方にわたしたちの活動や、
解決しようとしている社会課題について知っていただけたら幸いです(^u^)

_MG_0401.jpg

また、私自身このワン・ワールド・フェスティバルを通して、
他団体の方や、国際協力に関心のある多くの方と交流することができ、
知識はもちろんですが、国際協力を行う一員として、
とても良い刺激をたくさん受けることができたと思います

ここで得た学びを活かし、今後の活動につなげていきたいと思います\(^o^)/

(よしい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ある中学生からのお手紙

こんにちは、いつもこのブログをご愛読いただきありがとうございます
インターンの植松です

今朝は地元の滋賀県北部は大雪で大変でしたが、
京都事務所に来てみれば、快晴でした。。。

ひとりだけ真冬の装いで出勤した今日は、嬉しいお手紙を受け取りました

それは、中学生の方からでした。

2014-0308表

7716キャンペーンのための書き損じはがきを、
このメッセージを書いた封筒に入れて送ってくださったのです。

きっかけは、
1月中旬に私を含めインターン2名とボランティアさん1名で
京都の向島東中学校で実施した、カンボジアの地雷問題に関する授業でした。

(その授業の様子はこちら
 下にスクロールして『2年生地雷授業』をご覧ください。)

授業のまとめとして、カンボジアの地雷問題を解決するための第一歩は何だろう
ということをお話いたしました。

授業を受けていた皆さんにできることの一つとして、
「なないろキャンペーンで書き損じハガキを集めて、
地雷被害者を支援できますよ
とお話したところ、行動をしてくださったのです!

裏にはこんなメッセージも
向島中写真裏

私たちの啓発活動がこのように実を結び、とても嬉しいです。(^v^)
カラーペンやシールでデコレーションしていて、
熱意の感じられる贈物でした。

もっともっと多くの人々に地雷問題や子ども兵の問題を知っていただくことが
世界平和の第一歩だと私は思いますので、

これからも、
テラ・ルネッサンスが人々のココロに届く啓発活動を展開していけるよう、
お手伝いできればと思います。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)♪

(うえまつ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


はじめまして!

皆さん、はじめまして。
2月2日からインターンとして活動を始めました、寺西と申します。
インターンとしてブログを投稿するのも、人生の中でブログを書くのも、
これが初めてです
自己紹介をさせてください

私は現在、京都の大学の3回生です。
法学部ですが、法律については基本的なことしか学んでいません
国際関係論、平和研究のゼミに所属しています。

私のテラ・ルネッサンスとの出会いは、学校の講義のゲストスピーカーで、
テラ・ルネッサンスについてのお話を聞いたときです。
身長による警察官への夢が断たれた後に、小川のお話を聞いて、
私の中で少し興味のあった国際協力に、火がつきました

子ども兵や地雷についての話を聞いて、
「自分の生活は、やりたいこともできて、安全に暮らせて、とても幸せなものだ」
ということに気がつきました。
同時に、
「世界でも、みんなが安心して生活できて、できればやりたいこともできるようにならないかな」
と思ったんです。
そして、将来国際協力に関わるお仕事ができればと思い、その一歩として、
テラ・ルネッサンスのインターンという今に至ります。

私のみでできる事は、とても小さなことです。
でも、小さなことでも、できることは必ずあります
その小さなことが集まれば、大きいことも、できると思います。
テラ・ルネッサンスの、活動理念である、
「ひとり一人に未来をつくる力がある」
そして
「周りを巻き込んでいこう」
という思いと、重なりました。

このインターンでは、将来へ向けてのノウハウや、心構えを成長させていきたいです。
様々な経験、出会いを期待しつつ、全てを私の中に吸収する勢いで、頑張ります

今後とも、よろしくお願いいたします

(てらにし)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


節分な京都事務所

みなさんこんにちは
インターンの吉井です(^u^


さて、今日は2月3日
一体何の日でしょう


そう、節分の日ですね


テラ・ルネッサンスの事務所では、
いつもみんなでワイワイとお昼ごはんを食べるのですが、
今日は「節分」なので…

みんなで恵方巻きを食べました!!

IMG_8576.jpg

近くのスーパーに売っていた、カツ入りの
なんともボリューミーな恵方巻きでした

IMG_8579.jpg

恵方巻きは、その年によって決められる方向を向いて
丸かじりすると縁起がいいと言われています。
ちなみに、2015年の方角は「西南西」だそうです


ところが、
本日のインターン一同はそんな方角のことなどおかまいなく、、

IMG_8581.jpg

とりあえず、ガブリ。(笑)

IMG_8584.jpg

本日もワイワイとにぎやかな昼食でした

私は、インターン生やスタッフのみなさんと一緒に、
毎回こうしてお昼ごはんを食べる時間がとっても大好きです(*^_^*

趣味や、最近頑張っていることを報告したり、
たまには進路のような真面目な話をしたりもします。

こういう時間を、今後も大切にしていきたいと思います

(よしい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク