はじめまして!

皆さん、はじめまして。
三月から新インターン生として活動している武田です
私は、神戸市外国語大学ロシア学科の春から三回生になります。

私は中学生のころから、日本から遠く離れ、現地に関する情報も日本であまり
取り上げられない、アフリカに憧れを抱いていました。

そして漠然と、
アフリカに行ってみたい

アフリカの子供たちの役に立つことがしたい

と思っていました。

この夢を叶えるため、外大生であるにもかかわらず英語が苦手だった私は、
去年一年間大学を休学してカナダに半年間語学留学に行き英語を勉強し、
ついに今年の二月、ケニアの小学校に一ヶ月間先生としてボランティアに
いってきました

実際に現地の方と生活を共にして、私はアフリカが大好きになりました。
今でも小学校の子供たちの笑顔が忘れられません

しかし そんな私の大好きなアフリカでは、今も紛争が続いていて、
多くの子供たちがその犠牲になって苦しんでいます。

そこで私は、元子ども兵の社会復帰を支援している、NPO法人テラ・ルネッサンス
に興味を持ち、少しでも力になれたら…と思い、インターンを決めました

私は主に、meguruプロジェクトの業務を担当することになっています。
meguruプロジェクトでは、書き損じハガキ携帯電話など
を集めて、現地での活動資金の一部として使わせていただいています。
これらがお家に眠っていませんか
ご協力、よろしくお願いします

長くなりましたが、精一杯頑張りますので、よろしくお願いします
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


はじめまして!

みなさん、はじめまして。
3月からインターン生として活動している杉本と申します。

4月から、同志社大学の3回になります。
大学では国際関係を学んでいます。

私は小学生の頃、
世界には学校に通えない子どもたちがたくさんいる、
ということを知りました。
その頃から、将来は誰かの力になりたい、と
漠然と思っていました。

そして大学に入り、昨年の春、
カンボジアでのボランティアツアーに参加しました。
この活動で私は、
実際に自分の目で見たり、その土地の人々と触れ合ったり、
直接経験しなければ分からない事がたくさんあると感じました。
そして、誰かの力になりたいと一層強く思うようになりました。

このことがきっかけで、
カンボジアでの経験を1度限りで終わらせたくない、
自分にできることは何か、

と考えるようになりました。

自分ができることなんて限られている、
でも、自分が感じたこと、みんなが知らない事実を
伝えることはできるかもしれない。


そんなときに出会ったのが、テラ・ルネッサンスでした。
私はいままで、自分から積極的に行動することが苦手でした。
ボランティアやインターンを探しては見るものの、
なかなか応募ボタンが押せずにいました。

しかし、テラ・ルネッサンスの
内なる変化がすべての変化の始まりである
そして、
ひとり一人に未来をつくる力がある
という言葉に、一歩踏み出す勇気をもらいました。

自分のなかの小さな変化。
何かしたい、という気持ち。
自分の内で生まれた小さな変化が、
将来の夢、やりたかったこと、そして世界に対する願い
に繋がっていく。

この言葉に背中を押され、
私はインターンに応募することに決めました。

これからインターンでの活動を通して
たくさんのことを知り、考えを深めるとともに、
たくさんのの人に伝えていきたいと思っています。

まだまだ知らない事もたくさんありますが、
精一杯がんばりますので、
これからよろしくお願いします


(すぎもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


NINJA & SOLDIER

皆さん、こんにちは
インターンの寺西です

3月ももう終わりですね
私はもうすぐ授業の成績が返ってくるので、
ドキドキです

さて、今日はDVD「NINJA & SOLDIER」についてです。

研修の一環で、今日このDVDを見ました。
平林勇さんという方が監督の作品ですが、
平林さんは、当会の鬼丸の話を聞いて、子ども兵のことを知り、
この映画を作ったそうです

このDVDはアニメーションで、
日本の忍者ごっこをして遊ぶ日本の子ども「ケン」と、
コンゴの子ども兵「ニト」が出てきます。

彼らが「違い」について話している場面があります。
ニトは「誰だって人は殺せるよ」といいます。
ケンは「とにかく僕は殺せない側の人間なんだ」といいます。

これを見て、私も人を殺すことができるんだ、とハッとさせられました。
イベント等で、子ども兵の説明をする時があるのですが、
私は子ども兵とは違う、違う人間という感覚があります。

しかし、生まれた場所、時、環境が違うだけで、
私が子ども兵になっていたかもしれない
と思いました。

これがわかった時、今の私があることに、
とても感謝の思いが湧きました。

子ども兵の存在などの問題を知り、
支援をしたい、何かしたい、
と思う気持ちも、とても大切です

しかし、一度今ある自分に感謝することも、
大切だと思います。
ぜひ、今の私がある感謝の気持ちも、
忘れないで欲しいと思います

映画ですが、
トレーラーがこちらにUPされています。
音や映像も素晴らしいので、
ぜひ、機会があればご覧ください。

本日も最後まで見ていただき、
ありがとうございました。

てらにし



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


テラ・スタイル大阪2015

みなさん、こんにちは。
インターンの新谷です。

関東では桜が開花したそうですが、
京都も、もうそろそろでしょうか?
楽しみですね

さて、本日は『テラ・スタイル大阪2015』
について紹介させていただきます!

当会の創設者である鬼丸が、毎月1回東京にて
テラ・ルネッサンスの活動説明会『テラ・スタイル東京』を行っています。
今年2月からは、京都でも行っており、
今回ついに大阪での”初”開催が決定しました

今回は、鬼丸の著書である『僕が学んだゼロから始める世界の変え方』
を元に、テラ・ルネッサンスの現在・過去・未来について
鬼丸が熱く語ります!

・国際協力や社会起業に興味のある方
・何か社会貢献に取り組みたいと思っている方
にオススメです

そして、私は大阪出身ですので
ぜひ、大阪出身の方やお住まいの方に
参加していただきたいです

子ども兵問題にかかわらず、世界にあるさまざまな問題に
先進国の人々が少なからず関係しています。
「遠い国で起きていること」ではありません。

このイベントを通して、子ども兵の現状を知っていただくとともに、
それぞれが自分に出来ることを考えてもらいたいと思います


【イベント詳細】
●スピーカー:鬼丸昌也(認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者・理事)
『僕が学んだゼロから始める世界の変え方』

●日時:4月14日(火)19:00~21:00 (18:30開場)
※講演会終了後には、鬼丸昌也とお話できる懇親会も開催予定

●会 場:NSE貸会議室/堂島淀屋橋店B
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング
1階(A/B)地下1階(C)9階(D/E)
【アクセス】地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」徒歩4分
 御堂筋に面した大阪市役所北向かいの大型ビル
 1階が「池田泉州銀行」「ドトールコーヒー」
 
 アクセスマップ
 
●定 員:25名(先着順)
●参加費:2,000円
●申 込:コチラからお申込みください。
○運営:特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス

みなさまのご参加を心よりお待ちしております

(しんがい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


めぐるプロジェクトご支援報告(12月~2月上旬)

こんにちは
寒かったり暑かったり、これぞ三寒四温という時期ですね。

今日はなないろキャンペーン開催期(2014年12月~2015年2月上旬)
めぐるプロジェクトのご支援報告をさせていただきます。

岩手県
品田さま

栃木県
足利市女性団体連絡協議会さま

千葉県
増田さま
青柳さま
瀬戸さま
鈴木さま

東京都
岩崎さま
はらしま会計さま
呂さま
草川さま
有限会社ファーイーストさま
Koid Boon Eanさま
株式会社オーガニック・キッチンさま
海野さま
株式会社ジプロスさま
山ノ下さま
鶴さま
小澤さま
沢田さま
宮尾さま
寺田さま
結家不動産コンサルティング株式会社さま
粂地さま

群馬県
齋藤さま

茨城県
勝田第一中学校さま
小池さま

埼玉県
佐々木さま
菊地さま
兼平さま
阿武さま
島村さま
スターリィマンからの贈り物さま
神谷さま

石川県
奥村さま

神奈川県
細川さま
西浦さま
北川さま
小山さま
小野寺さま
西さま
細川さま

長野県
中島さま
伊藤さま
早稲田大学マニフェスト研究所さま
神津さま
株式会社織建さま

山梨県
源さま

愛知県
野村さま
イナバヘアワークスさま

岐阜県
株式会社北平商店さま
清水さま
福永さま

滋賀県
植松さま
大溝さま
古我さま
都賀さま
石田さま
井口さま
池堂さま

京都府
寳迫さま
岩佐さま
深見さま
京都武田病院さま
谷口さま
植田さま
藤野さま
鳥越さま
NECフィールディング株式会社さま
川村さま
竹中さま
竹内さま
大原さま
徳田印刷株式会社さま
森さま

大阪府
日本磁石工業株式会社さま
川口さま
高木さま
甲斐さま
加納さま
高島さま
日本磁石工業株式会社さま
山崎さま
山崎さま
小川さま
佐藤さま
藤野さま

兵庫県
谷岡さま
株式会社オゾネさま
小林さま
屋宜さま
吉井さま
村上さま
関西学院初等部さま

奈良県
関目さま
アジア・アフリカ国際奉仕財団さま

岡山県
岡山ビジネスカレッジさま

島根県
葉田さま

徳島県
西精工株式会社さま
佐々木さま

福岡県
吉松さま
峰さま

宮崎県
株式会社ソフモさま

熊本県
きたのさま

沖縄県
當間学童クラブさま
和田さま


たくさんのみなさまご協力いただき誠にありがとうございました。

おかげさまで
無事なないろキャンペーンの目標枚数を越える
8516枚のハガキが集まりました。
本当にありがとうございました


(いけどう)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


インターン卒業式

皆さん、こんにちは
インターンの寺西です

が近づき、春の食べ物が楽しみですが、
運動量が減つつも食べる量が変わらず、
体重が気になり始めたこの頃です

さて、今日は3月19日(木)に行われた、
インターン卒業式についてです。

この3月にインターンを卒業するのは、

池堂、植松、
神本、木上、平松

の5人です。

場所は事務所で
メニューは
広島風お好み焼き、関西風お好み焼き、
明石焼き、ホットケーキ!

各担当が腕をふるい、とても美味しかったです

ちなみにこちらは、木上へののこもったお好み焼きです。

DSC_2376.jpg

職員栗田と卒業生池堂の、力作です。
が、残念ながら、愛は大きすぎてお腹一杯なった木上は食べれず
翌日出勤の職員とインターンが、
美味しくいただきました

最後に集合写真です。
ちなみにピースサインは、戦争勝利のV、ビクトリーの意味だそうです。
世界平和の実現を目的にするテラ・ルネッサンスは、
手話で「I love you」を意味する、このポーズにしました!
IMG_0086 (1)

そして「ルネッサンス、わかルネッサーンス!!」
IMG_0087 (1)

最後に先輩方とお話するいい機会になり、
楽しい卒業式になりました。

先輩方は、テラルネの活動、知識が豊富で、
見習うところが本当に一杯です
私が半年後、一年後に先輩方のようになれるか不安ですが、
思いを引き継いで、頑張っていきます

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

(てらにし)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダ事業からみる支援の在り方

皆さん、こんにちは。
インターンの延岡です。

本日は、当会が行っている
ウガンダでの元子ども兵社会復帰支援プロジェクトの紹介を通して、
私たちの支援の在り方、考え方
をお伝えしたいと思います。

本プロジェクトはアフリカ ウガンダ共和国において、
北部の紛争で反政府軍に兵士として駆り出された元子ども兵が
3年以内に社会復帰することを目指しています。

(プログラム概要)
……………………………………………………………………………………………………………………………
2005年より、ウガンダ北部グル県にて本プロジェクトを開始し、 
元子ども兵が社会復帰のために必要な能力を身につけ、
経済的な自立を果たすこと

同時に、地域住民との関係を改善しながら、
コミュニティにおいて各人の主観的な基準による
安心した暮らしができること
を目標に、機会の提供を行っています。
……………………………………………………………………………………………………………………………

Tailoroing.jpg
職業技術の習得に励む少女


これまで168名の元子ども兵、
及びその家族を含む紛争被害者、
計1,078名へ支援を実施してきました。

結果としては、まだ収入が不安定な元子ども兵もいますが、
平均すると約7,000円程度の月収を得ることが出来ています。
なんとこれは、現地の公務員と同程度の収入なのです。

また、訓練開始前は近隣住民から罵られ、過去の傷のために
将来を前向きに考えることができなかった受益者もいますが、
現在ではお互いの子どもの面倒を見合ったりするなど、
近隣住民との関係も改善され、
他者のために何かをしたいという思いを抱くようになりました。


 
では、そもそも「社会復帰」とは何でしょうか。
「自立している」とはどのような状態をいうのでしょうか。
 
私たちは、
「生存と生活を脅かす様々なリスクに、
自らの力で適応して、
人間らしい暮らしを営めるようになること」

と捉えています。


本プロジェクトに限らず、当会の支援において
対象者と関係を築く際に大事にしていることが2点あります。
それは、オーダーメイド・アプローチとレジリエンス・アプローチです。

1.オーダーメイド・アプローチ
私たちは、アフリカという地域や、ウガンダという国ではなく、
「個人」に焦点を当て、
10人いれば10通りの
社会復帰の支援が必要である

と考えています。
本プロジェクトにおいては特に職業訓練後、
実際に収入が安定するまでのプロセスで、
何度も家庭訪問や職場訪問を繰り返し、
各対象者の持っている強みや可能性を活かしながら、
方向性を共に決定していきます。
マニュアルを作り、その型にはまるのではなく、
可能な限り一人ひとりの進度や意思に寄り添った、
オーダーメイド型の支援をすることで、
対象者の主体性・当事者意識を高めています。

2.レジリエンス・アプローチ
私たちは、外から援助する側の役割は、
考え方ややり方を押しつけるのではなく、
考えるきっかけを提供したり、問題の解決法を
共に見つけようとすることだと考えています。
様々なリスクや困難に直面しても、
各人が持つ多様なチカラと周囲の関係性の中で、
それらを乗り越えていくしなやかな適応能力のことをいう
レジリエンスの可能性を追求しています。

植物に例えると、種そのものに手を加えて
品種改良するのではなく、
水や光、土壌などの周辺環境を整えることで、
その種が自らの力で芽を出すような、
そのような支援の在り方を心がけています。

上記2つのアプローチの根幹には、
「一人ひとりに未来をつくる力がある」
という当会の活動理念に基づいた、
相手の主体的な意思決定を出来る限り尊重する姿勢
である、と考えています。
今後もぶれることのない芯を持ち、
活動を続けて行きたいと思います。

当会ウガンダ事業に関する詳細は以下のHPをご覧ください。
http://www.terra-r.jp/contents/index.php?catid=17&blogid=3

本日も最後までお読みいただき、
ありがとうございました。


(のぶおか)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


めぐるプロジェクトご支援報告(秋)

こんにちは。インターンの池堂です。

めぐるプロジェクトご支援報告の更新が
遅れておりますが
10月・11月分めぐるプロジェクトのご支援報告をさせていただきます。


青森県
株式会社御菓子のみやきんさま
青森総合卸センターさま

福島県
金子さま

東京都
武蔵野中学・高等学校さま
Koid Boon Eanさま
橋野さま
清川事業所さま
立正佼成会中野教会さま

静岡県
内村さま

愛知県
八事聖霊幼稚園さま
株式会社ワイズさま

滋賀県
久保田さま
立正佼成会滋賀教会さま

京都府
藤森中学校さま
京都武田病院さま
葛西さま
龍谷大学ボランティア・NPO活動センターさま
岸上さま
京都SKYセンターさま

大阪府
スパバレイ枚方さま
安城さま

和歌山県
小川さま

奈良県
株式会社RealStyleさま

兵庫県
株式会社デミックさま

岡山県
有園さま

島根県
鹿島中学校さま

広島県
ヒロシマ宗教協力平和センターさま

宮崎県
宮崎若久病院さま

鹿児島県
宇留野さま

いつもあたたかいご支援誠にありがとうございます


当会事務局におきましては、
書き損じハガキ
不要になった携帯電話

フクサポにおきましては古着

キフ☆ブックにおきましては古本

を随時回収しております。
ぜひお気軽にご参加ください!!

いただいたご支援は、
カンボジアで村落開発プロジェクトや
ウガンダで元子ども兵の社会復帰プロジェクト
などに使わせていただきます。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございました!
(いけどう)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


テラ・ルネッサンスも新体制!!

皆さん、こんにちは。
インターンの木上です。

すっかり春めいてきて、お花見の準備が忙しい季節になってきましたね。
この時期は部署の移動、引き継ぎ、学校の新学期と何かと忙しい時期です。

そんな世の中の流れと同様にテラ・ルネッサンスもインターンの入れ替え
新体制で新年度を迎えようとしています。
バタバタが止まりません。
現在担当が新たに決まった人びとからご紹介!!

テラ・スタイル京都担当者
豊島、杉本

創設者鬼丸の講演会を聴ける、国際協力、テラ・ルネッサンスについて
知って頂けるまたとない機会である、テラ・スタイル京都
そのテラ・スタイル京都を企画し、皆様に楽しんでいただける内容を作りあげるインターンです。
大阪でも開催される予定ですので、ご期待ください。

meguruプロジェクト担当者
池堂、徳永(継続)→武田、清水

テラ・ルネッサンスでは、ファンクラブ会員になって頂く、お金による寄付以外にも
皆様がさまざまな形で国際協力に参加できるように物を集めて「おもい」を伝えられるプログラム
を用意しています。これは当会の「一人ひとりに未来をつくる力がある」という願いが強く
反映されたのが、「meguruプロジェクト」です。
当会に届く書き損じハガキ、インクカートリッジ、携帯を寄付として現地の支援に繋げる
コーディネートをしてくれるインターンです。また、皆さまへの報告等の業務も担います。

募金箱担当
神本→寺西

テラ・ルネッサンスと当会の活動に賛同して頂いている団体様を繋ぐ募金箱。当会の
ファンドレイジング、広告塔ともなる募金箱。そんな募金箱に関する営業を担当してくれる募金箱のインターンです。

新部署
支援者サービス担当

新谷

今まで以上にテラ・ルネッサンスを支えて頂いている皆様への
活動報告などの業務を担当します。

新生活で大変ですが、テラ・ルネッサンスにもインターンの新体制のもとで取り組み、
工夫を行って、新たな風が吹き込まれて行くことと思います。

「一人ひとりに未来をつくる力がある」の理念には、インターン一人ひとりでも
当会をよくすることが出来る。
それだけでなく、皆さま一人ひとりが自分の組織内でも物事を良い方向に導いてくれる。
一人では微力かもしれないが、無力ではない。変化や改善を起こすことができる。
そんな事を考えさせらる大切な言葉です。

それでは最後に本日出勤している新人インターン生の抱負です。
新谷「支援者の方々の想いを感じながら、一つひとつの作業を心を込めてやりたいです。
    また、常に学ぶ姿勢を忘れず、自分らしくやっていきます!」
清水「先輩方の想いを引き継ぎ、また新しいことにも取り組みつつ自分らしく頑張ります!」
武田「早く業務を覚えて、テラ・ルネッサンスを応援してくださっている方々の想いに応えたいです。
   宜しくお願いします!」
寺西「先輩方の築いてきたものがあります。築いてきたものを大事にして、さらに改良を加えて、
   私色のものが出来て、さらにさらにテラ・ルネッサンス、そして皆様のお役に立てればと思います!
   継続は力なり、頑張ります!!」

本日もブログに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

(きがみ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


やっててよかったインターン

皆さんこんにちは
インターンの植松でございます。v(^□^)v

今日はとても暖かく、布団を干すのにはぴったりですね!

しかしその代わりに、花粉症には厳しい季節ですし、
布団を干せば、もれなくカメムシが付いてまいります

そんな今日は私の最後の出勤日となりましたので
今回はこれまでのインターンのお仕事を振り返ります。

途上国開発の研究をしている時に、
NPO・NGOの役割が非常に重要であることを感じていて、
『国際協力をしているNPOという組織とはどんなものか、良い面悪い面を含めて知りたい』
と思いインターン先を探していたところ、
「国際協力についてたまに深く話し合う仲」であった職員・栗田の所属する
このテラ・ルネッサンスにタイミング良く出会いました。

入ってみれば、社会人インターンは私一人でしたが、
以前2年間の社会人経験をしていたので
様々な業務に貢献できたのではないかと思います。

職員も、初めからとても期待してくださっていて驚きました。

私の主な担当は、
第1回チャリティー・パーティーの企画・運営と、
学校での授業を通した啓発活動
でした。

12月に開催したチャリティー・パーティーに関しては、
インターン開始直後の9月から担当が決まり、
まだテラ・ルネッサンスという団体の輪郭をつかめないまま走り回りました。

なんてったって当会初めてのビッグイベントですから、
職員の方々も手探りな状態。。。
しかも他の業務で忙しくそれどころではありませんでした。

社会人経験があるからこそ、ということで
このイベントの内容に関してほぼすべてを任される形となりました。

木上リーダーを筆頭に他のインターンを巻き込み、
参加者を楽しませるためにどうすればよいのか必死で準備に取り組んだことを覚えています。

不安とか孤独、プレッシャーとかはもちろんありましたが、
周りのインターンの仲間が

「植松さん、何かできる事はないですか

と声を掛けてくださるようになって、
そして本番に近づくにつれてインターンの意識が団結していくのを感じました。

いつのまにか特定のインターンからは、
「姐さん」「師範」と呼ばれておりました(笑)

そしてパーティー終了後は、
多くの参加者からインターンの力を絶賛していただいたことを覚えています。

テラ・ルネッサンスは理事長の小川や創設者の鬼丸だけで成り立つ団体ではない。
層の厚い職員・インターンがいるのだということを示せたのではないでしょうか。


しかしながら、このイベントを通して組織に対する改善点を確認したことも事実です

他の職場を経験したからこそ見えるものがありまして。。。
根底にある、社会人としての仕事に対する意識や、
働くパートナー(同僚・インターンなど)との仕事の仕方について、
コミュニケーション方法やマナーなど
もっと改善すべき点があると気づきました。

踏ん張るインターンをもっと大切にしてほしいな、とも思いました。

テラ・ルネッサンスが好きだからこそ、もっと良い組織になってほしい。

その一心で、職員に本音でお話をさせていただきました。
ある意味静かに雷を落としました
そうでもしないと、このままズルズル、なぁなぁでいってしまいそうで。



そんな雨があってから、年が明け
私は次の仕事として、地雷問題や子ども兵に関する教材作りに着手しました。

一般の先生方やインターン生が、今後学校で平和教育をする際に、
教える人がただ知識をつらつら話すのではなく、
学習者が考えて、話し合って、主体的に学べる
ようにするアクティビティをたくさん盛り込みました。

フォトランゲージ、ランキング、ゲーム、クイズ、ロールプレイ、ディベートなどなど

実際に中学校、大学、そしてインターン研修でも実践して学習効果が得られたので、
平和教育や総合学習でお悩みの学校の先生方にぜひオススメしたい教材です

20150317.jpg


先行して当ブログからもダウンロードができます。
こちらからダウンロードをお願いします。

ダウンロード

当会ホームページには、4月以降に掲載されますのでご覧いただきたいです


たった6カ月間のインターンで、
テラ・ルネッサンスの成長のために尽力できたことをとても光栄に思います。

ときには厳しいことを指摘したりして、
職員にはさぞ耳の痛いことを言ったと思います。

でもそこで、柔軟に聞き入れてくれたことにも感謝しております。

そして学生インターンの皆さんが、
時々私の所作を見て褒めてくださることがありました。

電話対応や、
流れ作業で、次の人に仕事と渡す時に、相手のことを思いやる事など。

何か、私の背中から学んでくださったことがあるようです。

なんだかそれだけで嬉しいです。

自分の存在が、役に立ったと実感できたこと
それがこのインターンでのやりがいでした。

こころから感謝いたしております。
IMG_0790b.jpg

長文になりましたが、
読んでいただきありがとうございました。

(うえまつ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


『次世代に対する責任』

こんにちは、インターンの新谷です!
今日は太陽がぽかぽか温かく
春を感じますね


テラ・ルネッサンスでは毎日朝礼を行っています。
毎朝、疑問に思ったことやテーマを決めて、
ディスカッションしています。

今日のテーマは、テラ・ルネッサンスのミッションにある
「『次世代に対する責任』とは何か?」
でした

私たちはテラ・ルネッサンスは、
すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現
という同じ目的、願いのもと活動しています。

一人ひとりがそれぞれの考えを持っています。
『次世代に対する責任』という言葉ひとつ取っても、
想像するものは、それぞれ違うと思います。

私は、資源を想像しました。
資源は永久にあるものではありません。
私たちが好きなだけどんどん使えば、
次の世代に生きる人々はわずかな限られた資源しか使えません。


私が考える『次世代に対する責任』とは
次世代の人のことを考え行動することです。

大きなことでなくても、
それぞれの方法で出来ることはあると思います

「水のムダ使いをやめる」
というのは小さな行動に見えるかもしれません。
しかし、その小さな行動を100人の人がすれば
大きな行動になります。

微力ではあるけれど、無力ではない
のです!!

100人いれば100通りの方法があります。
みなさんそれぞれの方法で行動してほしいと思います

本日もありがとうございました!

(しんがい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


おすすめ映画のお知らせ『風に立つライオン』

みなさんこんにちは♪

インターンの清水です
個人的には1週間ぶりの更新となります!
今日もよろしくお願いいたします

さて今日は何の日か、みなさんご存知でしょうか(^O^)


今日は、テラ・ルネッサンスが(勝手に)応援している
映画『風に立つライオン』の公開日です!


大学病院から、ケニアの研究施設へ派遣された日本人医師。

国境近くの戦傷病院で、
麻薬を打たれ、戦場で負傷する子どもたちの現状を目の当たりに。

そんなある日、病院に担ぎ込まれた
心に傷を抱える少年兵と出会う。

彼の心の闇に真正面から向き合うことで、
人の命や生き方について、見つめ直していく。
(→ http://kaze-lion.com/)



  



『風に立つライオン』は、
私たちも取り組んでいる子ども兵問題に触れた映画です。
この映画をきっかけに、

より多くの皆様に
子ども兵問題について知っていただきたいと、思っています。

また、
子ども兵とは?少年兵とは?という疑問を持たれている方、
当会のHPにて、子ども兵の実態など紹介しておりますご参考ください。

テラ・ルネッサンスHP:子ども兵について


私、清水も予告編を見ましたが、
それだけで十分涙が出そうになりました。

きっとたくさんのことを教えてくれる映画だと思います。


私は来週映画館へ観に行くつもりです
皆さまもぜひ一度ご覧ください。


(しみず)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


第45回テラ・カフェ 振り返り

みなさんこんにちは
インターンの新谷(しんがい)です。

さて、本日は3月11日(水)に行なった
第45回テラ・カフェ「大槌復興刺し子プロジェクト」
のご報告です!

3月11日は東日本大震災が起こった日であり、今年震災から4年を迎えました。

テラ・ルネッサンスが行っている大槌刺し子プロジェクトや刺し子については、
こちらの記事に詳しく書いているので、ぜひご覧ください↓
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2294.html

今回のテラ・カフェは、大槌町の現地スタッフとテレビ中継を繋ぎ、
現地の今についてお話していただきました。

「なにもすることがない」というあばあちゃんの一言がきかっけで始まったこのプロジェクトですが、
いまでは刺し子が生活の一部になっていたり、やりがいを感じているそうです。

現地スタッフの鈴鹿は活動する際、一人ひとりに合った支援をすることを
心掛けていると話しました。
そうした心掛けの結果、刺し子はお金稼ぐためだけではなく、刺し子さんにとって
落ち着ける
場所・家族のような温かい場所になっているのだと思いました。

最終的(10年の支援を終えた時)に目指す大槌刺し子プロジェクトの姿は、

『刺し子をビジネスとして成り立たせ、
それを通じて社会や地域に貢献していくこと』


です。

また、地元のおみやげといえば刺し子になるように、
また現在刺し子さんとして働いている方の子どもが将来刺し子さんとして働ける場所を作りたい
ということもおしゃっていました。

支援する側・される側という関係をなくし対等な立場をつくることは大切なことだと思いました。
また、刺し子を次の世代、またその次の世代へと伝えていくことは、ビジネスの面でも重要であり、
世代を超えて刺し子が受け継がれていくことはとても素敵だと思いました

皆さま、イベントに参加くださり、ありがとうございました!
次回のテラカフェは3月にカンボジアに行ったインターン生の報告会です。
詳細は決まり次第、こちらのブログでもお知らせします。

またのご参加お待ちしております


(しんがい)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


―テラ・ルネッサンスでの活動を振り返る―

皆さん、お元気ですか?

久しぶりの登場になります、インターンの木上です。
時が経つのは早いもので、私が2014年8月~インターンを始めてからもう半年!

私はこの4月から長らく過ごした京都での学生生活を卒業して、
社会人として働きはじめます。

職員の方、共に活動したインターン生に感謝を込めて、テラ・ルネッサンスでの
短くも、濃密な時間を振り返ってみたいと思います。

そもそも、私がなぜ、テラ・ルネッサンスでインターンをしようかと思ったか?
元々国際協力とか、援助とかといった分野に興味を持っていました。
そんな中で、当会の創設者・鬼丸の講演をお聞きして興味を持ち、
インターンに応募しました。

元々がせっかちな性格で、応募も始まっていないのに応募メールを送り、電話まで掛ける
というウルトラミスを犯してしまうところからスタートします。

2014年8月~9月
いわゆる新人研修
基本的な業務全般を学んでいきます。
自分の苦手な分野である人と接することをより体験できるようにイベントには
全て参加できるように心掛けていました。

2014年10月~12月
展示用の新パネルの作成と第1回のチャリティー・パーティーのお手伝い
イベントを通じて、改善の必要があると感じていたパネルの改善とスーパーインターンの方が
主導していたチャリティ―・パーティーのお手伝いをさせていただきました。

2015年1月~2月
ワン・ワールド・フェスティバルとイベントマニュアルの改訂
関西で最も大きなイベントの一つであるワン・ワールド・フェスティバルの準備と
イベントマニュアルを、これだけを見ればイベントが出来るように、改訂していました。

以上が私がやってきたことです。
試験やその他の大学でのイベントで十分に力を出せたか、自信はないですが大学内だけ
では会えない人々との出逢いなど色々なことを学ばせて頂いた半年間でした。

その中で私が特に感じたことをお伝えしたいと思います。
当たり前のことですが、「考えながら、行動する」です。

自分が何がしたいのか、それは何故必要なのか、どういった目的でそれをするのか等
他人に説明できるようになるまで具体化することは難しいことですが、それを自信を持って
話せると人を(特に職員も)動かすことも出来るなと感じました。
そうでなければ、新パネルの作成も認めてもらえなかったと思います。


また、「+αをする」ことも重要なことであるなと感じることが出来ました。
具体的には、自分ではなく、他の人ならどう感じるかを考えて自分の業務をこなすこと、
自分なりの答えを複数用意してから職員の方に質問、提案をするということです。
言われたことをするだけでは、自分にも進歩もないですし、充実感もかなり異なってくると
今では思います。

挙げてみれば、何故それが出来ないのかとお叱りを受けるかもしれませんし、職員の方も
呆れていたのかもしれない、当たり前のことですが、実行することは難しいことでした。
その当たり前が出来ないと多くの経験が出来ない現場でした。

以上が私がテラ・ルネッサンスでの活動を通して学んだことです。

至らない私を心の中で(実際にも?)顔に青筋を立てながら手助けして頂いた職員の方やインターンの
方には感謝です。

これからは外からですが、この学び忘れないように頑張って行きたいと思います。

本日も長文お付き合いいただき、ありがとうございました。

(きがみ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


インターンを通して私が学んだこと。



みなさん、こんにちは!
インターンの神本です

2014年5月にインターンを始めて、はや11カ月!
時が経つのは早いものですね~!

私はこの3月にインターンを卒業するので
今日は、インターン生活を振り返ってみようと思います

もともと私は国際協力という言葉も知らなかったのですが
大学で観光の勉強をするなかで
漠然と海外に憧れを感じ、国際問題にも関心を持つようになりました。

実際に海外旅行へ出かけ、その問題を身近に感じたことがきっかけで
「わたしもなにかしなきゃ」と思っていたときに
当会理事長の小川の講演を聞き
まずは国際協力の現場を知ろう!
と思って、参加することにしました!




私がインターンとして担当していた業務は主にふたつです。

まずは、主催イベントのテラ・カフェの企画運営

毎月テーマを変えて行われるイベントで、
私も何度か主担当として企画し
司会として前に立って話すこともありました。



そしてもうひとつは、募金箱

これは、公益財団法人 京都地域創造基金さんとの協働で
「国際協力をもっと身近なものにしよう」
という思いのもと、京都市内の企業・団体様に
募金箱を設置していただくために実際に足を運び、
企業の方々に当会の活動や募金の使い道などを説明していました。


このような業務を担当していた私ですが
人前で話すことや伝えることが何よりも苦手でした


しかし、だからこそ私はたくさんことを学べたと思っています。



私がインターンを通して、最も感じたことは
「伝え方の大切さ」です。

募金箱で様々な業種の方々とお話しをしたり
イベントで大勢の方々の前でスピーチをしたり
同年代の大学生の前で活動の紹介をしたり。

伝えたい内容は同じでも、話す相手の境遇や関心は当然異なるので
毎回決まった言葉でお話ししていると
うまく伝わらなかったり、相手の心に響かなかったりということがありました。

また、慣れない電話で失敗することも多々ありました

なにかを伝えるときには
まずは自分が一番伝えたいのは何かはっきりさせること
そして、相手のことを知ること
そのうえで、相手に興味を持ってもらえる工夫をすること
がとても大切だと気づきました。

当たり前のようですが、苦手だからといって
人に伝えるということを避けてきた私にとっては
とっても大きな発見でした



そしてもうひとつ、
「人とのつながりを大切にする」ことです。

職員の方々やインターンの皆さんを見ていても、
出会う方、支援して下さる方、ひとり一人とのつながりを
大切にしているのが分かりました。

私自身も、募金箱で定期的に設置企業様へ訪問をし、
回数を重ねるごとに、つながりが深まるのを感じました。

国際問題や社会問題は私には大きすぎて
何もできない、変えられないと諦めそうになったこともありましたが
今は、誰かと一緒なら、達成できると思えるようになりました。



他にもたくさん感じたことはありますが
何よりも、とても楽しかった!です。

いつも相談に乗ってくださり、助けてくださった
職員の方や、インターンの皆さん
インターンを通して出会えた全ての方に感謝です

インターン卒業後は、1年休学して海外へ行きます。
この選択ができたのも、ここで受けた刺激がとても大きかったです!

インターンは卒業しますが、ここで学んだことを忘れず
自分が国際協力に携われる方法を見つけたいと思います。

今までほんとうにありがとうございました


(かみもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


はじめまして!


皆さん、はじめまして

新しくインターン生になった
土岐(どき)と申します

同志社大学社会学部の3回生で、
現在、雇用問題や労働問題について勉強しています。

中学生の時はバレーボール部、高校生の時はバドミントン部に所属しており、
体を動かすことが大好きです

私がテラ・ルネッサンスのインターンに
応募した理由をお話させて頂こうと思います。

私は小学生のころから、漠然とはしていましたが
国際協力に興味がありました。

私が、国際協力により興味を持ち始めた大きなきっかけが、
中学2年生の時に「ルワンダ内戦」の話を聞いたことです。

このとき私が思ったことは、

「なぜ同じ人間なのにこの人達は
当たり前の生活ができないのだろう。」


「同じ人間なのに世界中の人々は
どうして平等ではないのだろう。」


ということでした。

国際問題についての知識はあまりにも浅く、知らないことだらけでしたが、
子どものときの自分はそのような事を思いました。

去年の夏、ずっと行きたかったカンボジアへスタディーツアーに行きました。

自分の目でカンボジアという国を見ることができ
とても良い経験になったのですが、

想像以上に発展している都市部、物を異常に求めてくる孤児院の子供達

を見て、先進国に住む人間が何をしてあげることが
いちばん良いことなのかが分からなくなってしまいました。

物資での支援が求められているのか、
お金での支援が求められているのか、

そのような思いが自分の中に生まれました。

このようなことを感じるのは、確実に自分の勉強不足です。
だから、国際問題についてもっと学びたいと思いました。

そんなとき、「テラ・ルネッサンス」を見つけました。
『国際協力という言葉に妙に敏感でこの言葉を聞くとソワソワする人』
という言葉を見て、ここにしようと決めました。

地雷や子ども兵、小型武器の問題など、まだまだ知らないことだらけですが、
多くのことを学び、経験し、吸収していきたいと思っています
これからよろしくお願い致します。


(どき)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


みなさん、はじめまして!

はじめまして
3月からインターンを始めた清水です。
これが初めてのブログ投稿となります。

私は現在、教育大学に通っています。春から3回生になります。
専攻は幼児教育
幼稚園の先生になることが 小さいころからの夢でした。

しかし、大学で勉強をしていくなかで、
日本のような守られた環境にいる子どもたちだけでなく
紛争や貧困に苦しむ子供たちの助けになりたい
と思うようになりました。

世界には、
安心して生活することが難しい子どもたちが多くいます。

悲しい思いをする子どもたちが一人でも減って欲しい。
笑顔が少しでも増えてほしい。


そして、すべての子どもたちが笑顔で過ごすためには
世界や、大人が、変わる必要があるとおもいます。

そこで、子どもの問題はもちろん、
その他大きな問題も見据えて、国際協力に関わりたいと思いました。


そんなときテラ・ルネッサンス創設者の鬼丸の本
こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した
に出会い、
鬼丸の考えや テラ・ルネッサンスの理念に強く惹かれ
テラ・カフェへの参加などを経て
インターン希望を決めました。


そして
昨日は初日、オリエンテーションでした。
職員の栗田をはじめ
インターンの先輩方にたくさんのことを教えていただき、ますます意欲が高まりました!

IMG_8699.jpg


地雷、子ども兵、小型武器、
取り組んでいる問題はどれも重く、軽い気持ちでは決して関われないとも強く感じました。

知れば知るほど辛い、厳しい現状もありますが、

それを知れたことに感謝して、この環境を十分に生かして、
誰かのために、世界の平和のために、
自分にできることを精一杯やっていこうと思います。

これからお世話になります。
よろしくおねがいします!!


(しみず)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【メディア出演情報】岩手放送、NHKに登場します!(3/7・8)

今週末、3/7(土)、3/8(日)に、テレビにて大槌刺し子が紹介されます!
ぜひ、お見逃しなく!!!

team.jpg


◆IBC岩手放送テレビ(岩手県内のみ)
日程:3月7日(土) 9:25~11:27
番組名:じゃじゃじゃTV
(10:30から5分程度、スタッフが生・中・継に登場!! )

じゃじゃじゃTV放送600回記念SP。
東日本大震災からまもなく4年を迎える岩手県沿岸から全編生中継。
復興が進む各地のグルメや名産品を浅見アナと冨田アナがレポート。
ほか元気発信にとりくむ方々にお話を聞く。中継は宮古市のシートピアなあどから。


◆NHK総合テレビ(全国放送!)
日時:3月8日(日) 10:00〜16:00
番組名:震災から4年「特集 明日へ ー支えあおうー」
(放送予定時刻14:30〜15:00のうち4分程度の予定)
http://www.nhk.or.jp/ashita/311/

被災地からの声や復興への取り組みを紹介する「明日へ ー支えあおうー」
今も避難生活が続く子どもたちの火曜、福島県相馬市の仮設の小学校をキーステーションに
生放送でお伝えします。今週末、3/7(土)、3/8(日)に、テレビにて大槌刺し子が紹介されます!
ぜひ、お見逃しなく!!!

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


レアメタルと私たち

みなさん、こんにちは。
インターンの延岡です。


3月になり、新年度の準備に向けて
慌ただしい季節となりましたね。


一人暮らしを始められる方、
家具、家電、食器など、とにかく色々なものが必要ですよね。

引っ越しをされる方や
新年度から気分を一掃してリフレッシュしたい方、
この時期は家電製品の価格が下がり、
新しいテレビや冷蔵庫、パソコン、携帯電話、
なにかと買い変えたい衝動に駆られる時期ですよね。

ここで、みなさんに考えて頂きたいことがあります。

そのテレビ、本当に必要ですか。
その携帯電話、本当に買い変える必要がありますか。
そのパソコン、本当にもう使えませんか。


実は、私たちの何気ない消費行動が、
子ども兵と大きな関わりがあるのです。

パソコン、テレビ、携帯電話をはじめとする、多くの電気製品には
レアメタルが使用されています。


pic_2_1_01.gif
レアメタルの主な用途(出典:経済産業省 2009:p1)


レアメタルとは簡潔に説明すると、
需要が高いにも関わらず、
入手するのが非常に難しい金属のことをいいます。

天然資源の宝庫であるアフリカ・コンゴ民主共和国では、
特に私たちの生活と関わりの強いタンタル
というレアメタルが採掘されています。

そして、このタンタルが武装組織の活動資金の一部となっており、
子どもたちでも扱えるような小型武器の取り引きに使用されているのです。

つまり、私たちがパソコンや携帯電話などの電気製品を求めれば求めるほど、
タンタルの需要が高まり、
武装組織に流入するお金も増えてしまう、

そのお金で武器を購入し、
子ども兵が存在し続ける
、というわけです。

このような、私たちの消費生活とレアメタル、子ども兵との関係について、
以前のブログでも紹介しておりますが、
3/8(日)に京都でイベントが開催されます。
当会の職員もスピーカーとして参加いたします。

少しでも興味を持たれましたら、
ぜひ足をお運びください。

詳細はこちらです。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。


(のぶおか)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コラボ商品、母と子の絆

みなさん、こんにちは
インターンの寺西です

最近、このブログに頻繁に出没しています(笑)
2月からインターンを始めましたが、
そろそろ覚えていただけたのではないでしょうか

さて、本日は特集日!!
大槌刺し子プロジェクトについて、
特集します!!

この度、大槌刺し子は、中川政七商店とコラボをします!
その名も、「obento motta」、です

中川政七商店さんは、1716年創業の「奈良晒」老舗で、
複数のブランドで全国に直営店を展開しています。
詳しくは、こちらです。

今回のコラボは、母と子の絆を表しています。
そもそも「motta」は、中川政七商店さんが展開する、
「肩ひじを張らないハンカチ」がコンセプトの、ハンカチブランドです。

2015030216010956b.jpg


そんな「motta」に、大槌刺し子が、お弁当サイズに合わせて、
親と子の絆を象徴する伝統柄である、「親亀子亀」を施しました。

どんな柄か、気になりますか
気になりますよね
どうぞ、こちらの「コラボ商品販売のおしらせ」をご覧ください!!

この場では、敢えて画像はお見せしません。
サイトをみていただいて、
よりこのプロジェクトについて、見てほしいと思います

私個人としては、お弁当と親子の絆を結び付ける点が、
とても温かみを感じました。
また、刺し子のデザインも可愛らしく、
子どもと親の2種類のデザインがあるのも、
面白いと思います。

サイトの載っているデザインを含め、
全18種類あるそうです。
自分のお弁当箱に合わせて選ぶのも、
楽しそうです。

また、刺し子が見えるようにたたんで、
普段のハンカチ使いにするのも、
オシャレですね

価格3000円で、
販売期間は2015年3月20日(金)~4月30日(木)です。
長期間の販売ではないので、
お気を付け下さい。

販売店舗も東京から福岡まで、網羅しています。
「私の地元も売ってた・・・!!」
というかたもいらっしゃると思います

ぜひ、ご検討ください

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございます

(寺西)


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今日はひな祭り



みなさんこんにちは
インターンの豊島です。
最近少しだけ暖かくなってきましたね
季節の変わり目ですがいかがお過ごしでしょうか

さて今日はみなさんご存じ、ひな祭りです
小さな女の子はもちろんのこと、子供を喜ばせる
大切なイベントですよね
雛人形を飾っているご家庭も多いのではと思います。

お宮参りにお食い初め、七五三など
私もこれまでたくさんの愛情をもらい育ててもらいました
家族には本当に感謝しています


しかし世界を見渡すと

私達のように
恵まれている子供達
ばかりではありません。



テラ・ルネッサンスが支援している元子供兵の中には
家族から疎外されたり、軽蔑を受けたりと
私達が当然だと思っていることが当たり前ではなかったりするのです。


もっと世界を見渡すと
8億5万人が
飢餓で苦しんでおり
その中にはたくさんの
こどもが含まれています



たくさんの愛情とともに育てられる子供がいる一方で
疎外や軽蔑、さらには
存在すら認められず亡くなっていく子供達がたくさんいるのです。

この違いって何なのだろうなぁと最近よく思います
みなさんはどうお考えになりますか?


ところで皆さん
イブラヒモビッチという有名なサッカー選手をご存じですか?
2/14に行われたカーン戦の試合で得点後にユニフォームを脱ぎ
イエローカードをもらった人物で最近ホットな選手です
サッカーにおいてユニフォームを脱ぐことはNGなのですが
彼の行為が今たくさんの賞賛を集めています


さて一体なぜでしょうか?


実は彼の身体にはたくさんのイレズミがあります。
このイレズミは
世界で飢餓に苦しむ子供たちの名前


彼は後日のインタビューで次のように述べています。

「誰にも名前を知られず
誰にも応援されない人達がいる
俺の名前を聞いた時
彼らの名前も思い出してほしい」



鬼丸の謳う言葉のように
「我々は微力だが、無力ではない」
ことを公にしてくれた行動だったのではと私は思います。


以下はイブラヒモビッチの当日の動画へのリンクです
物凄く心に響くものがありますので
よろしければご覧になってください
https://www.youtube.com/watch?v=wDJjcL9Ya4c


より多くの人が関心を持っていただけたらと思います

(とよしま)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


第45回テラ・カフェのお知らせ

みなさん、こんにちは
インターンの寺西です

ついに3月に突入しました!!!
時の早さとは末恐ろしいですね・・・
年度末や卒業式があるなど、
忙しい時期ではありますが、
ドンと頑張りましょう

さて、本日は、
少し早いですが、テラ・カフェのお知らせです。
今回で第45回目になります!
テーマは、
「大槌復興刺し子プロジェクト」です

当会では、東日本大震災の復興支援として、
岩手県の大槌町で、
「避難所で何もすることがない」という人々のために、
「刺し子」を提供し、それを活用した商品の企画、制作、販売を、
行っています。

刺し子とは!
日本に昔から伝わる手仕事の1つです。
ネット検索すると、丈夫なもので、柔道着や剣道着にも、
使われているみたいです

刺し子商品製作風景1

これが刺し子をされている様子です。
みなさん、真剣ですね
でも、何かすることができるからこそ、
真剣なれるのだと思います

テラ・カフェでは、大槌町にいる現地スタッフとテレビ中継しながら、
大槌の人々の声や今の暮らしをお伝えします。

テレビ中継は、すごいですね!!!
非営利団体は、実際に何をしているのかうさんくさい
というように、怪しまれがちです

その怪しみを解消する一つの方法に、
実際に現地へ訪れて、確認することですが、
それは時間やお金等々の都合上、難しいです

しかし、今回現地と中継するため、
現地の声を直接聞いて、どんな支援がされているか、
実際に確認ができのです

日時は、3月11日(水)、19:00から20:30までです。
場所は、ウエダ本社ビルコラボレーションセンター2階になります。
メールでのお申し込みは、こちらよりどうぞ!

また、大槌復興刺し子プロジェクトのことをさらに知りたい方は、
こちらをどうぞ!

皆さまにお会いできるのを、楽しみにしています。

最後まで読んできただき、
ありがとうございます

(寺西)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar