今日は...庭の日!!...??

みなさん、こんにちは

今日は...良い天気でしょうか?

実は今日は4月23日でして(過去にタイムスリップしたとかそういう訳ではありません笑)、


まっ、庭の日のブログ書いちゃいますね~~~!!


と、いうわけで!

本日は!

庭の日!!

...ってなんぞや?

「庭の日」ってどんな日?




暮らしに安らぎとうるおいを与えてくれる庭の素晴らしさを、

より多くの人に見つめなおしてもらいたい。


そのきっかけになればという気持ちを込めて、

造園連では4月28日を「庭の日」と制定しました。




この記念日をきっかけとして、

多くの人がそれぞれの視点で、

身近な庭や環境について考えてもらえることを願っています。



(参考:一般社団法人日本造園組合連合会


と、いうことでした。

わたしも思い出しました、
祖父母の家の庭のこと。


春は色とりどりの花が咲いて、
飼ってるが自由に散歩しています

晴れの日はバーベキューをしたり、

母や叔母とバドミントンをして、


夏は小さい頃はビニールプールで水遊びをしました。

秋は焼き芋をして、

冬の雪が積もった日は家族で雪だるまを作りました。



思い出してみるとたくさんの思い出がありますね(* ´ ▽ ` *)


私にとっての「庭」は、
安らぎを与えてくれる空間でもあり、
楽しみを与えてくれる空間でもありました。


今も、たまに訪れる祖母の家の庭は
私の大好きな場所の一つです。


...こうして改めて考えて文字に起こしてみると、
なんだか感慨深いものがありますね


皆さんもぜひ、この機会に自分の身近な庭、

道端に植えられた草花やベランダのプランターなどについて
思い出してみてはどうでしょうか。


何か大切なことに気付くかもしれないですね




(おかもと)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


今日は何の日?

皆さん!!
こんにちは( ̄^ ̄)ゞ

インターンの小林です。

新年度が始まり、もうすぐひと月。
みなさんはどんなひと月を過ごされましたか?

私は新しい生活について行くだけで精一杯な日常を送っていました




さて、気を取り直して、
皆さん。今日は何の日かご存知ですか?

世界本の日です。

この世界本の日
世界で2番目に発行数が多いとされる「ドン・キホーテ」の作者であるセルバンテスや、
イギリスの劇作家、シェイクスピアなどを含む多くの作家の命日が4月23日であったことから制定されました。

この日には、世界各国で行事が催され、日本でも子どもの活字離れや国語力の低下などが指摘されているなか、
積極的に読書を行う意欲を高めるために、子どもの読書活動の推進に関する法律(2001年公布)により
子ども読書の日が制定されています。

今日から5月12日までは「子ども読書週間」です。
本はたくさんの知識や素養、教養を与えてくれます。
自分に経験したことの無いような世界を見せてくれます。


ただし、本はうまく利用できないと、恐ろしい側面も持っていると思うのです。
本を読んで、その分野や地域のことを全て分かった気になってしまう。
世界では、本当にあらゆることは常に変化していくのだと思います。
本は本当に素晴らしいものですが、あくまでそれに支配されてしまってはいけないと思います。

偉そうに語ってしまいました。。。すみません。

GW、子供読書週間には、溜め続けた本を少しでも消化できればと思っています。
皆さん、気をつけながら、本を読みましょう。ヾ(o´∀`o)ノ


(こばやし)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


第57回テラ・カフェ

みなさんこんにちは!
インターンの米田です^^

本日は、4月13日(水)におこなった、
第57回テラ・カフェ
「22歳の決断~新しい選択肢へのパスポート~」
を振り返ってみたいと思います


進級・進学など、学生のみなさんにとっては
新しいスタートとなる4月
特に就職活動が始まった大学4年生の方は、
自分の進路について考える機会も
多いのではないでしょうか?

「企業就職だけではなく、
市民団体で働くことにも興味がある!」


そんな就活生のみなさんに向けて、
NGOとはどのような組織か
また
NGO職員になるために必要な能力や経験
について、お伝えしました。

IMG_9626_201604191641324c4.jpg

今回は、スピーカーとして
公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)より、大豊盛重さんを
特別ゲストとしてお招きしました

当会職員の栗田が、NGOという組織の概要をご説明した後、
企業勤務を経てNGO職員になられた大豊さんに、
NGOの仕事・役割と、そのために必要な経験などを
お話いただきました♪(/・ω・)/ ♪


個人的に勉強になったのは、
「企業就職をしても、NGO就職になっても、
地道な仕事があることには変わりはない」
という点

事務作業があることや、
人との関わり合いの中で働くことは
企業でもNGOでも同じで、
だからこそ、日々のインターンで経験する業務を
大切にしていきたいなぁと思いました

IMG_9628.jpg
(↑パネルディスカッション形式で様々な質問に答えていただきました♪)

終了後も、参加者の皆さまからスピーカーのお二人に
閉場時間ギリギリまで質問が相次いでいました。

今回のテラ・カフェが
みなさんが「働くこと」を考える一助になればと思います


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

(よねだ)


******************************

現在テラ・ルネッサンスでは、
日本最大のクラウドファンディング 「READYFOR」 を通じて、

コンゴ紛争を生きのびた女性たちの社会復帰を応援!
女性たちの笑顔を開花させる「幸せな洋服屋さんプロジェクト」
の、

寄付を募集しております!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

▼詳細はこちらから
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo

******************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


テラルネとコンゴ


皆さまこんにちは(#^.^#)
インターンの番野です。


さて本日は、コンゴ特集 最終回 !!

ということでですね、
今月、3回にわたって特集をしてきましたが、

前回予告にもありましたように、
"テラルネがどのような支援をおこなっているか"

について、お話させて頂きたいとおもいます!!



▽ ちなみに、こちらが前回までの記事になります (´ω`人)

******************************

特集①「忘れられた紛争」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2546.html

特集②「コンゴ民主共和国ってどんな国?」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2548.html

特集③「活動地域 南ギヴ州 (コンゴ) の状況」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2551.html

******************************


私たちは主に、

対象地域12ヵ村において、元子ども兵及び性的暴力を受けた女性などの紛争被害者が、
BHN(人間としての基本的なニーズ)を満たすことをめざして
下記の5つのような活動を行っています。

(1)健康を維持するための活動 ―保健医療支援―
cong2-3.jpg
▲現地の病院や診療所、他の援助機関らとも協力しながら、
マラリア予防のための啓発活動や蚊帳の配布、基礎健康教育など
受益者及びその家族が健康を維持するために必要な支援活動を行っています。


(2)自給食料を確保するための活動 ―食料の安全保障支援―
cong2-4.jpg
▲対象地域の12ヵ村に相互扶助(助け合い)グループを組織し、
農業、家畜飼育、魚の養殖を行うための技術指導や、
初期に必要な農作物の種子や家畜、養殖用の稚魚などの供与を行っています。


(3)収入源を確保するための活動 ―収入向上支援―
cong2-5.jpg
▲受益者が安定した収入源を確保するために、
衣服や家具など地元住民にとってもニーズの高い製品や
フェアートレード商品を生産する為の技術訓練を行っています。


(4)心理社会的な安定を促す活動 ―心理社会支援―
 
▲子ども時代に戦闘に加担させられた元子ども兵や、
性的暴力を受けた女性たちは、心に傷を負っているだけでなく、
コミュニティーから偏見を受けたり、疎外されるケースもあります。
同活動では、グローブハウスⅢに常駐するカウンセラーが、希望者に対して
個別カウンセリングを行い、受益者の精神的な安定を図っています。


(5)子どもの権利を守るための活動 ―子どもの保護支援― 
cong2-6.jpg

▲教育の機会を奪われた子どもたち(孤児)に対して、
初等教育の機会を提供しています。
また、将来を担っていく子どもたちの人権が守られ、
子どもの徴兵などあらゆる危険から子どもたちが保護されることを目的に、
子どもの権利や保護に関する啓発活動(ワークショップなど)を行います。


かなりざっくりと説明させていただきましたので、
もっと詳しく知りたい (’0’)!!

という方は、こちらもご覧ください.*
http://www.terra-r.jp/activity_congo.html

----------------------------------✂キリトリ--------------------------------


さらに現在、READYFOR では ...

コンゴ紛争を生きのびた女性たちの社会復帰を応援!
女性たちの笑顔を開花させる「幸せな洋服屋さんプロジェクト」
の、

寄付を募集しておりますヽ(o´・ω・`o)ノ

どうぞ、よろしくお願いいたします。

▼詳細はこちらから
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo

----------------------------------✂キリトリ--------------------------------


それでは今日は、このへんで...
最後までお読みいただき
ありがとうございました♪

( ばんの )

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


めぐるプロジェクトご支援報告(3月)

みなさん、こんにちは!

最近暖かいですね~
なんだか気持ちも軽くなるようで、
毎日楽しく生きております、

インターンの岡本です(*≧∪≦)

めぐるプロジェクトを担当していたインターンの土井が
ただ今留学休みに入っておりまして
めぐるを引き継ぎましたので、
テラ・ルネッサンスを代表して、
3月事務所に届きました

ハガキ、携帯電話

ご支援報告をさせていただきます


栃木県
堀井 さま

千葉県
瀬戸 さま

東京都
金子 さま
佐藤 さま

埼玉県
金子 さま
金沢 さま
木村 さま
下山 さま

岐阜県
清水 さま

三重県
岩谷 さま

大阪府
武智 さま
門真市立脇田小学校 さま

京都府
千賀 さま
中須 さま
寺西 さま
株式会社ウエダ本社 さま

滋賀県
谷 さま

鹿児島県
藤原 さま

たくさんのハガキ、携帯電話を送って頂き、
ありがとうございました

当会では
書き損じはがき
不要になった携帯電話
古本
古着
古紙
アルミホイール
を随時回収しております。

なお使用済みインクカートリッジの回収は2015年3月末で終了いたしました。
▼詳しくはこちらをご覧ください(青字を押すとリンクに移動します。)
インクカートリッジ回収終了のお知らせ
長い間ご協力くださりありがとうございました。

今後とも暖かいご支援よろしくお願い致します

(おかもと)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


活動地域 南キヴ州(コンゴ)の状況

皆さん、こんにちは~


今日の京都は快晴でしたが、皆さんの地域はいかがでしたか?


さて、本日は、、、、
特集日です!

今月は コンゴ事業 についてお送りしており、
今回はその3回目になります(^○^)


▽前回の記事をご覧になりたい方はこちら

特集①「忘れられた紛争」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2546.html

特集②「コンゴ民主共和国ってどんな国?」
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-entry-2548.html


本日はというと、、、、

テラルネの活動地域である南キブ州の状況について
お伝えしようと思います!



その前に!
前回と前々回のおさらいを少し。

コンゴ紛争は第二次世界大戦以降で最大の紛

・紛争で失われた命の多くは、幼い子ども達だったということ。
(安全な水や食料などが不足する紛争下では、抵抗力の弱い子ども達は
危険な状況に陥りやすいため)

・成人女性だけでなく、10歳にも満たない少女までもが性的暴力
苦しんでいたということ

・戦場で銃を持って戦わされ、時には自分の家族まで殺させられた子ども兵
少なくとも3万人いたということ。

・経済発展が進む一方、貧困やジェンダーエンパワーメント、教育、平均余命等を
含む人間開発指数では世界の中でも最下層(2016年現在:187カ国中175位)


以上がコンゴ全体に関わる内容になります。



では、テラルネが支援する活動地域の状況は?


南キブ州 は、コンゴ紛争の口火を切った場所でもあり、
1996年の第一次紛争開始から現在に至るまで、
紛争の被害を最も受けている地域の一つです。

20110610164857e0a.gif


南キヴ州は東側(右側)の真ん中のほうになります。
(画像出典:「オートギャラクシーの海外情報」http://autogalaxy03.blog100.fc2.com/

これまで徴兵された3万人のコンゴ子ども兵のうち、1万人が同州から連れてこられたとも言われています。

その中にある、カロンゲ区域(カレヘ行政区)。
この地域は、2007年以降、北キブ州での戦闘を逃れ約9万人もの避難民
流入があり、
また、ルワンダ解放民主勢力(FDLR)などの影響下にあることから、
2009年のFDLR掃討作戦開始以後、
住民たちは、政府軍、武装勢力双方から
食料の略奪や村々の襲撃、女性への性的暴力に苦しんでいます。

また、新たな子どもの徴兵も報告されています。

更に、栄養失調などを理由とする5歳児未満の死亡率は依然として高いまま。
同地域での死亡要因の41%が栄養失調またはマラリアが原因です。

そんな境遇にありながらも、住民たちは支援を受けながら地元の村々で、
本来あるべきはずの生活を取り戻すために、農作物の栽培を始めています

本来であれば、緑豊かで肥沃な土地に恵まれていて、十分な食料を得ることが
できる地域なのです。


地元の人々の持続的に安定した生活の再建のためには、短期的な人道支援だけでは
不十分です。
住民たちが自ら自立していくためのサポート
それがテラルネが行っている支援形態だと言えます。


次回の特集日、4月18日は、テラルネがそのような地域に対して、
どのような支援をおこなっているかについてご紹介します!




さらに!

コンゴ特集に伴ってテラルネが今日から開始した
国内最大のクラウドファンディング READYFOR のプロジェクトをお知らせします!


「コンゴ紛争を生きのびた女性たち 幸せな洋服屋さんプロジェクト」


第二次世界大戦後、最大といわれるコンゴ紛争の被害にあいつつも、
それを生きのび、乗りこえようとする女性たちを応援します。

詳しくはこちらの特設ページをご覧ください!!
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo


ご支援、ご協力をよろしくお願いいたします!




本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

(参考: テラルネHPコンゴ事業 “http://www.terra-r.jp/activity_congo.html
『なぜコンゴ民主共和国なの?』 小川真吾著)


(おかざき)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


はじめまして!

皆さん、こんにちは!

4月9日より、
インターン生として仲間入りしました!
中嶋春香です。

春から立命館大学の2回生としての新たな一年が始まります!


わたしがテラ・ルネッサンスと出会ったのは、
1回生の夏休み

所属している国際ボランティア団体の
現在の支援先がカンボジアで、
この団体のカンボジアへの夏派遣に参加した際に
テラ・ルネッサンスと共に活動しました。

夏派遣でカンボジアを訪れたとき、
むこうは雨季

豪雨のために水没してしまっている村があったり
雨によって道がぬかるんで車が動けなくなったり…


2016年になって春休みを迎え、
再びカンボジアへ派遣に参加したとき、
むこうは乾季

水不足の現状を目の当たりにしました。

夏に見たカンボジアでは、
雨が多く降り、水不足だなんて感じさせなかったのに。


そんな水不足にある中で、
テラ・ルネッサンスが支援している、ある村では、
家庭菜園を普及させていました。

家庭菜園を普及させるには、
まず自分たちが実際に植物を育ててモデルを示すことによって
村人にレクチャーしていくことが必要なんだ。

テラ・ルネッサンスのカンボジア事務所のスタッフは
そう言っていました。

カンボジア事務所では、
村でも栽培できるよう、さまざまな植物の栽培を試していました。

村の人々に寄り添いながら、
どうしたら村人自身から発展への積極的な姿勢を引き出せるか。


テラ・ルネッサンスのそういった支援の仕方に共感しました。

そのときに、
インターン生としてテラ・ルネッサンスに入って
国際協力とは何なのか」を追求していきたい
と思うようになりました。


国際ボランティアをしている身として、
テラ・ルネッサンスでのインターン活動を通して
たくさんのことを学んで吸収していこうと思っています!

よろしくおねがいします!!

(なかじま)


**************************************
【 第57回テラ・カフェ 】
「22歳の決断〜新しい選択肢へのパスポート〜【講演/パネルディスカッション】」
NPO・NGOなどの市民団体で働く方々のリアル、その魅力についてお話しします。
【 時 間 】:4月13日(水)19:00~20:30(開場18:30)
【 参加費 】:500円 【 定 員 】:20名
参加をご希望の方は、お手数ですが、下記URLよりお申し込み下さい。
https://goo.gl/a94Su4
Facebookページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1280313918651634/?active_tab=highlights
**************************************


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


コンゴ民主共和国ってどんな国?

皆さん
こんにちは!!
インターン小林です。



コンゴ国旗

早速ですが皆さん!
コチラの国旗はどこの国の国旗でしょうか?


本日は
第2弾コンゴ事業の特集日です。
当会が活動を行っておりますコンゴ民主共和国。

前回、特集日でも触れたようにこの国では、
民族間の対立・隣国の紛争の影響により「忘れられた紛争」コンゴ紛争が起こった地でもあります。


今日のブログでは、
そんなコンゴ民主共和国を経済体制から迫って参りたいと思います♪(o・ω・)ノ))

現在の国旗は1960年にベルギーから独立した後、国名・体制と共に国旗も幾度も変更され、
現在の国旗は、1971年まで使用されていた国旗が2006年に再び復活したものです。

水色は「平和」。
黄色はコンゴ紛争の一因ともなったコンゴの豊かな「資源」。
赤色はコンゴ独立のために流された「血」。
左上のはコンゴ国民が歩む「輝かしい未来」

を意味しています。

主要産業は農業や製造業で、東部では鉱工業もその一つとなっており、
コバルト工業用ダイヤモンド石油を算出しています。

中でもジェットエンジンやガスタービンなどに用いられるコバルトは
世界最大の生産国であり(2015年 Global Note)、
ここ数年は「世界の工場・中国」との関係を密にしています。

農業面ではパーム油,綿花,コーヒー、
近年人口の急激な増加に伴いフフ、ルクと呼ばれる主食の原料であるトウモロコシの生産も伸びています。

こうして人口の急増、経済的な発展をしているコンゴ民主共和国ですが、
国連開発計画(UNDP)が発表する貧困やジェンダーエンパワーメント、教育、平均余命などのデータ
を組み合わせたデータである人間開発指数では、2012年に187カ国中186位の最貧国。2016年現在でも175位。
と国民の多くが貧困状態にある国でもあります。

紛争が人々に与える影響というものはとてつもなく大きく、
紛争集結後も経済的には苦しく、精神的な痛みを伴います。

苦しみの渦の中にいる人々が立ち上がるために、持続的で安定した生活を再建していくためには、
短期的な人道支援だけではなく、住民たちが自ら自立していくための長期的なサポートが不可欠です。

一人ひとりが立ち上がれるように、一人ひとりが自らの力で未来を築き上げることができるように
私たち一人ひとりが問題意識を持ち行動に移していくことができれば…

そういった想いがコンゴ民主共和国の現状を変えていくのではないでしょうか。

(こばやし)

**************************************
【 第57回テラ・カフェ 】
「22歳の決断〜新しい選択肢へのパスポート〜【講演/パネルディスカッション】」
NPO・NGOなどの市民団体で働く方々のリアル、その魅力についてお話しします。
【 時 間 】:4月13日(水)19:00~20:30(開場18:30)
【 参加費 】:500円 【 定 員 】:20名
参加をご希望の方は、お手数ですが、下記URLよりお申し込み下さい。
https://goo.gl/a94Su4
Facebookページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1280313918651634/?active_tab=highlights
**************************************


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


はじめまして!

みなさん、はじめまして!(^0^)
4月1日よりテラ・ルネッサンスでインターンをしております、
米田 瑞希 (よねだ みずき) と申します

先月東京の大学を卒業し、現在は来年度のイギリス大学院進学をめざして
大阪の実家で暮らしながら、アルバイトと勉強をしています

本日は
なぜテラ・ルネッサンスで活動しようと思ったか
について、簡単に書かせていただきます^^


大学卒業後の1年半を使って大学院進学にむけて準備をすると決めた時、
ただアルバイトと勉強に専念するだけではなく、
実際に活動している人たちの中で経験を積みたいと思い
国際協力系のNPOで、インターン募集している団体を調べました。

いくつかヒットする団体がある中で
わたしがテラ・ルネッサンスに惹かれたのは
テラ・ルネッサンスの活動理念の一つである、
<私たちは一人ひとりに「未来をつくる力」があると信じ、
市民の可能性を追求しています>

という言葉に共感したからです。

これまで人権や平和学、紛争解決学を学んできた中で、
世界に溢れるさまざまな問題を前に
自分の無力さを痛感し、
「自分の力では何も変えられないのではないか」
と思うことが多々ありました。

しかし大学時代、ある先生がおっしゃっていた
「たとえ一市民のちいさな力でも、結集すれば大きな変化を生む」
という一言に出会い、わたしのような普通の市民でも
「平和をつくりたい」との思いさえあれば、
必ず何か変えられる、と思えるようになりました。


テラ・ルネッサンスの活動理念は、そんなわたしの思いと重なっており、
また、その理念を共有している人たちと一緒に平和のために活動がしたい、
という気持ちからインターンに募集しました


インターンをはじめてまだ日も浅く、
職員さん、フェローのみなさん、他のインターン生のみなさんに
手取り足取り教えていただいている状況ですが、
テラ・ルネッサンスの志にふれ、初日から感動の連続でした

一日でも早く業務に貢献できるよう、しっかり学んでいきたいと思っています
どうぞよろしくお願いします

(よねだ)

**************************************
【 第57回テラ・カフェ 】
「22歳の決断〜新しい選択肢へのパスポート〜【講演/パネルディスカッション】」
NPO・NGOなどの市民団体で働く方々のリアル、その魅力についてお話しします。
【 時 間 】:4月13日(水)19:00~20:30(開場18:30)
【 参加費 】:500円 【 定 員 】:20名
参加をご希望の方は、お手数ですが、下記URLよりお申し込み下さい。
https://goo.gl/a94Su4
Facebookページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1280313918651634/?active_tab=highlights
**************************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「忘れられた紛争」

皆様、こんにちは

インターンの岡本です。

昨日、今年初の桜を見ました!(遅い)
京都はもうめっきり春です(* ´ ▽ ` *)

出会いの季節、始まりの春。
私たちインターンもエンジン全開で行きたいと思います


と、いうことで!
今月の特集は「コンゴ事業」です!!


わたしたちテラ・ルネッサンスがコンゴで活動している事はご存知かと思いますが、
「なぜコンゴなのか?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今日はまず

「忘れられた紛争」

についてお話ししたいと思います。



コンゴはアフリカの中央部に位置し、
金や銅、木材、スズ、コバルト、ダイヤモンド、タンタルなど
豊富な天然資源を有する国です。

http://www.terra-r.jp/activity_congo.html


と同時に、欧米諸国による資源の奪い合いの中で
無数の命が失われてきた国でもあります。

その数は1998年以降、540万人にも上り、
この数は第二次世界大戦後の紛争で最大となりました。

しかし、コンゴの紛争は国際的に注目されることがなかったため、
「忘れられた紛争」
といわれています。

例えば、日本が99年からの9年間にコンゴに送った緊急支援の総額は
死亡者数が540分の1であるコソボ紛争に対しておこなった支援の
たった1年分に相当する金額でした。


この紛争によって亡くなった人々の大半は、
戦闘でだけではなく、
食糧不足や治療が不十分だったために亡くなりました。

抵抗力の弱い5歳以下の子どもたちはこの影響を強く受け、
予防・治療可能な病気によって多く亡くなりました。

女性たちは、成人女性だけでなく10歳に満たない少女までも、
兵士たちの性的暴力を受け、
心に深い傷を負いました。

兵士として武器を持たされ、
自分の母親を殺すよう命じられたり、
アルコールや麻薬で洗脳されたりと、
肉体的にも精神的にも大きな傷を負わされた子ども達も多く存在します。


この事実を知らないまま、他人事として片づけないでほしい。

まず、知って欲しい。関心を持ってほしい。

そんな気持ちでこの記事を書きました。

ここにあげたことはほんの一部でしかないですが、
皆さんの心に何か残るものがあればと思います。



拙い文章ですが読んでくださってありがとうございました

次回のコンゴ特集は4月6日です!

請うご期待!

(参考、画像出典:テラルネHPコンゴ事業“http://www.terra-r.jp/activity_congo.html”、『ぼくらのアフリカに戦争がなくならないのはなぜ?』小川真吾著)



(おかもと)
**************************************
【 第57回テラ・カフェ 】
「22歳の決断〜新しい選択肢へのパスポート〜【講演/パネルディスカッション】」
NPO・NGOなどの市民団体で働く方々のリアル、その魅力についてお話しします。
【 時 間 】:4月13日(水)19:00~20:30(開場18:30)
【 参加費 】:500円 【 定 員 】:20名
参加をご希望の方は、お手数ですが、下記URLよりお申し込み下さい。
https://goo.gl/a94Su4
Facebookページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1280313918651634/?active_tab=highlights
**************************************
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


4月1日といえば....??


こんにちは~!

インターンの岡崎です(^^)/


ついにやってきましたね!4月が!春が!
昨日道を歩いていて桜の綺麗さにうっとり~
満開が楽しみです◎


今日はあいにくのお天気ですが、
新しい生活が始まりワクワクされている人も多いのでは??

特に新社会人の皆さん!
社会に出る初日となる記念すべき今日が
皆さんにとって良い1日になりますように




さてさて、タイトルにもありましたが、、、
4月1日って何の日か皆さん知ってますよ....ね?


そう!皆さんが大好き(?)な
あのエイプリルフールです!!!


まる分かりの嘘から信じてしまいそうな嘘など
たっくさんの嘘が飛び交う1日ですが、、、

そもそもその 由来、皆さん気になりませんか?

ということで調べてみました!

しかし!
その由来となる説が多すぎる....Σ(゚д゚|||)

なので、私の独断と偏見となりますが、
今回は私がおもしろいと思う説をご紹介します!

---------------------------------------------------------------------------------

フランスのバカな魚説

『Poisson d’Avril(ポワソン・ダブリル)』
これはフランスで4月1日のことを指す言葉で、
「4月の魚」という意味だそう。


なぜか”サバ”がよく釣れる
フランスの4月。


あまりにも簡単に、大量に釣れるため、
フランスでは、サバのことをバカな魚と呼ぶそう。

images_20160401162750cb3.jpg
(画像出典:http://himonoya-yamajin.jp/?pid=27346852


ちなみに、フランスの子供たちは
4月1日になると、友達に気づかれないように
魚の形をした紙を背中に貼り付ける遊びをするんだとか。

4月=サバ=バカ=エイプリルフール
こんな流れですかね~

文化って国や地域それぞれでおもしろいですね~(^ω^ ≡ ^ω^)

-----------------------------------------------------------------------------------

1年に1回、嘘が許される日。
そんなエイプリルフールだからこそ 嘘 つきたくなりますよね??

でもやっぱり嘘は嘘でも
他人の気を悪くしてしまうものも中にはあります。

いくらエイプリルフールでも多少の常識、大事ですよね


他人の気持ちを考えつつも、ユーモアをもって
おもしろいシャレをバンバン言って皆で笑え会える
そんな楽しいエイプリルフールを ぜひお過ごしください\(^o^)/



ではひとまずこんなところで~

今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました



(おかざき)

**************************************
【 第57回テラ・カフェ 】
「22歳の決断〜新しい選択肢へのパスポート〜【講演/パネルディスカッション】」
NPO・NGOなどの市民団体で働く方々のリアル、その魅力についてお話しします。
【 時 間 】:4月13日(水)19:00~20:30(開場18:30)
【 参加費 】:500円 【 定 員 】:20名
参加をご希望の方は、お手数ですが、下記URLよりお申し込み下さい。
https://goo.gl/a94Su4
Facebookページはコチラ↓
https://www.facebook.com/events/1280313918651634/?active_tab=highlights
**************************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar