FC2ブログ

子どもたちと、未来と世界を想う日に

みなさん
こんばんはm(__)m

テラ・ルネッサンス、フェローシップの辻本です


15周年記念イベントや、新しく始まった 人 とのかかわりの中で
いろいろ振り返ったり、考えたりすることが多くなっている今日この頃

あんまり大きなことは言わず、等身大でいきたいと思います



DSC_1431.jpg

15周年記念イベント(東京)で、アジア事業担当の江角が活動報告をする様子




ところで今日は何の日か、みなさんご存知でしょうか?




国連が子どもたちの相互理解と福祉を増進させることを
目的として制定した記念日・国際デーのひとつ


『世界こどもの日』



なんです。


(なんです。・・・なんて書きながら
私はさっきfaceboookでたまたま知りました・・・・・




国際デーだからというのもヘンな話かもしれませんが
あえてこれをきっかけに「こども」について考えたいと思います。



というのも、15周年イベントに参加してくださった方は
もうすでにご存知だと思うのですが、




テラ・ルネッサンスが中期ビジョンとして新たに打ち出したのが、



「2031年までに、すべての子どもが
 紛争に巻き込まれない社会を実現する」





ということでした。



・・・

これをきいて、みなさんはどう思いましたか?




私は、最初にこれを聞いた時、


「ん?」 っていろんな 「?(ハテナ)」 が


あたまに浮かびました。



「すべての子どもって、、すべて?」

「2031年までにかぁ・・・」




でもこんな、『現実的』なものの考え方をする自分にも小さな「ハテナ」が。






違いは喜びの種

テラ・ルネッサンスの機関誌『結晶母(けっしょうも)』。今年は15周年記念誌として
発行しました。写真はその中の1ページ。







ちょっと脱線しますが、
大学3、4年生くらいまでの私は、あることに対してすごくかたくなでした。


「紛争は必ずなくせる」
「世界平和は無理じゃない」 と。



直接、誰かに「そんなことは無理だ」と言われたわけでもなければ
何か紛争をなくすための活動をしていたわけでもないんですが、

すっごく強くそう思ってたんです^^;



『現実』を見ろ、っていう言葉がきらいで、
むしろ社会で、世界で起きている『現実』に目を向けたら
無理だと言ってしまうわけにはいかないじゃないか・・・





そんなふうに感じていたことを、15周年イベントでの
鬼丸さんのスピーチをききながら思い出していました。


・・・


よりより社会や、世界平和


それぞれが目指すものや持っているイメージは
まったく同じではないのだと思いますが、



でもきっと、その根源には似たような動機があって



たとえば、



紛争をなくしたい


貧困や飢餓をなくしたい



せめて子どもたちが不安に脅かされない社会にしたい



というふうに感じたとしたら、
それは全部、現実を見ているからこそなんだと思います。




現実を見て、その現状に耐えられなくて


だからその現実を変えるために発信したり、寄付をしたりする。


だから自分はいまここにいる。



・・・



もちろん、ただ理想ばかりを並べるだけでは
願う現実にたどり着くことはできないでしょうし、


団体としてなんらかのビジョンを公言したからには、
個人が勝手に言っているというのではない「責任」のようなものが伴うと思います。



けれど、こういったビジョンをすぐに、
「無理」「無謀」「夢想」と考えてしまうのではなく、
わからないけど、大きな理想や夢を描く大胆さをもつことも大事で、




その感覚を、15周年イベントを通して、
子どもたちと、未来と世界を想う日に、すこし取り戻したような気がしました。



(つじもと)
スポンサーサイト



1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


いよいよ、職業訓練が終わりに近づいてきました!

【 ウガンダレポート/2016年10月_Topics.01 】
ー いよいよ、職業訓練が終わりに近づいてきました! ー

 


ウガンダにあるスマイルハウスでは、元子ども兵や最貧困層の
人たちの自立を支援するために、職業訓練を行っています。


1-1 IMG_5479
写真:難易度の高いロッキングチェアを制作しています



 
子ども時代に誘拐されて、平均14年間、
武装グループで戦わされてきた元子ども兵の人たち。

現在8期生が、木工大工と洋裁など、
あと少しで1年半の職業訓練を終えます。
 

彼ら、彼女たちと色々と話すなかで、
過去に壮絶な体験をしていますが、それよりも、
卒業を間近に控えて、自立に向けた意気込みが伝わってきます!
 
 
“ずっと訓練に集中してきて、町のお店にも負けないくらいだから、
もう訓練が終わっても大丈夫!”
 

“自立してお金が貯まったら、奥さんと正式に結婚したい!
家を建てて、子どもに教育を受けさせたい!”
 

“村に帰ったら、仕事がなくて邪魔者扱いされている若者たちに、
仕事を教えて、村に役立つ人材にしたい!”
 
 

現在、最後の試験に向けて、さらに技術を磨き、
ラストスパートに入っています。
 
また、この技術訓練を終えてから、訓練生がそれぞれ自立するために、
1年半のビジネスの実地訓練を行い、スタッフもサポートしていきます!
 
 

1-2 IMG_3849
写真:洋服をつくる訓練をおこなっています
 


……………………………………
記事執筆/
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク