皆さま、はじめまして

いつも、テラ・ルネッサンスのブログをご覧の皆さま

はじめまして。

12月よりインターンとして加わりました、

松本壮弘(まつもと まさひろ)と申します。

テラ・ルネッサンスでは、
広報・ファンドレイジングチームの一員として、活動いたします。

今回は、自己紹介をさせていただきます。

現在は京都にあります、龍谷大学政策学部政策学科に通う大学3回生です。
昭和62年に大阪で生まれ、現在29歳。自分で言うのもなんですが、
異色の大学3回生 です。

趣味は、物心付く前からしていた(らしい)TVゲームと、
高校生くらいから習慣になったサッカー観戦です。

では次に、私と国際協力、そしてテラ・ルネッサンスについてお話しいたします。

そもそも、気づいたときにはすでに「社会貢献」という雰囲気のものが、
自分の中で芽生えていて、「何かに貢献する」ことは、
あらゆる物事を行う動機のひとつになっていました。

さらに、海外サッカーの影響や、
旅行先で留学生や現地の人たちにお世話になった経験から、
世界に目を向ける ようになり、興味を持つようになったのだろうと思います。

そして、テラ・ルネッサンスとの出会いですが、これは 偶然 です。

昨年、あるシンポジウムで話をきき、
今年になって、大学の先生からテラ・ルネッサンスの名前が出た。
たった二つの偶然 によって、今のインターンとしての私が存在しています。

テラ・ルネッサンスの活動対象は、日本で暮らす私たちにとっては、
想像しづらい ものかもしれません。
私も皆さまと同様に想像しづらいことがまだまだたくさんあります。

こうした、皆さまと私が共有しているであろう「見えにくいもの」を
「見える化」することが、まず私のやるべきことなのかなと思っております。

このインターンを通して、
テラ・ルネッサンスの活動にご支援いただいている皆さま、
そして、ご興味を持ってくださる皆さまに、想いや活動について、
わかりやすくお伝えしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

松本壮弘
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


平和への波が途絶えないように


こんばんは、
テラ・ルネッサンスの辻本です。
 
ただいま、「15周年記念募金」としてご寄付を募っています。
平和な社会の実現に向け、紛争課題や当団体に関心を寄せてくださる、
みなさまのご協力が必要です。詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
 
▼「15周年記念募金」について、詳しくはこちら
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 

 7e65ca53e2985470a182f690159218d20361c8d6big.jpg


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 
 
「テラ・ルネッサンスがやっていることって
 ムーブメント(運動)なんですよね。」
 
 
そんなふうに話す職員がいます。
 
テラ・ルネッサンスがしていることは、ムーブメント。
 
動くものであるし、
流れをもって続いていくものだということです。
 
 
世界各地で起きている、争いや貧困を解決するために
 
たとえばカンボジアで、もしくはウガンダで、
お腹を空かせている人に食べ物を渡す。
学校がない村に学校を建てる。
 

それは必要なことではありますが、
根本的な課題の解決にはなりません。 
 

貧困層の人たちに食べ物を渡して終わりではなく、
学校を建設して終わりではなくて、
 
農業の 技術 を伝えたり、学校の先生たちに給料を支払い、
授業の様子も定期的に報告してもらうなど・・・
 

支援先の人々、一人ひとりが、今なにを必要としているのかを、
きちんと確かめた上で、わたしたちに出来ること考え、
彼ら彼女らが自分の力で生活していける(=自立できる)ようにサポートする。
 
 
時間はかかりますが、
そのように自立していく人が増えれば、
わたしたちが支援をし続けることもありませんし、
 
自立した彼ら彼女らが、経験を活かして
周りの人に手を差し伸べることもできます。
 
 
支えられることに慣れてしまい、支援に依存することも、
 
支えられないと何もできないのではないかと
自尊心を失うこともありません。
 
 

そうやって、カンボジアの貧困層の人々が、
ラオスの不発弾に傷ついた人が、
ウガンダやコンゴ、ブルンジで紛争被害に遭った人が、
 
自立した生活を築き、家族や子どもたちも
未来の可能性を閉ざされることなく、生きられるようになる・・・
 
そんな“成功例”をつくり、先進国や日本国内で伝え、広めていく。
 


それがテラ・ルネッサンスの活動です。
 
 

わたしたちが行なっている、教育環境の整備も
不発弾の撤去も、元子ども兵の職業訓練も、
 
それ自体が重要な活動・目的でありながら、世界平和という
大きな目的を実現するための一つの手段であり、過程なのです。
 

 
わたしたちは、一人ひとりに内在する力、
自立の力を信じています。
 


カンボジア人であっても、ウガンダ人であっても、
紛争被害に遭い、一度は自力で社会で生きることが
困難な状況に陥った人であろうと、
 
環境さえ整えることができれば、自分の力や、
他者との関わり合いの中で、生活を営んでいくことができると理解しています。
 
 
たくさんの“成功例”が・・・
水面に小石を投げ入れた後に起きる波紋のように、
外へ外へと広がることで、
 

テラ・ルネッサンスが本気で目指す、
 
『すべての生命が安心して生活できる社会』
=世界平和
 

を実現できるのではないかと考えています。
 
 

IMG_4030.jpg



・・・
 
 
テラ・ルネッサンスがしていることは、ムーブメント。
 
動くものであるし、流れをもって続いていくもの。
 
 
世界平和の実現まで、何年かかるかわかりませんし、
ひとりや一団体で成し遂げられるようなものではありません。
 
だからこそ、世界平和への波が途絶えないように
一人でも多くの人々とともに大きなムーブメントを起こしていく必要があります。
 

わたしたち自身の、
微力ではあっても無力ではない力を信じて、動くことで、
願う未来は近づいてくるはずです。
 
15周年記念募金へのご協力を、
何卒、お願い申し上げます。
 
 
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
フェローシップ 辻本真貴子
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
< 寄付という、未来をつくる力 >
 
平和な社会のため、“あなた”のご支援が必要です。
詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
 
▼15周年記念募金に協力する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

5,000で、
ウガンダの元子ども兵□復帰支援センターで、
1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。

10,000で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。

50,000で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。

▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 個人所得税控除の対象になります >

京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。

▼ 寄付の税制優遇についてはこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 12月は「寄付月間 」>

あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。
全国的な寄付月間でもある12月からは、活動の報告をメインに投稿し、
NPOの役割を果たしていきます。

▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


モン族のお正月と子ども達の不発弾被害

【 ラオスレポート/2016年11月_Topics.02 】
ー モン族のお正月と子ども達の不発弾被害 ー

FB7.jpg


 
ラオスのシエンクアン県では、少数民族の一つである
モン族の人たちが多く生活しています。
このモン族のお正月は、毎年11月終わり頃から12月頃にかけて、
華やかな衣装に身をまとって行われます。

 
伝統的な牛突きや、最近ではサッカーの試合なども実施されることもあります。
ただ、中でも有名なのは、人が集まる広場で、
2列に向かい合ってテニスボールを投げ合いながら、
男女でコミュニケーションを図り、
結婚相手を探す様子が、あちこちで見られます。

 
とても微笑ましい様子ですが、このシエンクアンでは、
このボールを投げ合う姿を見ていると、不安に思うこともあります。
このテニスボールの大きさが、
ちょうどクラスター爆弾の子爆弾と同じぐらいの大きさなのです。
 
 
戦争や爆弾を知らない小さな子ども達が間違って拾って、
投げて遊んで事故遭わないかと考えてしまいます。
実際、2016年だけでもシエンクアン県で不発弾被害にあった
19名のうち20歳以下の子どもは、80%の15名、
そのうち見つけた不発弾で遊んでいて事故に遭った子どもが6名もいます。

 
1年間一生懸命働いて、お金を貯めてきたモン族の人たちが、
華やかな衣装を身にまとい、盛大に祝うお正月が、
事故なく無事で終わることを祈りたいと思います。
そして、一人でも悲惨な事故に遭う子ども達を減らせるよう、
不発弾撤去の支援を継続したいと思います。


FB8.jpg

 
 
ー その他のメッセージ ー
 
ラオスで起きたことを知ったら、
今起きている戦争での空爆を思わずにはいられません。
また同じことをイラク、アフガニスタン、シリア・・・と繰り返してしまいました。
 
戦争が終わった後も、ラオスと同じように不発弾がたくさん残り、
戦争を知らない子ども達が被害に遭うことが繰り返されてしまいます。
 
2015年、世界での地雷や不発弾による死傷者数は6,461人に上り、
前年比で75%の大幅増を記録しています。
人間は進歩したのでしょうか、退化したのでしょうか?
少しでも未来がよりよくなるように、1日1日を過ごしていきたいと思います。
 
………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
< 寄付という、未来をつくる力 >
 
テラ・ルネッサンスでは、現在『15周年記念募金』を実施しています。
平和な社会の実現に向けて、
紛争課題に関心を寄せていただける“あなた”のご支援が必要です。
いただいたご寄付は、私たちが責任をもって、大切に使わせていただきます。
詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
 
▼ 寄付をする。詳しく見る。
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 12月は「寄付月間 」>
 
あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。
全国的な寄付月間でもある12月からは、
活動の報告をメインに投稿し、NPOの役割を果たしていきます。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
□5,000円で、
ウガンダの元子ども兵社会復帰支援センターで、
1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。
 
□10,000円で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。
 
□50,000円で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。
 
▼ 寄付をする
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 個人所得税控除の対象になります >
 
京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。
 
▼ 寄付の税制優遇について、詳細はこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


当たり前の安全が、当たり前にある幸せ

【 ラオスレポート/2016年11月_Topics.01 】
ー 当たり前の安全が、当たり前にある幸せ ー
 
2015年にラオスのシエンクアン県で、
鹿児島の株式会社トータル・ハウジング様のご支援で、
不発弾撤去後に建設したポーンサイ小学校を久しぶりに訪問しました。

FB5.jpg



 
3教室の新しい教室では、3、4、5年生が授業を熱心に受けていました。
雲もほとんどない快晴の青空のもと、
この季節は雨季が終わり、教室の中はかなり肌寒い感じがします。

 
迎えてくれた校長先生は、まだ若いですが、
他の先生たちとも協力して、
きれいに学校は管理されていて、嬉しくなりました。
トータル・ハウジングの社員さんたちに、住宅を建てる時に出る廃材を
利用して作っていただいた教卓も、先生たちにきちんと使われています。
 
 
当たり前のことかもしれませんが、
途上国は決してラオスのような国だけではありません。
学校ができても、きちんと使われていなかったり、
管理されていなかったり、授業がされていなかったりする場合もあります。
 
一方で、学校建設の前に不発弾撤去をするまで、
古い校舎で授業がされていましたが、
その学校の敷地内に不発弾は残っていました。
子どもたちが遊ぶグランドで、先生たちが
火を焚いて料理を作る場所で、不発弾が残っていたのです。
 
 
普段自分の子ども達を安全な学校へ行かせることができる
当たり前が、どれだけ幸せなことか、思い知らされました。
本来当たり前にあるはずの安全な大地を取り戻すために、
不発弾撤去の支援をしていきます。


FB6.jpg


 
………………………
記事執筆/
アジア事業担当
江角 泰
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
< 寄付という、未来をつくる力 >
 
テラ・ルネッサンスでは、現在『15周年記念募金』を実施しています。
平和な社会の実現に向けて、
紛争課題に関心を寄せていただける“あなた”のご支援が必要です。
いただいたご寄付は、私たちが責任をもって、大切に使わせていただきます。
詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
 
▼ 寄付をする。詳しく見る。
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 12月は「寄付月間 」>
 
あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。
全国的な寄付月間でもある12月からは、
活動の報告をメインに投稿し、NPOの役割を果たしていきます。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
□5,000円で、
ウガンダの元子ども兵社会復帰支援センターで、
1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。
 
□10,000円で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。
 
□50,000円で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。
 
▼ 寄付をする
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 個人所得税控除の対象になります >
 
京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。
 
▼ 寄付の税制優遇について、詳細はこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


技術訓練の修了式を行いました!

【 ウガンダレポート/2016年11月_Topics.02 】
ー 技術訓練の修了式を行いました! ー
 
FB3.jpg



ウガンダのテラ・ルネッサンスのセンターでは、
これまで11年間、子ども時代に誘拐されて兵士として拘束されてきた、
元子ども兵の人たちの自立をサポートしてきました。
今回、8 期生が、木工大工や洋裁など、
1年半の職業訓練を無事に終えて、修了式を行いました。
 

訓練生たちは、はじめは技術や知識もなく、読み書きもできず、
またお互いのことも知らなかったのですが、
1年以上、協力し合いながら訓練を乗り越えてきたので、
この修了式は、皆で喜びを分かち合い、とても感慨深いものでした。

 
 
このセンターでの訓練を終えて、8期生はさらに1年半、
自立に向けてビジネスの実地訓練を行います。
彼ら彼女たちにとって、新しいチャレンジになりますが、
これまで卒業生が自立を果たしてきたように、
8期生も、訓練後に自立するという覚悟で臨んできたので、
全員が自立できると信じています。

 
ウガンダでは、この11年間で192名の元子ども兵を受け入れてきました。
私たちが支援してきた人数は少ないかもしれません。
ですが、彼らが社会復帰をしてきた姿を見ていると、
一人ひとりが収入を得て自立し、家族を養い、
住んでいる地域の住民とも協力し、地域の担い手になっています。

 
ウガンダでは、1980年代後半から20年にわたり内戦が続きましたが、
このように、元子ども兵を含めて、紛争の影響を受けた人たちが自立し、
地域の自治を担うことにより、自分たちの力でも、
地域の平和をつくっていけるのだと信じています。
 
FB4.jpg



【 写真上:終了証書を受け取った訓練生とウガンダスタッフ 】
【 写真下:修了式の後に、皆でお祝いをしました 】

 
…………………………………………
記事執筆/
ウガンダ事務所 プロジェクトオフィサー
オケロ・リチャード
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
< 寄付という、未来をつくる力 >
 
テラ・ルネッサンスでは、現在『15周年記念募金』を実施しています。
平和な社会の実現に向けて、
紛争課題に関心を寄せていただける“あなた”のご支援が必要です。
いただいたご寄付は、私たちが責任をもって、大切に使わせていただきます。
詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
 
▼ 寄付をする。詳しく見る。
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 12月は「寄付月間 」>
 
あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。
全国的な寄付月間でもある12月からは、
活動の報告をメインに投稿し、NPOの役割を果たしていきます。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
□5,000円で、
ウガンダの元子ども兵社会復帰支援センターで、1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。
 
□10,000円で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。
 
□50,000円で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。
 
▼ 寄付をする
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 個人所得税控除の対象になります >
 
京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。
 
▼ 寄付の税制優遇について、詳細はこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


8期生が、職業訓練の最終試験に合格しました!

【 ウガンダレポート/2016年11月_Topics.01 】
ー 8 期生が、職業訓練の最終試験に合格しました! ー


FB.jpg



ウガンダ北部では、子ども時代に武装勢力に誘拐され、
兵士として戦わされて働かされてきた、
元子ども兵の人たちの社会復帰をサポートしています。
 
その中で、2015年6月から訓練を始めた 8期生は、
木工大工、洋裁、服飾デザイン、手工芸といった技術や、
読み書き・算数、ビジネスの基礎知識を、1年半かけて学んできました。
 
そして、この11月には、これまで訓練で学んできた各分野の、
実技と筆記の最終試験を行い、
全員が良い成績を修めて、合格することができました!

  
木工大工を学び、試験を終えた訓練生から、
次のような声を聞き、私たち講師陣も、とても頼もしく感じています。

 
「試験を終えて、自分自身をとても誇りに思います。
ここで様々な分野の技術や知識を身につけられたと実感しました。
次は、1年半行うビジネスの実地訓練の準備をして、
早く新しいチャレンジを始めたいです!」
 
 
訓練生たちは、毎日、一つでも多く技術を身につけようと努力していたので、
今回このように皆で合格したことを、とても誇らしく思います。
 
次の 1年半のビジネス訓練も、彼ら彼女たち一人ひとりの力を信じて、
スタッフ全員でサポートしていきます。

FB2.jpg

 
 
【 写真上:実技訓練で洋服をつくる訓練生 】
【 写真下:椅子をつくる実技試験でニスを塗っている様子 】

 
…………………………………………
記事執筆/
ウガンダ事務所 プロジェクトオフィサー
オケロ・リチャード
 
 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
< 寄付という、未来をつくる力 >
 
テラ・ルネッサンスでは、現在『15周年記念募金』を実施しています。
平和な社会の実現に向けて、紛争課題に関心を寄せていただける“あなた”のご支援が必要です。
詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
 
▼ 寄付をする。詳しく見る。
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 12月は「寄付月間 」>
 
あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。全国的な寄付月間でもある12月からは、
活動の報告をメインに投稿し、NPOの役割を果たしていきます。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
□5,000円で、
ウガンダの元子ども兵社会復帰支援センターで、1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。
 
□10,000円で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。
 
□50,000円で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。
 
▼ 寄付をする
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 個人所得税控除の対象になります >
 
京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。
 
▼ 寄付の税制優遇について、詳細はこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


一人ではできないことだからこそ、一人から始める


設立15周年を節目に制作した記念誌には、
15周年を迎えた「いま」鬼丸が考えていること、
伝えたいメッセージを掲載しています。


今回はその一部を抜粋(全文は写真をご覧ください)。


------------------

一人ではできないことだからこそ、
一人から始める



「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」
というビジョンも、そして今回、次の15年を見据えて策定した
中期ビジョンすらも、途方もない「夢」だと仰る方もいらっしゃるでしょう。


けれども、現に世界各地で起きる紛争で苦しみ、
希望をむしり取られる子どもたちがいるのは、「現実」なのです。


これらの「現実」に向きあうことは、決して夢想ではありません。
現実を変えてほしいという、子どもたちからの切実な要請なのです。


その要請にこたえるには、今の私たちの能力や経験では、
もちろん不十分です。そして、テラ・ルネッサンス単独では
その要請にこたえるのは難しいでしょう。


だからこそ、テラ・ルネッサンスは成長するのです。
そして、一人や、一団体では実現が難しいからこそ、
幅広い人たちや企業、団体の皆さまとともに、連携をするのです。


それは、まさに「平和」への連携。
その中核を担う覚悟で次の15年に向けて、
テラ・ルネッサンスは一歩を踏み出します。


皆さまの平和を願う想いとともに。


------------------


鬼丸の覚悟、私たちの覚悟。
一人ではできないことだからこそ、
皆さまの一人ひとりのご協力が必要です。

15周年記念募金へのご協力を、
何卒、よろしくお願い申し上げます!

▼テラ・ルネッサンスに寄付をする
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html



P04_05-002_201612191226188c1.jpg
P04_05-003.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

< 寄付という、未来をつくる力 >

テラ・ルネッサンスでは、現在『15周年記念募金』を実施しています。関心を寄せていただける“あなた”のご支援が必要です。詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。

▼ 寄付をする。詳しく見る。
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

5,000で、
ウガンダの元子ども兵□復帰支援センターで、
1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。

10,000で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。

50,000で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。

▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 個人所得税控除の対象になります >

京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。

▼ 寄付の税制優遇についてはこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 12月は「寄付月間 」>

あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。
全国的な寄付月間でもある12月からは、活動の報告をメインに投稿し、
NPOの役割を果たしていきます。

▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


…………………………………………
記事投稿/
テラ・ルネッサンス京都事務局
フェローシップ 辻本

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


よかった、生きている。


テラ・ルネッサンスの「ひと」
栗田 佳典(くりた よしのり)

 
テラ・ルネッサンスでの職員歴、6年。
普段、自身のことについてあまり話すことのない
栗田が、なぜ、この業界で、
そしてこの団体で働くことを決意したのか・・・
 
以下のリンク先「日経カレッジカフェ」にて
自らの言葉で綴っています。
http://college.nikkei.co.jp/article/86165217.html
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
13歳での心臓手術。
元子ども兵たちが見せてくれたNGOスタッフへの本音。
 
背中を押してくれた、忘れられない出来事。
 
 
テラ・ルネッサンスでは、
『人材』ではなく『人財』という言葉を使います。
 
設立から15年。
団体テラ・ルネッサンスを成長させてきた、
大切な財産の一つ「ひと」
 
無機質な組織としてではなく、
温度のある「ひと」を感じ、
テラ・ルネッサンスをご支援いただけますと、
幸いです。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 
< 寄付という、未来をつくる力 >
 
テラ・ルネッサンスでは、現在『15周年記念募金』を実施しています。関心を寄せていただける“あなた”のご支援が必要です。詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
 
▼ 寄付をする。詳しく見る。
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
5,000で、
ウガンダの元子ども兵□復帰支援センターで、
1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。
 
10,000で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。
 
50,000で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。
 
▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 個人所得税控除の対象になります >
 
京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。
 
▼ 寄付の税制優遇についてはこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 12月は「寄付月間 」>
 
あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。
全国的な寄付月間でもある12月からは、活動の報告をメインに投稿し、
NPOの役割を果たしていきます。
 
▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 
…………………………………………
記事投稿/
テラ・ルネッサンス京都事務局
フェローシップ 辻本

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


〜皆さんの一冊を未来のために〜

NHK大河ドラマ「真田丸」で注目を浴びた
長野県上田市出身のインターン生小林です。


今日は一段と寒さが募り、寒さがしみる1日でした。
※しみる:長野県の方言のようです。
みなさま、お体にはお気をつけてお過ごし下さい。。。


さて、
テラ・ルネッサンスでは『めぐるキャンペーン』と題しまして、
12月19日〜2月18日にかけてみなさまからの


・書き損じハガキ
・いらなくなった携帯電話
・古着
・古本
・古紙
・アルミホイール




回収キャンペーンを行っています。

今回は15,000枚のハガキの回収を目標としています。
この数はみなさまからのご協力が不可欠です。

『めぐるプロジェクト』にぜひご参加下さいね〜!!





本日は「キフ★ブック」のご紹介です。

ブックロー

〜ブックロウ〜


めぐるプロジェクトキフブックのイメージキャラクター。
本・読書が大好きなフクロウ。性別は謎。

【かわいい!たのしい!めぐるアニマルLINEスタンプのご購入はコチラ】
>>https://store.line.me/stickershop/product/1315143/ja



「本棚から減らした本の分だけ、知性と平和の輪が広がる」



なんと‼︎私の地元‼︎
長野県上田市の株式会社バリューブックスさまと
協働のプロジェクトです。

バリューブックスさまHPは↓
http://www.valuebooks.jp

本棚の奥に眠ってしまっている本。
いつか読もうと思っていた参考書。
聞かなくなってしまったCD、DVD、ゲーム

※ 当プロジェクトではDVD・CD・ゲームソフトも対象となります。


こうして寄贈していただいた「もの」は、
株式会社バリューブックスさまにて査定され、
買取査定金額がテラ・ルネッサンスに寄付されます。



【申し込み方法】
①集めていただいた書籍、DVD,ゲームを段ボールに詰めていただきます。

②申込書をプリントアウトし、ご記入の上、本と一緒に入れます。
【申込書はコチラ→→→】 http://www.kifubook.jp/pdf/application.pdf
③株式会社バリューブックスさま0120-826−295に電話。「キフ★ブック」に申し込みたいのですがとお伝えください

④株式会社バリューブックスさまにて査定され、買取査定額がテラ・ルネッサンスに寄付。

⑤テラ・ルネッサンスにて世界の人々の自立をサポートする活動へ。
キフ★ブックにお申し込みいただきますと配送業者が集荷に参ります



【査定対象について】
ISBN.png
上記のようなISBNコードが付いているものが査定対象となります。

ISBNのない本:古書/百科事典/新聞/各種雑誌/漫画雑誌/コンビニ漫画/個人出版の本/児童売春・児童ポルノ禁止法(関連法令含む)に抵触する恐れのある全ての商品
※取り扱えない本が混入していても、費用の負担などは生じません。

※市場で再販できなかった書籍等について
市場で再販できなかった書籍については国内外の小中学校の図書館や海外の教育研究機関に寄贈します。
様々な施設利用者のみなさんに本をお使いいただこうと活動しています。



一冊の本が、世界の子どもたちの未来を生きる力を支えます。


私はこうして、テラ・ルネッサンスを通じて、
地元の方々の活動を知ることができました。

知ったからには行動に移す。

私もこの縁を通じて、
年末大掃除の際は、いらなくなった本や参考書を寄付したいなあと思います。

皆さんも年末の大掃除に向けて
本棚をスッキリとさせてみてはいかがでしょうか???
みなさまのご協力をよろしくお願いします!!

ぶっくろー


(こばやし)


************************

15周年記念募金に、ご協力ください


寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ケータイforコンゴ 使っていない携帯電話でコンゴ支援!!


みなさん、こんにちは。
インターンの鳥井です。

気温も下がり、すっかり冬めいてきましたね。

変わらず元気に過ごしていらっしゃいますか?



テラ・ルネッサンスでは12月19日から2月18日にかけて
「めぐるキャンペーン」を行なっています。


モノがめぐる、想いがめぐる。
めぐるプロジェクト

書き損じハガキや、古着、古本、古紙

タイヤのアルミホイール、そして使い終わった携帯電話


そんな、役目を終えたモノを回収し、換金して
紛争被害にあった人々を支援する協力方法の一つ。

皆さんの家に眠っているものを通じて支援ができるという、取組みやすい内容となっています。





35_2016121614062091a.png31_20161216140619c39.png
(携帯電話の回収担当“ケータインコ”)





今回紹介する「ケータイforコンゴ」


私たちが持っている携帯電話パソコンの電子機器には、
レアメタルという希少金属が使われています。


このレアメタルは多くが外国から来ており、その1つの国にコンゴ民主共和国があります。
 
コンゴ民主共和国の多くの武力勢力は、
このレアメタルを違法に採取・売買を行うことで活動資金を得ています。



すなわち、このレアメタルコンゴ民主共和国の紛争長期化の1つの要因になっているのです。
 
では、紛争の要因になっているレアメタルを必要としている人、
また使用している人は誰でしょうか。それは他ならぬ私たちです。
私たちが紛争を引き起こし続けているのであって、無関心でいてはいけません。



そこでテラ・ルネッサンスでは「ケータイforコンゴ」を行なっています。
安田産業グループ様の協力のもと、皆さんの家に眠っている携帯を回収することで
日本国内でのレアメタルの再利用を推進すると同時に、
コンゴの元子ども兵社会復帰支援事業の活動資金を集めています。



もしも不要な携帯があったら、
下記ホームページより「携帯電話個人送付状」をダウンロードし、
必要事項を記入の上、テラ・ルネッサンス事務局へご送付ください。

詳細:http://www.terra-r.jp/icando_phone.html


「ケータイforコンゴ」のキャラクター「ケータインコ」もあなたの不要携帯を待っています!!
みなさんのご協力よろしくお願いします!!



かわいい!たのしい!めぐるアニマルLINEスタンプも販売開始!
ご購入はコチラから!!

>>https://store.line.me/stickershop/product/1315143/ja



鳥井



************************

15周年記念募金に、ご協力ください

寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


オーガニック・マーケットの建設


【 カンボジアレポート/2016年11月_Topics.01 】
ー オーガニック・マーケットの建設 ー
 
テラ・ルネッサンスでは、先月からロカブッス村で、
オーガニック・マーケットの建設を進めてきました。
このマーケットは、2016年11月29日にオープンする予定で、朝市が開催されます。

FB②

 
全ての野菜や農産物は、村人たちによって有機栽培されたものです。
このマーケットは、村人たち自身で運営されるもので、
化学肥料を使用した農産物の販売は、禁止されています。
近隣の村からも、この村に有機野菜を購入しにくることが期待されています。
 
私は、この市場で村人たちが、彼らの栽培した農産物を交換できることは、
村人たちにとって、とてもいいことだと思います。
このことは、村人たちの生活と文化を向上させることにつながり、
有機栽培の野菜を食べることは、村人たちの健康にも良いと思うからです。
 
 
…………………………………
記事執筆/
カンボジア事務所
プロジェクトマネージャー
クン・チャイ


************************

15周年記念募金に、ご協力ください

寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


古紙を通じた社会貢献って??

みなさま、こんにちはー!
インターンの岡崎です(^^)/


今月は、12月19日(月)から約2ヶ月にわたって行う
めぐるキャンペーン についてお送りします!


第4回目となる今日、
ハガキ、古着、古本など、全6種類の回収事業の中から
私がお伝えするのは、、、

コシサポ(古紙の回収事業)!!!

25.png
コシサポを応援するコシツジだメェ~?

【かわいい!たのしい!めぐるアニマルLINEスタンプのご購入はコチラ】
>>https://store.line.me/stickershop/product/1315143/ja


**************


古紙、、、みなさんは、普段どうしていますか?

町内会や自治会などの廃品回収や集団回収に
出しているという方が多いのではないでしょうか。

または、燃焼ごみとして出している方もいらっしゃるかもですね~

実は、あなたの古紙の捨て方ひとつで、世界を、社会を、
少し良い方向へ導くことができる
んです!

それが、、、
logo_m.gif


コシサポは、
愛知県名古屋市で全力でリサイクルやゴミの処理にとりくむ、
興亜商事株式会社さまと協働したプロジェクトです。
ご家庭から出た雑誌や古新聞、ダンボールを回収、リサイクルし、
その査定相当額がテラ・ルネッサンスの活動に寄付される仕組みになっています。

【興亜商事株式会社さまのHPはコチラ】
>>http://www.koua-shouji.co.jp/corporateprofile/


代表取締役の奥村さまは、
テラ・ルネッサンス創設者の鬼丸の講演を聞き、
「自分にもできることから始めたい!」と、
2014年、コシサポを立ち上げてくださいました。


奥村さまの

新しい木を切り倒すことなく、大切な資源としての紙を生み出す。
そして、”I LOVE ECO LIFE"という意識を、市民の皆さまに広げていきたい。

という、環境保全への熱い想いと、

本業を通して、アジアやアフリカの人々の自立支援に携わりたい
という、平和への想いが重なった瞬間でした。


そして、2014年4月から寄付してくださった総額は、
2016年8月には、21万円以上にのぼりました



***


ただ、「古紙を捨てる・処理する」という感覚から、
「同じ今を生きる、世界の誰かの自立をサポートする行動」
そんな意識に変わると、ステキだと思いませんか


古紙をリサイクルすると同時に、
アジアやアフリカで地雷や紛争の被害を受けた子ども達の一助になる。

そう思うと、ただの古新聞やダンボールも、捨てるだけではもったいない!
愛おしくなって、もっと集めたくなっちゃいますね!笑


モノがめぐる、想いがめぐる。
めぐるキャンペーンは、それを体現しているステキなプロジェクトだと思います^^


たかが古紙、されど古紙。

みなさまも、コシを通じて世界をサポート
23.png

【コシサポの詳細はコチラ】
>>http://koshi-sapo.com/index.html#how1


※現在のところ、他地域での事業展開も視野に入れておりますが、
回収エリアは愛知県名古屋市周辺に限ります



本日も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!


(おかざき)

************************

15周年記念募金に、ご協力ください


寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************




1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


未来をつくるため池を、村人たちが造る


【 カンボジアレポート/2016年11月_Topics.02 】
ー 未来をつくるため池を、村人たちが造る ー
 

FB写真


テラ・ルネッサンスが2015年に幼稚園を建設し、
プレア・プット村に新しく編入された元地雷原のコミュニティでは、
水が村人たちにとっての最も優先度の高いニーズでした。
 

村人たちは、ここ数年、飲み水や農業に必要な水がないことが
非常に生活を困難にしていました。
2016年11月、村人たちは、山の麓の窪地に水を貯めるために堤防を作りました。
 

テラ・ルネッサンスから建設のために必要な労働力を、
村人たちの労働費として支払いうことで賄う
「フード・フォー・ワーク」の手法で、建設が実施されました。
ため池の堤防が完全に出来上がると、村人たちはとても喜んでいました。

 
私は、村人たちは飲料水や農業用水などのための
十分な水が確保できることを望みます。
村人たちは、このため池の水を使い、家庭菜園や家畜の飼育によって、
生活を向上させていくことができると考えています。
 
 
ー その他のメッセージ ー
私は、村人たちは、私たちの村落開発支援プロジェクトを通して、
村人たち自身の手によって、健康で平和に生活でき、
生活を向上させていくことができることで、
彼らの文化を変えることができると信じています。
 
FB②



 
…………………………………
記事執筆/
カンボジア事務所
プロジェクトマネージャー
クン・チャイ


************************

15周年記念募金に、ご協力ください

寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


そのアルミホイール、まだ役立ちます!!


みなさんこんにちは

12月…

私の苦手な大掃除の季節がやってきました…

もったいないもん。
何かにまた使えるはず。

なかなか捨てられない性格の私は、
「思い切って捨てなさい!!」と
毎年家族に怒られています


それが今年は怒られずに済みそうです!!
なぜなら…
\めぐるキャンペーン2016/があるから!!
キャンペーン期間は12月19日~2月18日。

きょうはめぐるプロジェクトの中の、
『アルサポ』
についてご紹介します!!


車を買い替えて、前のアルミホイールが使えない・・・
使わないアルミホイールが邪魔になっている・・・
とにかく何か人の役に立ちたい!!!

あなたの使わなくなったタイヤのアルミホイールが、
だれかの役に立つ。
それが『アルサポ』です。

あなたの想いがめぐる、
そしてアルミニウムという資源がめぐる。

このアルサポを広めているのが、アルミ

30.png


そして、LINEスタンプにもアルミが登場!!
めぐるアニマルたちと、めぐるプロジェクトを広めていけたらうれしいです!!
かわいい!たのしい!めぐるアニマルLINEスタンプのご購入はコチラ
>>https://store.line.me/stickershop/product/1315143/ja


『アルサポ』とは、
中古タイヤ・アルミホイール買取・販売業を運営されている、
有限会社アップライジングさまとの協働事業です。
皆さまから不要になったアルミホイールを送っていただくことで、
アルミホイールのリサイクルと同時に、
査定相当額がアジア・アフリカへの寄付となるプロジェクトです。

アルミホイール・・・
車に詳しくない私には、正直あまりイメージが湧きません・・・
大きいし、重そう・・・どうやって送るの?
恥ずかしながら、そんなレベルです。

しかし!!
協働事業者さまのアップライジングさまが、
アルミホイールの送り方を動画で紹介してくださっています。
アルミホイールとスチール(鉄)ホイールの見分け方がわかる動画もあります!!
アルミホイールの 梱包方法(タイヤ付きの場合)





何か人の役に立ちたい!!!
このアルミホイール、無駄にしたくない!!!

そんな気持ちさえあれば、
誰もがアルサポに参加できる。

「今、手元にあるもので世界平和へ。」
めぐるプロジェクトに込められた想いが
アルサポに参加しやすい仕組みづくりにもつながっています。



私は、11月開催の、テラ・ルネッサンスの15周年記念イベントで
有限会社アップライジング 代表取締役社長の
齋藤幸一さまにお会いすることができました。

社内では、アルサポだけでなく、
地域での挨拶運動・ゴミ拾い、
障害を抱える方や外国人の方などを積極的に雇用するなど、
さまざまな活動をされています。


15周年記念イベント当日も、朝6時から、
従業員の方や、ベトナム人のアルバイトの方とともに
駅前での清掃活動をされてから、イベントに来てくださったそうです!!


齋藤さまのお言葉からは、平和な社会に対する想いが伝わってきました。
そしてなにより、
ホテルの備品は必要なものだけを使う、など、
齋藤さま自らが
環境への取り組みや社会貢献活動を
普段の生活から、周りの方を巻き込んで実践されていて、
とても説得力がありました。


齋藤さまは、
当会理事の鬼丸昌也の講演をきいてくださり、
自分たちにできることとして、
『フクサポ』に参加して下さいました。
タイヤを取り扱うお店であるのに、7トンもの古着を集めてくださったのです。


その後、本業を通して何かしたい、という想いから、
アルミホイール買取の売上が寄付になる『アルサポ』の活動と、
タイヤの売上の一部をテラ・ルネッサンスに寄付するという
活動をされています。


協働事業者さまの想い テラ・ルネッサンスの想い
そこに、めぐるプロジェクトを通して皆さまの想いが重なることで、
全ての生命が安心して生活できる社会の実現につながります。

年末の大掃除シーズン、
おうちで眠っている要らないアルミホイールがあれば、
ぜひ『アルサポ』へ!!

詳細はこちらから
http://alusapo.com/



めぐるプロジェクトですっきりして
新年を迎えたいすぎもとでした

(すぎもと)

************************

15周年記念募金に、ご協力ください

寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ハガキで支援⁉


こんにちは!インターンの中嶋です~
最近かなり厳しい寒さがつづいてますね

2016年もあともう少しです
みなさんにとっての2016年は、どんな1年でしたか?

まもなく
お正月がやってきます!

この時期、
今年お世話になった人への年賀状
準備し始める方も多いのではないでしょうか?

今日は、12月特集「めぐるキャンペーン:12月19日(月)~2月18日(日)」第2弾!
年賀ハガキにまつわるプロジェクトをご紹介します

このプロジェクトを応援してくれているのは、
めぐるアニマルのハガキングです!!
40.png
※かわいい!たのしい!めぐるアニマルLINEスタンプのご購入はコチラ
https://store.line.me/stickershop/product/1315143/ja


何枚も年賀状を準備していると、

「買いすぎちゃった!」
「書き間違えちゃった!」
「印字間違えちゃった!」
39.png


うっかり書き損じハガキを出してしまうことありませんか?
ハガキが未使用ハガキとしてあまってしまうことありませんか?

昨年の書き損じハガキ
一昨年の書き損じハガキ
一昨々年の書き損じハガキ

古くなって使えなくなった年賀ハガキ
出しそびれてしまった年賀ハガキ
捨てずに家に残っていたりしませんか?


「でもやっぱり捨てるにはもったいない…


テラ・ルネッサンスはそういったハガキたちを集めています!

つまり、
あなたの手元にある
書き損じハガキ未使用ハガキ
支援につなげることができるのです!



【ハガキが支援へとつながるまでのプロセス】

活動資金に変わるまで


ハガキが支援のための活動資金に生まれ変わると
どんな効果を生み出すことができるのか?

ハガキ3枚(約100円分)あれば…
カンボジアの地雷原1㎡の安全を確保することができます

ハガキ25枚(約1,000円分)あれば…
カンボジアの学校に通えていない子ども1人分の補習授業2ヶ月分を支給することができます

ハガキ230枚(約10,000円分)あれば…
地雷撤去作業員1人分の給与を1ヶ月分支給することができます

37.png
(ハガキで支援できるなんて…)


支援のカタチはいろいろありますが、
今回は「ハガキを集めて支援する」方法をご紹介させていただきました

ハガキ1枚のチカラは小さいかもしれません
でも、たくさん集まれば大きなチカラになります

ぜひ、あなたの書き損じハガキ
テラ・ルネッサンスまでお送りください!
詳細はコチラ→http://www.terra-r.jp/icando_hagaki.html


私も実家の書き損じハガキ、集めてみようと思います

(なかじま)


【書き損じハガキについて】
文章や宛名を失敗して出せなくなったものや、宛名もきちんと書いたけれど出しそびれたもの、買ったけれど使用しなかったものなど、未投函の年賀状や官製ハガキのことです。昔の10円や40円などのハガキ、かもめーるも対象にしています。上記以外の配達済のハガキや、切手が貼られていない絵ハガキ、「あてどころに尋ねありません」と宛先不明で印が押されて戻ってきたもの、配達済でも消印が押されていないハガキなど投函済のハガキや私製ハガキは換金できません。当会はプライバシーや個人情報の取り扱いには十分留意しております。ハガキは、郵便局でシュレッダーにかけられて古紙リサイクルされ、再生ハガキとして生まれ変わります。





************************

15周年記念募金に、ご協力ください

寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************


1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


使わなくなった服…どうしてますか?

みなさま、こんにちは!
インターンの中居です


今月の特集はめぐるキャンペーン[12月19日(月)~2月18日(日)]
についてです!

めぐるキャンペーンは皆さまにすぐに参加していただけ、
気軽に社会や世界に貢献することのできるプロジェクトになっています。

その内容は何なの?
ということで、今日から1週間、めぐるキャンペーンの内容を
お知らせさせていただきます!
それではさっそく、第1弾、フクサポの内容に入っていきます!

********************

突然ですが、お家に
「この服、クツ、カバン使わないな〜。」
「そういえばクローゼットに眠ってる服がいっぱいあるな〜。」
ということはありませんか?

それらの使わなくなった衣料で簡単に
世界に貢献できることがあるって知ってますか?
それが「フクサポ」です!!!

フクサポとは古着のリユース・リサイクル業を運営する
株式会社Kurokawa 代表取締役社長 黒川様
ヒトやモノが活かされていない環境や社会を改善させたい
という想いからテラ・ルネッサンスと恊働してくださり、はじまったプロジェクトです。




やり方は簡単
皆様が気軽に参加できる仕組みになっています!


まずはじめに、不要な衣類をダンボール(タテ・ヨコ・高さ3辺の合計120cm~160cm以内)にたくさん詰め、
ネットまたは、お電話で申し込んでください。
pic_home02.jpg



すると、ご指定日に集荷に来てくれます。(ちなみに、送料は無料です!)
pic_home04.jpg



衣類の査定金額相当を寄付、そして古着は必要な人のもとへ届きリユースされます
pic_home05.jpg


詳しくはフクサポHPへ!わかりやすく説明されています
>>https://fukusapo.com



そして、フクサポやめぐるプロジェクトを盛り上げてくれているのが、
可愛くてほっこりする、めぐるアニマルたちです!
フクサポの担当はアライフクマです

09.png 01.png

この度、LINEスタンプとしての販売を開始いたしましたので、
そちらも合わせてご覧ください\(^o^)/
【かわいい!たのしい!めぐるアニマルLINEスタンプのご購入はコチラ】
>>https://store.line.me/stickershop/product/1315143/ja



また、12月のテラ・カフェでは、めぐるアニマルたちの製作秘話
テラ・ルネッサンス広報・ファンドレイジングチームマネージャー兼デザイナーの小田より、お話させていただきます!
12月14日(水)19:00~です!
ご都合のつく方は、ぜひこちらもお越しください!
>>http://www.terra-r.jp/news/event/event_20161125.html



あなたの衣類1箱でできることは
カンボジア 1㎡の土地の地雷撤去
もしくは ラオス 1㎡の土地の不発弾撤去
もしくは ウガンダ 元子ども兵社会復帰支援センターでの給食2食分
などがあります!


あなたの不要になったものを必要な人のもとへ
あなたの小さな行動が皆が住みよい世界をつくっていきます


(なかい)


************************

15周年記念募金に、ご協力ください

寄付という、「未来をつくる力。」
これからも、一緒に

http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

地雷・元子ども兵・・・紛争に巻き込まれ、
大切なものを失いながら、それでもなお、
未来を切り拓こうとする人々を支えたい。

私たちは、一人ひとりの生きる力を信じています。

************************

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


このブログを読んでくださる“あなた”へ



京都にある小さなアパート。

四畳半一間でキッチン風呂なし。

そこが、テラ・ルネッサンスの出発点。
 

・・・
 

それから15年。
 
テラ・ルネッサンスは、
たしかな経験成果を蓄積してきました。
 
 
15th_bokin2016_02.jpg
鬼丸の手書きメッセージ。ホームページに掲載しています。
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html





私たちはこれまで、アジア、アフリカ、そして日本国内において
紛争や震災の被害にあった方々、総勢1万人以上
各々の状況に応じた支援・協力を行なってきました。
 


15年間、変わらない真剣な想い。

『すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現』
 


テラ・ルネッサンスのスタッフや創設者の鬼丸も、
自らのちからの小さになげくことがあります。
 

けれど、この1万人を支えるだけのご支援とお気持ちを寄せてくださった方々が、
あらゆる意味で私たちの活動を支えてきてくださいました。
 
 

そして、いわゆる“支援の受け手”である
受益者たちが、地域社会に受け入れられ、
自らのちからで生活できるようになっているという事実と、
彼ら彼女らが自尊心や誇りを取り戻していく姿<は
 

今後、国内外を問わず、
「世界平和」の実現可能性を思わせる希望として
紛争や貧困に苦しむ人々と、それを知って
心を痛める人々を励ましてくれるはずです。
 

8or1.jpg
 


これら15年間の蓄積を糧に、想いを実現すべく、
テラ・ルネッサンスでは『15周年記念募金』として、
ご寄付を募っています。
 

この投稿を読んでくださっているみなさま、
共感していただける“あなた”のご支援が必要です。
 

下記のリンク先より、
どうぞ、ご無理のない範囲でのご協力を、
よろしくお願いいたします。
 
 
▼ テラ・ルネッサンスに寄付をして協力する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
5,000で、
ウガンダの元子ども兵□復帰支援センターで、
1人の元子ども兵が約2週間の職業訓練を受けることができます。
 
10,000で、
コンゴで20人にマラリアの治療薬を提供することができます。
 
50,000で、
カンボジアで100人の子ども達が、1ヶ月間学校で勉強することができます。
 
▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 12月は「寄付月間 」>
 
あまり寄付文化が根付いていないとされる日本。
全国的な寄付月間でもある12月からは、活動の報告をメインに投稿し、
NPOの役割を果たしていきます。
 
▼ 寄付する
http://www.terra-r.jp/member/15th_bokin2016.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

< 個人所得税控除の対象になります >
 
京都府から認定を受けた、認定NPO法人である当団体へのご寄付は、
寄付金控除など、税制上の優遇措置の対象になります。
 
▼ 寄付の税制優遇についてはこちら
http://www.terra-r.jp/about_zeiyugu.html
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 
…………………………………………
記事投稿/
テラ・ルネッサンス京都事務局
フェローシップ 辻本

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク