7月のサムロンチェイ村/インターン滞在記㉝

スースダイ!
カンボジアから、インターンの川島です。

日本は台風が近づいているそうですね
暴風や高波には十分お気をつけください


カンボジアでは、先週、
村落開発プロジェクトを実施している
3つの村で、自治会を行ってきました。

今日はその中のひとつ、
サムロンチェイ村の様子をお届けさせていただきます。

IMG_6239.jpg

毎月開催している自治会では、
村人が野菜を自給して支出を減らし、
収支バランスを整えるために
野菜の種を2種類配布しています。

現在タイから輸入した種を
配布しているのですが、
一度収穫した後はもう実がならなかったり、
うまく芽が出なかったり、
村人の技術以前に種自身が問題を抱えていることがあります。

そこで、カンボジア由来の固定種を集めて配布しよう、
とカウンターパート現地NGOのCDRANCEの先生と話していました。

サムロンチェイ村に行くと、
種を保存している村人が!

IMG_6235.jpg

へちまとサヤエンドウの種を無料でわけてもらいました。
日本の皆さまからいただいた資金で村人を支え、
村人に支えられながら活動できていることを感じ、
とても嬉しくなりました。

彼女はテラ・ルネッサンスが支援を始める前から、
野菜は市場で買わずに自給しているそうです。

IMG_6234.jpg

種の配布と野菜栽培技術の講習をすることで、
こうした村人が増えていくようプロジェクトを進めていきます。


IMG_6241.jpg

今月は、かぼちゃときゅうりの種を配布。
模造紙に書いた説明と地面に絵を描きながら、
どうやって植えるか伝えます。


IMG_6247.jpg

こちらのおばあちゃん。
以前配布したヘチマを植えたところ、
食べきれないぐらい実がなって
まわりの村人に販売しているそうです。

1つ500リエルで販売し、実が採れるときは
毎朝2000リエルほどの収入があるそうです。


2000リエルは日本円で約50円。
日本の感覚で言えばわずかな収入ですが、
日雇い労働の給料が1日5ドル(2万リエル)、
2000リエルはその10分の1にあたります。

今は雨季なので、
雨が降れば水やりをする手間もはぶけ、
植えているだけで食べ物が育ち、
それで収入も得られれば一石二鳥です。


野菜栽培の他に、牛飼育もはじめているサムロンチェイ村。
これからコオロギやハリナシミツバチ飼育といった、
様々な収入源を確立することで、村人に
どんな困難をも乗り越える力を磨いていってほしいと思います。


昨年支援をはじめたばかりのサムロンチェイ村。
他のロカブッス村などと違って、
「村人が自治をしている」と呼べるにはまだ遠い状態です。

IMG_6242.jpg

けれども、こんな田舎でヒョウ柄の服を着ている
大阪のおばちゃんを思わせるたくましい村人(写真中央)や、
顔をしわくちゃにしながらいろんなことを話してくれる
おばあちゃん(写真右より)がいて、これからが楽しみな村でもあります。

一人ひとりの村人に寄り添いながら、
村全体の自立と自治を目指して、
これからも活動を進めていきたいと思います。

へちま
(おばあちゃんが育てたへちま。腕の3分の2ほどの長さ)


そして、こうした息の長い支援を続けられるのは、
想いとご寄付を託してくださる日本の皆さまがいらっしゃるからです。


助成金などと違って
使用用途や期間を限らない皆さまのご寄付のおかげで、
現場のニーズに柔軟に対応できます。


これからも、テラルネッサンスの活動に
様々な形でご参加いただけますと幸いです。
>夏季募金特設ページはこちらから

本日もありがとうございました!

(かわしま)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


理事長小川より、皆さまへのメッセージ



 

設立から15年、多くの元子ども兵たちが職業訓練所を卒業し、自立して力強く生活を送っていると同時に、世界にはまだまだ紛争によって国を追われ、家族を失い、未来への希望をどこに見出せばいいのかわからず苦しむ人たちがたくさんいます。
 
皆さまとともに歩んだ15年の成果があったからこそ、届けることができたたくさんの「希望」。これから15年、まずは中期ビジョンである「すべての子どもが紛争に巻き込まれない社会の実現」を目指して活動を広げていくために、活動資金が足りていません。
 
「 ひとり一人に未来をつくる力がある 」
今、世界の片隅であなたの勇気ある一歩を待ち望む人がいます。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/21時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 151
・達成率 : 38
・残り日数: 33 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


牛の価値/インターン滞在記㉜

スースダイ!
(クメール語でこんにちは)
インターンの川島です。

先日のブログで、カンボジアならではの
牛のエピソードについてお伝えさせていただきました。
>先日のブログはこちらから


IMG_5179.jpg


皆さんは、牛を飼ったことはありますか?
・・・私は、もちろんありません。笑

小学生のとき遠足か何かで牛舎に行ったのが
初めて牛を見た瞬間だったような気がしますが、
都会に住んでいる方は、実際見たり触ったりしたことが
ない方もいらっしゃるかもしれませんね。
(私は四国の高知県出身です)


IMG_5371.jpg


カンボジアでは、牛は非常に重要な資産で、20年ぐらい前までは
もしお金があれば、牛を買っておけと言われていました。

農耕用にも運搬用にも、車やバイク、トラクターが
普及していないときは、非常に重要な動力でした。
日本と同じであまり食用に食べてきたわけではありません。

最近は道路が舗装されて、車・バイク・トラクターが普及してきたため、
牛はそんなに重要でないと思われるようになりましたが、
食用としての価値が高くなってきました。

カンボジアの牛肉は、豚や鶏などと違い、
自然の草を食べさせて成長させているため、
タイやベトナムから輸入されておらず、逆に輸出できる状態です。
(豚はほとんどタイから輸入されています)

気になるお値段は、1頭あたり、
小さい子牛:500ドル/大人の牛:1000〜2500ドル
大きさによって差はありますが、
学校の先生の給料が月120ドルぐらいだと考えると大きな資産です。


私たちが一緒に活動している村人たちの中には
1日の収入が5ドル程度の貧困層がたくさんいるので
最初に500ドルの投資をするのはとても難しいです。


牛は1年に1度子どもを産み、
妊娠してから生まれるまで約10ヵ月、
大人の牛に成長するまで約1年かかります。

先日渡した牛は、
子どもが産まれたら1頭目と3頭目の牛を当会に返してもらい、
親の雌牛と2頭目、4頭目以降が村人の資産となる、という仕組みです。
実際にお金を得られるようになるまでには長い時間がかかりますが、
家畜銀行のような長期的な収入源と
家庭菜園などの短中期的な収入源を組み合わせることで
様々な困難を乗り越える術を身につけてもらいたいと思っています。

また、「牛銀行」という牛を村の中でどんどん回していく仕組みを作って、
将来的にはテラ・ルネッサンスがいなくても活動が続くようにしていきます。


IMG_5367_20170727163501518.jpg


このような価値がある牛なので、
「牛を飼う」=「大きな資産を持つ」ということになります。


先日行った牛飼育のトレーニングでは、
牛の食べ物、病気になったときの治療法などを伝えました。
今後フォローアップの見回りも行っていく予定です。


ここカンボジアでは、
牛を飼うこと、野菜をつくること、
が重要な仕事であり、未来をつくる力になっていきます。


皆さんも、牛と触れ合ってみたくなりましたか?
日本で牧場に行くのも楽しいと思いますが、
ぜひカンボジアにも遊びに来てくださいね

※牛に触るときは、調子にのって触りすぎると怒られるので、お気を付け下さい

本日もありがとうございました!

(かわしま)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

続きを読む

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


新しく仲間になりました

ブログ読者の皆様、こんにちは!



この7月よりテラ・ルネッサンス PRチームとして活動させて頂く、河村 帆乃(かわむら ほの)と言います。
よろしくお願いいたします!


私がここに来たのは、素晴らしい『』と『タイミング』に恵まれたこと、
また大学時代に体験した『フィリピンでの建築支援活動』がきっかけです。


まず『縁』ですが、私が大学時代からしているアルバイト先に凄く尊敬する人が居ました。
その人が実はここでインターンをしていたんです!
前からこのインターンの話はチラリと聞いていましたが、その時はまだ参加するなんて思ってもいませんでした。


そんな状況から一歩踏み出すキッカケになったのが、その尊敬する人からの誘いを受ける『タイミング』でした。

就職をせずドイツの大学院を目指しており、希望していた学科の授業が開講されない事を知り、来年までどう過ごそうか考えていた時にその人から


やってみない?


と声をかけて頂いたのです。
そして書類審査、面接を得てテラ・ルネッサンスの仲間入りを致しました。


この時まさに"捨てる神あれば拾う神あり"だと実感しました!!!



そんな私は大学生の時にHabitat for Humanity JapanというNGOのサークルに所属していました。

そこでは年に2回東南アジアを中心に建築支援活動をしており、街頭募金をしたり現地へ行って建築に携わったりしました。
2014年の夏にはフィリピンのマニラへ行き、建築活動としてレンガ運び・セメント作り・トイレの穴を掘るなど経験しました。

そこで見たり、聞いたりした事が、私の考え方を変えさせたのかもしれません。

私が行ったフィリピンの中間貧困地域は教育が不十分なために低賃金労働しかできず劣悪な環境から脱却することができないでいました。それを感じた時から心のどこかで『いつか私に出来ることをしたい』と思っていて、そのいつかがやってきました。



自分に何が出来るか?
と聞かれたらまだ明確な答えは言えませんが、できることは全てやり、できる事をどんどん増やしていこうと思っています。

そしてこのテラ・ルネッサンスの一員としてすべての生命が安心して生活できる社会の実現に少しでも貢献できるよう努めます。

宜しくお願いします!

(かわむら)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


カンボジアならではの・・・/インターン滞在記㉛

チョムリアップスオー!
インターンの川島です。

今日はカンボジアならではの
プロジェクト秘話をお伝えさせていただきます


皆さんは、たくさんお金を稼げたら、お金持ちになれると思いますか?


たとえば毎月100万円稼いでいるAさんと毎月1000万円稼いでいるBさん。
どちらがお金持ちでしょうか?

「そりゃ~もちろんBさんでしょ!」(皆さんの心の声を代弁)

では、
Aさんは毎月50万円を使っていて
Bさんは毎月1000万円使っていたら?

Aさんは毎月+50万円
Bさんは毎月+-0円


いくらお金を稼いでも、稼いだ分だけ使っていたら、
お金持ちになるどころか急な病気や事故に対応できません。


テラ・ルネッサンスが活動している村の中には、
Bさんのような人、Bさんに限りなく近い人がいます。

収入が低いのはもちろん、
自分たちで作れるものまで買っていたり
収入を増やす力はあるのに手段がない人です。


4月からはじまった、
地雷被害者を含む障害者家族の生計向上支援プロジェクト

収入>支出になるように家計のバランスを整え、
家庭菜園や家畜飼育によって複数の収入源を確保することで
様々なリスクに対処する力をつけてもらおう、というプロジェクトです。

「様々なリスク」というのは、
・洪水などの自然災害
・換金作物の買い取り価格の低下
・マラリアやデング熱などの感染症
・ゴミ、汚水、工場衛生環境の悪化
などなどです。


6月末に牛飼育のトレーニングを実施し、
プロジェクトに参加している村人に牛を渡しています。
(動画は一部の村人)




その2週間後、
ある村人から連絡がありました。

「牛を変えたい」

彼は家に連れて帰るときに牛が反抗して大変そうだったので
何があったのかとおもいつつ話をきいてみると、

「先日妻のお父さんが亡くなった。
数人の占い師に占ってもらったところ、
この牛が家に不幸を呼び寄せているらしい。
だから違う牛に変えてほしい」

とのこと。

IMG_5843.jpg


全国民の約90%が仏教徒であるカンボジア。
1993年に発布された新憲法には、
仏教を国教とすること、国家が仏教学校や仏教研究所を
普及・発展させなければならいことが定められています。


そんなカンボジアでは、
占いはひとつの伝統文化でもあります。

・子どもが病気になったとき
・進路や恋愛で迷っているとき
・結婚する時期(現地駐在の江角は占いで決めました)

過去、現在、未来を
「フォーチュンテラー」と呼ばれる占い師に占ってもらうのです。


こうした文化を、
「占いなんて関係ない、非科学的だ」
といって否定することもできます。


けれども村人が昔から信じている大切な文化。
外から来た私たちが、よそ者の価値観で全て判断することはできません。
(カンボジア人の中でも信じる人・信じない人にわかれます)


訪問後、「家族が骨折した」という新たな連絡があり、
早く手放して新しい牛を買おう、と改めて決意した私達でした。

IMG_5179.jpg


ときに非効率的だとしても、
カンボジアの文化を尊重しながら
一人ひとりに寄り添う支援をこれからも続けていきます。

本日もありがとうございました!

(かわしま)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .



続きを読む

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ある日のカンボジア事務所/インターン滞在記㉚

チョムリアップスオー!
インターンの川島です。

私事ですが、最近ブログの更新が滞っております、、、が、
実はカンボジアでのインターン期間も残り1か月を切りました

そこで、今週から、気持ちを新たに
こちらの様子をどんどんお届けさせていただきたいと思います


さて、今日は月曜日。
一週間のはじまりの、スタッフの様子をお伝えさせてください!


IMG_5925.jpg

まずはこちらの笑顔が素敵な彼女、ラウ。
有機農業のためにココナッツを刻んでいます。
地雷で失くした左足がまだ痛むことがあるようで、作業中は義足を外しています。


IMG_5929.jpg

ラウがいる小屋は、実は元にわとり小屋。
事務所で飼っていた鶏が数か月前に泥棒に盗まれてしまい
最近は使っていなかったのですが、ラウが有効活用していたようです。笑


IMG_5923.jpg

会計と事務所全般のお世話、ココナッツ刻みなどをしてくれる、イェト。
今日は仕事のあいまに事務所の庭で収穫したドラゴンフルーツをふるまってくれました。


IMG_5936.jpg

ドラゴンフルーツには中が赤いものと白いものがあります。
皆さんはどちらがお好みでしょうか?
カンボジアにお越しの際はぜひお試しくださいね


S__28246024.jpg

我が子のように可愛がって飼育しているコオロギのため、
掃除をしているカウンターパートCRDANCEのスン。

コオロギ飼育は、村人の多様な収入源を確保するための手段のひとつとして推進しています。
収入源が複数あることで、天災や急な交通事故など、様々なリスクに対応する力を持つことができるからです。
他にも家庭菜園、家畜飼育、ハリナシミツバチの養蜂などを奨励しています。
今事務所ではタイからもらってきた卵を育てていて、コオロギを増やし、村人に分けていく予定です。


IMG_5930.jpg

こちらは2週間に1回行っている日本人職員のミーティングに
スカイプ参加しているカンボジア駐在の江角と延岡。

本日は東京、京都、カンボジア、ウガンダをつないでのミーティング。
便利なサービスで私たちの仕事を快適にしてくださっている方々に感謝です。


IMG_5931.jpg

そしてこちらは、パソコンをカタカタしているCRDANCEのサリー先生。
フィールドでは畑をかけまわり、薬草を見つけては収集するアクティブな56歳です。
明日から、先週に続き野菜栽培のトレーニングが始まるので、その準備に大忙しです。


IMG_5927.jpg

トレーニング参加者のリストを見ながら、
一人ひとりに場所や時間の連絡をしているソクンティ―。
「国際協力の現場」と聞くと
華々しいイメージがあるかもしれませんが、
実際は、地味な仕事の積み重ねです。

例えば「村人とのワークショップを開催する」
そのためにどんな作業が必要でしょうか?

・ワークショップの場所を決めて許可を得る
・参加者リストを作る
・参加者一人ひとりに個別連絡する
・ワークショップ内容を考える、まとめる
・ワークショップに必要な物を買いに行く
などなど...

こうした一見地味ですがとても大切な仕事を、スタッフで分担して行っています。


IMG_5935.jpg

本日の締めは、我らがクンチャイ。
絶妙に日本語を知っていて、最近は私が日本語で話していると「何?なに?」と聞いてくれます。
おちゃめで可愛い46歳、7月のレシートの整理をしてくれています。


他にも、ワークショップのためにお買い物に
行ってくれているスタッフやドライバーがいます。


こうしてスタッフ一人ひとりが自分の役割を果たすことで、
カンボジアでプロジェクトを行うことができています。


そして、一人ひとりが自分の役割を全うし、力を発揮し、活動を続けていくことが、
テラ・ルネッサンスのビジョンである「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」につながります。


こうした繋がりを日々意識しながら、
私も残りの期間がんばりたいと思います。


S__28254216.jpg

最後に、本日はインターンOGの西村さんが事務所を訪問してくださいました!
私にとっては3年ぶりの西村さん、お会いできてとっても嬉しかったです。


本日も、ありがとうございました。
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ブルンジのコミュニティビジネスが独立化に向けて動き出しました!! 〜 2000万円に相当する収入を確保?! 〜

【 アフリカレポート/2017年6月_Topics.02 】
ーブルンジのコミュニティビジネスが独立化に向けて動き出しました!! 〜 2000万円に相当する収入を確保!? ー


昨年、ブルンジに省エネ窯を建設して、紛争の影響で毎月の収入が3000円にも満たない最貧困層を対象に、窯業の技術訓練を行ってきました。しかし、技術を身につけて商品を生産できるようになっても、それらが販売できなければ意味がありません。

しばしば、途上国で貧困削減を目的に、職業訓練や技術研修を行う支援が行われていますが、実際には、「技術の習得=収入向上(または就業)」という図式(ロジック)は成立せず、失敗するケースが多くあります。

(日本でも同じだと思いますが)技術や知識を持っていても、実際にそれが収入に繋がるまでには様々な変数が影響しています。特に複雑な要因が絡み合う紛争後のアフリカでは、習得した技術を活かして、実際の生計向上につなげるためにきめ細かく支援していくことが大切なのです。


ですので、今年度からは、生産した商品を販売するための研修やアドバイス、販促、市場開拓、そして、対象者たちが協力してコミュニティでビジネスを継続するための組織化を支援しています。

現時点で、この4月から約3万個の瓦や、レンガ、タイルを生産し、それらを販売することができました。その収入額は、約20万円に上ります。所得が日本の100分の1以下の対象者の人たちにとっては、2000万円以上の価値を生み出したようなものです。

アフリカ月次(170724)01
〔窯業グループのメンバーが生産した瓦、タイル、レンガ〕


現在、9名のコアメンバーを中心に40名がこの活動に従事していますが、彼ら彼女らの主な仕事は農民で、この窯業による収入は農閑期の収入源になります。収入源を多様化し、様々なリスクに適応できる状況を作ること(レジリエンスの向上)がプロジェクトの目的です。

ですので、今回の収入額の半分は、来年度から自立的に運営していくための資金として銀行にグループで貯蓄しています。


ブルンジの人たちは、日本人に似ているところがあり、共同で活動することにとても理解があり、相互扶助、結束を大事にする人たちです。(他のアフリカの国ではそうならないことも、実は多いのです。)

とは言っても、まだまだ、様々なリスクや課題も抱えているので、一歩一歩、コミュニティの人々の夢が実現するように、私たちもサポートを続けていきたいと思っています。

アフリカ月次(170724)02
〔窯業グループのメンバーと小川〕


…………………………
記事執筆/
ブルンジ事務所
小川 真吾
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


ウガンダで、元子ども兵の職業訓練2か月目に入りました!

【 ウガンダレポート/2017年6月_Topics.01 】
ー ウガンダで、元子ども兵の職業訓練2か月目に入りました!ー



20年以上紛争が続いたウガンダ北部グルでは、子ども時代に武装グループに誘拐された、元子ども兵の方たちの社会復帰をサポートしています。

テラ・ルネッサンスの自立支援センターでは、9期生となる元子ども兵を受け入れ、5月から社会復帰に向けて1年半の職業訓練が始まりました。



〔服飾デザインでミシンの使い方を練習する訓練生〕


訓練では、教室での「理論」の授業も大切ですが、何より手に職をつけることが重要なので、7割以上の時間を「実技訓練」に充てています。今回は、主に女性が参加している、次の3つのクラスの様子をお伝えします!


・・・・・


<洋裁クラス>
洋服の授業では、生地を裁断し、それを縫製して洋服を仕上げまで、練習用の紙を使って学んでいます。


1-1 IMG_8503@
〔洋裁のクラスで、練習用の紙を使い、生地を裁断している訓練生〕




<服飾デザインのクラス>
洋服に刺繍を施すミシンを使う練習です。動画は、真っ直ぐに刺繍をする練習をしているところで、実際小さな子どもたちもお母さんの訓練についてきています。


1-3 IMG_8190@補整
〔服飾デザインのミシンを使い、刺繍の練習をしています〕




<手工芸のクラス>
紙を原料にして、ペーパービーズの作り方を学んでいます。ビーズを作って色をつけたり、光沢を出すためのニスを塗る練習をしています。


1-4 IMG_8401@
〔ペーパービーズを作る訓練生。ニスを塗って乾かしています。〕



男性が参加する木工大工も、元子ども兵と地域住民の人たちが一緒に、椅子や机などの家具を製作しながら訓練に励んでいます。

ビジネス実地訓練が始まるまで、これから1年以上かけて、このセンターで自立するために必要な技術や知識をしっかり身につけていきます。


1-5 IMG_8380@
〔手工芸クラスで作っている、紙を原料にしたペーパービーズ〕



引き続き、スタッフ全員で、彼ら彼女たちが本来持っているチカラを発揮できるように環境を整え、サポートを行なっていきます。


…………………………………………
記事執筆/
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


幸せな家庭を築いていくために/ウガンダ共和国


2017年度・夏季募金のコンセプトは「仕事」

テラ・ルネッサンスでは15年間の活動の中で、たくさんの元子ども兵や、紛争で傷を負った人々が自立のための技術を学び、自分の足で未来に向かって、一歩一歩力強く歩いています。8月は夏季募金【 アフリカ篇 】

期間中2か月間で、当会の活動地域であるアフリカ、アジアでどのような「仕事」が行われているのか、そして、彼、彼女らはどのような想いで、何のために、「働く」のか。全約12回にわたってお届けしていきます。

木工大工や洋裁、養蜂や家庭菜園など、学んだ技術を生かし、「仕事」をすることで未来を切り開いていく姿

あなたはどんな風に「自分の未来をつくる」ために、働いていらっしゃいますか?改めて「仕事」って何だろう。「働く」って何だろう、と思いを巡らせてみてください。


第3回目は、「木工大工」をお届けします。2015年6月から1年半の間、訓練を受けていたサイモン(仮名)。彼はどのようにテラ・ルネッサンスと出会い、どんな人生を歩んでいるのでしょう。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

15年間、徴兵されていた経験を持つサイモン。当時は、「力があれば、何でもできる」と思っていたそうですが、その後は、誘拐されなかった同世代のように、「しっかり生活していきたい」という夢を持つようになりました。


帰還してからも、子どもの頃と同じく「職業訓練を受けたい」と思っていた彼が、訓練の機会を探していたところ、出会ったのがテラ・ルネッサンスでした。訓練を受けれるようになったと分かった時は「とても嬉しかった」と言ってくれました。

同期の訓練生と語り合うサイモン(右)
〔同期の訓練生と語り合うサイモン(右)〕


木工大工の技術訓練は、椅子や机、ベッドなどを作る実技が中心でした。技術訓練後の、ビジネスの実地訓練では、町の大学の学生寮近くに、同じ訓練生5名と木工大工の作業所を構えて、主に学生のお客さんのために、勉強机やベッドを作っていました。

スマイルハウスで実技訓練を行うサイモン DSCF8994
〔スマイルハウスで実技訓練を行うサイモン〕

サイモン:実地訓練(170720)
〔実地訓練の様子〕

また、テラ・ルネッサンスの前卒業生の誘いを受け、村に泊まり込みで働きに行った経験から「自信を深めることができた」と彼は語ってくれました。


彼は今、故郷の村に帰って自分の家を建てていて、幸せな家庭を築いていくために、そして自分の店を開くために、グループのみんなと仕事をしているそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

訓練中は、いつも率先して手を動かして、技術を身につけようとしていたサイモン。「自立するまでは、村に帰らない」という強い決意と意思を、現地のスタッフは感じていたそうです。


彼のストーリーを聞きながら、私たちが行なっている「オーダーメイド型」の支援というのは、彼ら一人ひとりの「夢」に沿う、という意味もあるのだと思いました。
 
これからも、パートナー(受益者)たちの「夢」を、記事をご覧の皆さまと一緒に追っていけたら、と思います。私たちの活動へのご支援とご参加を、よろしくお願いします^^
 

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
その笑顔を増やしたい。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/20 時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 70
・達成率 : 17.5
・残り日数: 42 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

…………………………………………
記事執筆/
ヒアリング:
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎
(編集:インターン 小原)
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


野菜をつくる力が未来をつくる力になる/インターン滞在記㉙

こんにちは!
インターンの川島です。

カンボジアでは、先週から、2日間にわたる
野菜の栽培技術トレーニングを実施しています。

このプロジェクトの対象者は100家族。
20家族ずつ、全5回のトレーニングを行っています。


トレーニング2日目の様子はこちらの動画をご覧ください。

(トレーニング1日目の様子はこちらから)


今回のトレーニングでは、
EM(Effective Microorganisms/有用微生物群)と呼ばれる
カンボジアにあるもので作れる自然農薬のようなものの
作り方を学んでいました。

お金を払って農薬を買わなくても、
身の回りに生えているもので
身体にも環境にも優しい薬を作ることができる。


昔、森の人と呼ばれたカンボジア人の知恵のひとつです。


今回参加した20家族の村人の中には、
すでに家庭菜園を実施している人もいれば
いつも市場で野菜を買っている人もいます。

昔ながらの知恵と同時に
今の技術も取り入れることで、
より多くの野菜が作れるようになります。


市場で野菜を買うお金を節約できたら、
ほかのもっと大事なことや必要なものにお金を使うことができます。
子ども達の教育費を払うこともできるし、
病気になったときや、急な出費に備えて貯蓄しておくこともできます。
そして、安全でおいしい野菜は未来の私たちの健康な身体をつくります。


野菜をつくる力が、未来をつくる力になる。


これからも、村人一人ひとりに寄り添いながら
プロジェクトを進めていきます。

本日もありがとうございました!

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


子ども達が小学校に通えるように/ウガンダ共和国


2017年度・夏季募金のコンセプトは「仕事」

テラ・ルネッサンスでは15年間の活動の中で、たくさんの元子ども兵や、紛争で傷を負った人々が自立のための技術を学び、自分の足で未来に向かって、一歩一歩力強く歩いています。8月は夏季募金【 アフリカ篇 】

期間中2か月間で、当会の活動地域であるアフリカ、アジアでどのような「仕事」が行われているのか、そして、彼、彼女らはどのような想いで、何のために、「働く」のか。全約12回にわたってお届けしていきます。

木工大工や洋裁、養蜂や家庭菜園など、学んだ技術を生かし、「仕事」をすることで未来を切り開いていく姿

あなたはどんな風に「自分の未来をつくる」ために働いていますか?改めて「仕事」って何だろう。「働く」って何だろう、と思いを巡らせてみてください。


第2回目は、「洋裁」についてお届けします。ウガンダの職業訓練施設「スマイルハウス」で、洋裁と服飾デザインを技術を身につけたモニカ(仮名)。彼女はどんな夢を抱き、何のために働いていたのでしょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12歳の時に反政府軍に誘拐され、10年間兵士として拘束されていたモニカは、2006年から3年間、スマイルハウスで社会復帰の訓練に取り組んでいました。彼女には4人の子どもがおり、当時スマイルハウスでは、三女を背負いながら、足踏みミシンの使い方を熱心に練習していた姿をよく覚えています。

夏季募金(170716)01


彼女は、スマイルハウスを卒業する頃、「子ども達が小学校に行けるように頑張っていきたい」と話していましたが、卒業後すぐ4人の子ども全員分の教育費を払うことはできず、まずは長女を小学校に通わせました。

収入が上がってきてからは、長女に続いて、長男と次女、三女も学校に通わせています。17歳になった長男の夢は、弁護士になること。スマイルハウスで、足踏みミシンの練習中に背負われていた三女は、現在11歳になり、医者になるという夢を抱いています。


モニカは今も、洋裁や小規模ビジネスの仕事をして、家計を支えていますが、半年前に新しい赤ん 坊が生まれて、5人目の子どもを育てています。

その子を抱きながら「この子は平和な時に生まれ、戦争のことは何も知らない、このままこの子が平和しか知らずに育ってくれることを神様に願っている」と、話してくれました。


スマイルハウスに来た頃、モニカが「家族がいなくても、せめて教育さえ受けることができていれば、自分は社会復帰できると思う」と話していました。 というのも、彼女は父親を早くに亡くし、母親も殺害され、ずっと孤児だったため、スマイルハウスに来て、教育の大切さを感じ始めていたのかもしれません。

夏季募金(170716)02


今の彼女の生活は安定していますが、それでも課題やリスクがないわけではありません。マラリアなどの病気や、国の経済状況の悪化、加えて、彼女が住むウガンダ北部には、多くの南スーダン難民が流入しています。

何が起こるかわからない状況だからこそ、彼女は自分の子どもには、もし、一人になっても生きていけるように、教育を受けられるように、一生懸命これまで頑張ってきたのだと思います。

成長した三女の天真爛漫な笑顔を見ていると、彼女や新しく生まれた赤ん坊が、本当に平和しか知らない世代になって欲しいと、心から思いました。

夏季募金(170716)03
〔左から、モニカの長男、三女、モニカ、小川の4人と半年前に生まれた赤ん坊〕

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウガンダでは、普通の家庭でも寮制の中学、高校に行かせるのは経済的に大変なことだと言います。そんな中、「洋裁」という仕事を通じて、子ども達が教育を受けられるよう、頑張って来たモニカ。

私たちテラ・ルネッサンスも、彼らとともに、平和に向かって歩んでいきたいと思います。どうぞ、ご無理のない範囲での、ご協力をお願いいたします^^


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
その笑顔を増やしたい。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/14時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 51
・達成率 : 13
・残り日数: 48 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .


…………………………………………
記事執筆/
テラ・ルネッサンス 理事長
小川 真吾
(編集:インターン 小原)
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


映画を通して知るアフリカの今〜Cinema for Africa〜

【 ARレポート/2017年6月_Topics.02 】
— 映画を通して知るアフリカの今〜Cinema for Africa —



6/2(金)に「Cinema for Africa」を開催いたしました。

アフリカが日本のメディアに取り上げられることは、非常に少ないです。アフリカにはどんな過去があるのか、そしてどんな今があるのかを映画と講演を通してより多くの方に知っていただきたいという思いで、企画いたしました。


このイベントでは、第1部に「グッドライ〜いちばん優しい嘘〜」という映画を上映し、第2部に当会理事長の小川真吾さんが講演をしました。

「グッドライ〜いちばん優しい嘘〜」は、スーダンで内戦により孤児となった「ロストボーイズ」と呼ばれる主人公たちがアメリカに移住し、周りの人に支えてもらい、困難を乗り越えながら、生きていくというヒューマンドラマです。

私も見ましたが、主人公たちが内戦に巻き込まれていく悲惨な場面もありつつ、思わず笑顔になってしまうような場面、突然の別れに涙する場面など、様々な感情が渦巻く映画でした。

参加者の方からは、映像としてみることでアフリカの状況がより現実味をもって感じられたという感想をいただきました。
ぜひみなさまも見てみてください!

AR月次(170716)01


第2部の理事長:小川の講演では、主にアフリカで紛争が起こっているのはなぜなのか、その原因が先進国に住むわたしたちとも深く関わりがあること、また私たちになにができるかということをお話ししました。

AR月次(170716)02


参加者の方からは自分にもできることがあると知って、すぐに行動に移そうと思ったという感想を多くいただき、とても嬉しかったです。

今回のイベントを通して、アフリカは遠く離れているけれど、ある意味私たちの生活と深く関わりがあるということをたくさんの方に知っていただくことができました。みなさまが今後もアフリカの現状に思いを馳せてくださったら嬉しいです。

平日の夜にもかかわらず、多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
その笑顔を増やしたい。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/14時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 51
・達成率 : 13
・残り日数: 48 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .


※ARとはアウェアネス・レイジング(awareness raising)の略。これまでの啓発事業の呼び名を、「当会との出逢いを通して、気づきや変化のきっかけを作り、育んでいく取り組み」と捉え、2017年度より名称を変更しました。

………………………………
記事執筆/
ARチームインターン
堂前 ひいな
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


NPOフェスティバル、トークショーに参加しました!

【 ARレポート/2017年6月_Topics.01 】
ー NPOフェスティバル、トークショーに参加しました!ー


「自分の知らないところでこんなことが起こっているなんて心が痛い。他人事にしたらだめね。」

元子ども兵たちの写真を見ながら、そう言って涙を流していた女の人を、わたしはぜったいに忘れないと思います。


ARチームではインターン生を中心に、6月24日と6月28~30日に阪急百貨店うめだ本店で開催された、一般財団法人H2Oサンタさん主催のチャリティートークショーとNPOフェスティバルに参加しました。

AR月次(170715)02


4日間、テラ・ルネッサンスがアフリカで取り組んでいる子ども兵の課題について、トークショーや元子ども兵たちが作ったコーヒーやペーパービーズの販売を通じて、多くの方にお伝えすることができました。

AR月次(170715)01


わたし自身、百貨店という多くの人が集まる場所で、テラ・ルネッサンスの活動について紹介させて頂くのは初めてでしたが、ブースに来てくださった多くの方々といろいろなお話をすることができて、とても良い経験になりました。

そして、子ども兵たちに想いを寄せてくださり、涙を流してくださった方、自分にできることは何かと声をかけてくださった方、多くの方々の想いに触れることができて本当に感動しました。今後も多くの方々に世界で今起こっていることやテラ・ルネッサンスの取り組みについて知っていただけるように、頑張っていきたいと思います。


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
その笑顔を増やしたい。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/14時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 51
・達成率 : 13
・残り日数: 48 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

※ARとはアウェアネス・レイジング(awareness raising)の略。これまでの啓発事業の呼び名を、「当会との出逢いを通して、気づきや変化のきっかけを作り、育んでいく取り組み」と捉え、2017年度より名称を変更しました。
 
………………………………
記事執筆/
ARチームインターン
長久 実由
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」

2017年度・夏季募金のコンセプトは「仕事」
テラ・ルネッサンスでは15年間の活動の中で、たくさんの元子ども兵や紛争で傷を負った人々が自立のための技術を学び、自分の足で未来に向かって一歩一歩力強く歩いています。

期間中2か月間で、当会の活動地域であるアフリカ、アジアでどのような「仕事」が行われているのか、そして、彼、彼女らはどのような想いで、何のために、「働く」のか。全約12回にわたってお届けしていきます。
木工大工や洋裁、養蜂や家庭菜園など、学んだ技術を生かし、「仕事」をすることで未来を切り開いていく姿。

あなたはこんな風に「自分の未来をつくる」ために働けていますか?
改めて「仕事」って何だろう。「働く」って何だろう、と思いを巡らせてみてください。

そんな第1回目は「溶接」
夏季募金特設ページのトップに登場するコンゴ民主共和国の元少年兵、「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」。その言葉にはどんな人生が、想いがあるのでしょうか。




以前は、武装グループにいましたが、テラ・ルネッサンスのサポートを受けて現在、コミュニティと和解して自立した生活ができるようになっているコンゴの元子ども兵。
1年間、溶接の訓練をして、現在のセンターが建つまでの1年間も、お客さんから仕事を受けて溶接を続けていました。今は、奥さんと子どもの生活を支えられるようになっていて、彼の他の家族のメンバーも彼を受け入れて、とても自分のことを誇りに思うようになっています。

IMG_0511.jpg

~溶接の技術訓練を修了して、今は自分たちで溶接ビジネスを行っている元少年兵 ティエリ(仮名)からのメッセージ~

私は、10代から子ども兵として過ごさないといけませんでした。軍隊から戻ってきても、貧しくて、何度も兵士に戻った方がいいのでは、と思ったこともありました。しかし、テラ・ルネッサンスで溶接の技術を身につけて、今は、ちゃんとした仕事があります。

今でもたまに部隊から勧誘を受けることがあります。
でも、私は断り続けています。なぜなら、溶接技術者として、これからの人生を生きていきたいからです。

私は溶接技術者であることに誇りを持っています。なぜなら、村の人たちに必要とされていることを感じるからです。そして、夢だった溶接所を仲間と一緒に開設することができることになりました。本当に信じられない思いでいっぱいです。

日本から支援をしてくれている人がたくさんいると聞きました。心から感謝しています。
まずは、もっと技術を高めて、多くの人たちの役に立てるように頑張りたいと思います。

本当に、ありがとうございます!!


IMG_6871.jpg


コミュニティーであるカロンゲでこの溶接所は、唯一の溶接屋なので、彼らの溶接の仕事によって、地域の人たちの生活や仕事が助かっています。例えば、ドアや窓のグリル、バイクタクシーで後ろに乗る場所の金具など、生活に必要な部品は彼らがいないと手に入らないのです。つまり、元少年兵たちの技術は、この村ではなくてはならないものとなっているのです。

印象的だったのは自信と誇りを持って、仕事をしている姿。

彼が住むコンゴ東部は、中央政府の影響力が十分行き届かず、国からの公共サービスもほぼなされていない状況です。

そんな中、伝統的首長らが中心になって、自分たちの村、地域を自分たちで、修復し、作っていく自治の取り組みも行われていたりします。
以前コミュニティロードの整備に関わった受益者たちだけでなく、溶接技術を学んだ元子ども兵たちも加わって、総勢約300名のテラ・ルネッサンスの受益者たちが、地元の主張の呼びかけに応じて自発的に、地域の人々に取って欠かせない、道整備をおこなうことも。

理事長小川によると、コンゴは、ブルンジに比べると、適当感満載で、超楽観的な野性味が溢れた人たちだそうです。(笑)
ですが、やる時はやります!

道路づくりをする横で、ギター片手に歌っている青年もいました。彼は、自分の音楽で、みんなの疲れが癒されるから演奏していると話していたそうです。多様な役割が認められ、一人一人が、その人にしかできない役割を果たせる社会は素敵ですね。

いつか、コンゴも平和になり、日常的に笑いながら、楽しみながら暮らせる日が来ることを願って、私たちも、そして溶接技術で人々の生活を支える彼らも、日々、仕事をしています。

彼のように、自分の未来を切り開き、つらい記憶を過去のものにして日々を楽しく生きられる人を、ひとりでも増やしていけるように、夏季募金へのご協力をよろしくお願いいたします!!

IMG_6371.jpg




▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
その笑顔を増やしたい。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/11時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 48
・達成率  : 12
・残り日数: 49 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


活動地ブルンジから見えてくる、国際的な紛争予防の必要性

 
テラ・ルネッサンスは、 長年紛争の被害を受けたアフリカのブルンジで、自立支援を行っています。

キャプション「ブルンジの首都ブジュンブラの街中(撮影者:テラ・ルネッサンス 鈴鹿達二郎)」
〔ブルンジの首都ブジュンブラの街中(撮影者:テラ・ルネッサンス 鈴鹿達二郎)〕


このブルンジでは、2015年の大統領選以降、政治的な混乱が続きました。現在情勢は落ち着きつつありますが、これまでに市民や政府関係者などが命を落とし犠牲になっています。この混乱の要因の一つとして、銃や手榴弾など、簡単に扱える武器が同国内に流入し、それが使用されていることが挙げられます。

近年、小型武器を使った暴力により命を落とす人は、毎年50万人にのぼり、1分に1名が命を落としていると言われます。そして、世界の武器輸出額の73%を占めるのは、国連の常任理事国5か国から輸出される武器なのです。


テラ・ルネッサンスでは、海外で紛争被害者の自立支援を行っていますが、それと同時に、紛争が起こらないよう根本的な問題解決が必要です。例えば、武器による犠牲を減らし、紛争を予防する手段の一つとして、国際レベルでは、国家間の武器貿易の実効的な規制が必要です。

現在、武器貿易条約(ATT)の締約国会議プロセスにおいては、条約をいかに実効的に実施するかが課題になっています。

テラ・ルネッサンスは、ATTの締約国に対して、自国の武器輸出入に関する年次輸出入報告書の提出義務を守ることや、一部の輸出入情報を秘密にせず公開すること、ATT違反の可能性がある輸出を締約国会議で取り上げて議論することなどを求めています。


今後も、国内での報告会のほか、Facebookで情報発信を行っていきますので、ぜひ動向をご覧ください!

…………………………………………
テラ・ルネッサンス
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿達二郎
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


野菜の栽培技術トレーニング第一弾!/インターン滞在記㉘

チョムリアップスオー!
インターンの川島です。

今週から、地雷被害者家族の生計向上支援プロジェクトの取り組みのひとつ、
家庭菜園推進のための野菜の栽培技術トレーニングがはじまりました。
>プロジェクトについて詳しくはこちらから


トレーニング1日目の様子は、こちらの動画をご覧ください!



なぜ家庭菜園を推進しているかというと、まずは支出を減らすためです。

村人の中には、1日5ドルの収入の中から、
市場に通い野菜を買うために、お金とガソリン代にわずかな収入を費やしてしまっている人もいます。

そこで、家のまわりの少しの土地でできる家庭菜園を推進することで、
まずは村人の支出を減らし、収入と支出のバランスを整えよう!という計画です。

また、現在カンボジアには、タイやベトナムから農薬だらけの野菜が輸入されてきています。
カンボジアの人達は意外にも「農薬は身体によくない」という意識を持っている人が多いのですが、自分で野菜を作っていない人は、自然と農薬がたくさん使われた野菜を買ってしまっています。

今回のトレーニングでは、化学肥料や身体によくない農薬を使わず
自然にある葉っぱなどを使って作る無害の農薬作りの技術も伝えます。


プロジェクト対象者は100家族。
20家族ずつ、5回にわけてトレーニングしていきます。
今日は、総勢20名の村人が参加しました。

地雷被害などで片足を失っている人もいますが、
彼らはそんなことを感じさせないほど明るく、
義足や松葉づえを使って軽やかに動きます。

きっと悲しみも辛さも乗り越えてきたであろう彼らの笑顔は
私のことも笑顔にし、疲れを癒してくれます。


トレーニングは2日目も続きます。
また現地の様子をご報告させていただきます。

本日もありがとうございました!


(かわしま)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 
▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


南スーダン難民とともに「世界難民の日」について考えたことー自立支援に向けてー

先月「世界難民の日」のイベントが世界中で開催されましたが、少し遅れて、今、私たちが活動している ウガンダ北部に流入している南スーダン難民居住区でも、難民の日のイベントが開催されました。

現在、90万人以上の難民が北部地域へ流入し、ウガンダはアフリカ最大の難民受け入れ国になっています。 南スーダン難民の86%が女性と子どもと言われており、ここの難民居住区にも、子どもだけで逃げてきた家族が多数います。
現在、テラ・ルネッサンスでは、こうした子どもだけの家族や、5人以上の子どもを抱えて逃れてきた女 性たちなど、最も脆弱な状況に置かれている難民の方々への緊急支援を実施しています。

http://www.terra-r.jp/south_sudan.html


IMG_3408.jpg
【写真:ウガンダ北部の南スーダン難民居住区】

しかし、この難民の日のイベントでは、難民居住区の人々が、自身の窮状を訴えていただけではありません。むしろ、難民の人々がエンパワーメントされ、就業の機会を得ることや、受け入れコミュニティの住民 とともに、生活を再建していく自立支援の必要性も語られていました。

「難民」と聞くと、何も無くて、可哀想で無力な人たちというイメージを描きがちですが、実際には多様 な人たちがいます。着の身着のまま逃れて来た人もいれば、自身のビジネス道具などを抱えてやって来た人 まで様々な人々が難民居住区で暮らし始めています。

また、私たちが支援対象にしている脆弱な人たちであっても、彼ら彼女らは、全く何もできず、無力な存在ではありません。
中には、様々な技術を持った人たちもいますし、それぞれ仕事をする能力や気力を持っている人たちも多 数います。むしろ、少しでも早く、自分たちの力で自立的な生活をしたいと望んでいる難民の方々が多くい るのです。

世界各国で開催された「世界難民の日」のイベントでは、難民への緊急支援が呼びかけられていた一方で、 当事者である難民(しかも、世界最悪の人道危機とも言われる南スーダンからの難民)の人たちが、自立支援の必要性を口にしていたわけです。

現状では、緊急支援も十分に足りていない状況ですが、可能な限り、緊急支援のフェーズに重ねて、自立に向けた支援をハイブリッドに実施していくことが求められています。
ウガンダ政府もこうした難民の自立達成と、地域への定住を後押ししており、実はこの数ヶ月間、現地政府や関係機関と、中長期的な支援内容についての話し合いを重ねてきました。

その中で、政府機関からも、極力、早い段階での自立支援を開始することを要請され、今後、難民や受け入れコミュニティへの職業訓練や開業支援など自立に向けた中長期的なプロジェクトを実施することに首相府と合意しました。
テラ・ルネッサンスとしては、まずは、子どもだけの世帯や身体的に働くことが難しい方々などへの緊急支援を継続していきながらも、可能な限り、早い段階で、難民の人たちが職業技術を身につけて生活を再建するための支援を実施していく予定です。

IMG_3376.jpg
【写真:ウガンダ北部の南スーダン難民居住区にて】

中長期的な自立支援を実施していくためには継続的な資金基盤がないと事業の見通しを立てることができ ません。
年内には南スーダン難民及び受け入れコミュニティの人々への自立支援プロジェクトを開始できるように、 継続的なご支援をお願い申し上げます。
http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 
記事執筆/
理事長 小川真吾

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/9時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 25
・達成率  : 6
・残り日数: 51 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


スタッフ研修/インターン滞在記㉗

チョムリアップスオー!
インターンの川島です。


今朝のゴミ拾いではこんなものを見つけました。
石川県のおみやげ「加賀乃國」。
こんなカンボジアの田舎で一体誰が食べたのでしょうか。笑
IMG_5550.jpg



ところで、先週の金曜日は七夕でしたね。
短冊にお願いごとは書かれましたか?
カンボジアでは現地スタッフへの研修を行いました。


現地駐在職員/延岡にその様子をリポートしてもらいましたので、どうぞご覧ください。最後の笑顔がとっても素敵な23歳、兵庫県出身です!
(※研修中のため、声をひそめてリポートしております。音量を大にして、できればイヤホンをつけてお聴きください)



―以下、全文―

皆さん、こんにちは。
テラ・ルネッサンスの延岡です。

本日は、カンボジア事務所にて、
現地駐在の江角とその他のスタッフ全員で研修をしております。
(※警備員と、小学校修理にでかけているスタッフの3名を除く)

この後わたくしからテラ・ルネッサンス全体の事業について
アフリカ事業や国内で行っていること、説明していきます。

午後からはインターンの川島が、
ファシリテーションのスキルについて研修をします。

本日のスタッフ研修を通して
カンボジア事業、そしてテラ・ルネッサンス全体を
どんどんよくしていきたいと思っております。

いつも皆さん、ありがとうございます。

そして、この素敵なカンボジア事務所、
これからどんどん事業を推進してまいりますので
引き続き、ご感心お持ちいただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

―以上―


ビジョンやミッションの共有は以前も行っていましたが、4月から入ったスタッフもおり、ある人は勤務歴12年、ある人は3か月、という状態だったので、今回改めて共有することでスタッフのテラ・ルネッサンスへの理解も深まったようです。

けれど、一度や二度聞いただけではすぐ忘れてしまうのが人間というもの。
これからも、毎日の朝礼などで研修で話したことを再び話すことで、テラ・ルネッサンスの支援への考え方などを深く共有していきたいと思います。


今回、私ははじめて英語(たまに日本語)で研修をさせてもらったのですが、「気付きを促すファシリテーションスキル」という、日本語でも伝えるのが難しい上に私もまだまだ勉強中という内容だったため、スタッフをぽかんとさせてしまうことがありました...。自分が理解できている部分、あまり理解できていない部分や新たな疑問に気づけたため、今後活かしていきたいと思います。

この研修は、認定NPO法人ムラのミライを参考にさせていただきました。国際協力に限らず、家庭でも使えるスキルですので、皆さんにもオススメです。


今週のカンボジアは、村で野菜の栽培技術トレーニングを行っていきます!
皆さんもすてきな1週間になりますように。
本日もありがとうございました

(かわしま)

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


【 南スーダン緊急難民支援 】今後、難民の方々へ支援を届けるために

 
先月終了した、南スーダン緊急難民支援。改めて、たくさんのご支援、本当にありがとうございました。


 
 
今後、皆さまの支援を元に、7月には、特別に支援を必要とする方々のリストを作成し、関係機関から支援を受け取る準備を行います。また、8月から、支援を本格的に開始し、各世帯のニーズに合わせ、物資を調達。9月より、物資の供与を始める予定となっております。
 
 
隣国南スーダンより流入している、90万人もの難民の方々。今回の緊急支援では、皆さまのおかげで、子どもたちとシングルマザー、障害者の方々、その他支援を必要としている方々への支援が行うことができます。
 
しかしその一方で、テラ・ルネッサンスが活動する地域では、他にも、紛争や災害によって生活に困難を抱えた人々がいます。戦闘が続き、治安の悪化するコンゴにおける、子どもたちの栄養不足の状態。カンボジアやラオスで、今もなお地雷や不発弾の危険のもとで、暮らさざるを得ない人々。
 
 
テラ・ルネッサンスでは、南スーダン難民への緊急の物資提供と同時に、人々の「自立」を目指して、職業訓練や識字教育、農業支援など、その地域の実情に合わせて、支援活動を実施しています。どうぞ、ご無理のない範囲での、ご協力をお願いいたします。
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/5時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 10
・達成率 : 2.5
・残り日数: 52 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


村人2名を対象に鶏・アヒルの飼育トレーニング実施

【 アジアレポート/2017年6月_Topics.02 】
ー 村人2名を対象に鶏・アヒルの飼育トレーニング実施 ー

 
 
6/6~6/9の4日間、座学・視察旅行・最終日のまとめで構成される鶏・アヒルの飼育トレーニングを実施しました。

アジア月次(170709)02
〔トレーニング4日目のまとめを終えて集合写真〕
 
鶏やアヒルといった家畜飼育を推奨しているのは、複数の収入源を持つことでどんな困難をも乗り越える力を村人に持ってもらうためです。そしてこのトレーニングの目的は、ロカブッス村の中に2名の家畜飼育の専門家を養成することで、テラ・ルネッサンスがいなくなった後も技術を活かして家畜飼育を続けられるようにすることです。
 

家畜飼育に成功している他の村の村人を訪問した視察旅行では、10年以上も家畜専門の医者をしており、自身も鶏・アヒル・牛を飼育している大ベテランから話を聞くことができ、とてもいい刺激になったようでした。ロカブッス村の村人には治療方法が分からなかった病気の治療法も知っており、お互いの携帯電話の番号を交換したり、とてもいい関係を築くことができていました。
 
アジア月次(170709)01
〔家畜飼育の大ベテランである他の村の村人から話を聞いている様子〕
 

今回の研修では、村人に技術を伝えられただけでなく、村人が彼ら自身のお手本となる人に出逢えたこと、これからはテラ・ルネッサンスに頼らなくとも村人同士で家畜飼育の技術を共有することができるネットワークができたことが大きな収穫です。
 
これから始まる彼らの挑戦を、テラ・ルネッサンスが完全に必要なくなるその日まで、支え続けたいと思います。
 
 
………………………
記事執筆/
アジア事業インターン
川島 綾香
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 
 
▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください
 
「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。
 
http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 
 
< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >
 
3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。
 
30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
※寄付は税控除の対象になります。
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/5時点)>
 
・目標人数:400 人
・寄付者数: 10
・達成率 : 2.5
・残り日数: 55 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


カンボジアに行ってきました!そこで見たこと。感じたこと。

こんにちは!
ブログ執筆が約半年ぶりのインターンの米田です!笑

わたしは先月、6月13日から18日まで、カンボジアに行ってまいりました。


テラ・ルネッサンスでインターンを始めた頃から
一度は訪れたいと思っていたカンボジア。
そこで見たこと、感じたこと。ここで少し共有させてください。

*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_

「みんなを喜ばせたいんだ」

現地インターンの川島もブログ「自慢の家庭菜園/インターン滞在記24」
で紹介していた、プレア・プット村でのできごと。

ある村人(ほろ酔い)が、上機嫌で彼が育てた野菜たちを見せてくれました。

IMG_0001 copy
どや!

「テラ・ルネッサンスはこの貧しい村にたくさん支援してくれている。
あなた達をがっかりさせたくないし、頑張りたい」

川島がご紹介した、この言葉のあとには、実は続きがありました。

「あなた達を喜ばせたい。村のみんなを喜ばせたいんだ。」


花、花、そして花

頑張らないバドミントン研究会代表の須田祥充さまのご協力、ご支援の元、
建設されたスラエ・スダウ小学校。

他の小学校も見学させてもらいましたが、
ここの生徒さんは「お行儀が良い」というのが第一印象で、
教室に入るとみんなが起立して挨拶をしてくれました。

声をかけても恥ずかしそうに俯く子も多く、少しシャイなのかな、と思っていた矢先。

女の子が二人、お花を差し出してくれました。
可愛らしく、でもとても暖かいその優しさに、思わず顔が緩んでしまいました。

すると、その様子をみていた他の子どもたちが、
次から次へと、あたりの花がなくなるんじゃないかと思うほどの花を
順番に持ってきてくれるのです。

お花3
髪にも挿してくれました。

すぐに両手には抱えきれなくなり、腕からこぼれてしまいます。
小学生の時のピアノの発表会でも、ここまでのお花はもらいませんでした。笑

お花みんなで
持ちきれなくなり車に積んだところで記念撮影

現地駐在員の延岡いわく
「カンボジアで花を渡すのは、その人の幸運を祈るとか、すごく特別な意味もある」とか。

わたしが覚えたばかりのクメール語で「オークン(ありがとう)」と伝えると、
生徒たちも、習った英語で、「Thank you」と返してくれました。


希望

正直に言わせてください。
ここまで書かせていただいた出会いがあるまで、
カンボジアの抱える問題の深さに、そしてそれらの解決までの道のりに、
気が遠くなってしまっている自分がいました。

貧困。格差。教育。地雷。

わたしが日本からできている支援は、ほんの少しなんだと思い知らされていました。

野菜が育ったからといって、村人が貧困を抜け出せたというわけではないでしょう。
花をくれた子どもたちが、
卒業まで学校に通い続けられるかどうかもわかりません。
その日1日ふらっと訪れたわたしにはわからない、
苦労や悩みもあるだろうと思います。

でも。
その中でも。

私たちのことを考え、他の人の幸せを考え、
「喜ばせたい」と語ってくれたり、
色とりどりの花を贈ってくれる彼ら彼女らの姿はとても優しく、頼もしく、
私たちにとっても、カンボジアという国にとっても、
大きな希望だと感じました。

そして、その「希望」はわたしが活動を続ける大きな理由になりました。

カンボジアの人々が、そしてすべての生命が、安心して生活できる社会の実現のために。
これからもわたしができることを、わたしらしく。

IMG_0007.jpg
カンボジア事務所のみんなと!
*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_

長々と書いてしまいましたが、書き足りないというのが本音です!!(喋りたがり)
というわけで!お話しましょう!

7月18日のてらこやでは、カンボジア事業のことをお話させていただきます!
初てらこやでどきどきですが、
毎回アットホームな雰囲気と評判の(自分調べ)てらこや、
あなたに会えることを楽しみにしています!!
詳しくはこちら→https://www.facebook.com/events/148413432393961/
お申込みはこちら!→https://goo.gl/forms/1J5AQiFPfcfOOlPu2


以上、久しぶりのブログにいろいろ詰め込みました!すみません!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!!!

(よねだ)

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください

「ほら、こんなモノも作れるようになったんだ」
満面の笑みで見せてくれた元子ども兵。
支援を、もっと力強く各国で実施するために、あなたのチカラが必要です。

http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えば、あなたのご支援でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。

30,000円の寄付で、
今後で元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/2時点)>

・目標人数:400 人
・寄付者数: 3
・達成率  : 1
・残り日数: 55 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスのパートナーになる
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


問題の根本的な解決に向けて

【 アジアレポート/2017年6月_Topics.01 】
ー 問題の根本的な解決に向けて ー


 
カンボジアでは、カムリエン郡に住む地雷被害者を含む障害者家族への生計向上支援を行なっています。

対象100世帯を4グループに分けて、グローバル経済のリスク、お金の収支バランスに関するワークショップを開き、6月21日に全グループへの実施が完了しました。
 
アジア月次(170708)01
〔ワークショップの様子〕


私たちは、「生計を整える=収入と支出のバランスを整える」ことだと考えています。収入が増えたとしても、それ以上のお金が出続ければ、いつまでたっても状況は変わらず、単に収入のみを上げればよいということではありません。しかしながら、対象者の中には借金を返すために、さらに借金を重ねる人もいます。
 
その原因のひとつに、単一作物栽培への収入源の依存が挙げられます。広大な土地を使って、キャッサバやトウモロコシなどの換金作物のみを栽培する農家が大半を占めます。

アジア月次(1707008)02
〔広大なキャッサバ畑〕


しかし、2年ほど前からその買取価格がおよそ半減し、農家の方達は大きな経済的打撃を受けています。収入源をひとつだけに頼ってしまっている人達は、他に収入を得る手段を思いつくことができず、結局、翌年の換金作物栽培のために更に借金をしてしまうのです。


今回のワークショップでは、「支出を減らす」という考え方や、多様な収入源を確保する重要性などを説明し、対象者らも理解を示してくれました。これから本格的に始動する本事業の中で、村人達と共に理想を現実化していきたいと、強く願います。


………………………
記事執筆/
アジア事業サブマネージャー
延岡 由規
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


カンボジアをご支援くださる皆さまへ



テラ・ルネッサンスが活動している村の一つが、
バッタンバン州カムリエン郡にあるプレア・プット村です。

2014年、プレア・プット村に元地雷原のコミュニティが新しく編入されました。
「元地雷原」は「昔は地雷が埋まっていた」ということを意味します。
私たちはこのコミュニティを「スモール・プレア・プット村」と呼んでいます。
1_20170705132838d76.jpg
(様々な地雷/テラ・ルネッサンスHPより)


カンボジアでは、1975~1979年に3年8カ月と20日続いたポル・ポト政権時代、虐殺や飢え、強制労働によって200~300万人が亡くなりました。他国の利害関係とも複雑に絡み合ったその内戦の影響で、カンボジアには400~600万個の地雷が埋められたと言われています。
>地雷について詳しくはこちらから


中でも地雷が一番多く埋められた地域が、
カンボジア北西部に位置するバッタンバン州です。
バッタンバン


1987年、まだ地雷撤去が終わっていないときに、最初の村人が移り住みました。地雷が埋まっていることを承知で住み始めたのは、安全な土地に住むためのお金もないほど貧しかったからです。2017年現在、スモール・プレア・プット村には24家族が暮らしています。


村人の仕事の多くは1日5ドルの日雇い労働かタイへの出稼ぎです。
近くに通える学校はなく、子ども達は学校へ行けない状況にありました。


2009年から少しずつプレア・プット村を支援していた私達は、
新たに編入された24家族のコミュニティも支援することに決めました。
村長さんとテラ・ルネッサンスで話し合い、
2015年、子ども達の学びの場としての幼稚園を建設しました。


今は3~13歳の33人の子ども達が、幼稚園に通っています。
(その内の3人は先生の孫で、他の村から学びに来ています)
クメール語の文字や数字・歌・踊り・ゲームの授業を受けています。

年齢的には小学生の子どもも、
学校が遠すぎて通うことができないので幼稚園に通っています。
バイクタクシーなどを使えば通えるのですが、金銭的な余裕がありません。
6_20170705132845c78.jpg


子どもが安心して学ぶためには、
大人が仕事をして生活を安定させることも重要です。


そのため、村人の支出を減らし収入を確保するために、
家庭菜園の推進や家畜銀行の設立なども行っています。
月一度の自治会では、野菜の栽培技術も伝えると同時に野菜の種を配布しています。
10_201707051516272d2.jpg
(自治会の様子)


数年前にはじめた家庭菜園は、少しずつ、確実に広がっています。
11_201707051802465f8.jpg
(ナスを育てているスモール・プレア・プット村の村人)


私たちは、誰もが最低限の基礎教育を受ける権利を持っています。
カンボジア政府も、カンボジアミレニアム開発目標において、
普遍的基礎教育(9年)の達成を目標に掲げています。


カンボジア事業では、基礎教育支援をすることで、
一人ひとりが未来をつくる力を発揮することができる環境を整えています。

スモール・プレア・プット村の子ども達は、
学校で学べないことはたくさん知っています。

植物の名前、食べれる草・食べれない草の種類、
村や山のどこに何の植物が生えているかetc.....

これらの知識は、首都プノンペンの子ども達は知らないようなことばかりです。
だからこそ、彼らが学校で学べる知識を身につけることができたなら、
彼らの未来にもっと大きな可能性がひらけると思うのです。


幼稚園を建設できたこと
子ども達がクメール語や数字を勉強できること
そこから新しい笑顔が生まれたこと


これらの活動は全て、皆さまからのご支援のおかげです。
あたたかいご支援を、本当にありがとうございます。


どんなに金銭的に貧しくても、子ども達はいつも笑顔で元気いっぱいです。


ゾウさん(ブタさん?)の顔真似
2_20170705132839493.jpg


車の反射を利用しての遊び
(顔がヨコにみょーんと伸びるのが楽しいそうです)
3_201707051328410bd.jpg


携帯のカメラで自撮り
9_20170705132848258.jpg


子どもも、大人も、
一人ひとりが本来持っている力を発揮できるように



これからも子ども達の成長に、村人の自立と自治を達成するまでの道のりに、一緒に寄り添っていただけますと幸いです。
日本も厳しい暑さだと思いますので、どうぞお身体ご自愛ください。


>カンボジア事業について、詳しくはこちらから
5_2017070513284340e.jpg

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


『世界の村で発見!こんなところに日本人』の番組をご覧いただいた皆様へ


suzuka_02.jpg


認定NPO法人テラ・ルネッサンス、ウガンダ駐在員の鈴鹿です。

この度は「世界の村で発見!こんなところに日本人」をご覧いただき、ありがとうございました。少しでも、私の大好きなウガンダや、アフリカのことを、身近に感じていただければ嬉しく思います。

また、先月の『南スーダン難民緊急支援』で、あたたかな想いとともに、支援に必要なご寄付をお寄せくださった皆さま、お一人おひとりに、心より感謝申し上げます。


現在、私が活動しているテラ・ルネッサンスでは、アフリカ・アジアにおいて、紛争の影響を受けた方々の自立を支援しています。とりわけ、私のいるウガンダでは、過去20年以上に渡る紛争によって、子どもたちが拉致・誘拐をされ、強制的に兵士として戦わされ、武装グループのなかで働かされてきました。


suzuka_03.jpg

テラ・ルネッサンスでは、そんな元子ども兵たちが自立を目指し社会復帰できるよう、日本の皆さまからのご支援のもと、ウガンダにおいては約10年間に渡り、活動を継続しています。


2017年度、9期生として受け入れている元子ども兵の方たちは、その多くが8年〜16年という長期に渡り、武装グループに拘束されてきましたが、現在はウガンダの自立支援センターで3年間の社会復帰に取り組んでいます。

訓練を始めてまだ3ヶ月程度ですが、すでに、木工大工のクラスでは椅子や本棚などを作ったり、また洋裁クラスでも、ミシンを使って刺繍を入れる技術を、それぞれが一生懸命に学んでいます。

suzuka_04.jpg


これまでの卒業生を見ていても感じることですが、訓練で培った技術を活かして、お店を構えて働き、家族を支えることが、彼や彼女たちの生きる意味を、より特別なものにしていると感じます。自立を目指すうえで、仕事をすることは、お金を稼ぐこと以上の価値を示してくれるようです。

「変化」をしていくのは、彼ら彼女たち自身ですが、新しく受け入れたの9期生も、いま目の前のことに一生懸命に取り組み、自立した人生を切り開こうとしています。


現在テラ・ルネッサンスでは、この自立に向けた活動を続けていくため、夏の募金キャンペーンを実施しています。

上記のように、必要な活動を継続していくための資金が十分でないことはもちろん、なにより寄付という方法で、この活動を一緒に推し進めていただける「仲間」を、私たちは必要としています。日本から世界を想う皆さまからのご協力で、彼ら彼女たちの自立を応援いただけると、とても嬉しいです。

遠く離れたアフリカではありますが、お一人おひとりからの想いを、しっかりと現地へ届けてまいります。ご無理のない範囲で構いません。私たちの活動へ、ご理解とご協力のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 
…………………………………………
認定NPO法人テラ・ルネッサンス
アフリカ事業マネージャー
鈴鹿 達二郎
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


プレゼント/インターン滞在記㉖

ソクサバーイ?(お元気ですか?)
インターンの川島です。


先日、日本から3名の方がカンボジアを訪問してくださいました。
株式会社kurokawaの黒川さんと、認定NPO法人D×Pの今井さんご夫婦です。
1_20170703080248dd4.jpg


(株)kurokawaさんは、古着のリユース・リサイクルを通してテラ・ルネッサンスの活動をご支援くださっています。そう、皆さんご存知「フクサポ」で協働してくださっているテラ・ルネッサンスの大切なパートナーのお一方です。

※フクサポとは
ご家庭で眠っている衣料・靴・かばん・服飾雑貨を送っていただくことで、テラ・ルネッサンスの活動を支援できる仕組み(送料無料)
>詳しくはこちらから


認定NPO法人D×Pさんは、通信・定時制高校に通う高校生に、「つながり」と「経験」を届けているNPOです。高校生が「しんどさを抱えているから」ではなく、「大きな可能性があると思うから」支援されているそうです。

一人ひとりに才能や可能性が溢れているという前提で支援されている姿勢は、テラ・ルネッサンスともよく似ていると感じました。
>詳しくはこちらから


そんなお三方、プレア・プット村幼稚園とロカブッス村小学校の子どもたちにノートとペンをプレゼントしてくださいました。
2_20170703080242895.jpg
(プレア・プット村幼稚園にて)


3_201707030802438d8.jpg
(ロカブッス村小学校にて)


ロカブッス村小学校にはサッカーボールのプレゼントも!
4_20170703080244a85.jpg


子ども達みんな、とても嬉しそうでした。


ご支援くださったり、同じNPOを経営されている方にテラ・ルネッサンスの現場まで足を運んでいただけるのは、とても嬉しいです。ユーモアたっぷりな皆さんから経営者視点での考え方を聞けたり、私もたくさんのことを学ばせていただきました。

これから、企業やNPO同士が協働することでもっともっと、平和を目指すこの運動を盛り上げていきたいと思いました。

皆さんも、機会があればぜひ、カンボジアにお越しくださいね!
本日もありがとうございました。

(かわしま)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


楽しみにしていた刺し子講習会!

【 刺し子レポート/2017年6月_Topics.02 】
ー 楽しみにしていた刺し子講習会!ー


皆さんこんにちは。今週は刺し子さんが楽しみにしていた二ッ谷恵子さんの刺し子講習会が行われました。

大槌刺し子の為に材料とアイディアを持って、飛騨高山から車でワンちゃんを連れて来てくれます。


まずはじめに。

300年の伝統が作る、曲がらずしなる広島針を作られている、チューリップ株式会社の皆さまより、針のプレゼントを頂きました。

恵子さんの大槌行きに合わせ、刺し子さんへ渡してください、と恵子さんに預けてくださったそうです。

刺し子月次(170702)01

刺し子月次(170702)02


刺し子さん達はとても喜び、早速使っていたようでした。

刺し子月次(170702)03

「メッセージ付きで、ひとりひとりラッピングしてくれて、すごくうれしい!」と刺し子さんには欠かせない針に大喜び!!とても良い笑顔でした✨

チューリップ株式会社さま、心温まるプレゼントをありがとうございました。


さあ、プレゼントをもらい、テンションをあげての講習会スタート!!

刺し子月次(170702)04

今回の講習は「がっさい袋」。前回の巾着袋同様、下書きからの作業、刺し子さんとても真剣です。

すらすら下書きを進めて、午後には縫い始める刺し子さんも。

刺し子月次(170702)05

だいぶ「先生~、先生」という声も減ってきたようにも思いました。何度も講習を受けてきた刺し子さん、はじめより内容を理解するのが早くなったようです。

今回のがっさい袋に使う糸は、恵子さんが柿渋で染めたもので、今までの草木染より、やはり柿渋だけに渋い色合いで、カッコイイ!!!

刺し子月次(170702)06

糸の染作業で染まったと思われる手の爪を見るたびに、感謝の気持ちでいっぱいになります。そんな恵子さんの刺し子講習会を、皆が楽しみに待っています。


その分刺し子さん達には、刺し子の方で一針一針丁寧に作業してもらい、素敵な作品にしていきたいと思います。


最後は集合写真で終了でーす。

刺し子月次(170702)07


またまたどんな作品に仕上がるかとても楽しみで~す。


……………………………
記事執筆(2017.06.23)/
大槌刺し子プロジェクト
スタッフ
佐々木 加奈子
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


「おおつち新山高原ヒルクライム」イベント物販に参加!

【 刺し子レポート/2017年6月_Topics.01 】
ー「おおつち新山高原ヒルクライム」イベント物販に参加!ー


皆さん、こんにちは。先日、地元で行われた「おおつち新山高原ヒルクライム大会」

東日本大震災からの大槌町の”復興”、三陸広域で"連携"し、共に生きる”共生”という3つの理念を掲げて、震災後、手入れが行き届かなくなった新山つつじの再生を目ざし、2016年から開催された、三陸唯一のヒルクライム大会です。


大槌刺し子プロジェクトもお声がけ頂き、前日の展示やイベント販売をさせていただくこととなり、スタッフ3名おそろいの星Tシャツで参加してきました。

刺し子月次(170701)01


当日はとても天候が良くヒルクライム日より!!たくさんの方々が立ち寄ってくれて、商品を見てくださいました。

刺し子月次(170701)02


他には、大槌のはちみつ、さけもなかや城山ポテト、海産物など大槌名産が並び、お土産にと選ばれていた方もたくさんいました。

刺し子月次(170701)03


元大槌刺し子スタッフの吉野さんも食べる通信、頑張っていましたよ~

刺し子月次(170701)04


大槌刺し子隣のブースには。ヒルクライム2017公式ジャージ「三陸鉄道応援Tシャツ」を販売していました。その方はなんと大槌刺し子商品をご愛用くださっていて、当日もかもめパーカーを羽織ってくれていました。

刺し子月次(170701)08


震災後、釜石周辺で移動カフェをしているハピスコーヒー。初めて飲んでみました~!マスターの写真パチリ!!

刺し子月次(170701)05


とってもおしゃれでとっても美味しいコーヒーでした✨


またまた集合写真を撮っていた方達を見つけ、どさくさに紛れて写真をパチリ(#^^#)刺し子看板とTシャツなどを持ってくださって「刺し子のPRだあ!」ともう一枚(^^)v

刺し子月次(170701)06


今回のイベントで出会った方たちは爽やかで元気、大槌を盛り上げてくれました。

閉会式には、大槌町の伝統芸能 臼澤獅子踊りの方たちが踊りを披露!

刺し子月次(170701)07


最後まで、賑やかで盛り上がったイベントになったと思います。私達もこの地元で参加することができて、嬉しかったし、楽しかったです。

皆さんありがとうございました。


……………………………
記事執筆(2017.06.01)/
大槌刺し子プロジェクト
スタッフ
佐々木 加奈子
 

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク