「この子のために頑張って働いてるの」

2017年度・夏季募金のコンセプトは「仕事」
テラ・ルネッサンスでは15年間の活動の中で、たくさんの地雷被害者や貧困家族が自立のために知識を得て、自分の足で未来に向かって一歩一歩力強く歩いています。

夏季募金終了まであと一か月。
7月は4回にわたってアフリカ3か国で行われている「仕事」と「人」をご紹介しました。
8月はまずアジア、カンボジアの「働く人」。

第5回目の今回は「家庭菜園」
当会の活動地ロカブッス村で、鶏5羽・牛9頭を育てながら家庭菜園を行い、小売店まで経営してしまうやり手のおばちゃん、コン・サーウさんです!

種用に保存しているヘチマと冬瓜を見せてくれるサーウさん
種用に保存しているヘチマと冬瓜を見せてくれるサーウさん

子どもの未来をつくる」ために働く、たくましく、輝かしい笑顔。
改めて「仕事」って何だろう。「働く」って何だろう、と思いを巡らせてみてください。





夫と一緒に1日5ドルの日雇いの仕事をしていたサーウさん。

しかし3年前から、ロカブッス村の自治会でもらった種を全部植えて育て、支援してもらった灌漑用用水路と揚水ポンプのおかげで、今では多いと一日25ドルぐらい、平均すると10ドルいかないぐらいを稼げるようになりました。
 
そしてなんとテラ・ルネッサンスの自治会で学んだ技術を使って、今や自分の畑で野菜をたくさん採れるので、2年前から市場では買っていないそうです。

野菜を売っている様子
野菜を売っている様子

そんな、「貧困層であった」サーウさんだって、一人娘の立派な母親です。
「娘にはいっぱい勉強をしてほしい(とくに言語。英語・フランス語・日本語など、なんでも)。
わたしは この子のために 頑張って働いてるのよ。」

そしてこんな「ただのおばちゃん」的ゆるゆるな一面も。
「日々朝も昼も働いていて休んでる暇はないんだけど、夜、仕事が終わったあと テレビドラマを観ながら一息 つくときがとても癒される時間よ。」
 (村人全員の家にテレビがあるわけではないのですが、サーウさんの家にはあるんです!)


サーウさんのすごい所は、家庭菜園、家畜飼育、小売り店という複数の収入源を持てていること。
そして何より、配られた種をしっかり育て、それらを着実に活かしているところです。

サーウさん家族とお店に来ていた村人との集合写真
サーウさん家族とお店に来ていた村人との集合写真

インタビューをしてくれたカンボジア事務所インターンによると、サーウさんは娘のために頑張って働いている、働き者のお母さんという印象。そして、笑顔がとっても素敵
お金持ちになりたいわけでも、もっとたくさんのモノを買いたいわけでもなく、ただ、家族が毎日食べられて、学校に行かせてやれることを目標に一生懸命働いてる。

たくましく、優しく、時に厳しい「子どものために一生懸命働くお母さん」。

サーウさんが植えた数種類の種が大きく成長し、期待以上の効果を呼んで彼女とその家族の生活を変えたように、
わたしたちに出来る小さな行為が、自分自身の価値観や人生を変えるかもしれない。

そんなチャンスは案外すぐ近くで見つけられるのを待っているような気もします。
チャンスをつかみ、当たり前のことを、ただ当たり前に毎日やることの大切さ。

家庭菜園にチャレンジするかしないか、それが彼女の人生のひとつの分岐点だったのかもしれません。



記事執筆/
ヒアリング:カンボジア事務所 インターン  川島 綾香
編   集 :インターン 岡本

寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html

「この子のために頑張って働いているの」
そんな輝く一家の太陽であるお母さん。
そんな存在を、未だ紛争や貧困で苦しむ地域にも増やしたい。

▼テラ・ルネッサンスの夏季募金にご協力ください
http://www.terra-r.jp/kakibokin2017.html

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 

< 例えばあなたの一歩でこんなことができます >

3,000円の寄付で、
ラオスでクラスター爆弾を撤去している技術者の給料3日分を支援することができます。
 
5,000円の寄付で、
ウガンダで元子ども兵の洋裁や木工大工などの職業訓練2週間分を支援できます
 
10,000円の寄付で、
カンボジアで家庭菜園用の野菜の種や苗木2種類200家族分を支援できます。


30,000円の寄付で、
コンゴで元子ども兵2名が洋裁のビジネスに必要なミシン等の道具一式を支援できます。

 
寄付をして、夏季募金に参加する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html


※寄付は税控除の対象になります。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
 
< 2017年度・夏季募金 進捗状況(※ 7/28時点)> “New”

・目標人数:400 人
・寄付者数: 151
・達成率  : 38
・残り日数: 29 日
 
- 実施期間:7月1日から8月31日まで-
 
寄付をしてテラ・ルネッサンスと一緒に活動する
https://www.terra-r.jp/member/donation-form.html
 
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


はじめまして!!

皆さん、こんにちは!!

8月1日からPRチームにインターン生として加わった
池田浩貴(いけだひろき)です。

大阪の大学に通っている大学4年生ですが、就職活動をしていません(サボりじゃないですよ(._.)笑)。
卒業後は進学という進路を選択し、イギリスの大学院で紛争解決学、もしくは、平和構築について学ぶ予定です。

元々、僕は国際開発に興味を持っていました。分野は教育→水道整備→農業と変わっていきましたが、一国の貧困にあえぐ村や町を支援できたらと考えていました。そんな僕が紛争解決・平和構築の道を志そうと考え出したのは大学3年生も終わりに差し掛かっていた時でした。

元国連職員の准教授の方の講義で、
「支援をいくら募っても現地に安定した政治と治安がなければ、その支援は本当に必要としている人々に届かない。」
その方のPKOに参加したことのある経歴等も要因ですが、それを聞いたとき衝撃を受けました。
せっかく多くの人が他の人を助けたいと思い、支援に関わっているのに、それが無駄に使われているのは見逃してはいけない問題です。
なので、支援を受け取ることのできる基盤を現地に僕が創り上げていこうと決心しました。

その他にも、日本紛争予防センター(JCCP)理事長・瀬谷ルミ子さんの本や活動内容にも感銘を受けました。

テラ・ルネッサンスは平和構築、そして、持続可能な紛争予防を行っている日本で数少ない組織です。
実際に、僕のビジョンと相容れる理念を持つこの組織の一員として活動にかかわっていくことは間違いなく素晴らしい経験になると確信しています。

目の前にあることをしっかりとこなしていき、テラ・ルネッサンスの活動に少しでも貢献できるようにがんばっていきます!!

初回の投稿から長すぎましたね(笑)
最後に僕の好きな言葉を書きたいと思います!

”Action may not always bring happiness; but there is no happiness without action”
「なにか行動を起こすことがいつも幸せをもたらすとは限らないが、行動しなければ幸せはやってこない。」

それでは、皆様、次の投稿でお会いしましょう(^^)

(いけだ)

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク