ここが「問題」だよ!クラスター爆弾



皆さま、お久しぶりです!!

インターンのアシザワです

梅雨入りして、台風接近中の今日この頃、
テレビの無い私はそんな事実を
事務所へ出勤して知らさせました


情報格差社会ってやつですね。



現代の諜報戦においても有益な情報を
より多く、早く、入手、処理することが
さまざまな作戦において重要な…はい、
すみません。話がそれました。

なんにせよ、
皆さまも今後の警報やニュース情報など
くれぐれもお気を付けくださいませ。




さて、近頃アシザワの書き下ろすブログを
自身で読み返してみましたところ
社会通念上物騒なコンテンツが多く、
さまざまな方面、分野から賛否両論が巻き起こりそうで
実は内心ビクビクです



なのでここらへんで少し穏やかな話題でも…っと考えていたのですが。
職員さんより、

「そういえば、この前のテラ・カフェで使ったクラスター爆弾の
模型についてまだ記事書いてなかったよねー」

っと言われまして…



今回もそのような方向性で執筆させていただきます。






先日、6月13日に行われました第14回テラ・カフェ
「ラオスについて知ろう!~ラオスのクラスター爆弾の問題を通して、平和を考える~」


では、カンボジア駐在員の江角が一年ぶりの帰国をし、
ラオスにおけるクラスター爆弾の問題について皆さまに
お話をさせていただきました。

IMG_1492.JPG


IMG_1494.JPG


それではクラスター爆弾の何が「問題」なのか、
そもそも、「クラスター爆弾」とは何なのか。


専門家でもない私がざっくり解釈した事を
書かせて頂きますと。


「クラスター爆弾」とは、
コンテナ―、容器、ケース(親爆弾)の中に無数の爆弾(子爆弾)
を数十個から数百個内包し発射、投下させると
空中で内包していた子爆弾をバラまき
着弾周囲に甚大な被害を与える空対地爆弾の一種です。


IMG_1500.JPG



文章だとなかなかイメージがつかみづらいので私はよく
YouTube(動画投稿共有サイト)を活用します。
以下がテラ・カフェでも使用した映像資料のリンクです。
よろしければどうぞ。


クラスター爆弾投下

クラスター爆弾着弾


そんなクラスター爆弾ですが、どこらへんが「問題」なのか、
私が思う「問題点」を独断と偏見で書きだしてみました。


ここが「問題」だよクラスター爆弾!!


・攻撃対象、被害対象範囲が不特定多数かつ無差別である。
  
  「数撃ちゃ当たる」のような短絡的思考の兵器なので無差別。
  「爆弾」からしたら、「敵」も「味方」も「兵士」も「民間人」も「平等」


・多数の小型爆弾をバラまくため不発弾として残留する確率が高い。
  
  低価格、大量生産につきものの欠陥、空中から地面に接地した
  ときの衝撃で爆発するタイプは沼地や湿地、草木の上に落ちて
  爆弾に十分な衝撃が加わらなかった場合、爆発せずに不発弾と
  なってその脅威を保有したままその場に残留してしまう。


・小型で形状が特徴的なので子どもの興味、関心の対象になり、
 不発弾の爆発に巻き込まれる被害が多発している。
 
 IMG_1405.JPG

今回のテラ・カフェのために特注で製作されたクラスター爆弾の
「子爆弾」BLU-26


IMG_1404.JPG

野球ボールやテニスボールのような大きさで
形も子どもの興味をひきつけそうです。


IMG_1403.JPG

(大きさ比較のためタバコを使用)

ちなみに今回このクラスター爆弾、1分の1モデルの製作は
私も所属のアーティスト集団 影桜-kagerou-
造形、製作部門:kagerou works.が担当致しました。

kagerou.では今後も、各種製作、銃器レンタル、アドバイス、イベントなどなど
ホビーから軍事を通した平和啓発まで、
積極的に活動展開して参りますのでどうぞ宜しくお願い致します


このクラスター爆弾の製作者も語っておりましたが、
確かにこの形は子どもが興味本位で持ってしまっても不思議では
ないとのことでした。また、その形ゆえに「見つけにくい」という問題も
その脅威の一つとなっていると思われます。

不発弾を撤去するためには1つ1つ金属探知機などを使い、見つけては
爆破処理しなければなりません。
危険も伴うとても地道な作業なのです。

ではどうしたらいいのか?

現在、クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)により
この爆弾の使用は特定の国において禁止されています。

しかしながら、大国が署名をしていなかったりとまだまだ
課題のおおいものです。

それに、現在における問題は新たに発射、投下される
クラスター爆弾はもとより
昔、もしくは以前に使用されたものの
「不発弾」によるものが深刻です。

アシザワとしましては各国の軍事費をすべて
平和建設費用にし、軍事開発で得たノウハウ、
知識を今後はアフターケア(地雷、不発弾撤去など)
にあてれば「この問題」解決は可能だと思っています。

事実上の「戦争放棄」です

っと。
そんな素敵な未来に想いをはせる今日この頃なのでした。
長文失礼いたしました。

(あしざわ)





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年度も使用済みインクカートリッジや書き損じはがきの
回収強化キャンペーンを行っています。
ぜひ、ご協力ください。
http://www.terra-r.jp/contents/index.php?itemid=263&catid=48

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。
ご協力ください(
クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。
http://bit.ly/heartin

スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク