【ウガンダからのご報告】たまにはリフレッシュ!

みなさま、こんにちは!インターンの宗盛です

大学が夏休みに入り、テラルネに出勤しない日は
朝寝を楽しむようになった今日この頃です

今日は事務所に出勤する途中で
8月4日~14日に開催される"京の七夕"のチラシを発見しました。
竹や光のアートが展示されたり出店が出たりととても楽しそうな催しのようです
京都にお住まいの方、避暑を兼ねて足を運ばれてみてはいかがでしょうか


さて、本日は久しぶりのウガンダからのご報告をさせていただきます!
今日のテーマは、事務所スタッフたちのリフレッシュ方法についてです

Benson,Bosco and Richard in a breathing position of Yoga

↑これは何をしているところかわかりますか?
日本でもおなじみ、ヨガをしている場面です

写っているのはいるのはいずれも、
グルにある元子ども兵の社会復帰を支援する施設で働いているスタッフたちです。

職業訓練の一環として木工大工を教えたり、
平和教育の授業でアチョリ民族の伝統的な和解の方法を教えたり、
元子ども兵が卒業後に経済的に自立するためのビジネスの手法を教えたり。
テラ・ルネッサンス・ウガンダ事業を支えている無くてはならない存在です。

今回はそんな彼らのリラックスシーンをご紹介いたします

Staff in Yoga

どのスタッフも笑顔でとても楽しそう

Bosco and Stella getting ready for the leap of faith


森の中でヘルメットを被ってやることといえば・・・
            ↓
            ↓
            ↓
            ↓

MErcy in a leap of faith

もちろんこれ。10m以上ある高い木からロープに吊るされて飛び降ります!

Staff sharing strategies for the games

「希望」、「HOPE」の言葉をTシャツにプリントして連帯感を高めたり


今回このようなレクリエーションを行った理由を、
現地事務所のマネージャーであるジミーに聞いてみました

「信頼関係を築くためにはコミュニケーションをとることが一番大切だと考えています。
 コミュニケーションを通して、お互いの信頼感を高めたり、一緒にがんばったり、
 困っている時は助け合ったり、関係を作り出したり、情報共有をすることができます。

 今回のようなレクリエーションを通して、スタッフたちには
 リラックスしてもらうことと同時に、うまくコミュニケーションをとってよりよい関係築いてもらいたいです」


さらにこんなことも話していました。

「私たちが3Rと呼んでいる言葉があります。

  Respect for yourself・・・自分自身を信じる
  Respect for others・・・他人を信じる
  Responsibility for all your actions・・・他人の行動を非難するのでなく、自分の行動に責任をもつ


  まずは自分を信じることで、他人を信じることもできるようになる。
  そうすれば自分の行動に責任をもつことができるようになります。
  これは他人を非難することよりもずっと簡単です」


ウガンダと日本、遠く離れていても
私たち日本事務所スタッフがそうしているように
スタッフ間のコミュニケーションを重視し、働きやすい職場作りに励むジミー
価値観の異なる人たちといかに意思疎通を図り
元子ども兵の自立という目標を共有するか。

次回からはこんなテーマでご報告をしたいと思います


(むねもり)


 
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク