アフリカ出張レポート コンゴ編②

コンゴ2日目です。
今日は、午前中に現地スタッフとミーティング、
そして午後からは現地スタッフの住所兼事務所探しを行いました。

現地スタッフとのミーティングでは、昨日に引き続き、
プロジェクトを行っているカロンゲという地域の治安状況と
プロジェクトの実施状況について確認を行いました。

現在、コンゴでは、収入向上のための支援として、洋裁の職業訓練、
溶接の職業訓練、その後の収入安定のための支援、
自給食料を確保するための支援として、農作物の栽培支援、
魚の養殖支援などを行っています。
(テラ・ルネッサンスのコンゴにおける活動はコチラ(2011年度年次報告書))

しかし、5ヶ月程前から、武装勢力による襲撃が激化し、洋裁の職業訓練を終え、
ビジネスをスタートさせた紛争被害者の女性たちも襲撃から逃れるため、
ビジネスの拠点を移動し、規模を縮小しながらビジネスを行うことを
余儀なくされているとのこと。

また、自給食料を生産している紛争被害者のグループもいくつかのグループは
生産している拠点の移動を余儀なくされました。

しかし、こうした環境下でも、別のグループが移動を余儀なくされた
グループを受け入れ、お互いの助け合い(相互扶助)を促進しています。
その結果、現移転では、全員が衣食住を満たして生活することができています。

また、洋裁のビジネスを始めた女性らも規模を縮小しながらも、
ビジネスを続けているとのこと。

こうした状況下にあってもたくましく生きる人々の勇敢さと、
活動を続けてくれるスタッフの献身的な姿勢に感謝の気持ちで
いっぱいになりました。

コンゴ民主共和国では、日本では伝えられていないような
厳しい現実がたくさんあります。
そうした事実を伝えていくことも私たちの役目であるということも
改めて感じました。

明日は、いよいよ、活動地域のカロンゲに行きます。
また、可能な限り現地の様子を報告したいと思います。




スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク