国際NGOの海外活動...良い点ばかり?

こんにちは!!
インターンの金です。
寒くなりましたね!!
私の周りにはもう5人以上の人々が風邪を引いてしまっています・・・;;
皆さんも体調管理に気をつけてくださいね!!

今日は私の卒論論文のテーマについてお話したいです。

私は昔から「子ども兵」問題に興味を持っていて、
大学生活でも「子ども兵」問題に関して関心を持ち続けていました。
そして「海外NGOが行っている子ども兵への社会復帰支援活動」について
卒業論文を書くことを決めました。

調べていく前は、
開発途上国が先進国の支援を受けることについて何も問題を感じていなかった私ですが、
資料を集めていくうちに、少しずつ問題意識を感じました。

たとえば、
私たちが無条件で提供している支援やサービスが実はその地域に悪影響を及ぼす可能性もあること。

服や食料品などを必要とする人々に海外から持ってきて無償で提供することは
「支援」という名でよく知らされている活動ですが、
無償提供が長続きしますと、受益者の中には働かなくなる人もでてきます。
また、支援が入ってくる前からその社会で
服や食料品を売って生活をしていた人たちは商売がうまくいかなくなるかもしれません。


「必ずしも良い」もしくは「必ずしも悪い」というわけではありませんが、
そのバランスを取ることがとても重要だと思っています。

もうひとつは「先進国は優秀」という意識で、開発途上国を見下ろす行動。
先進国の制度を持ち出して導入しようとするのは悪いことではありませんが、
開発途上国やその地域の情勢を無視して決行することは良くないと思います。

また、地域内で活動しながらその地域の文化などを無視することは、
地域住民の反感を生み出してしまうのでしょう。



当たり前で今更のように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
活動していく中でよく忘れがちなことでもあると私は思っています。
NGOの一員として活動している私たちはもちろん気をつけるべきことでありますが、

NGOを支援している方々、
そしていわゆる「先進国」で住んでいる私たちには関連してないことでしょうか。


(きむ)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク