インターンの応募を後押しした言葉、インターンをする上で大事にしたい言葉

みなさま、こんにちは!
インターン生の足立です


今日は、私がインターンに挑戦する後押しとなった言葉を紹介したいと思います。

みなさま、岡本太郎という方をご存知でしょうか?
いや、おそらくほとんどの方がご存知だと思います。
あの有名な太陽の塔を建造した方です。
たいへん熱い方です。

私が感銘を受けた言葉は、
岡本太郎さんが執筆された
「自分の中に毒をもて」という著書の中に書かれていました。

それは安全な道と危険な道があったら危険なほうをとれ!
危険な道が自分のほんとうに行きたい道である
という言葉です。

「この道を選べば、比較的安全で不安も少ない。
でも、ほんとうはもう一方の道を選びたい。
しかし、その道は成功が約束されていなくてリスクを伴う。」
誰もが日常生活の中で数こそ少ないですがこんな選択を
迫られると思います。
その中で危険でも自分が行きたい道を選べ!
そっちの方がやればやるほど情熱がわいてくるというのが
岡本太郎さんの主張です。


私にはインターンを始める前、
インターンに挑戦するか、しないか
かなり迷っている時期がありました。
「インターンって普通、大学3回生くらいからやるんじゃないの?
1回生がやっても大丈夫なのか?
周りの1回生でインターンやってる人いないぞ
とこの考えがぐるぐると
頭の中でまわっていました。
そんなときにこの言葉にであいました。
うまくいくか、いかないかなんて考えずに
すぐにインターン申込のメールを送りました。
そして、私のインターン挑戦が始まりました

安全な道に逃げがちな自分には
ぴったりな言葉だなと思っています。
なので、この言葉を忘れずにインターンの活動もしていきたいです。


また改めてHPなどで告知させていただきますが、
来月のテラ・カフェでは、
先輩インターンや卒業されたインターンの方が、
テラ・ルネッサンスのインターン制度の説明や
活動する中で感じたことなどを発表いたします。

どのようなお話を聞けるのか今から楽しみです♪

(あだち)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク