【笑顔と音楽のちから】

こんにちは
インターンの鈴鹿です。

みなさまお元気ですか?
ご支援報告以外でブログを書くのは久しぶりです

今回は、私が音楽を通した生活について感じたことを執筆していきたいと思います。


私事にはなりますが、私は今まで音楽にどっぷり浸かった人生を送ってまいりました。
小学1年から中学3年までピアノ、
小学4年から中学3年までフルート
そして高校から今は歌を歌っています。合唱です。

フルートは喘息対策にと両親が習わせてくれたのですが
こんなに私に音楽を経験させてくれた両親には感謝してもしきれない思いです。

みなさまは、今までに音楽を通して感動されたことはありますか?

おそらく、ほとんどの方は
好きなアーティストの曲を聞いて励まされたり、元気が出たり
テレビで流れてくるBGMを聞いて いいな、 と思ったり
映画館身体に響いてくるあの臨場感を音楽と共に感じたり

何らかの形で音楽に感動された経験があるのではと思います。

音楽にずっと関わってくると、日常の些細な音、少し耳に入ったCM、
色んなところで音符が頭を駆け巡ります。

テラ・ルネッサンスが大切にしている言葉の中で、
「内なる変化がすべての始まりである」という言葉があります。
自ら変化を生み出すし、変えていくのです。
もちろん私たちは他人も変革の主体者であることも理解しています。

私はこれから、どうにかしてその自ら生み出す変化を
音楽と絡めて実現していくことはできないか

と密かに思っております。

タンザニアに行き現地の学校を訪問した時、私が少し歌う機会をいただきました。
私が歌ったあと、子どもたちも喜んでくれて、楽しんでくれて
今でも涙が出てきそうなほど嬉しいです。
大したこともない歌ですのに賛美してくれて
満面の笑みで「君の声が本当に好き!!!歌手になってまた会いに来てよ!!!!!!」
とまで言ってくれる子もいました。

音楽で心がつながった瞬間でした。

私も、彼らが歌を歌ってもらったり太鼓を練習している姿を見て
勇気をもらいました。

空間、そして笑顔を共有して
かけがえのない時間を共にすることができました。

笑顔と音楽は人類共通  
言葉がなくても通じ合えます。
それらのちからは偉大だと思います。


現在私は、合唱団に参加しています。
インターンの時間も、合唱の時間も、これからの自分のために
がんばっていきたいと思います

みなさまも、もし海外に行かれて言葉が十分に通じない状況にあっても
現地の人と笑顔で、現地の音楽を一緒に鼻歌でも楽器でも
一緒に楽しんでみられてはどうでしょうか?

きっとすてきな思い出が刻まれると思います。

(すずか)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク