帰国して改めて感じる日本

こんにちは☆
スピッツにハマっているインターンの鈴鹿です。
やっぱり音楽は私の元気の源です。

最近めっきり暑くなってきましたね。
みなさま、衣替えはもう完了されましたか?
私はこの間、やっと春・夏物を出してきました。(ちょっと遅すぎました笑)

さて、カンボジアのことばかりで申し訳ないのですが、今回はカンボジア現地の出来事ではなく、
日本に帰ってきて一番変わったことをお話したいと思います。

帰国するとすぐに日本の現実に引き戻されたのですが、一週間ほどはずっと違和感を感じていました。

大阪駅から阪急梅田駅へ行く途中の連絡橋に観覧車が見えるのですが、
その大きな観覧車を見ていると、カンボジアにはまずなかった風景に茫然としました。

とても正直に言ってしまうと、カンボジアに行って、改めて日本の良さを強く実感しました。
もちろん日本にもカンボジアにもいいところ、なんとかしなければならないところ
それぞれありますが、私はそれを強く感じました。

カンボジアに行って大きく変わったことは、
より小さなことに幸せを感じられるようになったことです!
「日本の常識は世界の非常識」
とよく言いますが、例えば家族に電話をしたり、人と楽しく会話ができたり、
電車が多く通っていたり、日本ではごく普通に思えることですが
すべての国がそうというわけではもちろんなく
その「日本の常識は世界の非常識」を強く実感しています。

テラ・ルネッサンスの活動理念の中に、「簡素な生活を実践する」というフレーズがあります。
簡素な生活を実践する理由のひとつに、「今まで気づかなかった小さな幸せに気づくことができる」
ということがあるのでは…と思います。

小さなことに幸せを感じられると、日々過ごしやすい気がしました。

こんな発見も実際現地にいって見つけることができました。
来年も、まだ確定ではありませんが、スタツアを開催する予定です。
良くも悪くも、たくさんの思い出を作ることができると思います。
もし良ければ、一度行ってみてみてください^^





スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク