第27回テラ・カフェの報告

皆さまこんにちは、インターンの古岡です。

今日から高校野球が始まりましたね!!
毎年甲子園に見に行く程高校野球が好きな私は、とてもわくわくしています
(ただ、毎年球児がどんどん年下になっていくのが悲しいです…笑)

さて、本日は昨日行われた第27回テラ・カフェの報告をしたいと思います

今回の「テラ・ルネッサンスの協働事例〜NPO編「ファーストステップ・ジョブ・グループ」〜」は、
他団体との協働をテーマとした報告がされました。

3.jpg

初めに当会職員の牧野から、テラ・ルネッサンスの簡単な紹介とファーストステップ・ジョブ・グループ(以下FSJGとさせていただきます)さんとの協働について、そしてFSJGの上田さんから、「ひきこもり」を取り巻く状況や、FSJGを立ち上げ、そしてテラ・ルネッサンスとの協働についてお話がありました

1.jpg


脱ひきこもり支援を行っているFSJGさんは、ひきこもりのままでもできる仕事を創出する活動をされています。
一言で「ひきこもり」といっても、これは人それぞれ異なり、原因も不明のため、実態把握が困難だそうです。
そんな中で、「与えられる」ではなく、自分の力で「得る」ことなどを目標に支援を行われています。
(FSJGさんのホームページはこちら→http://www.ritsumeihuman.com/hsp/fsjg/

FSJGさんとテラ・ルネッサンスが協働を始めたそもそものきっかけは、2009年にウエダ本社さまがインクカートリッジの回収を呼びかけてくださったことで回収量が増加し、仕分け作業をしてくださる方が必要となったとき、きょうとNPOセンターの野池さんという方にFSJGさんを紹介していただいたことです
様々な方の力を借りて、協働を実現することが出来ました

2009年11月に協働を開始してからは、毎月1回、テラ・ルネッサンスの事務所までFSJGさんから数名の方がお越しくださって、インク仕分けをしてくださっています。

テラ・ルネッサンスとしても、FSJGさんのおかげで作業がとても助かっているのですが、FSJGさんの中でも仕分け作業をする中で、「テラ・ルネッサンスを手伝っている」、つまり「自分で得ている」と感じてくださったり、子ども兵に関する映像を見ていただいたことがきっかけでNPOについて関心を持ってくださった方もいらっしゃるそうです。
活動分野や国が違っていても、どこかで日本のひきこもりの方とウガンダの元子ども兵がつながっているのですね
自分で収入を得ることで、自立に向けて歩んで行く元子ども兵の社会復帰に通じるものがあると感じました。

また、2012年には協働を通して1名の方が「卒業」され、協働を通してその方の更なるファーストステップを後押し出来たことが、とても嬉しかったです
上田さんもおっしゃっていましたが、「同じ分野に限らず、違う分野で違うタイプの人たちが協働する」ことも大切だと感じました

次回のテラ・カフェは、現在ウガンダで活動している、インターンの報告をさせていただく予定です
また、詳細が決まりましたら、ホームページやブログ、facebook等でお知らせいたしますので、是非お越しくださいね
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク