農民なのに農地を持たない...地雷被害者の現実

こんにちは!
インターンの森口です

初夏の温かい気候が春の終わりを告げ、
の始まりを感じさせますね
衣替えもそろそろ本格的に始まるのではないでしょうか。

さて今月はカンボジア特集!!
ということで今回はカンボジアの地雷被害者の生活再建についてお話します。

皆さんは農地を持たない農民を想像できますか?

これまで村落開発支援プロジェクトを実施してきた地雷被害者で、
特に厳しい生活を強いられている家族がいます。




これらの家族に共通して言えるのは、農民なのに農地を持たないこと
そのうち自分の住む家や土地さえ持っていない家族も存在します

村落開発支援をしているとはいえ、
農村で安定した収入を得て生活していくのは容易ではありません
仮に一つの仕事を得たとしても、天候・環境によって多く稼げる時とそうでないときが出てきます。

逆にある程度安定した生活をしている村人のほとんどが、
複数の収入源を確保しているのが分かります。

確かな格差が、そこにはあります。

テラ・ルネッサンスは今年、地雷の被害者家族と一緒に、生活再建計画を立てました。
最低でも3つの収入源を確保するために、何ができるのかを一緒に考えました。
これは、少しでもリスクを減らし、安定した収入源を確保するためです。

その計画を実行するためには、やはりいくらかの支援が必要になります。
このような現状で生活している家族が、自分で安定した収入を得て、
自立して生活できるようにするための計画
です。

その計画を支援して下さる方を探しています。
ご支援して下さる方は、是非テラ・ルネッサンスまでご寄付下さい。

  ご寄付はこちら
  詳細はこちら→地雷埋設地域村落開発プロジェクト

また、今日知ったことを誰かに伝えて頂ければ、それだけでも支援になります。
一人、また一人と支援の輪を広げていくことで、世界はより住みやすい場所になると私は信じています。
今日はカンボジア地雷被害者の現実を知っていただき、ありがとうございました

(もりぐち)


スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク