表と裏-ラオスの地雷撤去現場にて-

皆さんこんにちは。
インターンの依田です。
今日は暑いです。ただでさえ暑いのですが、
今日は少し心が熱くなるようなお話をします!

今日はラオスの地雷撤去作業の表と裏についてお話します。

まず皆さん!!
ラオスには不発弾撤去の、女性の作業チームが活躍しているのをご存知ですか?

2f842f84.jpg

私もカンボジアで女性の作業員の方は見たことがあるのですが、
女性のみで編成された作業チームがあるというのは、衝撃でした。

人間を無差別に殺傷し続け、復興と開発を阻む不発弾…
不発弾事故による負傷などで男性が、夫が、あるいは家族が働けないなか、
働く意欲を持ち家族を支えるため女性が訓練を受け、
不発弾撤去という職を得て収入を手にする。

7f62624b.jpg


このように
女性が尊厳を持ち続けられるようにすること
社会の一員として生きていけること
ができる社会はとても大事で、大切です。
ラオス社会は今、不発弾という人間を無差別に殺傷し続け、
復興と開発を阻む負の遺産を通して、少しずつ変わりつつあるのでは、と感じています。


そして次に、この不発弾がもたらした、悲しい出来事についてお話します。

b1495edb.jpg

この写真の子どもが何を持っているかお分かりでしょうか。
そう、金属探知機です。
ラオスの南部の辺りでは、子ども達に安い金属探知機を渡して
危険な不発弾を撤去させることが、ベトナムの業者によって行われていたそうです。

子ども達は、危険な爆弾を掘り起こして、
集まったスクラップ・メタルを売って稼いでいました。

こうした村人達による爆弾の回収は禁止されていますが、今も貧困層の家庭では、
金属回収と言って、爆弾の不発弾を集めて、販売することが行われています。

この命を落としかねない児童労働を止めるために
子ども達に危険な仕事をさせてしまう業者を止めさせること
子ども達を働かせる原因になっている貧困問題を解決すること
不発弾撤去団体による撤去作業をより速く実施できるようにサポートすること
この三つが大切だと感じます。

村を守る女性達」「命がけの労働をする子ども達
片方ではなく、両方知るべき事実だと思いました。

最後まで見ていただき、ありがとうございました。


(よだ)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク