特集!!-7月は、ブルンジ!!-

皆さんこんにちは。
インターン生の依田です。
6月もあっという間に過ぎ、とうとう7月となりました!!

今月の特集は、、、ブルンジです!!
皆さんはブルンジと聞いて、どんな国を想像しますか?
今日は、テラ・ルネッサンスの活動地域でもあるブルンジについて、
紹介していこうと思います。

ブルンジ共和国とは!中部アフリカの内陸に位置する小さな国です。
ルワンダ、コンゴ民主共和国、タンザニアと国境を接しています。

009_8191.jpg


首都ブジュンブラは、タンガニーカ湖に面しています。
なんと!!国土の多くが標高2000メートル程度の高原のため、ブルンジは涼しいんです!!
アフリカと聞くとものすごく暑いイメージがありましたが、富士山の3分の2の高さにある国なんですね!

009_7851.jpg


ブルンジは、1962年にベルギーから独立をし、王制が廃止され、大統領制をとる共和国となりました。
しかし!!植民地時代の分割統治により、独立後ツチ族とフツ族の政権争いにより、
1972年には、20万人が数か月のうちに殺害されるジェノサイドが発生し、
1988年にも5万人の民間人が虐殺されました。

そして、1993年から始まった紛争では、30万人の命が奪われ、
40万人のフツ人が難民として、国外に逃れました。

2000年代に入り、和平交渉が進み、2009年になって、ようやく反政府軍の武装解除が進み
治安も回復に向かい始めました。

この内戦で、1万4千人もの子どもたちが兵士として戦い、
その多くがわずか12歳前後あったという報告もあります。

現在も、元子ども兵や貧困の問題は根深くそして複雑です。

国民の大多数が1日1ドル以下の暮らしを余儀なくされており、1000人中、142人の子どもが
5歳まで生きられない状況にあります。

このような状況から、テラ・ルネッサンスは元こども兵や紛争被害者、
最貧困層の自治と自立を促進するためのプロジェクトを開始しました。

IMG_3950_20140701183410e16.jpg

ブルンジのことをもっと知りたい。
そんな声にお応えして、
この7月は、インターン生が総力を挙げて、
ブルンジについて、特集していきたいと思います!!
ご期待下さい!!

(よだ)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク