数値から見る活動国

こんにちは。インターンの池堂です。
今日も暑いですね。
いくつかの地域で高温注意報が出ておりますので、
熱中症には十分ご注意ください

日本の平均寿命が高いことは知っているけれど、
私たちの活動している国の平均寿命はいくつなのだろうと
ふと疑問に思って今回調べてみました。

平均寿命(2012年)
ブルンジ:54歳
ウガンダ:59歳
コンゴ民主共和国:50歳
日本:83歳
カンボジア:71歳
ラオス:68歳
世界平均:71歳
参考:世界銀行

思っていた以上に日本と差が開いていることにショックを受けました。
次いで、平均寿命の低下に繋がっているのかもしれないと思い
乳幼児死亡率と成人死亡率を調べてみました。

乳幼児(0~5歳児)死亡率 1000人当たりの人数(2012年)
ブルンジ:104人
ウガンダ:69人
コンゴ民主共和国:146人
日本:3人
カンボジア:40人
ラオス:72人
参考:WHO

15~60歳死亡率 1000人当たりの人数 (2012年) 左:男性 右:女性
ブルンジ:370人,313人
ウガンダ:389人,360人
コンゴ民主共和国:382人,323人
日本:82人,43人
カンボジア:212人,161人
ラオス:202人,163人
参考:WHO

どの数値も日本と歴然と差が開いています。
死亡率が高いということは、それだけ死との距離が近いという事です。
死と隣り合わせに生きていることは
「安心して生活できる社会」とは言えません。

そんな社会を変えるために、そして
テラ・ルネッサンスがかかげるビジョン
「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」
を達成する為に私たちは活動しているのだと思っています。

何年か先、この数値が改善されていることを信じて
これからも日々活動に取り組んでいこうと思います。

この数値を見て何かしらしてみたいと思ってくだされば幸いです。
書き損じハガキやもう読まない本を送ってくださることでも
募金をすること、
ただこの数字も表れている厳しい現実を
誰かひとりに話してくださることでも構いません。

インターンの活動内容上、
毎日たくさんの方のご支援を見させていただいてます。
一つ一つ思いのこもったあたたかいご支援に嬉しさをかみしめながら活動しています。
こうした皆様の一歩一歩が私たちの支えであり、
支援の輪が広がっていることを実感しています。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。
(いけどう)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク