大切な文化を守る!祇園祭ごみゼロプロジェクト!

こんにちは!
インターンの神本です。

今日の京都はとても暑いです。。

まだまだ初夏くらいの気持ちでいましたが
気付けばすっかり夏になっていました
でもたくさんのイベントがあってワクワクする季節でもありますね!

中でも京都の夏といえば、、祇園祭!

ということで今日は祇園祭で行われている
あるプロジェクトについて書きたいと思います。

その前に、まず祇園祭とはどんな祭りなのでしょう?
私も実は行ったことがないので調べてみました!

祇園祭は日本三大祭りのひとつであり、長い歴史を持ち、
非常に豪華で、1カ月にもわたる大規模なものです!!
1カ月の間には、実に様々な祭事が行われます。

そして今日7月17日の午前中には
前祭りの山鉾巡行が行われたようです!

山鉾巡行とは
祭礼の山車のひとつである山鉾が京都市内を巡行するものです。
17日の夕方から行われる神幸祭で、神様が街中の御旅所に神輿でお出ましになり、
24日の還幸祭で神社にお帰りになるため、町衆が神様がお通りになる前に
あらかじめ、町・通りを清めるために始められたと言われています。

そしてなんと!この山鉾行事は、昭和54年、文化財保護法により、
国の重要無形民俗文化財に指定されたほか、
平成21年には国連教育科学文化機関(ユネスコ)の
無形文化遺産に登録されています。

本来は前祭りと後祭りの計2回の山鉾巡行が行われるそうですが、
交通等の関係で近年は1回しか行われていなかったようです。。
しかし今年は49年ぶりに旧来のやり方に戻り、
24日には後祭りの山鉾巡行が行われるそうです!
私も今回は見逃してしまったのでぜひ見てみたいです

photo_09.jpg
(山鉾巡礼のようす 写真:京都市観光協会 祇園祭


このような歴史と伝統のある京都にとって、そして日本にとっても
大切な行事である祇園祭で行われたあるプロジェクトとは・・・
「祇園祭ごみゼロプロジェクト」です!!

祇園祭の山場となる7月15日~16日(宵山)ではたくさんの屋台が並びます。
これだけ有名な行事であるため、各地からたくさんの人が集まり、
毎年大量の使い捨て容器がごみとなり廃棄されています。

そこで、祇園祭ゴミゼロ大作戦実行委員会によって開始されたのが
屋台でリユース食器を使おうという、このプロジェクトでした。

使い捨て食器をつくるために環境が破壊されたり、
ごみを処理するために多額のお金が必要となるのです。

このプロジェクトは、祇園祭の屋台文化を環境にやさしいものに変えるだけでなく、
「全国の祭りや人々のライフスタイルを見直すきっかけを作る。」
という思いも込められています。

日本を代表するものであり、ユネスコ無形文化遺産でもある祇園祭で
このようなプロジェクトが行われているのはとてもステキなことだと思います

また、環境にやさしいだけではなく、祇園祭という日本の大切な文化を
守っていくことにもつながるのではないかなと思いました

日本に限らず、世界の文化を知ることも好きなので、
あらゆるところの文化を守るための取り組みについても
調べてみるとおもしろそうだなと思いました

本日もブログを読んでいただきありがとうございました!


(かみもと)


スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク