なぜブルンジなの??―ブルンジ事業の背景―

皆さんこんにちは。
インターンの依田です。

とうとう蝉が鳴く季節が到来しましたね!
この季節はアイスやかき氷が欠かせません。
ぜひ、今お近くにありましたら、食べながらご覧ください

今月の特集は、皆さんもご存知の通りブルンジです。
2013年から事業を開始した国なのですが、
「なぜブルンジなの?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
「ウガンダに近いから?」「元子ども兵がたくさんいるから?」
たくさんの疑問があります。
そこで今日は、ブルンジプロジェクト実施の背景をご紹介したいと思います。

20140705-IMG_3960.jpg


ブルンジでは1993年から続く紛争によって30万人の命が奪われました
そして、紛争後も人々の大多数が一日1$以下の生活をしており、
子ども達は、1000 人中、142 人もが5 歳まで生きられない状況にあります。

ブルンジはかつてベルギーの植民地下で、「ツチ人」と「フツ人」という、2 つの民族対立があおられ、
独立後も民族の間で対立が続いていました。
1972 年には、20 万人が数ヶ月間のうちに殺害されるジェノサイドが発生し、
1988 年にも5 万人の民間人が虐殺されています。
1993 年から始まった紛争では30万人の命が奪われ、40万人の「フツ人」が難民として国外に逃れました。

紛争では最大1万4千人の子どもたちが戦っており、その多くがわずか12歳前後だった。
という報告もあり、多くの子どもが兵士として紛争に関わっていたのです

20140705-IMG_2177.jpg



その後、2000 年代に入り、ブルンジでも和平交渉が進み、
2009年になって、ようやく反政府軍の武装解除が進み、治安も回復に向かい始めました。
そして、当会では、2010 年にブルンジで事業を開始する為の準備を始めました。

しかし翌年、東日本大震災が発生。
日本での被災者支援に注力するために、ブルンジ事業は延期することになりました。
当会では、国内の災害支援をする予定はなかったのですが、
ウガンダ事務所で勤務していた現地職員トシャ・マギーからの一本の電話が、
支援のきっかけとなりました。
(詳しくはこちらのブログ記事から→1万km離れていても届くもの



そして、元子ども兵・紛争被害者自立支援センター建設プロジェクトを実施
2月には、ブルンジでの大規模な洪水災害に対し、緊急支援を行いました。

20140705-DSC04257.jpg
20140705-image(2)(2)(3)new4.jpg

このようにして、当会のブルンジでの事業が始まりました。

(もっと詳しく知りたい方はこちらから→ブルンジ事業


今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

(依田)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク