ウガンダ・コンゴの国旗に込められた想いとは…?

みなさんこんにちは
インターンの徳永です

今日はお盆休み明けで
久々の出勤日です。
気を引き締め集中して業務を行っていきます




今月はウガンダコンゴの特集月ということで、
本日は両国の国旗をご紹介します。


まずはウガンダ共和国の国旗から

う


この国旗は1962年の独立の年に制定されました。

赤・黒・黄の三色の横じまは
赤は同胞愛、黒は国民、黄色は太陽を意味しています。

中央には国鳥であるカンムリヅルが描かれています。
このカンムリヅルは古くからこの地域に住む人々に愛された鳥で、
なおかつ、ウガンダの歴代諸王朝がこの鳥を一度もシンボルとしたことがないことから、
その中立性が尊重され、新しいシンボルに選ばれました。

red.gif 同胞愛

ug02.gif 太陽

bk.gif 黒人

ug01.gif 国鳥のカンムリヅル




続いてはコンゴ民主共和国の国旗です

ko.png

以前のブログでも紹介がありましたが、
コンゴという名前が付く国が二つあることを
皆さんはご存知でしたか?

私たちが一般的にコンゴと呼ぶのはコンゴ民主共和国
そしてもう一つはそのお隣にあるコンゴ共和国です。

植民地時代に、
ベルギー領である現在のコンゴ民主共和国と
フランス領のコンゴ共和国に分けられました。

その結果、現在もコンゴという名前が付く国が
二つ存在しています。

今回みなさんにご紹介するのは
コンゴ民主共和国の国旗です。





旧ザイールとも呼ばれるコンゴ民主共和国は、
これまでの歴史の中で、国旗が何度も変更されています。

現在の国旗は、2006年の大統領選挙の年に制定されたもので、
以前の国旗デザインをモデルに、地色が青から明るい水色に変更されました。
水色は平和、赤は国家に殉じた犠牲者の血、
黄は国の富、星は国の輝かしい未来を表しているといわれています。

cd02.gif 平和

red_20140822131344bc9.gif 独立闘争の為に流された血

cd03.gif 国の富

cd01.gif 国の輝かしい未来




国旗一つとっても
いろいろな意味合いがあり、
その国のことを知ることができる
一つのツールになると思います。

現在のウガンダとコンゴの国旗の意味を
少しでも理解していただければ幸いです。

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました

(とくなが)



クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【  残り 5日  】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。
プロジェクトの達成にはあと45,000円必要です。

【応援よろしくお願いいたします!】
https://readyfor.jp/projects/bombies




スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク