’サマ―クリスマス’から学ぶ「未来をつくる力」とは!?



こんにちは!
インターンの神本です。


このところ豪雨が続いていますね

私の出身地である広島の様子も
毎日のようにニュースで報道されています。
家族や友人が暮らしている土地だということもあり、
毎日ニュースをチェックしては、そこへ行けないことをもどかしく感じます。

各地で被害が大きくなっているようなので、皆さまもお気をつけ下さい!



さて、そんな今日8月25日は何の日かご存知ですか?


今日はサマ―クリスマスです!!

santa_claus_050.jpg
(出典:hispic cafe 「7月のサンタクロース@バッケン」



サマ―クリスマスとは?

TBSの林美雄アナウンサーがパーソナリティーをしていた
ラジオ番組「パックインミュージック金曜2部」の中で、
「夏にもクリスマスのようなイベントを作ろう!」と言ったことがきっかけで
林アナウンサーの誕生日である8月25日が’夏のクリスマス’となりました。


サマ―クリスマスが始まったのは1974年ですが、
今もお店で’サマ―クリスマスフェア’が行われていたり、
’サマ―クリスマスイベント’が開催されていたり、
’サマ―クリスマス’はずいぶん広まっているようです!

林美雄アナウンサーの一言から始まったこの日が、
40年経った今もなお続いているというのは驚きでした




そして、林美雄アナウンサーについてもう一つエピソードをご紹介します。


  のちのスーパースター松任谷由実は、驚くべきことに、デビューから
  およそ一年半もの長きにわたって、林パック以外のメディアで
  取り上げられることはほとんどなかったのだ。

  ただひとり林美雄だけが、
  荒井由実のデビューアルバム『ひこうき雲』を一聴して
  「この人は天才です!」と絶賛。
  ”八王子の歌姫”と命名し、他の番組が無視する中、
  先週は3曲、今週は4曲、来週は録音したての新曲、
  と執拗に紹介し続けた。

(『1974年のサマークリスマス』柳澤健・小説すばる8月号 p261〜p265 より抜粋)





これを知って、林美雄さんはとてもかっこいいと私は思いました。

たとえ周りに認められなくても、前例がないようなことでも
自分の信じたことを、主張し続けることができる!

わたしがまだ持っていなくて、一番欲しいものを、
林さんは持っていると思いました



テラ・ルネッサンスの理念に
「ひとり一人に未来をつくる力がある」
という言葉があります。

私が好きな言葉の一つです。

林さんのように’信じ続けること’が、
「未来をつくる力」になるのではと私は思いました。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございました



(かみもと)






クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 2日 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。

みなさまの温かなご支援により、目標金額を達成しました!
ありがとうございます。

より多くの絵本を発行するためにプロジェクトは続きます。

【目標は達成しましたが、まだまだご協力をお願い致します!】
https://readyfor.jp/projects/bombies



スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク