コンクリートの地面を突き抜けて成長する新芽のように

皆さんこんにちは。
今日は8月最後のウガンダ特集です。
暑さもだんだんと和らいできましたね。
季節の移り変わりが、年をとる毎に速さを増してきている気がします。
一日一日大切に送りたいものですね。


それでは!
ウガンダの紹介をさせて頂きます。
face bookの活動紹介第3弾をお読みになった方は、もうご存知かと思いますが、
テラ・ルネッサンスではウガンダの支援活動で、
「レジリエンス」を大切にし活動をしています。

レジリエンスとは、たとえ困難な状況に直面しても自分自身に内在する多様なチカラ
そして周囲との関係性の中でそれを乗り越えていく適応能力の事です。

実は、この「レジリエンス」の考えは、ウガンダに限らず
テラ・ルネッサンスの活動全てに共通しており、
ひとり一人が大切に考えて行動しています。


子ども兵として紛争に巻き込まれて、あるいはその影響で村や家を失い、
大きな傷を抱えたとしても、それぞれ(個人・コミュニティ)には、
コンクリートの地面を突き抜けて成長する新芽のように
しなやかで力強い力が内在していると考えます。
ひとり一人そして地域それぞれに、多様な発展の道筋があるということです。

10610701_891558674205983_6355132664861940817_n.jpg


植物を育てる水と太陽のような存在が、
周囲にあれば誰でもそのチカラを発揮することができると考えます。

この考えに大切なことは、
一人ひとり、そして地域それぞれに多様な発展の道筋がある
という事です。

だからこそ、私たち外から援助する側の役割は、
多様な発展プロセスを自ら阻害していないかを常に自問しながら、
人々に内在する多様なチカラが発揮できるような、
土地環境を整えていくことだと考え活動しています。

私はテラ・ルネッサンスへインターンをして初めて、この言葉に出会いました。
今では、私の中で一番好きなそして一番大切な言葉です。
私も、コンクリートから生える新芽のように力を発揮したいです!!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。
(よだ)
--------------------------------------------------------------------------------


クラスター爆弾ではなく、みんなが幸せになる愛を世界中に。

【 残り 8時間 】

クラスター爆弾啓発用漫画『ラオスからのメッセージ』の英語版を製作し、
多くの人々にラオスの不発弾問題を知ってもらうため、資金を集めています。

みなさまの温かなご支援により、目標金額を達成しました!
ありがとうございます。

より多くの絵本を発行するためにプロジェクトは続きます。

目標は達成しましたが、まだまだご協力をお願い致します!
https://readyfor.jp/projects/bombies

--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク