テラ・ルネッサンス設立のきっかけ

こんにちは!!

私は研修の一環で
本日行われた、アリヤラトネ博士の講演会に参加してきました


当会創設者の鬼丸が、スリランカでサルボダヤ運動を行っていた
アリヤラトネ博士の「すべての人に未来をつくりだす能力がある」
と言葉を聞いたのが高校生の時代。
その後、2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、
「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始めました。
同年10月に「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」
を目指し当会が設立されました。

つまり、アリヤラトネ博士は、当会設立の原点でもあります


本日の講演内容は「世界平和を実現する文明の展望」というテーマでお話いただきました。
概要としては、文明が創り出されるにつれ「欲」が生み出されます。
その欲をコントロールし慈愛を持つことが世界平和を実現する上で重要というものでした。


お話の中で、一番印象に残っていることは、
「人類は優秀だが、見えてないものがある」ということです。
日本に住む私たちは安定した生活を供給できています。
一方で、世界には10億人以上の人が飢餓に苦しみ殺戮を繰り返しています。

また私たちは、母なる大地を自ら傷つけ、
コントロールできないものを使用することの知恵を学んでいません。
私たちは、見ているようで見ていないものが多くあり、
欲、無知、憎しみによって争いの絶えない社会が続いています。

この見えていないものに視点を傾け、欲、無知、憎しみを絶つことが
平和に近づく第一歩に感じます。当会の活動をとってみても、現場のニーズに合った支援や
他者を巻き込むような啓発活動が、見えにくい課題へのアプローチになっていると思います。


最後にお話されていた
「すべての人が無知を克服して、世界をよくしていくことができる」
という言葉を通して、私たちには理解できないことや解決できないことがたくさんあるけど
無知であることに気づき知恵を積んでいくことが、未来をつくる力の基礎になるのだと学ぶこともできました。

テラ・ルネッサンスの原点に触れ
インターンとして、そして、これからの社会の担い手の一人として
さらに一歩踏み出していきたいと感じた研修でした。

(キタ)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク