防災とボランティアの日

皆さん、こんにちは!
インターンの李ですo^^o
新年があけてから2週間ぐらい経ちましたが、
皆さんはどのような日々を送っていますか?
私は課題におわれ、試験の勉強で忙しい日々を過ごしていますが、
春休みまでもうちょっと頑張っていきたいと思います

さて、皆さんは春休みをどう過ごしたいですか?
韓国では、夏休みや冬休みに入るとボランティアをする学生が多いですが、
日本で「ボランティア」という言葉が広がり始めたきっかけをご存知ですが?
それは、20年前の今日、6434名もの人が犠牲となった、
阪神・淡路大震災がそのきっかけなのだそうです

  1211180741151 (1)

阪神・淡路大震災では、政府や行政の対応の遅れが批判されましたが、
学生を中心としたボランティア活動が活発化し、
「日本のボランティア元年」とも言われています

この大震災をきっかけに、
ボランティア活動への認識を深め、災害への備えの充実強化を図る目的で、
本日は「防災とボランティアの日」と定められています。
それで、
被災者を支える災害ボランティアの重要性も広く認識されるようになりましたが、
残された課題もあります

住まいを失った人たちが暮らす復興住宅では
急速に高齢化が進んで2人に1人が65歳以上となり、
誰にもみとられずに亡くなる「孤独死」は
去年1年間で40件に上っているそうです。
また、震災を知らない世代も増え続け、地域で助け合って生き抜いた経験や
日頃の備えの大切さといった教訓をいかに次の世代に伝えていくかが
課題になっています

本日は、「防災とボランティアの日」のことで、
防災やボランティアについて考えてみたのですが、
阪神・淡路大震災は日本にNPO文化が始まったきっかけでもあったので、
現在当会が存在するのも、この大きな流れがあったからこそだと思います。
今年は日本東大震災からも丸4年が経ち、5年目となる節目の年でもあり、
当会では、テラ・ルネッサンスでは東日本大震災を受けて、岩手にも活動を展開しています。
詳しくは、こちらです。

災害というのは、いつどこで起こるか誰でも分からないです。
だからこそ、
防災は大事であり、お互いに助け合うことで乗り越える道しかないと思います。
ここでまた、当会の活動理念である「ひとり一人には未来をつくる力がある」
という言葉どおりに、
災害で被害を受けた人々のために、
自分にできることを考え、行動することが最も大事ではないかと思います

では、
今回の春休みに皆さんにできるボランティア活動を行ってみたらどうですか?o^^o

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

(参照:NHKニュースエコノミックニュース
(ダレ)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク