ナチス犠牲者記念日

皆さん、こんにちは。
インターンの李です
最近雨の日が続いていますが、皆さん風邪ひかないように気をつけてください^^

さて、本日は、「ナチス犠牲者記念日」ということで、
ナチスやホロコーストについて考えていきたいと思います。

「ナチス犠牲者記念日」は、
ナチスが行った大虐殺や拷問・処刑による犠牲者を忘れてはならないとして、
ドイツ国内のユダヤ人団体の働きかけによって1996年から実施されています。 

ドイツでは、この日の前後に、
日本の中学・高校に相当する公立学校であるギムナジウムで、
全国の学生を対象としてナチスによるユダヤ人抑圧の歴史を教えるそうです。
そして、この日は、ドイツの他にも、イギリス、イタリアなどでも
ホロコースト犠牲者の追悼記念日としています。

1933年ナチ党が権力を掌握してから、
反ユダヤ主義が国是となったナチス・ドイツにおいては
様々なユダヤ人、共産主義者に対する迫害が行われていました。
その後、第二次世界大戦が始まってから、ナチス内部には
「ヨーロッパにおけるユダヤ人問題の最終的解決」を行おうとする動きが強まり、
ドイツ国内や占領地のユダヤ人を拘束し、強制収容所に送りました。

fff.jpg

出典: 4travel.jp

ドイツが第二次世界大戦中に国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、
最大級の惨劇が生まれたとされるアウシュヴィッツ強制収容所です。

収容所では強制労働を課すことで労働を通じた絶滅を行い、
また、占領地に設置された絶滅収容所においては銃殺、人体実験、
ガス室などの直接的な殺害も行われ、多くの方が犠牲となりました。

また、同時期にナチス・ドイツによって犠牲になったのは、
ユダヤ人だけではありません
反社会分子とされた労働忌避者、浮浪者などに対する迫害も多くあったそうです。

本当に恐ろしい記憶ですが、
ドイツでは、二度と繰り返さぬように、
記念日に設定し、次世代に伝える教育を行っているのです。
過去の誤ちから学んでいくことは大事だと思います^^

皆さん、本日も最後まで読んでいただきありがとうございました



(ダレ)

参照:Wikipedia 、今日は何の日?
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク