「Dignity」

みなさんこんにちは!
インターンの内藤です

私は先日、IDPCという学生団体の
国際開発プランニングコンテストに参加しててきました。

このコンテストは、
『途上国を対象とした開発プロジェクトをチームで立案し、
国際開発の第一人者と交流する2泊3日の合宿イベント』です。

今回のコンテストのテーマは「Dignity」
本日はそのDignityについてお話したいと思います。

皆さんはDignityという言葉をご存知ですか?

私は、このコンテストに参加して初めて
Dignityという言葉を知りました。

Dignityとは日本語では
威厳、尊厳、品位などと訳されますが、ここでは「尊厳」と訳したいと思います。

2015年が達成期限とされているミレニアム開発目標(MDGs)。
今、MDGsが終了した後の開発目標「ポスト2015開発アジェンダ」が議論されています。

その「ポスト2015開発アジェンダ」の中にでてくる言葉が「Dignity」です。


「Dignity」が守られていない状況はどんな状況でしょうか?
例えば、お金がない、学校に行けない、
劣悪な労働環境のもとで働いている
・・・など
さまざまな状況を思い浮かべることができると思います。

「Dignity」が守られていない状況はすぐに思いつくかと思います。

では、「Dignity」とは
いったい何なのでしょうか。

お金があること
学校に行けること
労働環境が整っていること


これらが本当にDignityと言えるのでしょうか。
私はそうではないと考えます。
なぜなら、学校に行けても、お金があっても、労働環境が整っていても
笑顔であるかと言えばそうではないからです。


現在、「Dignity」には、
はっきりとした定義はありません。

私はこのコンテストの3日間、
国際開発の最前線で活動されているさまざまな方からのお話を聞き、
「Dignity」とは何かを考えました。

そこで、私が考えた「Dignity」とは

生きるっていいなあと感じられること

だと考えました。

ただ物質的側面が満たされているだけではなく、
精神的な面でも満たされている状況
それがDignityなのではないでしょうか。


また、このdignityとは何かを考えていると、
当会が大切にしている
「ひとり一人に未来をつくる力がある」
「人々が安心して生活できる社会の実現」
「レジリエンス」
どの言葉にもDignityが関係しているのではないかと感じました。


このコンテストでも
参加者が考えたDignityはさまざまで、
それぞれが考えるDignityをもってました。


皆さんが考えるDignityとは何ですか?


本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます


(ないとう)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク