第46回テラ・カフェ振り返り【僕がみたカンボジア】


みなさん、こんにちは!
インターンの新谷です。

第46回テラ・カフェ『カンボジア視察報告会〜僕がみたカンボジア〜』
の報告です。
当日は、初めて参加された学生の方、これまで何度となく参加くださっている方、
全員で15名の方にご参加いただきました

3月に、カンボジアへ行ったインターンの依田より
カンボジアのゴミ問題や教育の現状について
現地の写真や映像を交えてお話しました。
IMG_2805.jpg


テラ・ルネッサンスが支援している村では、
以前は村のあちこちにごみが散乱していたそうです。

「ごみは分別してごみ箱に入れる」という日本での当たり前が、
その村では当たり前ではありませんでした。

環境のため、気持ちのいい生活を送るために、
現地スタッフが中心となり
ゴミ拾いを行ったそうです。
最初、村の人々はごみ拾いに積極的ではありませんでしたが、
今では、「ごみをごみ箱に入れる」ということが
当たり前になっているそうです。

テラ・ルネッサンスは支援をする上で大切にしていることが3つあります。

①教えるのではなく、伝える
 「教える」は、教える側からの一方通行的なイメージがありますが、
 「伝える」は、自分と相手と双方向の対等な関係です。

②誰が主体者なのか気をつける 
 あくまでも、わたしたちはサポートをする側です。
 ①にも関係しますが、現地の人が主体的に行動できるように
 サポートします。

③諦めずに何度も続ける
 地道にコツコツと現地の人たちと向き合っています。


昨日、印象に残った事は、
”幸せ”に定義はないということです。

私たちは自分の立場や視点から物事を見てしまいがちです。

十分な収入がなく、3食食べるのがギリギリの生活で
暮らしている人は幸せではないのでしょうか?

私は、お金や職のみで幸せは測れないと思います。
十分なお金や食事が手に入らなくても、
笑顔で生き生きと暮らしている人はたくさんいます
幸せは人それぞれであって、
幸せかどうかは、その人自身が決めることです。

自分の価値観や視点から少し離れて
物事を見ることも大切なのではないでしょうか

みなさま、参加いたただきありがとうございました

次回の第47回テラ・カフェは5月13日(水)19:00~20:30です!
当会の理事長であり、海外支援事業部長の小川より、
ブルンジでの新事業についてお話します

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました

(しんがい)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク