カンボジア事業から学ぶ主体性の大切さ

みなさん、こんにちは!
インターンの新谷です。

今日はカンボジア特集日です!

テラ・ルネッサンスは2011年から、
カンボジアのロカブッス村での村落開発プロジェクトを開始しました!

村落プロジェクトでは、地雷被害者・貧困層への支援、用水路の整備など
多岐に渡って行っています。

用水路


その中のひとつとして、
ロガブッス村では、「自立」を目指した毎月のミーティングを行っています。

このミーティングの目的は、
村人たちが主体性を持って、自分たちが抱える問題を解決することです。
わたしたちが一方的に支援するのではなく、
村人ひとり一人が主人公の村づくりを目指しています。

ミーティングでは、灌漑設備の管理方法や、栽培した作物の販売方法、
手洗いの講習会の開催などを話し合っています

ミーティング


ただ一方的に支援するのではなく、
村人の声を聞き、
彼らが主体的に行動できる、仕組みやきっかけを与えることは
とても大切なことだと思います。


その他の村落開発を知りたい方、
江角が詳しく書いていますので、
こちらをご覧ください
バッタンバンの風

本日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました

(新谷)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク