坂ノ途中さん勉強会 Part1

みなさん、こんにちは
インターンの寺西です

青空がまぶしい天気になりました
日傘の女性が増え、
「暑い」が口癖になりそうですね

さて、
本日は5月20日に行われた坂ノ途中さんの勉強会について、
お知らせしたいと思います

坂ノ途中さんを皆さんはご存じでしょうか
「百年先も続く、農業を」をキャッチフレーズに、
持続可能な農業をつくっている野菜提案企業さまです
サイトはこちら

DSC_2527.jpg

どこがテラ・ルネッサンスと繋がるのでしょうか?
それはウガンダです!

坂ノ途中さんは、日本のみでなく、
ウガンダでも活動を行っています。
その一つが「ウガンダ オーガニックゴマプロジェクト」です。
この売上の一部をご寄付いただいています。

勉強会ですが、
なぜウガンダでの活動を行っているのか、から始まり、
ゴマについてのみでなく、
シアバタ―、はちみつ、バニラビーンズについてお話を聞き、
実際にごまの試食、そして販売の実習を行いました
IMG_8818.jpgIMG_8847.jpg


試食ですが、左上がごまとはちみつを混ぜたシムシムハニー、
右上が生搾りのごま油、右下が炒りごま搾りのごま油、
左下が炒りごまです。

これらをパンにつけて試食でしたが、
本当に全部美味しかったです
大切なことは2回言います
本当に美味しかったです

私のおすすめは、炒ったごま油です
炒ったことと、ウガンダのごまだからこその香ばしさが、
食欲をそそり、何個でも食べることができます

もちろん、勉強会で印象に残ったのは、
試食のみではありません

私が特に印象に残ったのは、
シアバターについてです
ごま以外にも、坂ノ途中さんのウガンダのシアバターを
テラ・ルネッサンスでも扱っています
このシアバタ―は、自生しているシアの木から採れる実からできるそうです

シアナイロティカというウガンダ特有の品種で、
融点が低く、肌馴染みがよいです。

シアバターは現地でも料理やスキンケアに使われ、
シアの木は、復興の大切な収入となり、
現地の人にとって誇りあるものだそうです

この話を聞き、私の中でシアバターがより大切なものとなり、
責任をもってシアバターに興味を持ってもらった方に、
お伝えしなければいけないなと思いました。
購入画面はこちら

もし勉強会がなければ、
シアバターは単なる「ウガンダのシアバター」
のままだったと思います。
今回の勉強会に参加出来て、よかったです

IMG_8865.jpg


さて、タイトルが「Part1」になっているのをお気づきでしょうか
この勉強会には私以外のインターンも参加しました

感じたこと、印象に残ったことが違うと思います
そこで、「Part2」に続きます

Part2、お楽しみに

てらにし
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク