普段食べるものに「ちょっといいこと」を

こんにちは!
インターンの内藤です

本日の京都はぽかぽかしていて気持ちいいです
鴨川でお昼寝をしたいお天気ですね〜

さて、本日10月16日
なんの日かご存知ですか?



10月16日
世界食料デーです。

世界食料デーとは、
国連が定めた世界の食料問題について考える日です。

現在、世界には9人1人飢餓に苦しんでいると言われています。
そして、その多くは途上国の人々です。

世界人口は73億人に近づき、どんどん増えていくばかり。
この世界人口に対して、
生産されている食料が足りないのか、といえば、そうではありません。

全人口が食べていけるほどの食料は生産されているといわれます。



では、なぜ
飢餓に苦しむ人がこんなにもたくさんいるのでしょうか。


その大きな原因は
食料システムの不公正にあります。
世界で生産されている多くの食料を先進国が独占しているのです。

食料問題が飢餓にむすびつく要因としては、
食料やエネルギー価格の高騰食料生産の伸び悩み
気候変動による天候不順や自然災害
先進国と途上国の間の不公平な貿易ルール
市場の失敗女性と男性の間の不平等
途上国の農地を巡る大国間の奪い合い
など
さまざまな問題がかかわり合っているといわれています。
(参照:オックスファム・ジャパン GROWキャンペーンより http://oxfam.jp/whatwedo/campaign/grow.html



このような食料問題にたいして
私たちにできることはたくさんあります。

まずは、食べ物をのこさないこと。
日本の食料廃棄量は年間1800万トン
この廃棄されている食料が廃棄されなかったら
何人の人たちが助かるでしょうか。
必要な分だけを買ったり、作りましょう。

そして、地元のもの・旬のものを食べること
そうすることで、無駄なエネルギー消費を抑えることができます。

お肉を減らすこと
世界で生産されている食糧(主食となる穀物のこと)のうち、約半分
家畜などの飼料や燃料など、食べ物以外の目的で使用されています。
私たちの食卓からお肉を減らしていくということは、
牛や豚などが食べている穀物の量が減り、
その分、人が食べる穀物の量が増えるのです。

他にもできることはたくさんあります。
「世界食料デー」月間2015という
日本のさまざまなNGO/NPO、国際機関が協力して行っているキャンペーンがあります。
よろしければこちらをご覧ください。
http://www.worldfoodday-japan.net/


私たちが生きていくために食べることは必要です。
おいしいものも食べたいですよね。

だから、我慢するのではなく、
みんなが少しだけ気をつけるだけで世界は良い方向に変わるのだと思うのです。

私たちが食べているものに感謝をし、
食べることができるという幸せ
みんなが感じることができるように、

今日一日、
そしてこれからも
普段食べるものに「ちょっといいこと」しませんか?


本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

(ないとう)
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク