テラルネで得た「これからの人生の生き方」

こんにちは!♪(o・ω・)ノ))

インターンの鈴鹿純子です。
今月でインターンを卒業するので、ブログを書くのはこれが最後になります(;д;)
今大学4年生で、4月からは社会人です。学校も卒業します!
私がインターンを始めたのは大学1年生の夏でした。
お休み期間を1年いただき、インターンに定期的に通った期間は2年半です
大学生活のほとんどをテラ・ルネッサンスに費やした理由はまさに「人」です。

テラ・ルネッサンスには尊敬できる方々が、たくさんいます。
その方々に会うために。また、その方々や業務から様々なことを吸収し、
自分を高めるためにインターンをしていました。
誰でも、社会・世界をつくる一員です。
だから自分自身を高めることは良い社会をつくるための一歩であると思うのです。


自分を「高める」とは何でしょう?
私は、「ありたい姿に近づく」ということだと解釈しています。
そして私は、テラ・ルネッサンスで色んな人に出会い、「自分のありたい姿」を決めることができました。
まさに、「これからの人生の生き方の指針」です。

私のありたい姿は、「人を理解でき、優しく、強い人間」です。

そのありたい姿を体現するために、大事にしたいことも学びました。
「人のいいところを見つけること」です。
テラルネに入って、人の良いところを見つけることが、いいこと・大事なことなのだと知りました。
人の良いところを見つけることとは、その人を理解することの第一歩だと、私は思います。

そもそも人を理解するってなんだろう、ってずっと考えていました。
例えば相手のしたことに対して、もし自分が憤慨してしまったとき…
なんでその人がそう行動したのかを考える時に、その人の良いところを見つけたことが役立ちます。
その悪いように見えたところって、もしかして良い面の裏返しかもしれません。
短所を理解するために、長所を十分に理解してあげたい。
と、インターンを通して、感じました。


他人の長所を見つけることで自分にないものに気づかせてくれることが、たくさんありました。
テラルネには、他者を理解する能力にあふれた方がたくさんいらっしゃいます。
その人たちをみたから、私はこんな考えを持てるようになりました。
それくらい、テラ・ルネッサンスの「人」たちは魅力的でした。
考えを、これからももっともっと磨き、体現していきたいと思います。

そんな魅力的な人たちが心をこめてやっていることなのですから、活動もとっても素敵です。
これからも、テラルネに関わっていきたいと思いました♪

長いブログを読んでくださってありがとうございました(*´∀`人 ♪


(すずか)








スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク