一針、一針、真心こめて。

こんにちは!
インターンの番野です *.

梅雨ですね!!
事務所に向かう途中で、綺麗なアジサイが咲いていましたよ~
アジサイといえば以前、宇治の三室戸寺に行きましたが、美しすぎて異世界でしたよ。。。b(’0’)d
とてもおススメです。。。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


まぁ。。。前置きはこのくらいで ^^

本日、特集第3弾は、
大槌復興刺し子プロジェクトです!

今日と明日にわたって紹介させていただきます☆


というわけですが。。。皆さん、
「刺し子」ってご存知ですか??

刺し子というのは、
重ね合わせた布地に一針一針糸を刺す、
日本中で親しまれている伝統的な手芸法です。


主に、布地の補強や防寒として、
庶民の知恵から生まれました。
そこから発展し、伝統柄と呼ばれる
オシャレな模様が施されるようになりました。


中でも有名なのが、東北の日本三大刺し子と呼ばれるもの。。。

◎ 青森県津軽の 「こぎん刺し」
◎ 青森県南部の 「南部菱刺し」
◎ 山形県庄内の 「庄内刺し子」

こちらに関しましては、以前のブログも合わせて
ご覧いただければと思います(#^.^#)
http://terrarenaissance.blog.fc2.com/blog-category-10.html


これらの伝統柄もとり入れつつ、
独自のポップなデザインで刺し子をしているのが

岩手県上閉伊郡大槌町の、大槌刺し子です。

12512714_1024178997639219_5846926056494549421_n.jpg
(https://www.facebook.com/otsuchi.sashiko/photos)

大槌刺し子ができたきっかけは、5年前の
東日本大震災です。

岩手県沿岸南部の大槌町では、
町民の約1割にあたる1285名の方が犠牲となり、
約9000人もの人々が避難生活を余儀無くされました。

そんな中、職場や、移動手段も絶たれ
「やるべきこと 」を奪われた女性たちの
― 「何かやりたい」

という想いから
5人のボランティアを中心に、2011年6月、
「大槌復興刺し子プロジェクト」が始まったのです。。。


※2011年8月からは、より安定的で持続的な支援を行うために、
  同プロジェクトをテラ・ルネッサンスに移譲。

集合
↑刺し子さんの写真


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ではでは、続きはまた明日。。。

本日もお付き合い下さり、ありがとうございました!!(★・ω・)人(・ω・★)


(ばんの)

**********************

 READYFOR 終了まで、あと 4 日! 】

     コンゴの紛争をのりこえて、
自らの力で生きようとする女性たちを支えたい!

  『幸せな洋服屋さんプロジェクト』

4/13~6/17まで65日期間限定プロジェクト!
総額 < 420万円 > が必要です!! ご支援、拡散、
 よろしくお願いします!(以下詳細です。)
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo

**********************

スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク