【 ドキュメンタリー映画『女を修理する男』を見て 】

こんにちは!辻本です!


さっそくですが、皆さまのご支援、ご協力により、

『コンゴ紛争を生きのびた女性たち
 幸せな洋服屋さんプロジェクト』が達成しました!!


応援してくださった皆さま、本当に、ありがとうございます!


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 
プロジェクト詳細はこちら
 
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


プロジェクトの達成が、コンゴのことを知ってもらえる
<チャンス>になるかもしれない!!と思い、
終了までのあと 2日、さいごまで発信を続けることにしました!



ということで、今日は

先日、立教大学で開催された上映会

『The Man Who Mends Women(女を修理する男)』

に、実際に兵庫からかけつけたテラルネの学生インターン
延岡(のぶおか)の感想をお届けします!



‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐



無題


【ドキュメンタリー映画「女を修理する男」を見て】

6月3日に立教大学にて開催された、ドキュメンタリー映画
『The Man Who Mends Women(女を修理する男)』の
上映会&講演会に参加しました。


本作品は、コンゴの産婦人科医かつ人権活動家であるムクウェゲ氏が
紛争絶えないコンゴ民主共和国で暗殺未遂に遭いながらも、
医療、心理的、司法的な手段を通して、
性暴力の生存者を献身的に治療する姿を映したドキュメンタリーです。


数多くのシーン、言葉が印象に残ったのですが、
中でも、ムクウェゲ氏が語るこの言葉が強く心に残っています。


「必要なのは『行動』だ。

 しかし、手術室にいては動くことができない。

 だから、私は外に出る必要がある。」


ムクウェゲ氏が医師から、1人の活動家へとフィールドを広げた瞬間です。



私たちは無意識のうちに「ガラスの天井」をつくってしまいがちです。


「どうせ私は〇〇だから。」

「私には〇〇をする力がないから。」


このような言葉を盾に、自分自身に限界を設定していませんか?
その限界は、本当に超えられないものですか?


ムクウェゲ氏は、強い信念をもって
医師という職業を飛び越え、活動をされています。


「私は〇〇だから、何もできない」

のではなく

「私だからこそ、〇〇ができる」


あなたにこそ、できることがあり
あなたにしか、できないことがたくさんあるのです。



ガラスの天井を突き破って、
自身の限界(と思い込んでいる一線)を乗り越えて、
前に進んで行く勇気を、この映画からもらったような気がしています。


(延岡 由規)



-*-*-*- READYFOR 新着情報 -*-*-*-
  
< 達成状況(※ 6/15 時点)>
 
・目標金額:4,200,000 円
・寄付総額:4,268,000 円
・寄付者数:159 名
・達成率 :101 %
・残り日数:2 日

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

コンゴ紛争を生きのびた女性たち
幸せな洋服屋さんプロジェクト(詳細)
 
https://readyfor.jp/projects/terra_r_congo
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
スポンサーサイト

1クリックではじめる国際協力。今日の一歩をみんなの一歩へ。 ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://bit.ly/heartin

毎日のワンクリックでテラ・ルネッサンスを応援!是非ご協力ください(クリックをするだけなので費用のご負担はありません)。

http://gooddo.jp/gd/?page=grp_detail&grp=terrar



この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


Facebook
Twitter
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク